「半導体」とは?

関連ニュース

省エネの次世代半導体開発を支援へ 経済産業省 #n.. - 09月26日(土)14:15 

省エネの次世代半導体開発を支援へ 経済産業省 #nhk_news
カテゴリー:

【AI株価予想】在宅勤務が追い風の半導体関連「新.. - 09月25日(金)17:05 

【AI株価予想】在宅勤務が追い風の半導体関連「新光電気工業」の将来性
カテゴリー:

【米国:ポリイミドフィルム関連技術】特許総合力トップ3は宇部興産、カネカ、SABIC GLOBAL TECHNOLOGIES - 09月25日(金)11:00 

株式会社パテント・リザルトは2020年9月25日、米国特許商標庁が公開した「ポリイミドフィルム関連特許」について、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用い、参入企業に関する調査結果をまとめ、レポートの販売を開始しました。高強度、耐熱性、電気絶縁性に優れたポリイミドフィルムは、電子部品、自動車、ディスプレイ、二次電池など様々な分野において、世界的規模での利用が進められています。今回の調査では、米国特許商標庁で公開されているポリイミドフィルム関連技術全般について、個別特許の注目度を得点化する「パテントスコア」をベースに、特許の質と量から総合的に見た評価を行いました。その結果、「総合力ランキング」は1位 宇部興産、2位 カネカ、3位 SABIC GLOBAL TECHNOLOGIESとなりました。総合力1位の宇部興産の注目度の高い特許には、「顔料や染料等を使用することなく、黒系色に着色されたポリイミド成形体とその製造方法」や、「柔軟性、耐熱性、機械的強度、電気特性、耐溶剤性等の優れたポリイミドの特性を提供する、水性ポリイミド前駆体溶液組成物」などが挙げられます。総合力2位のカネカは、「集電体として好適で、電池の軽量化および耐久性の向上に寄与する芳香族ポリイミドを含む多層導電性フィルム」や、「半導体回路と十分な接着強度をもち、プリント配線板として使用される熱可塑性ポリイミド樹脂フィ...more
カテゴリー:

「無人搬送車(AGV)の世界市場:タイプ別、産業別2025年予測」リサーチ最新版刊行 - 09月25日(金)10:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「無人搬送車(AGV)の世界市場:タイプ別、産業別2025年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】無人搬送車(AGV)の世界市場規模は2020年の23億ドルから、2025年には36億ドルへと拡大が予測されます。当レポートでは、2025年に至る無人搬送車(AGV)の世界市場予測(市場規模US$)、タイプ別市場(牽引車、ユニットロード、パレットトラック、組立ライン車両、フォートリフトトラック、その他)、誘導技術別市場(レーザー誘導、磁気誘導、Inductive Guidance、光学テープ式誘導、ビジョン誘導、その他)、産業別市場(自動車、金属/重機、食品/飲料、化学、ヘルスケア、3PL、半導体/電子機器、航空、eコマース、その他)、主要国地域別市場など、各種の予測データに基づき市場を展望しています。また市場動向、競合状況、主要企業プロフィールなどの分析も交えて、概略以下の構成でお届けいたします。【英文市場調査レポート】無人搬送車(AGV)の世界市場:タイプ別、産業別2025年予測Automated Guided Vehicle (AGV) Market with COVID-19 Impact Analysis, by Type (Tow Vehicles, Unit Load Carriers, Forklift Truc...more
カテゴリー:

RSテクノ---2020年後半は収益が一時的に落ち込むが、2021年以降は成長路線復帰へ - 最新株式ニュース - 09月25日(金)08:35 

<3445>  RSテクノ  3295  0RS Technologies<3445>は半導体の主要部材であるシリコンウェーハの再生加工を手掛ける企業である。国内と台湾に工場を持ち、メインサイズの12インチ(300mm)再生ウェーハでは世界シェア33%(同社推計)とトップに立っている。2018年からは中国でプライムウェーハの一貫製造事業にも進出し、再生加工と合わせた2本柱で成長を目指している。20
カテゴリー:

米国政府のSMICへの制裁検討を受け、米中台の半導体業界の動きが活発化 - 09月25日(金)17:29 

米国商務省のSMICに対する制裁検討を受け、米中台それぞれの半導体業界での動きが活発化している。中でも台湾は中国ファブレスからの生産委託が急増しており、生産能力が限界を迎える状況になりつつあるという。
カテゴリー:

韓国標準科学研究院がフッ化水素の純度分析サービスを開始、国産化を支援 - 09月25日(金)16:47 

韓国の国立研究機関である韓国標準科学研究院(KRISS)は、韓国企業を対象とした半導体やディスプレイ産業でウェットエッチングや洗浄に用いられるフッ化水素(HF)の純度分析サービスの提供を開始したと発表した。
カテゴリー:

「製造業向け人工知能(AI)の世界市場:技術別、用途別2026年予測」調査レポート刊行 - 09月25日(金)11:00 

リサーチステーション合同会社は、海外最新リサーチ「製造業向け人工知能(AI)の世界市場:技術別、用途別2026年予測」のお取扱いを開始いたします。【レポート紹介】製造業向け人工知能(AI)市場は今後大幅に拡大する見通しで、その世界市場規模は2020年の推計11億ドルから、2026年には167億ドルに達するとレポートでは予測しています。当レポートでは、2026年に至る製造業向け人工知能(AI)の世界市場予測(市場規模US$)、オファリング別市場(ハードウェア各種、ソフトウェア各種、サービス各種)、技術別市場(機械学習各種、自然言語処理、コンテキストアウェアコンピューティング、コンピュータビジョン)、用途別市場(予知保全/機械検査、材料運搬、生産計画、フィールドサービス、品質管理、サイバーセキュリティ、産業用ロボット、埋め立て)、産業別市場(自動車、エネルギー/電力、医薬品、重金属/機械製造、半導体/電子機器、食品/飲料、その他)、主要国地域別市場など、詳細な市場予測データと分析を掲載しています。また市場分析、競合状況、主要メーカー企業10社プロフィール動向などの情報も交えて、製造業向け人工知能市場の現在と今後展開を予測分析していきます。【英文市場調査レポート】製造業向け人工知能(AI)の世界市場:技術別、用途別2026年予測Artificial Intelligence in Man...more
カテゴリー:

Amazonの新型スマートスピーカーはかわいい見た目で高性能化。上位モデルは独自開発の半導体を搭載 - 09月25日(金)09:30 

アマゾンは新型スマートスピーカー・ディスプレイを発表。球体型のデザインや顔を追尾する機能を搭載するなど、大きく進化しており、日本でも発売する。
カテゴリー:

GDP上位20ヶ国別に打線組んだ - 09月25日(金)02:20  livejupiter

台湾 1(右)クアンタ(PC受託生産世界首位) 2(二)ASUS(電子機器大手) 3(投)ホンハイ(電子機器受託生産世界首位) 4(左)TSMC(半導体ファウンドリ世界首位) 5(三)台湾プラスチック(ICパッケージ基盤、ガラス繊維などで世界首位) 6(中)台湾銀行(国内最大銀行) 7(遊)中華電信(国内最大通信) 8(捕)メディアデック(半導体) 9(一)VIA(マイクロプロセッサ) ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「半導体」の画像

もっと見る

「半導体」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる