「東京電力」とは?

関連ニュース

「JRタブー」とリニア新幹線の闇。川勝静岡知事「悪玉説」を流布するのは誰だ?日本最後のフィクサーと安倍の呪い - 02月27日(火)05:00 

東京-大阪間を約1時間で結ぶ夢の超特急「リニア中央新幹線」。JR東海は当初、2027年の全線開通を目指したものの、“静岡県の妨害”によって工事が大幅に遅延したと報道されています。いきおい川勝平太県知事に批判の矛先が向かう昨今ですが、そんな中で「JR批判は御法度」なメディアの忖度体質を批判するのはメルマガ『ジャーナリスト伊東 森の新しい社会をデザインするニュースレター(有料版)』著者の伊東さんです。「JRタブー」と安倍晋三元首相、そして日本最後のフィクサーのただならぬ関係とは? 「日本最大のタブー」と化したリニア中央新幹線 リニア中央新幹線をめぐり、静岡県知事に対する“ヘイト”が後を絶たない。 ジャーナリストの小林一哉氏は、東洋経済オンラインで、「静岡リニア『川勝知事』JR東海にまたも無理難題」というタイトルの記事を掲載した(*1)。 あるいは、イトモス研究所所長の小倉健一氏は、ダイヤモンド・オンラインで、「『リニア妨害』川勝知事が議会で激ヅメ…過去に否定した“解決策”を今さら主張する自己矛盾」というタイトルで川藤知事を厳しく批判した(*2)。 しかしながら、このような静岡県知事への批判は的外れだ。 リニア中央新幹線計画では、まずはその経済的な見通しに疑問符が付く。さらに環境に対する影響も強く懸念されている。 そのリニア中央新幹線を強く推進してきのが、「日本最後のフィクサー」(*3)...more
カテゴリー:

東電 福島第一原発処理水 4回目の放出 28日から開始と発表 - 02月26日(月)17:59 

東京電力は、福島第一原子力発電所にたまる処理水について、今年度最後となる4回目の海への放出を28日から始めると発表しました。
カテゴリー:

復興を願い、勇壮に「富岡太鼓」 東日本大震災から13年  - 02月26日(月)12:15 

 東日本大震災と東京電力福島第1原発事故からの復興を願って福島県相双地区の和太鼓グループが演奏を披露する「富岡太鼓まつり」が24日、富岡町の文化交流センターで開かれた。市民ら約500人が勇壮な太鼓の音に歓声をあげた。
カテゴリー:

福島みずほ「原発処理水は汚染水」 - 02月25日(日)14:04  poverty

社民・福島瑞穂党首、原発処理水を「汚染水」と引き続き表現「完全に除去されていない」「少量でも問題」  社民党の福島瑞穂党首(68)が24日、都内での党大会終了後に会見。2023年8月24日の、東京電力福島第1原発の処理水海洋放出開始から半年が経ったことに触れ、同党が処理水を「汚染水」と表現する理由について持論を展開した。  福島氏は「なぜ(処理水を)汚染水と言っているかというと、完全に除去されているという立証がされていません。完全に除去されていないわけですから、それはもう処理汚染水というか...
»続きを読む
カテゴリー:

福島・浪江の大堀相馬焼窯元、旧店舗を震災遺構に 「交流の場に」 - 02月24日(土)21:14 

 東京電力福島第1原発事故で帰還困難区域になった福島県浪江町井手の伝統工芸「大堀相馬焼」の窯元「松永窯」4代目の松永武士(たけし)さん(35)は、長期避難で荒廃した旧店舗を手作りの震災遺構として保存する。隣の旧窯場も交流スペースとして活用。周辺は建物の解体が進んで震災前の面影が薄れゆく中、「原発事故
カテゴリー:

福島第1原発1号機 28日から格納容器内調査 処理水放出も実施 - 02月26日(月)19:01 

 東京電力は26日、福島第1原発1号機の溶け落ちた核燃料(燃料デブリ)取り出しに向けた原子炉格納容器内の調査を28日に始めると発表した。カメラを搭載した小型ドローンと、中継するヘビ型ロボットを使い、2日間かけて原子炉を支える土台(ペデスタル)内部などの映像を撮影する。
カテゴリー:

【山梨県知事 長崎幸太郎×菊川怜 対談】次世代エネルギー・グリーン水素が未来を変える - 02月26日(月)16:56 

山梨県知事・長崎幸太郎氏/菊川怜氏   水力、太陽光といった再生可能エネルギーへの先進的な取り組みで知られる山梨県。それらと組み合わせてグリーン水素を製造する、「やまなしモデルP2G(Power to Gas)システム」が世界の注目を集めている。その全貌に迫るため、環境問題に高い関心を持つ女優・菊川怜氏が、山梨県知事・長崎幸太郎氏と対話を行った内容が2月22日発売の「PRESIDENT」にて広告掲載されました。(「PRESIDENT Online」でも同日より同広告を公開)   ●PRESIDENT Onlineに掲載の広告はこちら  https://president.jp/articles/-/78542   山梨県ではCO2フリー水素の利活用を目指し、再生可能エネルギー電力から水素を製造し、貯蔵・利用するP2G(Power to Gas)システムの開発に取り組んでいます。P2Gシステムは、カーボンニュートラル社会の実現に向けた、再生可能エネルギーの利用拡大や、温室効果ガス削減への貢献が期待されています。   「やまなしモデルP2Gシステム」は、世界最高率の電解質膜を用いた「固体高分子(PEM)型水電解装置」により水素を製造するシステムです。電力の変動に機敏に追従できることが特徴で、太陽光や風力など、気象条件で発電量が変動する再生可能エネ...more
カテゴリー:

【悲報】中国人さん、糖質化してしまう「この世界が小日本に破壊されてしまう!!」 - 02月25日(日)17:05  poverty

異様対応続く中国、処理水放出から半年 微博で「この世界が小日本に破壊されてしまう…」妄言が拡大、東南アジアに販路 東京電力福島第1原発処理水の海洋放出開始から24日で半年となった。日本産水産物の輸入停止措置を強行した中国・習近平政権は今も、処理水を「核汚染水」呼ばわりするなど異様な対応を続ける。中国の非科学的な主張に伴う〝制裁〟で打撃を受けた日本産水産物の新たな販路として、日本政府は東南アジア市場の開拓を進めている。 「日本は国際社会の懸念に真剣に応え、責任あるやり方で『核汚染水...
»続きを読む
カテゴリー:

社民・福島瑞穂党首、原発処理水を「汚染水」と引き続き表現「完全に除去されていない」「少量でも問題」 - 02月25日(日)12:52  newsplus

 社民党の福島瑞穂党首(68)が24日、都内での党大会終了後に会見。2023年8月24日の、東京電力福島第1原発の処理水海洋放出開始から半年が経ったことに触れ、同党が処理水を「汚染水」と表現する理由について持論を展開した。  福島氏は「なぜ(処理水を)汚染水と言っているかというと、完全に除去されているという立証がされていません。完全に除去されていないわけですから、それはもう処理汚染水というか、放射性物質は少量でも問題。私たちは、タンクに貯蔵するとか、他の方法があるわけですから、海に放出すること...
»続きを読む
カテゴリー:

原発処理水放出開始から半年 基準値下回るもトラブル相次ぐ - 02月24日(土)07:17 

福島第一原子力発電所にたまる処理水の海への放出が始まってから24日で半年です。これまでに3回の放出が行われましたが、原発周辺で検出されるトリチウムの値は東京電力の自主的な基準を大幅に下回っています。一方で、汚染水を処理する過程ではトラブルが相次いでいて、東京電力の安全管理に地元などから厳しい目が向けられています。また、放出に反発した中国による日本産水産物の輸入停止措置が長期化し、影響が大きくなる中、水産事業者にとっては、中国に代わる輸出先や新たな販売先の確保が課題となっています。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる