「純利益」とは?

関連ニュース

はてな---1Q増収、テクノロジーソリューションサービスの売上高が順調に推移 - 最新株式ニュース - 12月02日(金)10:14 

<3930>  はてな  1094  +7はてな<3930>は11月30日、2023年7月期第1四半期(22年8月-10月)決算を発表した。売上高が前年同期比4.3%増の7.69億円、営業利益が同36.0%減の0.47億円、経常利益が同18.7%減の0.61億円、四半期純利益が同19.9%減の0.42億円となった。コンテンツプラットフォームサービスの売上高は前年同期比14.2%減の1.09億円とな
カテゴリー:

エア・ドゥ、2023年4月〜9月期は純利益22億円 中間決算は3年ぶり最終黒字 - 12月01日(木)17:13 

AIRDO(エア・ドゥ)は、2023年3月期の中間決算(2022年4月〜9月)を発表した。中間決算としては3期ぶりの最終黒字を計上した。 営業収入は206億5,500万円、営業費用は186億2,800万円、営業利益は20 […] 投稿 エア・ドゥ、2023年4月〜9月期は純利益22億円 中間決算は3年ぶり最終黒字 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

NTTの将来性とESGの取り組みは?株価推移、配当・優待情報も【2022年11月】 - 12月01日(木)15:23 

環境問題や社会課題に関する報道を目にする機会が増え、世界でもESGやサステナビリティへの取り組みが加速しています。通信事業を手掛けるNTTでも、カーボンニュートラルや新たな通信技術、社会分野など多様な取り組みを行っています。 この記事では、NTTのESGやサステナビリティの取り組みについて紹介します。株価や配当情報などに興味のある方も参考にしてください。 マネックス証券のウェブサイトを見る ※2022年11月14日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。 ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定のサービス・金融商品への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、利用者ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 目次 NTTの概要 NTTのESGに関する取り組み 2-1.カーボンニュートラル 2-2.ダイバーシティ&インクルージョン 2-3.サステナビリティ関連の指標に採用されている NTTの10年間の株価推移と業績 3-1.10年間の株価推移 3-2.業績 NTTの将来性 NTTの配当・優待情報 まとめ 1.NTTの概要 銘柄 日本電信電話 証券コード 9432 株価 3,780円 PER(会社予想) 11.23倍 PBR 1.54倍 配当利回り(会社予想) 3.17% ...more
カテゴリー:

SABIC、新しいLNP(tm) KONDUIT(tm)コンパウンドを発表、複雑なDDRメモリIC用テストソケットで卓越した熱伝導性と高流動性を発揮 - 11月30日(水)14:00 

日本・東京、2022年11月30日 - 化学業界のグローバルリーダーであるSABIC(日本法人:SHPPジャパン合同会社、東京都千代田区)は本日、ダブルデータレート(DDR)メモリ集積回路(IC)のストレステストに使用されるバーンインテストソケット(BiTS)の厳しい要求に対応可能な新しい特殊材料「LNP(tm) KONDUIT(tm) 8TF36E」コンパウンドを発表した。DDR ICではピン数の増加やテスト温度の上昇、小型化が進んでいることから、BiTSコンポーネントに使用される素材にはより高度な特性が求められている。SABICの新しいコンパウンドは、複雑で微細なBiTS設計を可能にする非常に高い流動性に加え、テスト中におけるBiTSの性能を高める優れた寸法安定性と高耐熱性、テスト後の熱を素早く放散する高い熱伝導性を備えている。SABICのLNP KONDUIT 8TF36Eコンパウンドは、熱伝導性フィラーを充填したナイロンなどの現行素材と比べ、より高い流動性と優れた寸法安定性を発揮する。この新しい素材の使用によって、これまで対応が難しかったさまざまな課題に対処することができる。SABICのLNP & NORYLビジネス・マネジメント・ディレクターであるJoshua Chiawは、「DDRメモリICはモバイル機器やPCだけでなく、車載機器やクラウドコンピューティングシステムとい...more
カテゴリー:

BRI 2022年第3四半期純利益39.31兆ルピアを記録 - 11月30日(水)10:00 

インドネシア・ジャカルタ、2022年11月30日 /PRNewswire/ -- 株式会社バンク・ラクヤット・インドネシア (BRI) Persero Tbk. (IDX: BBRI) (PT Bank Rakyat Indonesia Tbk,英文略称BRI)の2022年第3四半期の純利益が39.31兆ルピアを記録しました。「9ヶ月間で、BRIは前年同期比106.14%の純利益成長を記録し、総資産は、前年同期比4.00%増の1,684.60兆ルピアを記録しました」とBRI代表取締役スナルソ氏と発表しました。2022年第3四半期のBRIの融資と資金調達の合計は、1,111.48兆ルピア(前年同期比7.92%の成長)に達しました。BRIのMSMEローンポートフォリオは、2021年第3四半期の852.12兆ルピアから2022年第3四半期の935.86兆ルピアと前年同期比9.83%増加し、MSMEローンの割合は84.20%になりました。「インドネシアの雇用の97%がMSMEセグメントから成ることを鑑み、MSMEが成長し続けることを支援しこのコミュニティの雇用を促進して、インドネシア経済の回復と成長を後押しすることをBRIは行っていきます。」とスナルソ氏は話しました。良好なリスクマネジメントと天秤にかけた中間機能の遂行にBRIが成功したことは、BRIの連結不良債権比率の数字3.09%にも反...more
カテゴリー:

串カツ田中の異色業態「アキバあいどる店」閉店に 「アイドルの卵」接客で話題も2年持たず - 12月01日(木)20:01  mnewsplus

串カツ田中の異色業態「アキバあいどる店」閉店に 「アイドルの卵」接客で話題も2年持たず: J-CAST ニュース https://www.j-cast.com/2022/12/01451622.html?p=all 2022年12月01日19時32分 串カツ田中ホールディングス(HD)は2022年12月1日、「串カツ田中 アキバあいどる店」(東京都千代田区)を閉店すると発表した。 既存事業にアイドルを組み合わせた斬新な取り組みは、オープン当時大きな話題を集めた。 串カツ屋×メイド喫茶 「アキバあいどる店」は、既存店の「秋葉原中央通り店」をリニューアルする形で...
»続きを読む
カテゴリー:

【純利益7割減の「負け組メーカー」とは?】 上場.. - 12月01日(木)15:30 

【純利益7割減の「負け組メーカー」とは?】 上場企業が発表した直近四半期の売上高データを基に、主要企業の置かれた状況を分析。今回は「製造用機器・システム業界」業界5社の現状をひもときます。
カテゴリー:

円安メリットのある各業界の主要銘柄は?株価推移や今後の見通しも - 12月01日(木)15:14 

22年に入り急激な円安が進行していますが、この円安に起因する「円安メリット」によって株価が上昇している銘柄がいくつかあります。 円安メリットは一般的に輸出企業において顕著に表れるとされており、これらを見極め、うまく利用することでリターンにつなげることができます。 そこで今回は、2022年11月における円安メリットのある各業界の主要銘柄について、その株価推移や今後の展開などを詳しく解説していきます。 マネックス証券のウェブサイトを見る ※本記事は投資家への情報提供を目的としており、特定銘柄への投資を勧誘するものではございません。投資に関する決定は、ご自身のご判断において行われますようお願い致します。 ※2022年11月24日時点の情報をもとに執筆しています。最新の情報は、ご自身でもご確認をお願い致します。 目次 円安メリットとは 1-1.円安メリットの概要 1-2.円安の現状 1-3.円安メリットのある業界 円安メリットのある業界の銘柄例 2-1.SUBARU 2-2.日本郵船 まとめ 1.円安メリットとは まず、円安メリットとは具体的にどういうことなのかを解説します。 1-1.円安メリットの概要 自動車産業をはじめとする輸出企業においては、円安になると業績に良い影響が生まれ、その結果株価が上昇する可能性が大きくなります。 業界ではこの現象を「円安メリット」と呼び、輸出企業にとっ...more
カテゴリー:

大企業のほとんどはインフレ手当を配ってるらしい。三菱自動車、正社員10万円、期間工7万円の“インフレ手当”支給 - 11月30日(水)11:47  poverty

12月に入っても飲食料品などの値上げが続くという。民間調査会社帝国データバンクの調べでは、国内の主要飲食料品メーカー105社による12月の値上げは145品目に上り、きょうの読売も「今後も家計の負担は増えそうだ」とも報じている。 こうしたなか、従業員の生活を下支えする「インフレ手当」を支給する企業が相次いでおり、三菱自動車は12月に一時金として最大10万円支給するなどと、きょうの日経が1面トップで報じている。 それによると、三菱自は「特別支援金」の名称で12月2日に支給。管理職を除く正社員など約1万2000人へ10...
»続きを読む
カテゴリー:

ゆがふグループ、売上高2.9%増の263億円 22年9月期決算 建設業は過去最高 - 11月29日(火)12:36 

 建設業やホテル業などを展開するゆがふグループは28日、2022年9月期決算を発表した。グループ5社の単体合計ベースの売上高は前期比2.9%増の263億146万円、経常利益は同13.8%増の14億3441万円、純利益は同2.45倍の7億2049万円の増収増益となった。  グループ内取引を除いた連結の売上高は前期比0.7%減の215億81...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる