「前期比」とは?

関連ニュース

【大不況】 GDP、輸入が年率換算で17.2%減とリーマンショック級の急減によりまさかのプラスに 実体経済は非常に危うい - 05月20日(月)21:48  poverty

予想外のプラス成長も「内実は悪い」 GDP統計のなぜ 有料記事 湯地正裕 2019年5月20日17時58分  内閣府が20日朝に発表した2019年1~3月期の実質国内総生産(GDP)の1次速報値は、 2四半期連続のプラス成長となった。    GDPの公表前から中国経済の減速で輸出や生産は落ち込み、他の経済指標は景気減速の兆候を示していた。  事前の民間エコノミストの予測では、「マイナス成長になる」との見方もあった。  それを覆す結果に、市場では「ポジティブサプライズ」との声も出て、日経平均株価は一時上...
»続きを読む
カテゴリー:

GDP2期連続プラス 菅長官、増税方針への影響「全くない」 専門家は「まだ延期論消えていない」 - 05月20日(月)20:18 

内閣府が20日発表した今年1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は前期比0・5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は2・1%増となり、…
カテゴリー:

【 中身は悪い? GDP 】 1~3月期 速報。消費・設備投資・輸出 が 減少。しかし、輸入が減ったので、【2.1%成長】した謎とは? - 05月20日(月)17:00 

~3分でわかるGDPの中身~ 令和と平成の消費と経済を科学する「令和平成・消費者 経済 総研」(東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、 2019年5月20日(月)に、内閣府から発表されたGDP 2019年1~3月期(1次速報)の中身を分析し、 その内容を発表します。 同GDP成長率(季節調整済 前期比)は、実質で0.5%(年率2.1%)で、名目GDPの成長率は、 0.8%(年率3.3%)となりました。 良い数字に見えますが、中身を見ると、どうでしょう? 「消費・設備投資・輸出が、減少」したのに、「輸入が減少したので、成長」の謎 とは? について発表します。 【URL】http://retail-e.com/gdp190520.html
カテゴリー:

スクロール 化粧品とネット販売に集中、販促費減らし利益確保へ - 05月20日(月)13:00 

 スクロールは、健康食品と化粧品を販売する「健粧品事業」の事業モデルを転換する。前期は化粧品のプロモーションをテレビなどで積極的に展開したものの、思うように売り上げが伸ばせなかった。2020年3月期は販促費を減らし、ネット販売に特化。顧客基盤の構築を進めることで黒字転換を見込む。  健粧品事業においては、ナチュラピュリファイ研究所の「24hコスメ」は欅坂46の平手友梨奈さんを、T&Mの「TV&MOVIE」は女優の中谷美紀さんをブランドミューズに起用し、ブランド認知・浸透に向けたプロモーションを展開したものの、成果が上がらなかった。同事業の19年3月期売上高は、前期比7・7%減の45億8100万円、セグメント損失は6億3100万円の赤字(前期は7億9200万円の赤字)と低調だった。  堀田守会長は19年3月期の同事業について「販促費を投入したものの、顧客増や受注増につながらず、大きな損失を出してしまった」とざんげ。今期は大規模なプロモーションを取りやめ、利益確保に向けた事業基盤の整備を行う。  まず、4月1日付でナチュラピュリファイ研究所をT&Mに吸収合併し、T&Mをナチュラピュリファイ研究所に商号変更した。堀田会長は、同事業の今後の方針について「損益分岐点を維持しながら販促を展開することで、黒字に転換する」と説明。顧客基盤の構築とネットに特化し...more
カテゴリー:

1~3月期GDPはプラス 市場の予想覆す 年率2.1%増 輸入減が押し上げ - 05月20日(月)12:05 

 内閣府が20日、発表した2019年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比0.5%増、この状態が1年続いた場合の年率換算は2.1%増となり、2四半期連続のプラスだった。中国経済の減速で輸出が落ち込んだほか個人消費も停滞したが、輸入が大きく減少し成長率を
カテゴリー:

【経済】イオン/4月既存店「GMS」3社そろって前年割れ SMもマックスバリュ北海道を除き6社が前年割れ - 05月20日(月)20:42  newsplus

イオン(2019年2月期売上高:8兆5182億円)が発表した4月度連結営業概況によると、GMS事業の既存店売上高は、イオンリテール1.6%減、イオン北海道0.3%減、イオン九州0.8%減となり、上場3社は前年を下回った。 全店売上高は、イオンリテール1.2%減、イオン北海道0.2%減、イオン九州4.2%減だった。 <イオンの主な連結各社の月次売上高前期比伸び率一覧> スーパーマーケットの既存店は、マックスバリュ北海道が2.5%増と前年を超えたものの、6社が前年割れとなった。 マックスバリュ東北1.4%減、マックスバリュ東海0.5%...
»続きを読む
カテゴリー:

【 中身は悪い? GDP 】 1〜3月期 速報。消費・設備投資・輸出 が 減少。しかし、輸入が減ったので、【2.1%成長】した謎とは? - 05月20日(月)17:00 

〜3分でわかるGDPの中身〜 令和と平成の消費と経済を科学する「令和平成・消費者 経済 総研」(東京都新宿区、代表:松田 幸治)は、 2019年5月20日(月)に、内閣府から発表されたGDP 2019年1〜3月期(1次速報)の中身を分析し、 その内容を発表します。 同GDP成長率(季節調整済 前期比)は、実質で0.5%(年率2.1%)で、名目GDPの成長率は、 0.8%(年率3.3%)となりました。 良い数字に見えますが、中身を見ると、どうでしょう? 「消費・設備投資・輸出が、減少」したのに、「輸入が減少したので、成長」の謎 とは? について発表します。 【URL】http://retail-e.com/gdp190520.html
カテゴリー:

GDP2期連続プラス 菅長官、増税方針への影響「全くない」 専門家は「まだ延期論消えていない」 - 05月20日(月)15:30 

 内閣府が20日発表した今年1~3月期の実質国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は前期比0・5%増、このペースが1年間続くと仮定した年率換算は2・1%増となり、2四半期連続のプラス成長だった。輸入の減少が計算上GDPを押し上げ、公共投資も増えたが、個人消費や企業の設備投資は低調で、10月の消費増税への懸念は依然強い。
カテゴリー:

【経済】GDP 2期連続プラスも国内需要はふるわず 輸入の大幅な減少が、計算上、成長率を押し上げ★2 - 05月20日(月)12:08  newsplus

GDP 2期連続プラスも国内需要はふるわず NHK 2019年5月20日 8時53分 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190520/k10011922061000.html ことし1月から3月までのGDP=国内総生産は、物価の変動を除いた実質の伸び率が、前の3か月と比べてプラス0.5%、年率に換算してプラス2.1%と2期連続のプラス成長でした。輸入の大幅な減少が、計算上、成長率を押し上げましたが、設備投資と個人消費はマイナスとなり、国内需要はふるいませんでした。 内閣府が発表したことし1月から3月までのGDPの速報値は、物価の変動を除い...
»続きを読む
カテゴリー:

公明・山口代表「消費税率引き上げは予定通り実行すべき」 - 05月20日(月)11:38 

 公明党の山口那津男代表は20日午前、平成31年1~3月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値が前期比プラス成長だったことに関し、「景気の緩やかな回復傾向は裏付けられている。消費税率は(10月に)予定通り引き上げ、教育負担の軽減など、実行していくべきだ」と重ねて強調した。国会内で記者団に語った。
カテゴリー:

もっと見る

「前期比」の画像

もっと見る

「前期比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる