「宇宙航空研究開発機構」とは?

関連ニュース

なぜ探査機「はやぶさ2」は、小惑星への2回目の着地に挑んだのか? その裏にあった大きな意義とリスク、そして葛藤 - 07月15日(月)15:31 

難易度が高かった2回目の着陸に成功した「はやぶさ2」  宇宙航空研究開発機構(JAXA)は2019年7月11日、小惑星探査機「はやぶさ2」が、小惑星「リュウグウ」への2回目となる着地に成功したと発表した。今年4月にクレー […]
カテゴリー:

はやぶさ2:はやぶさ2 カプセルは20年末に帰還へ 探査機本体は別の天体へ向かう可能性も - 07月12日(金)20:23 

 小惑星リュウグウへの着陸と地下物質採取に成功した宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」は12日、リュウグウから高度約20キロの定位置に戻った。今後は上空から観測を続け、11~12月にリュウグウを出発。地球まで約7億4000万キロの帰路に就き、採取試料の入ったカプセルを2020年末に
カテゴリー:

「100点満点で1000点」 - はやぶさ2津田プロマネが第2回タッチダウンを総括 - 07月12日(金)07:00 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月11日、小惑星探査機「はやぶさ2」の第2回タッチダウンを実施し、見事に成功。同日14時より開催された記者会見にて、津田プロマネは「我々は太陽系の歴史を手に入れることができた」と、ミッションの成功を宣言した。
カテゴリー:

「100点中の1000点」JAXA歓喜再び はやぶさ2地下物質採取 - 07月11日(木)21:31 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」が11日、小惑星リュウグウに着陸し、地下物質の採取に挑んだ。はるか2億5000万キロのかなたで、寸分狂いなく計画通りの運用を達成し、津田雄一・プロジェクトマネジャーは「100点満点中の1000点」と成功を喜んだ。
カテゴリー:

はやぶさ2が採取「黒い地下物質」の秘める可能性 「太陽系の化石」アミノ酸含む期待 - 07月11日(木)20:06 

 世界で初めて、小惑星の地下物質の採取に成功したとみられる宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。2度目の着陸で手に入れた地下の物質から期待される成果とは。【池田知広、岩間理紀】
カテゴリー:

舞い上がる岩石とらえる 「はやぶさ2」2度目のタッチダウン時の写真公開 - 07月13日(土)19:30 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は7月11日、はやぶさ2が同日、小惑星「リュウグウ」への2度目のタッチダウン(着陸)を行った際に撮影した3枚の写真を公開した。うち1枚は、リュウグウの地表から岩石が舞い上がっている姿をとらえている。
カテゴリー:

はやぶさ2:NASA、はやぶさ2成功を祝福 米国版はやぶさチーム - 07月12日(金)08:50 

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機はやぶさ2が小惑星リュウグウへの2回目の着陸に成功したことを受け、米航空宇宙局(NASA)の小惑星探査機オシリス・レックスのチームは11日、ツイッターで「やったね! おめでとう」と祝福した。
カテゴリー:

はやぶさ2が地下物質採取に成功 世界初、太陽系の起源解明期待 - 07月12日(金)05:00 

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は11日午前、探査機「はやぶさ2」が小惑星「リュウグウ」の表面に2回目の着陸を果たし、世界初となる地下の岩石破片の採取にも成功し…
カテゴリー:

はやぶさ2:「60点でも」跳ね返した2回目着陸 はやぶさ2チーム葛藤を越え - 07月11日(木)20:22 

 世界で初めて、小惑星の地下物質の採取に成功したとみられる宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。1回目の着陸に成功した今年2月以降、はやぶさ2を運用するJAXAのメンバーは、機体を損傷して失ってしまう恐れもある着陸に再び挑むのか、それとも自重するのか、大きな葛藤を抱えていた。
カテゴリー:

はやぶさ2「他国は20年できぬ」成果 地下物質の入手法確立 - 07月11日(木)19:53 

 世界で初めて、小惑星の地下物質の採取に成功したとみられる宇宙航空研究開発機構(JAXA)の探査機「はやぶさ2」。小惑星リュウグウでの重要任務をすべて完璧に達成し、今後は地球への帰還に向けた段階に入る。2度の着陸で手に入れた表面と地下の物質からは、太陽系や生命の起源に迫る研究成果が期待される。【池田
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「宇宙航空研究開発機構」の画像

もっと見る

「宇宙航空研究開発機構」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる