「富士フイルム」とは?

関連ニュース

TPCマーケティングリサーチ株式会社、世界の再生医療・遺伝子治療CDMO市場について調査結果を発表 - 07月18日(木)10:00 

この程、TPCマーケティングリサーチ株式会社(本社=大阪市西区、代表取締役社長=松本竜馬)は、世界の再生医療・遺伝子治療CDMO市場について調査を実施、その結果を発表した。【調査結果】◆世界の再生医療・遺伝子治療CDMO市場は、2023年度で前年度比2.1%増の3,059億8,700万円となった。同年は、主に米国での景気後退を背景に製薬メーカーやバイオベンチャーの開発製造プロジェクトが停滞したことで市場は鈍化となった。しかし、再生医療・遺伝子治療CDMO市場は活況を呈している。要因としては、先端技術の発達により、再生医療製品や遺伝子治療薬の開発・製造が増加したことがあげられる。再生医療製品および遺伝子治療薬は、他の医薬品に比べて合併症のリスクが低い、副作用が少ない、一度の治療で治せる可能性があるなどのメリットがあるため、今後も、先端医療として開発および製造プロジェクトが増加していくとみられる。◆上記の背景より、再生医療や遺伝子治療の開発や製造を請け負うCDMOは、需要を取り込む動きが活発化している。例えば、国内企業の富士フイルムHDは、米国にて設備拡張を実施している。具体的には、2025年にカリフォルニア拠点、翌年の2026年にウィスコンシン拠点にて新設備を稼働させ、両拠点の細胞治療薬の生産能力をそれぞれ倍増させる計画。生産能力を拡大することで、さらなる受託案件の獲得を目指している...more
カテゴリー:

富士フイルムBI×コニカミノルタ、合弁会社設立に関する株主間協定書を締結 - 07月17日(水)12:47 

富士フイルムビジネスイノベーションとコニカミノルタは7月17日、原材料および部材調達の連携を図る合弁会社の設立を決定し、7月8日に株主間協定書(ジョイントベンチャー契約)を締結したことを発表した。
カテゴリー:

富士フイルム、植物由来のプラ素材を使用したICカードを販売へ - 07月10日(水)17:30 

植物などの生物由来の原料で作られた「バイオマスプラスチック」の素材を配合したICカードを今冬より販売開始。
カテゴリー:

1億画素の最先端ミラーレスカメラ「GFX100SⅡ」実機レビュー - 07月09日(火)10:00 

富士フイルムの最新中判カメラをテストしてみました!
カテゴリー:

【化学】他社牽制力ランキング2023 トップ3は富士フイルム、三菱ケミカル、花王 - 07月05日(金)11:30 

株式会社パテント・リザルトは7月5日、「化学業界」の特許を対象に、2023年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「化学業界 他社牽制力ランキング2023」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2023年に最も引用された企業は、1位 富士フイルム、2位 三菱ケミカル、3位 花王となりました。1位 富士フイルムの最も引用された特許は「有機電界発光素子」に関する技術で、半導体エネルギー研究所の計9件の審査過程で引用されています。このほかには「液晶ディスプレイ用の防眩フィルム」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、日東電工などの計7件の拒絶理由として引用されています。2023年に、富士フイルムの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はキヤノン(260件)、次いでコニカミノルタ(114件)となっています。2位 三菱ケミカルの最も引用された特許は「ガスバリア性フィルムの製造方法」に関する技術で、大日本印刷の計5件の審査過程で引用されています。このほか「赤外発光蛍光体」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、パナソニックなどの計4件の拒絶理由として引用されています。2023年に、三菱ケミカル...more
カテゴリー:

富士フイルムHDとコニカミノルタ 複合機などで合弁会社設立へ - 07月17日(水)16:57 

富士フイルムホールディングスとコニカミノルタは、オフィス向けの複合機などの事業で原材料の調達などを共同で行う合弁会社を設立すると発表しました。ペーパーレス化によって需要が減少する中、他社との提携による事業再編の動きが相次いでいます。
カテゴリー:

広告やWebサイトを分析しマーケティングDXを支援「Revoria Cloud Marketing」 - 07月11日(木)16:01 

富士フイルムビジネスイノベーションは7月11日、企業のマーケティング業務の効率化を支援するクラウド型プラットフォーム「Revoria Cloud Marketing」を7月17日より提供開始することを発表した。
カテゴリー:

【AIを用いた放射線治療装置関連技術】グローバルスコアランキング トップ3はSIEMENS HEALTHCARE、KONINKLIJKE PHILIPS、SHANGHAI UNITED IMAGING - 07月09日(火)11:30 

株式会社パテント・リザルトは7月9日、『AIを用いた放射線治療装置関連技術』について、世界での特許総合力を示す「グローバルスコア」の企業ランキングを、特許分析ツール「Biz Cruncher」を用いて集計しました。昨今のAI技術の進化は著しく、医療分野においても急速に活用が進められております。AIを用いた放射線治療装置は、精度の向上、治療時間の短縮、個別化医療の実現により、治療の効果と効率を大幅に向上させている革新的な技術です。本調査では『AIを用いた放射線治療装置関連技術』に注目し、日本、米国、欧州、中国の主要4国・地域における「パテントスコア」(個別特許の注目度を得点化)を合算し、世界における特許の質と量を総合的に見た評価を行いました。集計の結果、「グローバルスコア ランキング」では、1位 SIEMENS HEALTHCARE(独)、2位 KONINKLIJKE PHILIPS(蘭)、3位 SHANGHAI UNITED IMAGING HEALTHCARE(中)となりました。1位 SIEMENS HEALTHCAREは米国特許の寄与が最も大きく、米国特許におけるランキングでは1位となっております。注目度の高い特許には、「機械学習を用いて冠動脈狭窄部の分数的血流予備量(FFR)を自動的に算出する医療画像解析システム」や「少数の心電図電極と3D表面イメージングを用いた非侵襲的な心...more
カテゴリー:

【エンジニアリング業】他社牽制力ランキング2023 トップ3はJFEエンジニアリング、栗田工業、オルガノ - 07月08日(月)11:30 

株式会社パテント・リザルトは7月8日、「エンジニアリング業業界」の特許を対象に、2023年の特許審査過程において他社特許への拒絶理由として引用された特許件数を企業別に集計した「エンジニアリング業業界 他社牽制力ランキング2023」をまとめました。この集計により、直近の技術開発において競合他社が権利化する上で、阻害要因となる先行技術を多数保有している先進的な企業が明らかになります。集計の結果、2023年に最も引用された企業は、1位 JFEエンジニアリング、2位 栗田工業、3位 オルガノとなりました。1位 JFEエンジニアリングの最も引用された特許は「コンクリート構造物の検査方法」に関する技術で、ペガソス・エレクトラや富士フイルムなどの計5件の審査過程で引用されています。このほかには「荷役機械の操作支援方法」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、住友重機械建機クレーンなどの計3件の拒絶理由として引用されています。2023年に、JFEエンジニアリングの特許によって影響を受けた件数が最も多い企業はJFEスチール(14件)、次いで日本製鉄(11件)となっています。2位 栗田工業の最も引用された特許は「飲料水の充填装置」に関する技術で、大日本印刷の計4件の審査過程で引用されています。このほか「汚泥界面計測装置」に関する技術が引用された件数の多い特許として挙げられ、オルガノなどの...more
カテゴリー:

中堅・中小企業向けの無線ネットワーク「beat air」提供開始、富士フイルムBI - 07月03日(水)16:56 

富士フイルムビジネスイノベーションは7月3日、中堅・中小企業向けネットワークセキュリティーサービス「beat(ビート)サービス」のオプションとして、無線ネットワークサービス「beat air」を提供開始することを発表した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる