「技術開発」とは?

関連ニュース

同種由来iPS細胞由来心筋細胞シート実用化を目指す大阪大学発の「クオリプス」が約20億円調達 - 12月04日(金)19:18 

クオリプスは12月4日、総額約20億円の第三者割当増資に関する契約を締結したと発表した。引受先は、大幸薬品、京都大学イノベーションキャピタル、テルモ、ダイダン、ステムセル研究所、および朝日インテック。 今回の資金調達により、同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの実用化を一層加速化させ、様々な細胞製品の培養・加工を通じ、画期的な細胞治療薬の創生に貢献する。 大幸薬品は再生医療にかかる衛生管理分野での協業など、ダイダンは商業用細胞培養加工施設を活用した管理技術の一層の高度化など、ステムセル研究所とは再生医療関連でのシナジーなど、朝日インテックは細胞を体内デリバリーするシステムの開発などの期待のもと、資本参加を行っている。 クオリプスは、2017年3月に大阪大学の技術・研究成果をベースに、同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの開発・事業化を目的に設立された大阪大学発スタートアップ。 同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートの製造方法に関する研究開発を推進し、さらに効率的な生産技術を確立して、世界に先駆けて再生医療等製品として製造販売承認を取得することを目指している。 同種由来iPS細胞由来心筋細胞シートとは、ヒトiPS細胞から作製した心筋細胞(iPS心筋)を主成分とした他家細胞治療薬にあたり、シート状に加工されたものを心臓に移植する。有効な治療法がない重症心不全の患者を対象とし、心機能の改...more
カテゴリー:

アウディ、EV向け技術開発を強化--2025年までの5年で1兆2660億円投入 - 12月04日(金)14:30 

Audiは、電気自動車(EV)やハイブリッド車(HV)の開発体制などを強化するため、2021年から2025年の5年間で約350億ユーロ(約4兆4301億円)投資していくと発表した。
カテゴリー:

【サッカー】<中国サッカー協会>クラブの企業名排除求める!ファンは激怒 - 12月03日(木)19:57  mnewsplus

サッカー中国スーパーリーグ(1部)に所属する全16クラブは、チーム名から企業名を省くよう中国サッカー協会(CFA)から指示されており、来季のリーグ戦は一新されることになる見通しだが、多くのサポーターの怒りを買っている。  CFAは、各クラブが所有元である投資家や企業との関連性を取り除き、代わりに「中立的な」名称を採用しなければならないという命令を実行しているところだと、政府系メディアは伝えている。  2015年にまでさかのぼる中国サッカー界における大規模な改革案の一環である今回の措置は、来春に新シーズン...
»続きを読む
カテゴリー:

テクノアが第54回(2020年度) グッドカンパニー大賞でグランプリに選ばれました - 12月03日(木)12:00 

株式会社テクノア(本社:岐阜県岐阜市、社長:山﨑 耕治)は、公益社団法人中小企業研究センターの主催する「第54回(2020年度) グッドカンパニー大賞」で「グランプリ」に選ばれました。グッドカンパニー大賞は、全国の中小企業の中から、経済的、社会的に優れた成果を挙げている企業を選んで贈られる、日本で最も歴史と実績のある中小企業のための賞です。中でも、今回、テクノアが受賞した「グランプリ」は経営の刷新、技術開発、市場開拓、流通改革の分野において、特に顕著な成果を挙げ、優れた内容を有する企業であって、最近3年間の業績推移が相当なものであり、今後も伸展が期待される、全国水準において優れた企業に送られる賞です。なお、表彰式は2021年2月1日に東京・大手町の経団連会館・経団連ホールにて行われる予定です。テクノアは、今後もソフトウェア開発、お客様へのサービス提供を通じ、地域社会および、日本の産業界に貢献できるよう尽力してまいります。■公益社団法人中小企業研究センターについてhttp://www.chukiken.or.jp/■ 第54回(2020年度) グッドカンパニー大賞 事業概要http://www.chukiken.or.jp/citation/index.html#gaiyou■第54回グッドカンパニー大賞 表彰企業http://www.chukiken.or.jp/r02commen...more
カテゴリー:

JR八王子駅のシャープ求人広告がオリンパス技術者を”狙い撃ち”と話題に…「カメラ業界のエンジニアのみなさん!」と呼びかけ - 12月02日(水)09:24  newsplus

「カメラ業界のエンジニア」と直接名指ししているわけではないが、八王子市内には、オリンパスの開発拠点が集中している。技術開発センター石川、技術開発センター宇津木、技術開発センター高倉があり、いずれも八王子駅からバスでアクセス可能なため、そこで働く多くのエンジニアが広告を目にすることになる。 また、八王子駅すぐ近くには同社がネーミングライツを取得した「オリンパスホール八王子」もある。まさにターゲットの拠点ど真ん中に広告を掲載したことになる。 オリンパスのカメラ事業といえば、近年は女優・宮崎あおい...
»続きを読む
カテゴリー:

2021年1/27(水)開催「水性塗料の設計技術と外観トラブルの原因・対策」 - 12月04日(金)16:00 

郷司技術士事務所 代表 郷司 春憲様をお迎えし、水性塗料の設計技術と外観トラブルの原因・対策について解説して頂きます。ハニカム・テクノリサーチ株式会社は、一般社団法人 日本国際コンプライアンス推進認定協会(ICPCA)との共催のもと、郷司 春憲様をお迎えし、2021/1/27(水)に以下の内容でセミナーを開催します。水性塗料の設計技術とトラブル対策について解説して頂きますので、是非ご参加ください。■本講座のポイント水を溶媒とする水性塗料では樹脂など構成材料が不均一系であることに加え、水の特性に起因する様々な課題があります。これらの課題解決のため水性バインダー樹脂の設計や添加剤の選択が行われています。水性塗料の概要と製造方法を説明し設計課題と対処方法について解説いたします。顔料分散では顔料のぬれなど水性特有の課題があります。顔料分散設計の考え方と顔料分散剤を利用した分散性の改良技術を解説いたします。水性塗料の乾燥過程ではバインダーは親水性から疎水性へ相変化が起こります。さらにバインダーがエマルション粒子など不均一系なので、塗膜形成過程は非常に複雑で乾燥過程での顔料凝集によるトラブルが生じやすく注意が必要です。乾燥過程での顔料の凝集状態の評方法価や外観不良のメカニズム、さらに増粘剤などの添加剤と顔料の相互作用によるトラブルの原因と解決策を紹介します。■本講習会で得られる知識水性塗料設計...more
カテゴリー:

AI技術を用いた河川管理高度化技術の開発 - 12月04日(金)14:22 

 鳥取県と株式会社建設技術研究所(本社:東京都中央区、代表取締役社長:中村哲己)は、「持続的で実効的な河川管理」及び「豪雨時における安全避難」の実現を目的として、河川監視カメラ・水位計等より得られるデータとAI (人工知能)技術を用いた新技術の開発(河川管理の高度化)に取り組んでいます。  これまで鳥取県中部(倉吉市・北栄町)を流れる北条川を実験フィールドとして実証実験を実施してきましたが、この度、新技術から得られる解析結果が一定の精度に達し、試行的に活用することになりました。  このため、2020年12 月9 日(水)に中間報告会を開催します。【鳥取県知事出席予定】   1. 技術開発の目的  インフラの維持管理費は今後30 年で約1.3 倍に増加する見込みですが、地方自治体では維持管理に携わる職員数が十分ではありません。このため、持続的で実効的な維持管理の実現に向けて、新技術やデータを活用して維持管理を高度化することが重要です。  また、気候変動に伴い台風・豪雨が激甚化・頻発化する中、住民の皆様の安全な避難の実現に向けて、避難の判断に資する河川情報の発信を充実化することが重要です。  これら背景のもと、鳥取県および株式会社建設技術研究所は、河川監視カメラ・水位計などから得られるデータとAI (人工知能)技術を用いた河川管理高度化技術の開発を進めています。  ...more
カテゴリー:

米国の倫理審査委員会(IRB)から医療用iPS細胞作製プロセスに対し承認取得 - 12月03日(木)17:00 

I Peace, Inc(アイ・ピース株式会社) 809 San Antonio Road, Suite 7,Palo Alto, California 94303 U.S.A. WEB: https://ipeace.com/   2020年12月 3日 I Peace, Inc.   米国の倫理審査委員会(IRB)から医療用iPS細胞作製プロセスに対し承認取得 商業用途に使用可能なiPS細胞提供へ I Peace, Inc(アイ・ピース、本社:米国カリフォルニア州パロアルト)は、医療用iPS細胞作製の一連のプロセス(ドナーリクルーティング、問診、採血、iPS細胞作製、保管)及びそれを記載したインフォームドコンセント、並びに問診表に対し米国の民間倫理審査委員会(IRB)より承認を得たことをお知らせします。同承認を得たことにより、弊社の作製するiPS細胞を倫理的な観点でも安心して臨床並びに研究を含む商業用途にご利用いただくことが可能となりました。   IRBについて 今回審査を行った米国の民間倫理審査委員会は、Accreditation of Human Research Protection Programs (AAHRPP)注1 に承認されており、 ISO 9001:2015の認証を取得した組織です。同IRBは、米国食品医薬品局(FDA)の...more
カテゴリー:

エンバーポイントとトレジャーデータが「統合メッセージングプラットフォーム×CDP」のパートナーシップを締結 - 12月03日(木)11:00 

エンバーポイント株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:神谷 勇樹、以下「エンバーポイント」)は、トレジャーデータ株式会社(本社:東京都千代田区、社長執行役員:三浦 喬、以下「トレジャーデータ」)と「統合メッセージングプラットフォーム×CDP」における新たなパートナーシップ締結に合意したことを本日発表いたします。エンバーポイントが提供するメール配信システムMailPublisherは、トレジャーデータが提供するTreasure Data CDPと連携させることが可能で、これまで両製品を組み合わせたメールマーケティングソリューションを企業に提供してまいりました。しかし昨今では、メールにとどまらずさまざまなコミュニケーションツールやマーケティング手法が発達し、企業における顧客接点の多様化は急速に進んでいます。エンバーポイントはこうした背景を踏まえ、これまでのメールをコアとしながらもさらにSMS、LINE、アプリなど、さまざまなメッセージングチャネルに対応する統合メッセージングプラットフォームへと、順次製品強化を図っています。そして、そうした多様な顧客接点に対応する高度なマーケティングテクノロジーを企業に提供していくにあたっては、「真に使いこなせるものであること」が重要であるという考えから、ともに業界のトップシェアベンダーであるエンバーポイントとトレジャーデータの豊富な経験および...more
カテゴリー:

菅政権で初 成長戦略の実行計画 - 12月02日(水)00:29 

政府は1日、「成長戦略会議」(議長・加藤勝信官房長官)を開き、菅政権初となる成長戦略の実行計画をまとめた。脱炭素化に向け、エネルギー分野の新技術開発を後押しする...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「技術開発」の画像

もっと見る

「技術開発」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる