「上方修正」とは?

関連ニュース

ドラフト---大幅に反発、21年12月期の営業利益予想を上方修正、期末配当は5円に増額修正 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)14:27 

<5070>  ドラフト  568  +33大幅に反発。21年12月期の営業利益を従来予想の7.00億円から9.50億円に上方修正している。利益率の高いデザイン・設計単独プロジェクトや特命案件が増加したほか、大型案件を計上したため。コロナ禍で活動費が抑制され、販管費が計画を下回ることも利益を拡大させる見通し。また、期末配当を従来予想の4.50円から5.00円(前期末実績4.00円)に増額修正してい
カテゴリー:

野村不HD---大幅反発、収益上方修正や株主還元拡充を評価 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)13:08 

<3231>  野村不HD  2734  +151大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は88億円で前年同期比62.4%減益、市場予想を40-50億円ほど下回ったが、不動産売却の期ずれがあったようで、通期予想は820億円から860億円、前期比12.7%増に上方修正している。住宅事業の利益率向上などが主因。また、実施中の自社株買い上限を50億円から70億円に引き上げたほか、年間
カテゴリー:

注目銘柄ダイジェスト(前場):トレードワークス、太洋工業、富士電機など - 最新株式ニュース - 01月28日(金)11:58 

ゴールドクレ<8871>:1737円(+138円)大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は107億円で前年同期比97.9%増益、10-12月期も83億円で同65.9%増と拡大基調が続いた。通期計画は従来の101億円から113億円、前期比66.3%増に上方修正、需要好調に加えて粗利益率も高水準を持続、経費抑制も進んでいるもよう。配当金計画も70円から80円に引き上げており、利回り妙味など
カテゴリー:

新光電工---大幅反発、想定以上の好決算にポジティブなインパクト - 最新株式ニュース - 01月28日(金)11:06 

<6967>  新光電工  4945  +365大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は224億円で前年同期比2.9倍となり、市場予想を70億円近く上回る水準となっている。主力事業のFCパッケージ、リードフレーム、静電チャックなどが想定以上に順調推移となっているようだ。通期予想も594億円から680億円、前期比2.9倍の水準にまで再度の上方修正、市場コンセンサスを100億円程
カテゴリー:

信越化---大幅反発、通期上方修正や増配を好感 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)10:51 

<4063>  信越化  18855  +1205大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は1817億円で前年同期比80.4%増益、市場予想を100億円程度上回っている。また、通期予想は従来の4850億円から6750億円、前期比72.1%増に上方修正、市場予想も上回る水準としている。配当計画も300円から400円に引き上げている。生活環境基盤材料などが想定以上の推移のほか、30
カテゴリー:

アドバンテス---大幅反発、通期業績や受注計画を再度上方修正 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)13:34 

<6857>  アドバンテス  9090  +280大幅反発。レーザーテックや東エレクなど半導体製造装置大手がさえない展開となる中、前日発表の決算を評価する動きに。前日に第3四半期の決算を発表、10-12月期営業利益は336億円で前年同期比2.2倍となり、市場予想を60億円ほど上回った。通期予想は1050億円から1150億円に今期3度目となる上方修正。通期受注高計画も5650億円から6500億円に
カテゴリー:

ペガサス---22/3上方修正 営業利益16.0億円←10.5億円 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)12:33 

<6262>  ペガサス  488  +22堅調。昨夕に2022年3月期業績予想の修正を発表。売上高は175.1億円から200.0億円、営業利益を10.5億円から16.0億円に上方修正したことが材料視されている。新たな生活様式の普及などに伴い、工業用ミシン業界は世界的なアパレル需要の回復が見られた。コンテナ不足による海上輸送コストの高騰及び輸送遅延など、依然不透明な要因は続いているが、縫製工場の設
カテゴリー:

ゴールドクレ---大幅反発、想定以上の上方修正や増配をポジティブ視 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)11:24 

<8871>  ゴールドクレ  1743  +144大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、累計営業利益は107億円で前年同期比97.9%増益、10-12月期も83億円で同65.9%増と拡大基調が続いた。通期計画は従来の101億円から113億円、前期比66.3%増に上方修正、需要好調に加えて粗利益率も高水準を持続、経費抑制も進んでいるもよう。配当金計画も70円から80円に引き上げており、利回り妙味な
カテゴリー:

富士電機---大幅反発、通期業績は市場想定上回る水準にまで上方修正 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)11:03 

<6504>  富士電機  5890  +520大幅反発。前日に第3四半期決算を発表、10-12月期営業利益は164億円で前年同期比86.5%増益となり、市場予想を40億円程度上振れる着地に。つれて、通期予想を670億円から720億円、前期比48.2%増に上方修正、市場コンセンサスは690億円程度であった。エネルギーや半導体事業などの想定を引き上げている。部材価格高騰に対応する価格転嫁なども進展し
カテゴリー:

太洋工業---大幅に反発、21年12月期の営業利益予想を上方修正、期末配当予想も5円に増額修正 - 最新株式ニュース - 01月28日(金)10:41 

<6663>  太洋工業  442  +64大幅に反発。21年12月期の営業損益を従来予想の0.59億円の黒字から1.21億円の黒字(前期実績4.25億円の赤字)に上方修正している。電子基板事業で利益率の高いFPC試作案件の受注が増加したため。出張旅費や広告宣伝費が想定を下回ったことも利益を押し上げる見込み。併せて期末配当を従来予想の3.00円から5.00円(前期末実績3.00円)に増額修正した。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる