「売上高」とは?

関連ニュース

山形「大沼」が破産申請 1700年創業、松坂屋と三越に次ぐ老舗百貨店 - 01月27日(月)11:38 

 経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は27日、山形地裁に破産を申請した。正社員約150人ら従業員計約200人を同日付で解雇する。  大沼は1700年創業の企業が1950年に設立した。現存する百貨店では、1611年創業の松坂屋、73年創業の三越に次ぐ老舗企業。信用調査会社によると、売上高は1
カテゴリー:

建設技研---19/12期上方修正 営業利益42.5億円←35.5億円 - 最新株式ニュース - 01月27日(月)08:44 

<9621>  建設技研  2435  019/12期の業績予想を上方修正しており、営業利益42.5億円←35.5億円に修正。11月半ばに発表した3Q決算では営業利益の進捗率は96%だったため、想定内の上方修正ではあるが、受注の増加に伴う売上高の増加と業務の効率的な実施による原価率の改善が奏功。株価は上昇する13週線に沿った強いトレンドが継続。
カテゴリー:

【悲報】日本で3番目に古い百貨店「大沼」(山形県)が破産 下手したら徳島より先にデパート消えるぞ - 01月27日(月)02:01  poverty

https://mainichi.jp/articles/20200126/k00/00m/020/180000c 経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は26日、本店で取締役会を開き、山形地裁に破産申請する方針を決めた。 正社員約150人ら従業員計約200人を解雇する方針。 スポンサーからの資金援助などで状況が変われば決議を撤回する可能性を残すが、日本百貨店協会加盟で山形県内唯一となっていた百貨店が大きく揺れている。  大沼は1700年創業の企業が1950年に設立した。現存する百貨店では、1611年創業の松坂屋、73年創業の三越に次ぐ老舗企業。 信用調査会社によ...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】安値競争から一転 大手牛丼チェーンが業績好調のワケ - 01月26日(日)21:03  newsplus

牛丼チェーン大手3社の業績が好調を維持している。  24日までに各社が公表した12月の月次報告によると、「吉野家」(吉野家ホールディングス)の売上高は前年同月比で既存店が11.3%、全店が13.6%増加し、「松屋」(松屋フーズホールディングス)も同6.6%、同8.8%増、「すき家」(ゼンショーホールディングス)も同2.8%、同3.1%増となった。  3社ともに客数、客単価が前年同月を上回っており、同時期の売上高が既存店で32.7%、全店で17.7%といずれも大きく減少した「いきなり!ステーキ」(ペッパーフードサービス)...
»続きを読む
カテゴリー:

【カレー】度重なる値上げでついに客数の伸びが止まったココイチ「高くてもうトッピングできない…」問われる今後の戦略★7 - 01月26日(日)11:12  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00015650-toushin-bus_all カレーチェーン店としてはガリバー的存在の「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下、ココイチ)。 元々は愛知県一宮市を本拠とするオーナー企業でしたが、2015年にTOBによりハウス食品 <2810> の子会社となっています。 そのココイチ、インド進出など海外展開が話題となることも多いのですが、昨年3月の値上げ以降、国内では来客数の減少傾向が明らかです。 度重なる値上げの結果、財布に相談すると気軽にトッピングできなくなったココイチのカレ...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針 ★2 - 01月27日(月)09:38  newsplus

経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は26日、本店で取締役会を開き、山形地裁に破産申請する方針を決めた。正社員約150人ら従業員計約200人を解雇する方針。スポンサーからの資金援助などで状況が変われば決議を撤回する可能性を残すが、日本百貨店協会加盟で山形県内唯一となっていた百貨店が大きく揺れている。  大沼は1700年創業の企業が1950年に設立した。現存する百貨店では、1611年創業の松坂屋、73年創業の三越に次ぐ老舗企業。信用調査会社によると、売上高は93年2月期の約196億円をピークに17期連続減収で2019年2...
»続きを読む
カテゴリー:

【カレー】度重なる値上げでついに客数の伸びが止まったココイチ「高くてもうトッピングできない…」問われる今後の戦略★9 - 01月27日(月)06:04  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00015650-toushin-bus_all カレーチェーン店としてはガリバー的存在の「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下、ココイチ)。 元々は愛知県一宮市を本拠とするオーナー企業でしたが、2015年にTOBによりハウス食品 <2810> の子会社となっています。 そのココイチ、インド進出など海外展開が話題となることも多いのですが、昨年3月の値上げ以降、国内では来客数の減少傾向が明らかです。 度重なる値上げの結果、財布に相談すると気軽にトッピングできなくなったココイチのカレ...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】山形唯一の老舗百貨店「大沼」破産申請へ 従業員200人解雇方針 - 01月26日(日)23:54  newsplus

経営再建中の百貨店「大沼」(山形市七日町1)は26日、本店で取締役会を開き、山形地裁に破産申請する方針を決めた。正社員約150人ら従業員計約200人を解雇する方針。スポンサーからの資金援助などで状況が変われば決議を撤回する可能性を残すが、日本百貨店協会加盟で山形県内唯一となっていた百貨店が大きく揺れている。  大沼は1700年創業の企業が1950年に設立した。現存する百貨店では、1611年創業の松坂屋、73年創業の三越に次ぐ老舗企業。信用調査会社によると、売上高は93年2月期の約196億円をピークに17期連続減収で2019年2...
»続きを読む
カテゴリー:

【カレー】度重なる値上げでついに客数の伸びが止まったココイチ「高くてもうトッピングできない…」問われる今後の戦略★8 - 01月26日(日)14:23  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00015650-toushin-bus_all カレーチェーン店としてはガリバー的存在の「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下、ココイチ)。 元々は愛知県一宮市を本拠とするオーナー企業でしたが、2015年にTOBによりハウス食品 <2810> の子会社となっています。 そのココイチ、インド進出など海外展開が話題となることも多いのですが、昨年3月の値上げ以降、国内では来客数の減少傾向が明らかです。 度重なる値上げの結果、財布に相談すると気軽にトッピングできなくなったココイチのカレ...
»続きを読む
カテゴリー:

【カレー】度重なる値上げでついに客数の伸びが止まったココイチ「高くてもうトッピングできない…」問われる今後の戦略★6 - 01月26日(日)09:05  newsplus

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200125-00015650-toushin-bus_all カレーチェーン店としてはガリバー的存在の「カレーハウスCoCo壱番屋」(以下、ココイチ)。 元々は愛知県一宮市を本拠とするオーナー企業でしたが、2015年にTOBによりハウス食品 <2810> の子会社となっています。 そのココイチ、インド進出など海外展開が話題となることも多いのですが、昨年3月の値上げ以降、国内では来客数の減少傾向が明らかです。 度重なる値上げの結果、財布に相談すると気軽にトッピングできなくなったココイチのカレ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる