「問題提起」とは?

関連ニュース

いつも見ているぞ?マイネオが「スマホ盗聴」禁断の実験結果を封印…ネットによる監視は本当に都市伝説や陰謀論なのか? - 04月22日(月)19:06 

  国内格安SIMのmineo(マイネオ)が、「iPhoneはスマホユーザーの会話を“盗聴”し、その属性や内容に応じて広告を表示しているのでは?」という疑惑に対する“禁断の実験”をおこなった結果をX(旧Twitter)にポストし、その内容について批判が殺到。ポストを削除したのちに謝罪する事態となっていたことが分かった。 一体、何が炎上の原因だったのだろうか? 本当に、そんな広告の出し方が公然とおこなわれているのだろうか? そこで、経済崩壊と食糧危機を警告する「千円札の謎」や自衛隊「怪ポスターの謎」を解明するために結成されたばかりの、MAG2NEWS特異現象捜査部の出番だ。今回は、この「スマホ“盗聴”都市伝説」を徹底解明してみたい。 広告の表示は「盗聴」が原因?マイネオ実証実験が物議 マイネオは18日、「スマホ企業はユーザーの会話を盗み聞きしている?」という都市伝説が本当かどうかを実証する実験として、独自の実験結果をXに連続でポスト。 「もしかしてiPhoneって私たちの会話を聞いてるんじゃないか?」と思ったことはありませんか? 検索もしていないのに、さっきまでしていた会話を聞いていたかのような広告が出てきてビックリしたなんてことはないでしょうか? 周りの人に聞いてみると「あるある!」という体験談がちらほら。 マイネオはX公式で問題提起し、以下のような実験を開始することを宣言。 と...more
カテゴリー:

2024年5月1日より学校・教育機関向けChatGPT研修サービス「ChatGPTナビ for School」の提供を開始。【株式会社D4cアカデミー】 - 04月12日(金)12:00 

データ分析・AI人材教育サービス事業を行う株式会社D4cアカデミー(本社:東京都港区、代表取締役社長:和田陽一郎)が、学校及び教育機関でのChatGPTの業務活用を支援することを目的として、教育者・学生向けChatGPT研修サービス「ChatGPTナビ for School」の提供を2024年5月1日より開始いたします。■対象・ChatGPTを教育現場でどう活かしたらよいか分からない教育関係者の方・就職支援や進路指導の中でChatGPTを活用したい教育関係者の方・学生に安全にChatGPTを活用させたいという課題をお持ちの指導者の方■サービス特徴・インターネット接続環境とPCがあれば実施可能・経験豊富なAI人材教育の専門家による実践的な講義・受講スタイルはeラーニング形式または講義形式のどちらでも選択可能・短時間で集中的に受講できるため通常業務との両立が可能・学生に向けた短期集中特別講座としての提供が可能■研修内容[(1) 学生指導コース]教員や学校スタッフが授業を含む学生指導時に生成AIを活用することを目的とした研修<1 ChatGPT概要>・まず使ってみる(ChatGPTへのサインイン、投稿)・生成AI(含:ChatGPT)に関する概要の理解(入力/出力/学習データ)<2 ChatGPTから良い答えを引き出すためのコツ>・主な用途(情報の確認、翻訳、アイデア出し、プログラムの記...more
カテゴリー:

「機能性表示食品の臨床試験、有利な結果を強調」医師らが問題提起 - 04月09日(火)23:51 

機能性表示食品の多くの臨床試験で有利な結果が強調され、不利なものが消費者に伝わっていないことが分かったと、国保旭中央病院(千葉県旭市)などの医師や研究者らのグループが発表した。制度のあり方を再検討するよう提起している。3月下旬には「紅麹(こうじ)」成分を配合した小林製薬の製品で、死者を含む健康被害が判明した。機能性表示食品の利用にあたっては、臨床試験の制約にも留意することが望まれるという。
カテゴリー:

玉川徹「これがなぜ日本でできないんだろう」台湾地震受けた両国対応の「差」に言及でヤフコメ民発狂 - 04月06日(土)17:30  poverty

sssp://img.5ch.net/premium/1051729.gif 番組では、地震発生翌日に、被害が集中して起きた花蓮市で、避難所に避難者用のテントが設置され、避難した人のプライバシーに配慮したものになっている様子を紹介。玉川氏は「避難所の中でテントが用意されていて、それぞれのプライバシーが配慮されている映像がある」とした上で「日本で地震が起きた時、海外メディアは、避難所の避難状況を見て『これは先進国なのだろうか』『難民キャンプのようだ』というふうにおっしゃったことがあって」と指摘。台湾の避難所の様子を受けて「これが先進...
»続きを読む
カテゴリー:

竹内由恵アナ、鍋の「直箸」めぐる『ツバを交換しあってるのと同じ』発言が物議 「取り箸必須」「しゃべるたびに好感度落ちる」と賛否 - 04月04日(木)17:40  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/8c66297502291d1b77e49a4aed72a7d8ca607079 竹内由恵アナ、鍋の「直箸」めぐる発言が物議「取り箸必須」「しゃべるたびに好感度落ちる」と賛否  4月2日、元テレビ朝日で現在はフリーの竹内由恵アナウンサーが、『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で語った発言が物議を醸している。  この日のトークテーマは「友達すぐ作れる人VS作れない人」で、話題は「鍋」に。  「友達すぐ作れる人」側のなにわ男子・藤原丈一郎が、親交を深めるにあたって「鍋」を提案すると拒否されるとの悩みを...
»続きを読む
カテゴリー:

【ジャップ】 女「SNSで“空港にいる俺”をアピールして自分に酔ってるエアポート投稿おじさんがキモくてウザいので死んで欲しい」 - 04月13日(土)18:13  poverty

SNSで“空港にいる俺”アピール…“エアポート投稿おじさん”に 20代女性からブーイング 非日常感、ヒマ、自慢……おっさんが空港写真をSNSにあげるワケ “エアポート投稿おじさん”が増殖中 「連休中だけに限りません。平日に限って、誰も望んでいないのに、なんであんな写真を投稿するのか。意味がわかりません」  そう語るのは、都内で医療用機器のメーカーで営業職を務めるの江藤夏希さん(仮名・27歳・港区在住・Facebookの友だち数511人、Twitterの フォロワー数149人※鍵アカウント)だ。  江藤さんが“気持ち悪い”と嘆く...
»続きを読む
カテゴリー:

松居一代、大谷翔平に〝最悪パターン〟を警告「彼はアメリカで野球できなくなります」 ★2 - 04月10日(水)21:51  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ab472d9bf0194182b1832e56fbea20c5177f257  タレントで投資家の松居一代(66)がドジャース・大谷翔平投手(29)の元通訳・水原一平氏(39)の違法賭博問題に絡み、大谷が被る〝最悪パターン〟の可能性について言及した。 【写真】薬指に指輪がキラリ!夫を見守る真美子さん  松居は9日までに自身のブログを更新。「大谷選手の契約内容は危険」とタイトルを付けて投資の危険性を警告した。冒頭で「投資は危険と背中合わせです 全員が勝てる訳ではありません 投資はほんの一握...
»続きを読む
カテゴリー:

松居一代、大谷翔平に〝最悪パターン〟を警告「彼はアメリカで野球できなくなります」 - 04月09日(火)21:49  mnewsplus

https://news.yahoo.co.jp/articles/9ab472d9bf0194182b1832e56fbea20c5177f257  タレントで投資家の松居一代(66)がドジャース・大谷翔平投手(29)の元通訳・水原一平氏(39)の違法賭博問題に絡み、大谷が被る〝最悪パターン〟の可能性について言及した。 【写真】薬指に指輪がキラリ!夫を見守る真美子さん  松居は9日までに自身のブログを更新。「大谷選手の契約内容は危険」とタイトルを付けて投資の危険性を警告した。冒頭で「投資は危険と背中合わせです 全員が勝てる訳ではありません 投資はほんの一握...
»続きを読む
カテゴリー:

テレ朝玉川、台湾の地震対応に驚愕。「これが本当の先進国。難民キャンプと揶揄された国と大違い」 - 04月05日(金)16:00  poverty

玉川徹氏「これがなぜ日本でできないんだろう」台湾東部沖地震受けた両国対応の「差」に言及  元テレビ朝日社員の玉川徹氏は5日、テレビ朝日系「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜午前8時)に出演し、3日朝に台湾東部沖で発生した震度6強の大規模地震を受けて現地に開設された避難所について、日本での大規模地震時発生直後に設営される一般的な避難所の風景との違いに言及した。  番組では、地震発生翌日に、被害が集中して起きた花蓮市で、避難所に避難者用のテントが設置され、避難した人のプライバシーに配慮した...
»続きを読む
カテゴリー:

トランスジェンダー本監訳者「批判するやつは読んでないだろ」「炎上が手法として確立されてしまった」 - 04月04日(木)11:23  news

「批判する人は中身読んでいない」脅迫されたトランスジェンダー本監訳者「学術価値高い」 https://www.sankei.com/article/20240404-3VJANQVSIZMGTAGVEKYJNPZAXY/ 心と体の性が一致しないトランスジェンダーの実態を取材した米国書籍の翻訳本「トランスジェンダーになりたい少女たち SNS・学校・医療が煽る流行の悲劇」(産経新聞出版)が3日、全国の書店で発売された。同書は昨年末、大手出版社のKADOKAWAが批判を受けて発行を中止。今回も発売前に書店の放火を予告する脅迫メールが届いた。 監訳者で解説も担当し...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる