「日本人」とは?

関連ニュース

【新型肺炎/コロナ】東京マラソン「発表通りに開催予定」延期や中止否定 - 02月26日(水)18:35  newsplus

東京オリンピック(五輪)の男子日本代表選考を兼ねる東京マラソン(来月1日)を主催する財団の事務局は26日、エリートランナーによるレースを「発表通りに開催する予定です」とした。安倍首相の表明を受けての、延期や中止の可能性は否定した。 その上で28日にあるプレスカンファレンスの方式を変更する予定という。従来は例年に従い、有力選手の囲み取材を行う予定だったが、今回は近距離での接触を避けるため、質疑応答の会見スタイルとするという。 今年の東京マラソンは新型コロナウイルスの感染拡大を受け、一般ランナー抜き...
»続きを読む
カテゴリー:

内外から疑問の声。「クルーズ船」問題を各紙はどう報じたのか? - 02月26日(水)17:50 

2月19日から始まったクルーズ船からの下船。26日現在で、乗客・乗員のあわせて691人の感染が確認され、4人の死亡者が出ています。船内の感染対策や下船後に隔離しないことなど、内外から上がっていた疑問や不安が現実のものとなっています。ジャーナリストの内田誠さんは、メルマガ『uttiiの電子版ウォッチ DELUXE』で、下船開始翌日の各紙の論調を詳しく解説。常に政府寄りの読売すらも「船内の状況を甘く見ていた」と批判的で、クルーズ船対応のさまざまな問題点が浮き彫りになっています。 新型肺炎で揺れる「クルーズ船」問題を各紙はどう報じているか? ラインナップ ◆1面トップの見出しから……。 《朝日》…クルーズ船 443人下船 《読売》…訪日客減 4カ月連続 《毎日》…クルーズ客443人下船 《東京》…乗客感染 隔離前に集中 ◆解説面の見出しから……。 《朝日》…船内感染対策 疑念の目 《読売》…船内隔離 誤算続き 《毎日》…クルーズ船 政府苦慮 《東京》…船内隔離策 割れる評価 【プロフィール】 クルーズ船で下船が始まり、各紙、様々な議論をしています。専門家の意見の紹介を含め、「クルーズ船を巡るあれこれ」について、ザザッとみていきましょう。 ■船内「感染対策」の現実■《朝日》 ■個室待機要請後の感染拡大は?■《読売》 ■医学史に残る不祥事■《毎日》 ■全員検査をすべきだった■《東京》 船内「...more
カテゴリー:

函館市の高齢者死亡 国内の死者6人目、北海道で初 新型コロナ感染で - 02月26日(水)16:50 

 北海道は26日、函館市の日本人高齢者が新型コロナウイルスに感染し、25日に死亡したと発表した。家族の意向で年齢や性別は非公表。国内の死者は6人目、クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」を除くと2人目となる。
カテゴリー:

【悲報】日本のロックバンドども、政府の言いなり - 02月26日(水)16:15  livejupiter

だから日本人にロックは無理とか言われるんよなあ ...
»続きを読む
カテゴリー:

マシュー・ロー、『オオカミくん』メンバー出演の新曲MV公開 - 02月26日(水)18:00 

シンガーソングライター/クラシック・ピアニストのマシュー・ローが、本日2月26日(水)に新曲「Portable Sunshine」を配信リリースした。◆マシュー・ロー MVマシュー・ローはイギリス人の父親と日本人の...
カテゴリー:

【特撮】『愛の戦士レインボーマン』日本特撮史上、最も過激な悪の組織「死ね死ね団」とは? 2020/02/26 - 02月26日(水)17:30  mnewsplus

2020.02.26 今なおカルト的人気の高い、1970年代を代表する特撮ヒーロー番組『愛の戦士レインボーマン』。主人公であるレインボーマンの戦った相手が、秘密結社「死ね死ね団」でした。一度耳にしたら忘れられない「死ね死ね団」とは、一体どんな組織だったのでしょうか? https://magmix.jp/post/24150 インドの山奥で修行した正義の味方 『愛の戦士レインボーマン』 M作戦編 [DVD](東宝)  2020年2月26日(水)は何の日かご存知でしょうか? この日は作家・脚本家・作詞家・政治評論家……とマルチに活躍した故・川内康...
»続きを読む
カテゴリー:

【判決】高裁でも「選択的夫婦別姓」認められず サイボウズ青野社長ら「最高裁に行く。ゴールは立法」 - 02月26日(水)16:31  newsplus

2020 2/26 13:16 https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200226-00010830-bengocom-soci 婚姻時に夫婦が別姓を選べない戸籍法は憲法に反するとして、ソフトウェア企業「サイボウズ」の社長、 青野慶久さんら4人が国を相手に計220万円の損害賠償を求めていた選択的夫婦別姓訴訟で、東京高裁 (小川秀樹裁判長)は2月26日、原告らの訴えを棄却した。 原告側は最高裁に上告する意向を示している。 訴状などによると、原告側は日本人のカップルが離婚した際に戸籍法の手続きをすれば「婚氏続称」ができることや、 日本人と外国人が...
»続きを読む
カテゴリー:

蛹玲オキ驕薙〒鬮倬ス「謔」閠?′豁サ莠。縲∵眠蝙九さ繝ュ繝翫え繧、繝ォ繧ケ諢滓沒縺ァ?晞%蠎 - 02月26日(水)16:19 

[東京 26日 ロイター] - 北海道庁によると、新型コロナウイルス感染により、25日に日本人の高齢患者が死亡した。居住地は函館市、性別は非公表。
カテゴリー:

30年かけ世界企業競争ランキングを30も落とした日本凋落の訳 - 02月26日(水)15:53 

スイスIDMの2019年世界企業競争力ランキングで、30位というおよそ先進国に相応しくない評価を受けた日本。約30年前は同ランキングで世界1位を誇った我が国の国力はなぜここまで凋落してしまったのでしょうか。そして「復活の目」はあるのでしょうか。数々のメディアで活躍する嶌信彦さんは今回、自身の無料メルマガ『ジャーナリスト嶌信彦「時代を読む」』で、世界進出に成功したユニクロの顔・柳井正氏が考える「日本の将来像」を紹介しています。 “経済敗戦”からどう立ち直る? 「平成の30年は日本の“経済敗戦”の時代だった」と断ずるのは柳井正・ユニクロ会長兼社長だ。激動の昭和時代を経て平成の30年は穏やかに成長し国民の生活は豊かに安定したかにみえる。しかし内実をみると、スイスのビジネススクールIMDが発表した世界競争力ランキングではもはや経済大国とはいえないほど凋落しているのだ。 ユニクロを展開するファーストリテイリング社は、1949年に家業の小郡商事(山口県)から創業し、84年にユニクロ1号店を広島にオープンし全国展開を進めた。同社の2019年8月期の決算は2兆2,905億円の売上高に達し、今やアジア、アメリカ、ヨーロッパにまで進出して世界第3位のアパレル小売会社となった。 その柳井氏は「GDPはまだ世界で3位だが、IMDのランキングは1992年から4年連続1位だったのに2019年の日本の企業競争力...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日本人」の画像

もっと見る

「日本人」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる