「原発事故」とは?

関連ニュース

9年ぶりに漁港で「競り」再開 「また横綱に」 避難指示一部解除の福島・浪江町 - 04月09日(木)10:37 

 東京電力福島第1原発事故の避難指示が2017年3月に一部解除された福島県浪江町の請戸漁港で8日、9年ぶりに競りが再開した。避難指示が出た地域で競りが再開されるのは初めて。これまで水揚げされた魚は約40キロ離れた相馬原釜地方卸売市場(相馬市)に陸送されていたが、漁業関係者の負担軽減が期待される。
カテゴリー:

【新型コロナ】「密」を避けない専門家たちの写真。緊急事態宣言を前に考えたい、科学者のコミュニケーション - 04月07日(火)17:19 

「3密を避けよ」という当の専門家は…?「他人との距離を取ることが最も重要な手段になる。1.8メートル、距離を取ってほしい」アメリカで新型コロナウイルス問題の陣頭指揮をとる国立アレルギー感染症研究所のアンソニー・ファウチ氏が繰り返し、メディア上で語っていることだ。ファウチ氏のメッセージはシンプルにまとまっており、大事なことだけを繰り返し、時に聞いている国民を励ますことで効果を保っている。今、国内外の専門家たちは他人と距離を取ることを勧め、「密集、密閉、密接」が重なるところにはいくなと警告している。例えば、政府専門家会議のメンバーで、厚労省クラスター対策班の西浦博教授(北海道大学)。彼は「早急に欧米に近い外出制限をしなければ、爆発的な感染者の急増(オーバーシュート)を防げない」(4月3日付日経新聞)とまで言っている。とても大事なメッセージだが、ある写真を見て、私は戸惑いを覚えた。西浦氏は、LINEと厚労省が取り組んでいる全国調査にも関わっている。その西浦氏と厚労省の日下英司課長、そしてLINEの執行役員である江口清貴は密着して写真を撮影し、LINEの公式サイトにアップした。そもそも、専門家と行政が「自粛」や「リモートワーク」を呼びかけている時に、大事な調査結果とはいえ、それを直接会って、対面で渡して、密着して写真をとる必然性はあるのか。私にはあるとは思えない。なぜ社会的距...more
カテゴリー:

品薄の東京へ新鮮青果を 二本松の農家、参院売店に出店 - 04月06日(月)17:45 

東京電力福島第1原発事故で風評被害を受けた福島県産農産物をPRしようと、二本松市の二本松農園が6日、東京・永田町の参院1階売店に「里山ガーデンファーム国会議事堂店」をオープンさせた。「食料品が品薄で困
カテゴリー:

「桜がかわいそう」 見頃迎えても… 福島・夜の森 - 04月05日(日)19:40 

 東北の桜の名所、福島県富岡町の夜(よ)の森(もり)地区で、ソメイヨシノが見頃を迎えている。2・2キロの桜並木のうち、3月には東京電力福島第一原発事故による避難指示が約500メートルにわたって新たに解…
カテゴリー:

【鉄道】かつて不要論もあった貨物列車が熱い!増える輸送量、背景に環境配慮やドライバー不足 - 04月05日(日)16:18  newsplus

 全国で貨物列車の需要が増している。JR貨物(東京都)によると、コンテナ輸送の取り扱い量は、2011年度から6年間で282万トン増加。26両(積載量650トン)の貨物列車に換算すると、約4300編成分にも相当する。背景には、環境に配慮する「モーダルシフト」の潮流や、ドライバー不足に悩まされるトラック業界の現状がある。かつては不要論さえ存在した鉄道輸送が今、見直されている。(杉山雅崇)  JR貨物によると、コンテナ輸送量は、同社が発足した1987年度から上昇し続け、2007年度には2341万ト...
»続きを読む
カテゴリー:

浪江・請戸漁港に活気戻る 9年ぶりに競り再開 - 04月09日(木)06:05 

東日本大震災の津波で被災した福島県浪江町の請戸漁港で8日、約9年ぶりに競りが再開された。東京電力福島第1原発事故の影響で、福島県沿岸は今も試験操業が続く。請戸漁港には昨年10月、荷さばき場が入る水産業
カテゴリー:

【ウクライナ】チェルノブイリ原発付近で森林火災、放射線量が通常の16倍に急上昇 - 04月06日(月)21:29  newsplus

チェルノブイリ原発付近で森林火災、放射線量が急上昇 【AFP=時事】ウクライナ当局は5日、世界最悪の原発事故が起きたチェルノブイリ(Chernobyl)周辺の居住禁止区域で放射線レベルが急上昇したと報告した。原因は森林火災だという。  火災は4日に発生し、チェルノブイリ原発に近い森林地帯に燃え広がった。政府は、消火作業のために航空機2機とヘリコプター1機、消防士約100人を出動させた。  同国生態学調査当局のトップ、エホール・フィルソフ(Yegor Firsov)氏は「火災の中心部で、放射線量が通常値を超えている」とフ...
»続きを読む
カテゴリー:

福島・飯舘で小中一貫校が開校 避難地域で初の義務教育校開設 - 04月06日(月)10:50 

東京電力福島第1原発事故で約6年間の全域避難が続いた福島県飯舘村で5日、小中一貫義務教育学校「いいたて希望の里学園」が開校した。1〜9年生計65人の小中学生が新たな学びやで生活を始める。避難地域での義
カテゴリー:

福島・飯舘に小中一貫の義務教育校開校 村文化の授業も - 04月05日(日)17:19 

 東京電力福島第1原発事故で一時全村避難となった福島県飯舘村で5日、村内の3小学校と1中学校を統合し、小中9年間を一貫教育する義務教育学校「いいたて希望の里学園」が開校した。少人数を生かした個別指導を促し、村の伝統や文化を伝える授業も設ける。
カテゴリー:

「地域の希望 大きく育て」 南相馬・小高に認定こども園が開園 - 04月05日(日)11:52 

東京電力福島第1原発事故で一時全域避難した福島県南相馬市小高区で4日、地域の幼児教育と子育て支援を担う「市立おだか認定こども園」が開園し、0〜5歳の45人が入園した。 開園式のあいさつで、門馬和夫市長
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「原発事故」の画像

もっと見る

「原発事故」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる