「売上高」とは?

関連ニュース

経営幹部向けの社内研修と著名人の講演会を組み合わせた新サービス『JAIC President’s Live Island』 企業運営や社員教育の情報提供 参加者満足度98% 12月10日より毎月開催 - 11月20日(水)15:00 

既卒、第二新卒向けの就職支援事業と教育支援事業を展開する株式会社ジェイック(所在地:東京都千代田区、代表取締役:佐藤 剛志)は、経営幹部向けの新しい教育サービス『JAIC President’s Live Island』(ジェイックプレジデントライブ・アイランド)を12月10日(火)より毎月開催することをお知らせいたします。ジェイックプレジデントライブ・アイランドとは、経営幹部向けの新しい教育の場を提供するサービスです。組織運営や企業経営をするにあたって、最先端の情報を手に入れることができます。経験豊富な著名人が3時間の講演を行った後、当社研修講師のファシリテーションによって1時間の振り返り・アクション設定まで行っていただける構成となっています。毎回様々な業界から講師を招き、おもしろい内容の講演をお届けするとともに、「良い話聞いた」で終わらない、現場まで落とし込むための環境を提供します。経営参画意識の向上と、受講者本人も楽しめるエンターテイメント性、両方を同時に実現します。■プレセミナー満足度は98% 理想の組織運営や企業経営をサポートするため毎月開催を決定教育支援会社として、企業向け研修を開催している中で、様々な企業の経営者から相談を受けます。その中で社員教育に対するご相談として、「社員がセミナーで得た学びを、仕事に生かしてくれないこと」があります。「経営拡大のため幹部陣の成長を...more
カテゴリー:

ソルベイがソレフ(r) PVDFフィラメントを発売し、Ultimakerのマテリアルアライアンスに参加 - 11月20日(水)14:00 

2019年11月20日 - ボラーテ(イタリア) - ソルベイは高品質付加製造(AM: Additive Manufacturing)用材料製品群にソレフ(r) PVDF AMフィラメントが新たに加わることを、本日発表しました。この新しい高機能製品は熱溶解フィラメント製法(FFF: Fused Filament Fabrication)向けに開発されたもので、現在、ソルベイのAM材料用Eコマースプラットフォーム(https://www.solvayamshop.com)で世界中のどこからでも購入できます。ソレフ(r) ポリフッ化ビニリデン(PVDF)AMフィラメントMSC NT1を通じてソルベイは、高品質3Dプリンターや印刷ソフトウェアの世界的メーカー、Ultimaker社によるマテリアルアライアンス・プログラムに参加しています。Ultimaker社のプリンターを使った業務用3D印刷を最適化するために、現在、ソレフ(r) PVDF AMフィラメントの印刷プロファイルがUltimaker Marketplace で販売されています。同社のマテリアルアライアンスは増大する業務用3D印刷材料の需要に対応することを目的としており、印刷プロファイルの無料ダウンロードサービスを提供します。ソルベイスペシャルティポリマーズ、グローバルビジネス・ユニットのChristophe Schrammマネー...more
カテゴリー:

上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ - 11月20日(水)11:58 

「どの不動産投資会社に相談するのが良いだろうか?」とお悩みの投資初心者の方は多いかと思います。数ある不動産投資会社の中で、全てを比較検討することは難しいですが、基本的には以下のようなポイントを満たす企業をお探しのケースがほとんどかと思います。 会社規模が大きく、つぶれにくい 物件の開発実績が豊富 コンプライアンス(法令遵守姿勢)活動に取り組んでいる 営業の説明を丁寧にしてもらえる 連絡が取りやすい 土地・物件の需要が高い 融資の条件で有利になりやすい 上記の条件を満たしていることが多いのが上場している会社です。上場企業は上場審査という証券取引所の厳しい審査を経て上場されているので、非上場の企業と比べると会社の規模や体制などがしっかりとしています。この記事では、投資会社選びでお悩みの方に向けて、不動産投資の上場企業7社の情報をまとめましたので、ぜひご参考になさって下さい。 ※本記事のデータは2019年11月調査時点のものとなります。最新情報は各社のサイトURLから直接ご確認下さい。 FJネクスト プロパティエージェント グローバル・リンク・マネジメント シノケングループ GAテクノロジーズ デュアルタップ オープンハウス 上場している不動産投資会社7社の特徴・実績・評判まとめ 入居率99.0%、都内の高品質なブランドマンションを提供する東証1部企業「FJネクスト」 FJネクス...more
カテゴリー:

本日のスケジュール - 最新株式ニュース - 11月20日(水)06:30 

[本日のスケジュール]<国内>08:50 貿易収支(10月) 2831億円 -1248億円08:50 輸出(10月) -7.5% -5.2%08:50 輸入(10月) -15.2% -1.5%16:00 コンビニエンスストア売上高(10月)  -1.1%  安倍首相の通算在職日数が2887日となり歴代単独1位に<海外>17:00 南ア・消費者物価指数(10月) 3.9% 4.1%20:00 ブ・F
カテゴリー:

【埼玉】中小企業の冬のボーナス予定額微減、40万4407円 - 11月20日(水)00:54  newsplus

埼玉の中小企業の冬のボーナス予定額微減、40万4407円  県内の中小企業の今冬のボーナスの平均支給予定額と月数が前年同期に比べて、減少していることが県産業振興公社の調査で分かった。平均支給予定額は前年同期比2・9%減の40万4407円で、平均支給予定月数が同0・01カ月減の1・58カ月だった。平均年齢は41・7歳。  調査は10月に県内中小企業2千社を対象に実施し、337社(回答率16・9%)から回答を得た。  支給状況をみると、売上高が減少した企業の割合は前年同期よりも18・0ポイント増...
»続きを読む
カテゴリー:

脱炭素化に向けた目標設定と省エネ・再エネ導入が 「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞 - 11月20日(水)14:00 

2019年11月20日 大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井敬一 大阪市北区梅田3-3-5 脱炭素化に向けた挑戦的な目標設定と戦略的な省エネ・再エネ導入が 「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」を受賞  大和ハウス工業株式会社(本社:大阪市、社長:芳井敬一)は、当社グループ一体で取り組む「脱炭素化に向けた挑戦的な目標設定と戦略的な省エネ・再エネ導入」が評価され、環境省が実施する「令和元年度地球温暖化防止活動環境大臣表彰」(対策活動実践・普及部門)を受賞しました。  なお、当社の「地球温暖化防止活動環境大臣表彰」受賞は、2007年、2009年に続き、3度目となります。  大和ハウスグループは、国際イニシアティブ「SBT」(※1)の認定を受けた環境長期ビジョン「Challenge ZERO 2055」に基づき、「環境負荷ゼロ」に挑戦しています。その達成に向け、2021年度を最終年度とした3カ年の中期計画となる環境行動計画「エンドレス グリーン プログラム2021」を策定。「環境と企業収益の両立」に向けて、脱炭素化を中心にグループ・グローバル・サプライチェーン一体での環境経営を推進しています。  そのような中、当社は2018年3月、住宅・建設業界としては世界で初めて国際イニシアティブ「EP100」と「RE100」(※2)の双方に加盟しました。「EP100」では...more
カテゴリー:

JR東海、日本車輌製造にN700Sを発注 2023年までに24編成を導入 - 11月20日(水)13:42 

JR東海は、日本車輌製造にN700Sを合計384両24編成を発注した。内訳は、2021年3月期に112両7編成、2022年3月期に144両9編成、2023年3月に128両8編成となる。 N700Sは、安全性・安定性の向上、異常時対応力の強化、快適性・利便性の向上、様々な編成長を容易に構成できる「標準車両」などの特長を有している。地震時のブレーキ距離短縮や、着雪防止対策・状態監視機能の強化、バッテリー自走システムの搭載のほか、防犯カメラも増設する。 日本車輌製造によると、受注金額は非公表。2021年3月期以降の売上高への寄与を見込んでいるという。 ⇒詳細はこちら 投稿 JR東海、日本車輌製造にN700Sを発注 2023年までに24編成を導入 は TRAICY(トライシー) に最初に表示されました。
カテゴリー:

【経営者目線】ワタミの10年ビジョン!右肩上がりと課題解決 「桜を見る会」より「国の戦略」で議論を - 11月20日(水)06:30 

 今月14日のワタミの決算発表会で、今後10年で売上高を今の倍の2000億円にする中期経営計画を発表した。大手外食チェーンと枕詞(まくらことば)がつくワタミだが、今回「ワタミの宅食」が主力事業になると宣言した。
カテゴリー:

日本経済をスカスカにした真犯人、日本発「多国籍企業」の罪と罰 - 11月20日(水)05:00 

新聞各紙は今冬のボーナス支給額、そしてトヨタ自動車の純利益がそれぞれ過去最高を記録したと伝えていますが、我々一般庶民が「好景気」を肌で感じることは難しいと言っても過言ではありません。その一因に「日本経済の分断」があるとするのは、米国在住の作家・冷泉彰彦さん。冷泉さんは自身のメルマガ『冷泉彰彦のプリンストン通信』で、このような分断が生じた理由を明らかにするとともに、日本経済が「スカスカ」になった原因を考察しています。 【関連記事】● もはや先進国ではない。なぜ、日本経済はスカスカになったのか? 引き裂かれた日本経済 日本的空洞化の研究その1 日本経済の空洞化が止まりません。いつの間にか、日本経済はスカスカになっています。格差、貧困、ブラック労働に子どもの貧困、こうした問題が国内では進行しています。 今回の消費税アップでは、前回の3%アップ時に消費が低迷したことの再来を恐れて、軽減税率やポイント還元が行われましたが、逆に考えれば、そうした対策をしなくては2%アップのインパクトが吸収できない、そのぐらいに日本国内の購買力は弱っているのです。 その一方で、多国籍企業は空前の利益を挙げています。そしてアベノミクス効果で株高となり、都心のタワーマンションなどは高騰しています。いったい日本経済に何が起こっているのでしょうか? このシリーズでは、「空洞化」それも「日本型空洞化」をキーワードとして、...more
カテゴリー:

RSが世界的ベアリングメーカーSKFとのビジネス関係を強化 新たに商品供給契約を締結、多彩なメカトロニクス商品の拡充へ - 11月19日(火)18:00 

本資料は、英国本社のRS Componentsが2019年10月23日(英国現地時間)に発行したプレスリリースを日本語に翻訳再編集し、ご参考に供するものです。原文のプレスリリースはこちらからご覧ください。https://uk.rs-online.com/web/generalDisplay.html?id=footer1/release/191023_skf_agreement_ukイギリス・ロンドン、2019年10月23日 - 電子部品・FA機器、ソリューションなどを提供するグローバルマルチチャネルプロバイダのElectrocomponents plc(LSE:ECM)に属するRS Components(RS)は、スウェーデンのベアリングメーカーであるSKFと新たに商品供給契約を締結したことを発表します。この契約により、RSはSKFが世界に供給する多彩なメカトロニクス商品をラインナップに加え、機械設計から保守領域の動力伝達商品、ベアリング、切削加工シールなどを皮切りとして拡充していきます。1907年にヨーテボリで設立されたSKFは、世界最大の軸受メーカーであり、スウェーデンの最大企業のひとつとして世界中で44,000人以上の従業員を擁します。商品は航空宇宙、建設機械、食品機械等さまざまな産業に供給され、特に自動車産業には長年の実績を備え、フェラーリ・フォーミュラワンチームの開発パ...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「売上高」の画像

もっと見る

「売上高」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる