「日本人」とは?

関連ニュース

世界で日本人への評価が急上昇してるらしい これ誇ってええの - 05月26日(火)14:50  poverty

米市民からは次のように日本を讃える声が集まっている。 「日本には全く違う文化がある。日本人は体調が悪いと感じた瞬間、マスクを着用する。この(コロナの)ニュースを聞いた瞬間も、日本人全員がマスクを着けていた。彼らにはとても清潔な文化がある」 「我々、アメリカ人には、オレたちはできる、という自信ゆえに、常識に従うことができない。日本人は風邪をひいた時に、周囲を守るために何十年もマスクをしてきた」 「日本では握手はしないし、体調が悪ければマスクを常にする。文化が彼らを守ったんだ」 「日本は“我...
»続きを読む
カテゴリー:

まともな日本人ならネット中傷なんてしないよな。つまり野党叩きしてる奴の正体は… - 05月26日(火)14:15  news

タレントのフィフィが25日、ツイッターを更新し、ネット上での誹謗中傷を非難する著名人が政治家を「馬鹿にするツイート」を投稿していることに「都合よすぎ」と意見した。  亡くなったプロレスラーの木村花さんが、恋愛リアリティ番組「テラスハウス」での言動などについて、ネットで誹謗中傷を受けていたことが注目されているが、 フィフィは「ネットの誹謗中傷に対して非難の声があがる中、一方で著名人が政治家を馬鹿にするツイートしまくってる違和感」と投稿。  「相手がタレントでも人間!って批判しておきながら、...
»続きを読む
カテゴリー:

【悲報】日本人専用のうpろだの画像認証が難しすぎると中国アメリカで話題に - 05月26日(火)13:02  poverty

https://news.yahoo.co.jp/articles/8f0342215a9f0a5a202dcfed536341651a6f93c3 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ASEANのコロナで資金繰りに苦しむ業種を、前払い・月額サブスクで支援 マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」 - 05月26日(火)13:00 

ASEANのコロナショックで資金繰りに苦しむ業種を支援前払い・月額サブスクリプション販売サービス開始マーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」https://eccs.global/――イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社EASG“おもてなしを科学する”株式会社イー・エージェンシー(東京都千代田区、代表取締役:甲斐 真樹、以下イー・エージェンシー)は、2020年5月26日、コロナショックで資金繰りに苦しむASEANの顧客企業を支援するべく、現地のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」の新機能である前払い・月額サブスクリプション販売サービスについて、日本国内での取扱窓口を開始しました。現地のマーケットプレイス型ECサイト「D2C@Kemang(クマン)」および新機能である前払い・月額サブスクリプション販売サービスは、イー・エージェンシーのシンガポール現地日系グループ会社であるEASG PTE. LTD(e-Agency Singapore、拠点:シンガポール、CEO:佐藤 伸己、以下EASG)が、目的を同じくして同日提供を開始した新サービスです。今後も6月2日には店舗・サービスの運営を定額先払いで支援するサブスクリプション販売機能も順次提供予定です。イー・エージェンシーは今後もEASGとともに、新型コロナウイルスの影響...more
カテゴリー:

【閲覧注意】木村花さんが最後にいいねしたツイートが話題に - 05月26日(火)11:55  poverty

コロナ対策に成功しているのに「失敗した」と思い込む不思議な日本人 http://gendai.ismedia.jp/articles/-/72750 ...
»続きを読む
カテゴリー:

錦戸亮&赤西仁、5・29「Bigo Live」に登場 日本.. - 05月26日(火)14:37 

錦戸亮&赤西仁、5・29「Bigo Live」に登場 日本人初ゲスト(写真 全8枚) #錦戸亮 #赤西仁 #アプリ #BigoLive @RyoNishikido_JP @jin_akanishi
カテゴリー:

日本人の神話的思考が機能 精神分析医が読み解くコロナ - 05月26日(火)14:00 

 新型コロナウイルスの感染拡大に伴い続いてきた緊急事態宣言が解除され、徐々に以前の生活が戻ってくると予想される一方で、第2波、第3波を懸念する声も強い。ケガレやミソギなど「タブー」の深層心理学を研究す…
カテゴリー:

今の時代、教養が必須です! 【ビジネス教養シリーズ】6月15日スタート! - 05月26日(火)13:00 

今は空前の教養ブームで多数の書籍がベストセラーになっています。そのような中、「だれもが忙しい時代に、短い時間で、しっかりした教養を身につける『サクッとわかる ビジネス教養』シリーズを立ち上げました。シリーズのスタートとして、「中国近現代史」と「地政学」の2冊を、2020年6月15日に新星出版社から同時刊行します。○中国近現代史「中国」は、約14億人の人口をかかえたGDP2位の大国。今の時代、中国や中国人とビジネスをすることを避けられません。しかしながら、中国や中国人の常識は、私たち日本人にとって理解できないものが多いのも事実です。たとえば、・なぜ、コロナ問題で、あれほどの短期間で武漢の封鎖や病院の建設ができたのか?・なぜ、中国人は自己チュウな人が多いのか?・なぜ、中国の国民は、言論統制を受け入れられるのか?・なぜ、香港、台湾でたびたびデモが起こっているのか?・中国は、なぜ新疆ウイグルやチベットを弾圧するのか?・なぜ、中国人は列に並ばないのか?・一帯一路を掲げる中国の思惑とは?など、日本人にとって理解できないことが少なくありません。監修者は、ベストセラー『世界史とつなげて学ぶ 中国全史』を筆頭に、多数の著書をお持ちの京都府立大学の教授、中国史学の第一人者の岡本隆司先生です。本書に掲載した「特別な図解」を作成するに当たり、岡本先生のアイデアを活用。だからこそ、エッセンスが詰まっており、...more
カテゴリー:

こんなときだからこそ、死というものと改めて向き.. - 05月26日(火)12:00 

こんなときだからこそ、死というものと改めて向き合ってみたくなったあなたに。宮下洋一『安楽死を遂げた日本人』小学館
カテゴリー:

コロナ下の日本人の新たな生活様式とは? - 05月26日(火)11:29 

日本の安倍晋三首相は今月21日、関西地域の大阪府、京都府、兵庫県の緊急事態宣言を解除すると発表した。これで日本は東京都を含む首都圏の4都県と北海道を除く地域の宣言が解除された。 ...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本人」の画像

もっと見る

「日本人」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる