「データ」とは?

関連ニュース

Sunrunが3440億円でVivint Solarを買収しTeslaのエネルギー事業に戦いを挑む - 07月08日(水)11:00 

2014年にTesla(テスラ)がSolarCity(ソーラーシティー)を買収したことで、この電気自動車メーカーは住宅用太陽光発電の世界でも誰もが認める強力なプレイヤーとなったわけだが、そのリードは攻撃的な計画で突進してくる最大のライバルSunrun(サンラン)により着実に縮められてきた。現在、住宅用太陽光発電設備の設置業者Vivint Solar(ビビント・ソーラー)を32億ドル(約3440億円)で買収したSunrun(Sunrunリリース)は、トップの地位を固めたように思われる。 Teslaの創設当初、Elon Musk(イーロン・マスク)氏は同社を単なる電気自動車のメーカーではなく、エネルギー企業として位置づけたいと努力していた。Teslaが26億ドル(約2800億円)の値を付けSolarCityを買収(未訳記事)したとき、その動きは「ゼロエミッションの発電オプションを提供する」という同社の「基本計画」の第1段階が最高潮に達したものと見られていた。 その計画が今、住宅用太陽光発電を専業とし、規模の効率性により安価なパネルを提供できるライバルの上場企業から、大きな試練を突きつけられていると太陽光発電分野に詳しいアナリストたちは話す。 「Sunrunは恐ろしいほど大きくなります」と、JMP Securities(JMPセキュリティーズ)のJoe Osha(ジョー・オシャ)氏はBl...more
カテゴリー:

酒に弱い人、発がんリスクは臓器で差 飲む量少なくても - 07月08日(水)10:09 

 お酒に弱い人は、飲酒による発がん効果と、飲酒量が減ることによる保護効果のどちらの影響を大きく受けるのか。愛知県がんセンターと岡山大の研究チームが約1万人のデータを分析すると、のどや食道、胃は両方の効…
カテゴリー:

「ビデオ画像解析(ビデオアナリティクス)の世界市場:2025年に至る用途別、業界別予測」最新調査リリース - 07月08日(水)10:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「ビデオ画像解析(ビデオアナリティクス)の世界市場:2025年に至る用途別、業界別予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】ビデオ画像解析(ビデオアナリティクス)の世界市場規模は2020年の推計49億ドルから、今後2025年には117億ドルにまで拡大すると予測されます。当レポートでは、2025年に至るビデオ解析市場の世界市場予測(市場規模US$)、コンポーネント別市場(ソフトウェア、サービス)、デプロイメント別市場(オンプレミス、クラウド)、用途別市場(インシデント検出、侵入管理、人数/群衆カウント、交通監視、自動ナンバープレート認識、顔認証、その他)、タイプ別市場(サーバーベース、エッジベース)、業界別市場(銀行/金融サービス/保険、都市監視、重要インフラ、教育、ホスピタリティ/エンターテイメント、製造、国防/国境警備、小売、交通管理、輸送/物流、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】ビデオ画像解析(ビデオアナリティクス)の世界市場:2025年に至る用途別、業界別予測Video Analytics Market by Component, Application (...more
カテゴリー:

コロナ禍でオンライン化が一気に進んだ英会話カフェのLanCulが1.2億円を調達 - 07月08日(水)09:30 

英会話カフェサービスを展開するLanCul(ランカル)は7月8日、京都に拠点を持つ栖峰投資ワークスが運用するイノベーションディスカバリー1号ファンドとエンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資、および三井住友銀行からの借入により、総額約1.2億円の資金調達を完了したことを明らかにした。今回の調達は、2018年9月に発表した約5600万円の調達に続くものとなる。 コロナ禍でオンライン化が進んだLanCul LanCulは2013年2月創業。カフェやバーと英会話を組み合わせた、いわゆる「英会話カフェ」サービスを展開する。直営店の下北沢以外では、現在、東京近郊で20店舗のカフェ・バーと提携し、空席をシェアする形で“英会話を楽しむ空間・コミュティ”を提供している。 サービスは、グループトークの「CONNECT」、マンツーマンの「MY CONNECT」とイベント参加型の「HANGOUT」の3種類。中核サービスのCONNECTでは、「メイト」と呼ばれる海外出身のスタッフとの会話を少人数グループで、各店舗またはオンラインで楽しめる。 CONNECTの料金体系は、いつでも通い放題のプランで月額1万9980円、平日夕方のみ通い放題のプランが月額1万2980円、平日午後のみ、または土日祝日のみ通い放題のプランでは、それぞれ月額9980円(いずれも税抜価格)。このほかに月4回...more
カテゴリー:

米コロナ禍、フロリダICU患者急増 テキサス新規感染1万人超 - 07月08日(水)09:25 

[7日 ロイター] - 米国で7日、新型コロナウイルス感染を巡る状況が悪化している。フロリダ州では感染者の急増を受け、州内の50以上の病院で集中治療室(ICU)が満床に達したことが分かった。 州当局が7日公表したデータによると、州内67郡のうち25郡の54病院でICUが満床となったほか、30の病院でICUの利用率が90%以上だったという。 また、7日時点の利用可能な成人用ICUは州全体の6010床
カテゴリー:

祝!Jリーグ再開!…「リモートマッチ(無観客試合)」は判定が厳しくなり、ホームチームはパフォーマンスが大幅に低下する - 07月08日(水)10:30 

ブンデスリーガの無観客試合を調査したデータによると、ホームチームが今までより多くのファウルを取られることが明らかになった。
カテゴリー:

㈱NTTデータビジネスブレインズの「ClimberCloud」のクラウド請求書機能にアマノタイムスタンプ機能を搭載 - 07月08日(水)10:00 

2020年7月8日 アマノセキュアジャパン株式会社 株式会社NTTデータビジネスブレインズ(本社:東京都港区、代表取締役社長 掛谷 一夫)の電子データ保存ソリューション「ClimberCloud」に追加された「クラウド請求書機能」にタイムスタンプ機能が搭載され、アマノ株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 津田 博之)のグループ会社であるアマノセキュアジャパン株式会社(本社:神奈川県横浜市、代表取締役社長 森口 亜紀)が運営する「アマノタイムスタンプサービス3161」が採用されました。    「アマノタイムスタンプサービス3161」は、電子データに対して、アマノタイミングセンターにて信頼のおける日時を付与し、改ざん検知を可能とする一般財団法人日本データ通信協会認定のサービスです。現在、公的な認定制度も検討されており、制度制定後には公的認定の取得も予定しています。  タイムスタンプは、国税関係書類の電子保存の要件が定められている電子帳簿保存法で一部利用が義務付けられているなど、電子データの真正性確保の手段として、重要な役割を担っています。    「ClimberCloud」の「クラウド請求書機能」は、企業間における請求書の受け渡しをクラウド経由で行うことが可能となるため、テレワークや在宅勤務などで求められるデジタル化による効率化・省力化が実現します。...more
カテゴリー:

BST、EC向け画像認識AIサービス「popIn Action(ポップイン アクション)」の提供を開始、popInと認定販売パートナー契約を締結 商品検索の利便性向上を促進 - 07月08日(水)10:00 

サイト内検索のビジネスサーチテクノロジ株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:川邉雄司、以下「BST」)は、popIn株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:程涛、以下「popIn」)が提供するEコマース向け画像認識AIサービス「popIn Action(ポップイン アクション)」の認定販売パートナー契約を締結しました。これに基づき、BSTは認定販売代理店として、「popIn Action」の販売・サポートを本日より開始します。■「popIn Action」の提供について「popIn Action」は、画像認識AIにより、ECサイトで商品を見つけやすくするサービスです。閲覧中の商品画像や手持ちの画像から、似た商品を探してレコメンドする機能を、ECサイトに手軽に実装することができます。今回、BSTがサービスを展開する商品検索領域で「popIn Action」の提供を進めることで、ECサイトのさらなる利便性向上を実現するとともに、商品提案の機会を増やし、回遊率、購買率の向上を可能にします。<サービス提供開始日> 2020年7月8日(水)■Eコマース向け画像認識AIサービス「popIn Action」とは「popIn Action」は、ECサイトの訪問者が目的の商品を見つけやすくするサービスです。閲覧中の商品と色やデザインが似ている商品をレコメンドする類似アイテム検索機能や、手...more
カテゴリー:

エフ・アイ・ティー・パシフィック、データセンター管理システム「 VM7 iDC Visual Manager 」 新製品ラインナップ 『 Standard Plus 』を発売 - 07月08日(水)09:30 

エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社(本社:東京都台東区浅草橋、社長:笠井 庸正、以下FITP)は、データセンターの運営および運用管理を目的としたデータセンター管理システム「VM7 iDC Visual Manager」の新製品ラインナップとして『 Standard Plus 』(スタンダード プラス)を開発し、本年8月1日より販売開始します。FITPは、24年前より、ファシリティマネージメント製品の分野において、ワールドワイドで多数の導入実績を誇るAT+C社(ドイツ)の国内総代理店として、大手企業や官公庁、大規模施設などを対象に、統合配線管理システム「VM7 ケーブルマネージャ」を多数導入してまいりました。また、12年前から、「VM7ケーブルマネージャ」をベースとして開発したデータセンター管理システム「VM7 iDC Visual Manager」をデータセンター事業者および利用者、通信キャリア、銀行や証券などの金融系企業、電力関連企業、官公庁などに多数導入してまいりました。「VM7 iDC Visual Manager」には、『 Professional 』、『 Standard 』、『 Light 』、『 Viewer 』、『 Web Client 』などの様々な製品ラインナップがありますが、フロア図面上のレイアウト編集を行えるのは、AutoCADのプラグインアプリケーシ...more
カテゴリー:

テレワーク強化PC続々 勤務先は使用状況で労務管理 - 07月08日(水)09:18  newsplus

 近年伸び悩んできた国内のパソコン(PC)市場にテレワーク(在宅勤務)の「追い風」が吹いている。新型コロナウイルス感染対策でテレワークが定着する中、PCメーカーは在宅などでの使用をにらんだ機能を盛り込み、使い勝手の良さを打ち出している。 軽さや丈夫さだけではない  「PCの重要度は高まっている。テレワークに求められる機能を詰め込んだ製品だ」。6月に新製品を発表したNECパーソナルコンピュータの河島良輔執行役員は、こう力を込めた。 新しいノートPCは、軽さや丈夫さに加え、オンライン会議に適した高音質スピーカ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「データ」の画像

もっと見る

「データ」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる