「ブーム」とは?

関連ニュース

【新刊書籍】『theカナヘイWORKS』(集英社クリエイティブ刊)7月25日(木)発売! SNSフォロワー800万人、LINEスタンプやキャラクター商品で大人気のカナヘイ初の作品集 - 07月24日(水)15:00 

カナヘイ15年分の「かわいい」がギッシリ! オールカラー800点以上収録「ピスケ&うさぎ」などLINEスタンプやキャラクター商品で大人気のイラストレーター・漫画家「カナヘイ」。デビュー以来15年の軌跡をたどる、カナヘイ初の作品集が2019年7月25日(木)に発売されます。膨大な仕事作品の中から、デビュー当時の貴重な作品、企業コラボ・イベント作品、オリジナル作品などをカナヘイ自身がセレクト!『theカナヘイWORKS』●著:カナヘイ●価格:本体1,600円+税●版型:A5判ソフトカバー/144ページ(オールカラー)●発売日:2019年7月25日(木)●発行:集英社クリエイティブ/発売:集英社● ISBN978-4-420-31085-7http://www.shueisha-cr.co.jp/CGI/book/detail.cgi/1617/著者プロフィールカナヘイイラストレーター・漫画家。自作待受画像の配信から全国でブームとなり、2003年に現役女子高校生イラストレーターとして「Seventeen」(集英社)にてプロデビュー。以降、出版、モバイルコンテンツ、企業広告、キャラクターコラボ、「りぼん」(集英社)での漫画連載など、様々な媒体で幅広く活動を続け、20~30代の男女を中心に多くのファンを持つ。「ピスケ&うさぎ」を中心とした「カナヘイの小動物」シリーズは国内外でグッズ展開されて...more
カテゴリー:

【芸能】<元吉本興業常務の木村政雄>「初動を誤ったのがすべて」との見解! - 07月24日(水)14:47  mnewsplus

吉本興業をめぐる問題で、横山やすし・西川きよしのマネジャーを務め、80年代の漫才ブームを仕掛けた元吉本興業常務の木村政雄氏が23日、日刊スポーツの取材に応じ、「初動を誤ったのがすべて」との見解を示した。 本質は、会社に無断で営業に行き、その相手が反社会的勢力だったこと。さらに宮迫らは当初、報酬を否定し、虚偽の発言をしていたことで、金銭授受の事実が確認できた時点で「速やかに事実を明らかにし、会社として責任を十分にとっていれば、経営トップの責任問題へ本質がすり替わることはなかった」と見る。松本人志の行...
»続きを読む
カテゴリー:

吉本ベテラン芸人の大平サブローさん、 若手芸人に憤慨「気に入らんかったら辞めろ」「こいつらふぜいが」 - 07月24日(水)13:12 

吉本興業所属のお笑い芸人・大平サブローさんと、シルクさんが7月23日、出演したラジオ番組「こんちわコンちゃんお昼ですょ!」(大阪・MBSラジオ)の生放送で、吉本興業の岡本昭彦社長の5時間超に及ぶ釈明会見について、所属芸人らから会社批判が噴出している状況に憤った。大平サブローさんは若手芸人らに対し「こいつらふぜいが言うか!」「気に入らんかったらやめろ」と強い口調で苦言を呈し、シルクさんも岡本社長への感謝を述べたうえで「私らも、しょっちゅう言われましたよクビや!って。でも今は子どもも傷つきやすくなっていますからねぇ」と持論を展開した。大平サブローさんは1980年に吉本興業に入った。「太平サブロー・シロー」として漫才ブームの中核を担ったが、88年に独立。コンビ解散を経てから93年に吉本に戻った。一方のシルクさんも1985年から吉本で活動しているベテラン芸人だ。番組では序盤、参院選の話題から司会の近藤光史さんが「(いまの政治は)働いている人たちに優しさがない」と語り、続けて「現場で働く人たちに愛情がない」と話した。するとシルクさんが「ドキ~!吉本のこと言ったんちゃいますね?」と、闇営業問題や岡本社長と芸人の間にくすぶるパワハラ問題で揺れる吉本興業について触れた。岡本社長に「頑張って」「準備不足だった」とエールを送るリスナーからの相談を経て、話題は吉本興業の岡本社長の会見騒動に。岡本社長の会...more
カテゴリー:

タピオカめぐり“タピ活”の落とし穴 空前のブーム.. - 07月24日(水)12:01 

タピオカめぐり“タピ活”の落とし穴 空前のブームでタイNGOが過剰糖分を警告 
カテゴリー:

韓国で日本式居酒屋と路上パフォーマンスが流行る理由:未来世紀ジパング - 07月24日(水)11:01 

7月24日(水)放送の「日経スペシャル 未来世紀ジパング」(毎週水曜夜10時)は、連日ニュースをにぎわせる「韓国」を取り上げる。日本との関係悪化が報じられる一方で、韓国で起きている意外な日本ブームなど、反日ばかりでない、日本と韓国の知られざる関係を伝える。日本料理学校へ韓国人が殺到韓国への輸出規制強化が発動されるなど、国交正常化以降で最悪とされる日韓関係。先月大阪で開かれた「G20」での日韓首脳の交流は、わずか8秒の握手のみ。現在の日韓関係を象徴するシーンとして両国のメディアで大きく報じられた。しかし現地の取材を通して、反日ばかりではない、日本と韓国の意外な関係性が見えてきた。韓国の街で目に入るのが、日本風の建物と「居酒屋」という文字。実は今、韓国では日本の居酒屋がブーム。日本料理を学ぶ人や、日本食店を経営する韓国人が増えている。年間160人もの人が日本食を学びに来る板前学校で、一番人気は3カ月で日本料理の基礎を一通りマスターできるというコース。授業料が約26万円と高額にも関わらず、生徒が去年より3割も増加。外食産業で成功したい韓国人にとっては、"日本頼み"の状況になっているという。板前学校の卒業生、イ・サンゴさんは脱サラし、フランチャイズの外食チェーンに加盟したが失敗。今年、念願だった自分の居酒屋をオープンした。「日本酒や日本食をもっと勉強して、ほかの居酒屋と差別化していきたい」...more
カテゴリー:

【芸人】B&B・島田洋七 吉本・岡本昭彦社長の会見に「8割はうそ」 - 07月24日(水)14:50  mnewsplus

https://www.daily.co.jp/gossip/2019/07/24/0012544402.shtml 2019.07.24 漫才コンビ・B&Bの島田洋七が24日、フジテレビ系「直撃LIVE グッディ!」に出演し、吉本興業の岡本昭彦社長の記者会見について「大失敗」「8割はうそ」と感想を述べた。 漫才ブームの時に吉本興業に所属していた洋七は「大失敗。へた。目はあっち行くし」と視線も泳いでいたと指摘。「ときどきどう喝してた。弁護士を呼ぶ時に『小林!』と。あれが彼の本性」と述べた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【京アニ放火】アニメ「らき☆すた」監督が安否不明★5 - 07月24日(水)14:39  newsplus

京都市の「京都アニメーション」のスタジオが放火された事件では、テレビアニメ「らき☆すた」などの監督を務めた武本康弘さん(47)も安否がわからなくなっています。 76歳の父親は「事件の前に時間が戻ってほしい」と息子への思いを語りました。 武本康弘さんは、京都アニメーションで多くの作品の制作に携わり、平成19年に放送され、「聖地巡礼」がブームにもなったテレビアニメ「らき☆すた」などで監督を務めました。 兵庫県に住む武本さんの父親が21日、NHKの取材に応じました。 武本さんの父親は「ニュースで京都アニメー...
»続きを読む
カテゴリー:

歌手・木村カエラが生まれた日。 【私の初体験1・2・3】 - 07月24日(水)12:30 

心に残る“初めて”の経験を聞く、不定期連載。第三回ゲストは、今年デビュー15周年を迎えた木村カエラ。覚悟を決めてデビューに臨んだ時のエピソードから、現在マイブームの私物アイテムまで。チャーミングかつパワフルな彼女の魅力がよりわかる、とっておきの裏側を覗いた。
カテゴリー:

【時代のサカイ目】「BUMP OF CHICKEN」も40歳迎え… “カッコ良さ”に味わいとシブみ“加わった” - 07月24日(水)11:30 

 2000年代にアカペラブームを巻き起こしたバラエティー番組『ハモネプ』。テニスサークルのメンバーが「アカペラやるぞ」と言い出したのがきっかけで結成されたRAG FAIRや、日立のCM「この木なんの木」でおなじみのINSPiを輩出。
カテゴリー:

心霊ファン必見! 昭和心霊界を牽引した2大レジェンド G&Tが登場!! - 07月24日(水)10:57 

テレビ東京ではいよいよ明日、7月24日(水)夜6時55分から一挙3時間、身の毛もよだつ恐怖体験をノンストップでお届けする人気シリーズ特番第7弾 「最恐映像ノンストップ7」を放送します。「最恐映像ノンストップ」は、一台のバスに乗り込んだ芸能人たちが、たたみかけるように流される恐怖映像や、体験者自らが語る恐怖の物語に震えながら、実在する恐怖スポットを巡っていくという世にも恐ろしい番組です。伝説の霊能者・宜保愛子の霊視映像&戦慄心霊写真!!まず一人目の"G"とは、昭和の時代を席巻した伝説の霊能力者、宜保愛子!! いまや「最恐映像ノンストップ」シリーズの恒例目玉企画となりつつある宜保氏の秘蔵映像ですが、今回は封印されていた宜保氏の霊視映像を大公開!! その映像に映し出されていたのは、今からおよそ30年前、神奈川県の心霊トンネルを訪れていた宜保氏の姿。「とっても怖い...」と語る宜保氏の目には、はたして何が見えているのか!?さらに供養を願う日本中の人々から宜保氏の下に寄せられた戦慄心霊写真の数々も大公開します!!霊界の伝道師・丹波哲郎が語る"死後の世界"とは!?そして二人目の"T"とは、霊界の伝道師・丹波哲郎!! 俳優でありながら、"死後の世界"研究の第一人者でもあった丹波氏は、昭和の時代、自らの著作や講演を通して"死後の世界"の存在を説き、"霊界ブーム"を巻き起こしました。今回の番組では、...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ブーム」の画像

もっと見る

「ブーム」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる