「送電網」とは?

関連ニュース

米ネブラスカ州で、ハッカーを雇用する法案が提出される - 02月20日(火)21:00 

ネブラスカ州で、ハッカーを雇う法案が提出されたらしい。ただ、当然ながら「州としてサイバー犯罪をしよう」というわけではない。同州のLoren Lippincott議員が議会に提出したのは、ホワイトハッカーを雇うことでセキュリティを強化するという法案。州のコンピューターネットワークや選挙システムなどに"侵入"してもらい、脆弱性対策をするのが目的だという。アメリカでは、セキュリティ面における課題が山積の現状。例えば海外からのサイバー攻撃やランサムウェア感染、選挙に関する誤報による国民の信用低下など、さまざまな被害を受けているんだそう。Lippincott氏が今回の法案を提出したのも、中国のハッカーが送電網や交通システムなどアメリカのインフラを標的にしているという警告を受けたからとのこと。ハッカーへの対抗策としては、同じハッカーが最適だということなのだろう。今年は、アメリカ大統領選挙が行われる。セキュリティ対策を万全にするためには、ハッカーの力も必要なのかもしれない。Reference: A Nebraska bill would hire a hacker to probe the state’s computer, elections systemsTop image: © iStock.com/undefined undefined
カテゴリー:

電力会社、45万世帯分の電気捨てる💡 - 02月10日(土)10:36  poverty

「捨てた」再エネ電気、45万世帯分 出力制御急増で 朝日新聞集計  太陽光と風力による発電を一時的に止める「出力制御」が2023年に急増し、1年間に制御された電力量が全国で計約19・2億キロワット時に達したことが朝日新聞の集計でわかった。過去最多だった21年の3倍超で、約45万世帯分の年間消費電力量に相当する。再生可能エネルギーを生かし切れていない。  電気は発電量と使用量をそろえないと周波数が乱れて大停電になるおそれがある。発電量が過剰になる時に、発電量と使用量のバランスを保つため大手電力が再エネの発電...
»続きを読む
カテゴリー:

23年の世界クリーンエネルギー投資は過去最高に達するもネットゼロには不十分。ブルームバークNEF - 02月15日(木)20:15 

米調査会社ブルームバーグNEFは1月30日、世界のクリーンエネルギー投資動向に関するレポート「Energy Transition Investment Trends 2024」を公表した(*1)。2023年の世界の低炭素エネルギーへの転換に向けた投資は過去最水準となったものの、今世紀半ばまでに世界をネットゼロの軌道に乗せるには決して十分な水準ではないとの見解を示した。 23年の低炭素エネルギー転換への世界投資は、前年比17%増の1兆7,700億ドル(約262兆円)に達し、地政学的な混乱、高金利、コスト高の年におけるクリーンエネルギー転換の回復力を示した。 中でも、輸送部門の電動化は36%増の6,340億ドルと、エネルギー転換における最大の支出分野となった。これには、電気自動車(EV)、バス、二輪車、三輪車、商用車、そして関連インフラへの支出が含まれる。 再生可能エネルギー部門は8%増の6,230億ドルだった。これは、風力、太陽光、地熱発電所、バイオ燃料製造所など、再エネ生産施設の建設投資を反映している。送電網への投資は3,100億ドルで、3番目の支出分野であった。送電網はエネルギー転換を実現する重要な手段であり、今後数年間は送電網への投資を増やす必要がある。 水素(投資額は前年比3倍増)、炭素回収・貯蔵(ほぼ倍増)、エネルギー貯蔵(76%増)といった新興分野でも力強い成長が見られた...more
カテゴリー:

こんなの見てる