「年次イベント」とは?

関連ニュース

シスコ、「Cisco Live」を踏まえた国内戦略を発表--NX事業が本格始動 - 07月17日(水)11:24 

シスコシステムズは、米Cisco Systemsが6月に開催した年次イベント「Cisco Live 2024 LasVegas」の発表を踏まえた国内戦略を説明した。
カテゴリー:

AWS、生成AIでアプリ作成を可能にする「App Studio」など発表--「AWS Summit New York 2024」 - 07月12日(金)09:29 

Amazon Web Services(AWS)は米国時間7月10日、ニューヨークで年次イベント「AWS Summit New York 2024」を開催した。「AWS App Studio」など生成AIに対する最新の取り組みを中心に多くの発表が行われた。
カテゴリー:

HPE×NVIDIAによる提携の狙い、デルとの違いとは?「HPE Discover 2024」 - 07月10日(水)13:00 

Hewlett Packard Enterprise(HPE)は6月、米ラスベガスで開催した年次イベント「HPE Discover 2024」で、NVIDIAと共同開発した「HPE Private Cloud AI」を発表した。
カテゴリー:

SAP欧州AI責任者が語る生成AI戦略 - 独自基盤モデル、Microsoft Copilotとの統合 - 07月09日(火)11:05 

ソフトウェアベンダーの類に漏れず、SAPも急ピッチで生成AI戦略を進めている。同社の強みは膨大なビジネスに関するデータ、そして欧州企業ならではの倫理・セキュリティ。今回、年次イベント「SAP Sapphire Barcelona」で、SAPで欧州担当AI責任者を務めるJesper Schleimann氏に、同社の生成AI戦略について聞いた。
カテゴリー:

中堅・中小企業のセキュリティ支援を打ち出したWithSecure、新製品の意図は? - 07月05日(金)08:00 

WithSecure(ウィズセキュア)の年次イベント「Sphere 2024」で発表された基調講演において、新サービス「WithSecure Exposure Management(XM)」と「WithSecure Luminen」に関して、WithSecure Leszek Tasiemski氏の解説を紹介する。
カテゴリー:

シスコが年次イベント「Cisco Live 2024」で発表された新製品・サービスを解説 - 07月17日(水)07:00 

シスコシステムズは7月16日、6月2日~6日にラスベガスで開催した年次イベント「Cisco Live 2024」をふまえた、今後の展望に関するラウンドテーブルをオンラインで開催した。
カテゴリー:

「成長か、停滞か」 - 選択を迫られた日本企業にIBMが提案するAIの活用策 - 07月12日(金)05:00 

日本IBMは7月11日、都内で年次イベント「Think Japan」を開催した。
カテゴリー:

未使用のアクセス権限設定を検出・修正、S3のマルウェア検査など、AWSのセキュリティ新機能を紹介─AWS re:Inforce 2024 | IT Leaders - 07月09日(火)17:50 

アマゾン ウェブ サービス ジャパン(AWSジャパン)は2024年7月9日、会見を開き、米Amazon Web Services(AWS)が2024年6月に開催したセキュリティ関連の年次イベント「AWS re:Inforce 2024」で発表した新機能を説明した。例えば、IAM(ID管理機能)の新機能として、使っていないアクセス権限設定を検出し、ボタン1つで簡単に削除・修正できるようにした。Amazon S3上のオブジェクトをスキャンしてマルウェアを検出する機能も追加した。
カテゴリー:

ANAグループ4万人が“データの民主化”を実現した「14の秘伝」 - 07月08日(月)16:00 

アマゾン ウェブ サービス ジャパンは、国内最大の年次イベントである「AWS Summit Japan」を開催。本記事では、全日本空輸(ANA)によるセッション「ANAグループ4万人に展開するデータマネジメント基盤の裏側」をレポートする。
カテゴリー:

Pure Storage、AI用途向けに転送性能による月額制メニューを用意、対話型AIによる管理機能も提供 | IT Leaders - 07月04日(木)18:19 

オールフラッシュストレージを手がけるピュア・ストレージ・ジャパンは2024年7月4日、会見を開き、年次イベント「Pure//Accelerate 2024」で発表した新機能群を説明した。これから実装する機能として、複数のストレージで構成するクラスタからユーザーの要件に合ったボリュームを切り出す「Pure Fusion」機能や、自然言語でストレージの管理が可能なAIコパイロット機能などを紹介した。AI学習向けに、容量を問わずにデータ転送性能でメニュー化した従量課金ストレージも用意する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる