「前期比」とは?

関連ニュース

真夏の夜の淫夢 - 09月22日(日)11:17  poverty

https://hre-net.com/keizai/keizaisougou/39813/ 持ち帰り弁当「ほっともっと」を展開するプレナス(福岡本社・福岡市博多区、東京本社・東京都中央区)は、全国の「ほっともっと」直営店190店を閉店する。 北海道ではそのうち24店舗が対象で9月30日(月)をもって営業を終了する。 (写真は、閉店対象の「ほっともっと伏見店」=上と「中の島駅前店」。いずれも札幌市内)  プレナスが展開する「ほっともっと」は全国に2739店舗ある(2019年5月末現在)。そのうち直営店とフランチャイズ(FC)加盟店の比率は...
»続きを読む
カテゴリー:

米経常赤字、第2四半期は5.9%減 - 09月20日(金)01:01 

米商務省が19日発表した第2・四半期の経常収支の赤字額(季節調整済み)は前期比5.9%減の1281億8800万ドルだった。市場予想は1278億ドルの赤字だった。
カテゴリー:

アミファ---本日IPO、初値910円、公開価格を37.9%上回る ライフスタイル雑貨の企画・販売 - 最新株式ニュース - 09月19日(木)13:51 

<7800>  アミファ  846  -公開価格(660円)を37.9%上回る910円で初値を付けた。会社設立は1973年10月20日。ライフスタイル雑貨の企画・仕入・卸販売が事業の柱。19年9月期の営業利益予想は前期比47.2%増の2.71億円。100円ショップ大手を顧客とするワンプライス商品が好調に推移しており、利益拡大に貢献する見通し。第3四半期累計の実績は3.46億円で、既に通期予想を上回
カテゴリー:

【悲報】札幌ドーム、すでに赤字 - 09月18日(水)17:05  livejupiter

札幌ドームを管理運営する札幌市の第三セクター、札幌ドーム(山川広行社長)は24日、株主総会を開き、2019年3月期決算を承認した。 売上高は前期比7・0%減の36億1600万円で、野球用人工芝の更新など施設整備費がかさんだ影響で経常損益は4億2600万円の赤字に転落した。 純損益も3億5700万円の赤字。赤字決算は大型ビジョンを増設した15年3月期以来2度目。 総来場者数は前期比8・2%減の279万人。前期にあった札幌モーターショーなどがなく、稼働率は同10・1ポイント減の64・1%にとどまっ...
»続きを読む
カテゴリー:

ツルハHD---大幅反落、第1四半期好決算もサプライズ限定的で出尽くし感先行 - 最新株式ニュース - 09月18日(水)11:31 

<3391>  ツルハHD  11620  -550大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は126億円で前年同期比11.8%増益となり、通期計画の437億円、前期比4.5%増益に対して順調なスタートになっている。ただ、足元の月次動向から順調な決算期待は高かったとみられ、サプライズは乏しい状況のようだ。前期決算発表後から株価は大きく上昇し、前日も期待感先行で上げ幅を広げていたことから、短期的
カテゴリー:

ギフティ---本日IPO、初値1880円、公開価格を25.3%上回る eギフトサービス運営 - 最新株式ニュース - 09月20日(金)13:38 

<4449>  ギフティ  1911  -公開価格(1500円)を25.3%上回る1880円で初値を付けた。会社設立は10年8月10日。主な事業は個人、法人、自治体を対象とした各種eギフトサービスの企画・開発・運営。19年12月期の営業利益予想は前期比88.4%増の5.38億円。法人向けeギフト販売サービスの「giftee for Business」が伸長し、利益が拡大する見通し。第2四半期累計の
カテゴリー:

サイバー・バズ---本日IPO、初値4000円、公開価格を73.9%上回る Instagramを中心としたインフルエンサーマーケティング - 最新株式ニュース - 09月19日(木)14:03 

<7069>  サイバー・バズ  3955  -公開価格(2300円)を73.9%上回る4000円で初値を付けた。会社設立は2006年4月3日。主な事業はInstagramを中心としたインフルエンサーマーケティングやSNSアカウント運用企画代行などのソーシャルメディアマーケティング。19年9月期の営業利益予想は前期比55.3%増の3.63億円。インフルエンサーサービスなどが堅調に推移すると見込む。
カテゴリー:

【1.5秒に1本売れているシャンプー「レヴール」】ノンシリコンシャンプーの「火付け役」倒産の舞台裏 経営幹部がポルシェを乗り回す - 09月19日(木)11:06  newsplus

 急成長したものの、あっという間に潰れる企業がある。ノンシリコンシャンプー「レヴール」の発売元だったジャパンゲートウェイは、その典型例だ。 倒産する新興企業には5つの共通点がある。そのひとつは、「ポルシェを乗り回す」といった経営陣の生活の激変だ--。 ■「1.5秒に1本売れている」で一大ブームを起こした 「1.5秒に1本売れているノンシリコンシャンプー」で、一大ブームを巻き起こした室町販売委託(旧:ジャパンゲートウェイ)。 しかし一時の隆盛から一転、売上は坂道を転がり落ちるように急激にダウンしていく。同社...
»続きを読む
カテゴリー:

ストライク---急伸、業績・配当予想の上方修正をストレートに好感 - 最新株式ニュース - 09月18日(水)14:00 

<6196>  ストライク  2777  +147急伸。前日に業績予想の上方修正を発表している。19年8月期営業利益は従来予想の15.9億円から18.9億円に増額、ストレートに評価される展開となっている。大型案件の成約数増加に伴って成約単価が上昇、業績上振れの主因となっているようだ。また、期末配当金も従来予想の11円から14.5円にまで引き上げ、前期比では5.5円の増配になることも評価されている。
カテゴリー:

新しい記事『6~7月民泊の宿泊実績、前期比8%増1.. - 09月18日(水)06:51 

新しい記事『6~7月民泊の宿泊実績、前期比8%増101万人泊』を投稿しました。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前期比」の画像

もっと見る

「前期比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる