「経常利益」とは?

関連ニュース

東洋埠頭/3月期の売上高2.0%増、営業利益2.7%減 - 05月20日(月)15:06 

東洋埠頭が5月20日に発表した2019年3月期決算によると、売上高341億3200万円(前年同期比2.0%増)、営業利益17億2500万円(2.7%減)、経常利益19億1100万円(0.8%増)、親会社に帰属する当期利益 […]
カテゴリー:

イオン琉球 過去最高益 19年2月期 株式売却で増益 - 05月18日(土)12:30 

 イオン琉球(南風原町、佐方圭二社長)は17日、2019年2月期決算を発表した。直営店の売上高やテナント収入などを合わせた営業収益は、イオンドラッグなどの新規出店や店舗の改装効果で前期比2・9%増の859億8200万円と、14期連続の増収となった。人件費の上昇により経常利益は同24・1%減の10億5600万円だったが、株式...
カテゴリー:

ワタミ 営業利益61.8%増、当期利益810.2%増 - 05月16日(木)10:43  poverty

ワタミが5月15日に発表した2019年3月期決算は、売上高947億100万円(前年同期比1.8%減)、 営業利益10億6200万円(61.8%増)、経常利益12億2900万円(24.9%減)、当期利益13億3700万円(810.2%増)となった。 https://www.ryutsuu.biz/accounts/l051642.html ...
»続きを読む
カテゴリー:

5/15の配信レポート一覧:ディスコ(6146)、日立製作所(6501)、ヤマハ発動機(7272)、他 - 05月16日(木)09:07 

【IPO】 2970 グッドライフカンパニー IPOフォロー 「1Qはアセットマネジメント事業で6物件が竣工」 4437 gooddaysホールディングス IPOフォロー 「IT、暮らしTechの両セグメントとも好調に推移」 【企業調査】 6146 ディスコ 企業調査 「今期下期から回復の見方に変わりなし。会社側は積極的な投資を継続」 6501 日立製作所 企業調査 「事業再編効果も寄与し、今期は営業増益を確保へ」 7272 ヤマハ発動機 企業調査 「予想減額するが、ランドモビリティ中心に来期の利益反転を予想」 9021 西日本旅客鉄道 企業調査 「訪日客の取り込みによる鉄道の利用増加などで、今・来期と緩やかな増益局面が続こう」 【会社概要】 1963 日揮 会社概要 「今期は過去の海外オイル&ガス低迷の影響で18%営業減益を計画」 2270 雪印メグミルク 会社概要 「値上げ効果などを見込み今期は4%営業増益を計画」 2811 カゴメ 会社概要 「1Qの事業利益は14%減、国際事業や国内農事業が不振」 3433 トーカロ 会社概要 「20/3期は半導体・FPD分野での加工需要減で業績悪化を見込む」 3563 スシローグローバルホールディングス 会社概要 「出店加速等による経費増見込み通期7%営業増益計画は据え置き」 4208 宇部興産 会社概要 「今期は各部門で販売拡大、...more
カテゴリー:

センコン物流/3月期の売上高3.4%増、営業利益28.4%増 - 05月15日(水)20:06 

センコン物流が5月15日に発表した2019年3月期の業績は、売上高164億1500万円(前年同期比3.4%増)、営業利益1億7800万円(28.4%減)、経常利益8600万円(69.4%減)、親会社株主に帰属する当期損失 […]
カテゴリー:

スクロール 化粧品とネット販売に集中、販促費減らし利益確保へ - 05月20日(月)13:00 

 スクロールは、健康食品と化粧品を販売する「健粧品事業」の事業モデルを転換する。前期は化粧品のプロモーションをテレビなどで積極的に展開したものの、思うように売り上げが伸ばせなかった。2020年3月期は販促費を減らし、ネット販売に特化。顧客基盤の構築を進めることで黒字転換を見込む。  健粧品事業においては、ナチュラピュリファイ研究所の「24hコスメ」は欅坂46の平手友梨奈さんを、T&Mの「TV&MOVIE」は女優の中谷美紀さんをブランドミューズに起用し、ブランド認知・浸透に向けたプロモーションを展開したものの、成果が上がらなかった。同事業の19年3月期売上高は、前期比7・7%減の45億8100万円、セグメント損失は6億3100万円の赤字(前期は7億9200万円の赤字)と低調だった。  堀田守会長は19年3月期の同事業について「販促費を投入したものの、顧客増や受注増につながらず、大きな損失を出してしまった」とざんげ。今期は大規模なプロモーションを取りやめ、利益確保に向けた事業基盤の整備を行う。  まず、4月1日付でナチュラピュリファイ研究所をT&Mに吸収合併し、T&Mをナチュラピュリファイ研究所に商号変更した。堀田会長は、同事業の今後の方針について「損益分岐点を維持しながら販促を展開することで、黒字に転換する」と説明。顧客基盤の構築とネットに特化し...more
カテゴリー:

5/16の配信レポート一覧:京セラ(6971)、キヤノン(7751)、テレビ朝日ホールディングス(9409)、他 - 05月17日(金)08:54 

【セクター】 rtsl 小売業 セクター 「小売・外食 19年4月の月次データ」 【IPO】 4386 SIG IPOフォロー 「今期計画は4%営業減益。体制強化による人件費増で販管費率が上昇する見込み」 4396 システムサポート IPOフォロー 「今期計画は4%営業減益。体制強化による人件費増で販管費率が上昇する見込み」 4420 イーソル IPOフォロー 「1QはNEDO関連の研究開発費の増加で34%営業減益」 4424 Amazia IPOフォロー 「通期計画を上方修正。出版社との取引拡大による人気作品配信が奏功」 7039 ブリッジインターナショナル IPOフォロー 「アジアでインサイドセールスのサービス提供を開始」 7061 日本ホスピスホールディングス IPOフォロー 「1Qの営業利益は1.0億円。施設拡充で通期営業利益は2.1倍の5.2億円予想」 【企業調査】 6971 京セラ 企業調査 「通信インフラや自動車向けの貢献により、増収増益を予想」 7751 キヤノン 企業調査 「デジタルカメラの在庫圧縮が遅延。業績予想を下方修正」 9409 テレビ朝日ホールディングス 企業調査 「今期は番組制作費、減価償却費の負担重く17%営業減益予想」 【会社概要】 2174 GCA 会社概要 「1Qは6%増収ながら人件費増で13%営業減益。通期は4%減益予想」 2309 シミック...more
カテゴリー:

オプティム減収減益、売上高過去最高54億円  - 05月16日(木)10:30 

ソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)が15日発表した2019年3月期決算(非連結)は、売上高が前年比29・9%増の54億6800万円で過去最高となった。積極的な研究投資を行い経常利益は64・1%減の1億4500万円だった。増収は19期連続、減益は2期連続。純利益は97・5%減の1100万円だった。 企業向けのスマートフォン管理ソフトウエアのライセンス数が順調に伸びた。人工知能(AI)カメラ活用の環境構築などの受注が増加した。
カテゴリー:

荘内銀行、減収減益ながら当期純利益は増 - 05月15日(水)20:26 

荘内銀行(山形県鶴岡市)が15日に発表した2019年3月期決算は、経常収益が前期比9・9%減の234億6千万円、経常利益が同26・8%減の20億6千万円で、当期…
カテゴリー:

JR貨物/3月期の売上高1.5%減、営業利益52.6%減 - 05月15日(水)20:02 

日本貨物鉄道が5月15日に発表した2019年3月期の決算短信によると、売上高は1916億9300万円(前期比1.5%減)、営業利益は58億1800万円(52.6%減)、経常利益は45億1800万円(56.8%減)、親会社 […]
カテゴリー:

もっと見る

「経常利益」の画像

もっと見る

「経常利益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる