「危機感」とは?

関連ニュース

めぐみさんの母・早紀江さん「非常に危機感を持っている」 - 01月18日(金)06:34 

 横田めぐみさんの母・早紀江さんが都内で集会に出席し、2回目の米朝首脳会談に向けた動きが加速する中、「北朝鮮をめぐり様々な国の思惑が感じられ、非常に危機感を持っている」と述べました。
カテゴリー:

世界初「月の裏着陸」中国が狙う 「宇宙制覇」最前線--野口東秀 - 01月17日(木)18:17 

 繰り返し強調しておくが、中国の歴代の政権は「宇宙強国」を目指してきた。 2022年には自前の宇宙ステーション「天宮」を全面運用し、2028年から2030年には搭載重量が140トンにも及ぶ新型ロケット「長征9号」を打ち上げる予定だ。「長征9号」の開発には、有人月面着陸や火星の表土や岩石を地球に持ち帰るサンプルリターン計画、大型宇宙ステーションの建造が念頭にあるとされる。 つまり、中国が目指しているのは、2030年代に米国と並ぶ「宇宙強国」の地位を確立することなのだ。「2つの100年」を前に「宇宙強国」の意味は、「軍民融合」が叫ばれる中国では、当然のことながら軍事面における「強国」と同列である。実際、習近平中国国家主席は2015年12月、「勝てる軍隊をつくる」として軍を再編し、「戦略支援部隊」を創設している。「戦略支援部隊」は、宇宙領域を担う「軍事航天部隊」と、サイバーを担う「網路信息戦部隊」に分かれている。中国の宇宙開発は軍が指揮しているわけで、「戦略支援部隊」の任務は、各軍種の作戦や統合作戦の支援、サイバー及び電子戦にある。 まさに(上)で指摘したように、中国軍が湾岸戦争とイラク戦争で必要性を痛感した衛星通信を重視しているのだ。 例を挙げれば、海洋偵察衛星は敵艦艇の位置把握に、測位衛星は航空機や艦艇が自己の位置を知るのに必要であり、ミサイルの精密誘導で不可欠なものである。 中国は...more
カテゴリー:

2030年にはインドの経済活動規模が米国を抜くという予測 - 01月17日(木)08:00 

あるAnonymous Coward曰く、英Standard Chartered Bankが1月に公表したレポートによると、2020年には購買力平価(PPP)でドル換算した名目GDP(購買力平価GDP)において中国が米国を抜くという(Market Watch、Big Think、Business Insider)。 また、2030年には購買力平価GDPでインドがアメリカを抜くという予想もされている。中国やインドの強みはやはり人口の多さのようだ。なお2030年のトップ10予測は1位が中国、2位がインド、3位がアメリカ。以下、インドネシア、トルコ、ブラジル、エジプト、ロシア、日本、ドイツとなっている。 なお、国際通貨基金(IMF)や世界銀行(World Bank)、アメリカ中央情報局(CIA)による購買力平価ベースGDPのリストではすでに中国が世界トップとなっている(Wikipedia:国の国内総生産順リスト (購買力平価))。 すべて読む | 中国 | お金 | 関連ストーリー: 中国、シリコンバレーでの影響力を強める 2018年10月12日 米国家安全保障局、中国のスーパーコンピューターに対し危機感を示す 2017年03月22日 中国の研究開発投資がGDP比でEUを抜く 20...more
カテゴリー:

「医者の不養生」を強要。残業上限2000hまで働かされる医師の悲惨 - 01月17日(木)04:30 

先日厚労省が明らかにした、2024年から適用される「医師の残業年間2,000時間上限案」が物議を醸しています。健康社会学者の河合薫さんは自身のメルマガ『デキる男は尻がイイ-河合薫の『社会の窓』』で、「医師の健康状態は患者に跳ね返る」と指摘。さらに現在医療の現場に長時間労働を強いる根本原因である「医師の偏在」の早急な解消を求めています。 人の命は重いが医師の命は? 2024年度から適用する医師の残業時間の上限規制が「2,000時間」まで容認される方針であるとの報道がありました。 2,000時間は年間の「総労働時間」ではありません。「残業」です。時間外労働です。それを地域医療に欠かせない病院に勤務する医師に限っては、2035年度まで「年間1,900~2,000時間」までオッケーだというのです。 理由は「一般の労働者並みに残業時間を規制すると、地域での医療の提供体制が損なわれる恐れがある」とのこと。 「一応、2035年までの期間限定だし~」 「一応、勤務間インターバルは9時間以上にしたし~」 「一応、連続勤務時間は28時間までだし~」 「最初はえっ?って思ったけど、よくよく考えると現実的だよね~」 「うん、そうだよ。だってさ、病院勤務医の1割に当たる約2万人が月160時間以上残業をしているんだからさ」 …といった具合でしょうか。 一部からは反対意見が出たものの、検討会では上記の厚労省...more
カテゴリー:

ダブル選への反対鮮明 公明「亥年選挙」で疲弊も - 01月16日(水)21:11 

 公明党の山口那津男代表が、夏の参院選にあわせ衆院選を行う衆参同日選(ダブル選)に反対の立場を鮮明にしている。今年は統一地方選と参院選が重なる12年に1度の「亥年選挙」で、そこにダブル選となれば支持母体・創価学会の組織力が分散されるためだ。前回衆院選で議席を減らした公明党の危機感は強く、安倍晋三政権のブレーキ役としてアピールに懸命だ。
カテゴリー:

読売テレビ社長、視聴率3冠も危機感「追い上げが」 - 01月17日(木)20:01 

読売テレビの伝川幹(つたがわ・かん)社長(69)が17日、大阪市内のホテルで新春社長記者会見を行った。 昨年、在阪民放局で5年連続視聴率3冠を達成したことについて「他局の追い上げが厳しい。とくにバラエティー」と危機感を口にした。 読売テ…
カテゴリー:

公明党山口代表「ダブル選も憲改もやめて!平和の党公明党は各地で議席減らしてもう疲労困憊」 - 01月17日(木)10:28  liveplus

公明党の山口那津男代表が、夏の参院選にあわせ衆院選を行う衆参同日選(ダブル選)に反対の立場を鮮明にしている。 今年は統一地方選と参院選が重なる12年に1度の「亥年選挙」で、そこにダブル選となれば支持母体・創価学会の組織力が分散されるためだ。 前回衆院選で議席を減らした公明党の危機感は強い  「よもや衆院と一緒にやろうというようなことになったら政権をリスクにさらし、日本を危機に陥れる」  山口氏は16日、横浜市内で開かれた党神奈川県本部の会合でこう訴え、ダブル選を重ねて牽制(けんせい)した。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

「2025年の崖」を回避するための新指針、経産省のもくろみ - 01月17日(木)05:00 

 「構造的な問題の解消が急務」。2018年12月に「デジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するためのガイドライン」を公表した背景を経済産業省の大臣官房審議官は強い危機感にあったとする。
カテゴリー:

【芸能】<NGT48騒動>泥沼化!SNS活発化で運営は管理困難に・・・専門家「運営が管理できる時代は終わった」 - 01月16日(水)23:48  mnewsplus

新潟を拠点に活動するアイドルグループ「NGT48」のメンバー、山口真帆(まほ)さん(23)への暴行事件は 山口さんが会員制交流サイト(SNS)で被害を訴えたことから明らかになった。 事件は一部メンバーの関与が取り沙汰されたことで強い関心を集め、アイドル運営会社の対応のまずさも相まって、事態は泥沼化している。 専門家は「アイドル個人が情報発信できるようになり、運営が管理できる時代は終わった」と話す。 昨年12月8日、山口さんの自宅に男2人が押しかけ、暴行容疑で翌9日朝に新潟県警に逮捕された。2...
»続きを読む
カテゴリー:

「準備間に合わぬ」欧州、合意なき離脱の混乱に危機感 - 01月16日(水)20:36 

 欧州では、英国議会によるEUとの離脱案否決を受け、現実味を帯びる英国の「合意なき離脱」に伴う経済・社会混乱への危機感が一気に高まった。各国当局や企業は無秩序な離脱に備えて対応を急ぐものの、どこまで混乱が抑えられるかは不透明だ。
カテゴリー:

もっと見る

「危機感」の画像

もっと見る

「危機感」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる