「前期比」とは?

関連ニュース

ニトリHD、三菱地所、ディスコなど - 最新株式ニュース - 04月07日(火)15:57 

<9843> ニトリHD 15400 +990大幅反発。前日に20年2月期決算を発表、営業益は1075億円で前期比6.6%増、従来予想の1040億円を上回り、33期連続での増益を達成した。また、21年2月期は1122億円で同4.4%増益を見込む。コンセンサス水準ではあるが、減益ガイダンスによるネガティブインパクトが避けられたことで、買い安心感が強まる展開になった。為替予約を104円弱で実施済みとし
カテゴリー:

壱番屋---大幅反発、今期大幅減益見通しも悪材料出尽くし感が先行 - 最新株式ニュース - 04月07日(火)13:28 

<7630>  壱番屋  4000  +130大幅反発。前日に20年2月期決算を発表している。営業利益は52億円で前期比17.2%増益、第3四半期決算時に発表した上方修正の水準で着地している。一方、21年2月期は22.3億円で同57.2%減と大幅減益の見通しに。新型コロナウイルスの影響によって、国内既存店の前提を10%減、海外は35%減と設定のもよう。保守的な前提とも捉えられ、目先の悪材料出尽くし
カテゴリー:

ニトリHD---大幅反発、連続増益見通しを受けて買い安心感 - 最新株式ニュース - 04月07日(火)10:29 

<9843>  ニトリHD  15435  +1025大幅反発。前日に20年2月期決算を発表、営業利益は1075億円で前期比6.6%増益、従来予想の1040億円を上回り、33期連続での増益を達成した。また、21年2月期は1122億円で同4.4%増益の見通しとしている。コンセンサス水準ではあるが、減益ガイダンスによるネガティブインパクトが避けられたことで、買い安心感が強まる展開になっている。為替予約
カテゴリー:

ニトリHD、 20/2営業利益6.6%増、21/2予想4.4%増 - 最新株式ニュース - 04月07日(火)06:41 

ニトリHD<9843>が発表した2020年2月期決算は、売上高は前期比5.6%増の6422.73億円、営業利益は同6.6%増の1074.78億円だった。21/2予想は、売上高前期比1.7%増の6532億円、営業利益が同4.4%増の1122億円を計画している。新型コロナウイルス感染症の影響については、供給網の停滞による商品供給の遅延リスクや、国内外での消費低迷を見込むが、増収増益は維持する。コンセン
カテゴリー:

GMO、7&iHD、東ソーなど - 最新株式ニュース - 04月06日(月)15:39 

<3333> あさひ 1233 +159急騰。先週末に20年2月期決算を発表、営業利益は40.1億円で前期比2.3%増益、従来計画の42億円はやや下振れたものの、第3四半期までの減益決算から増益に転じた。また、21年2月期は43.6億円で同8.8%増と連続増益の見通しに。電動アシスト自転車やスポーツサイクルなど高付加価値商品へのシフト進展、ネット通販の比率増加、為替レートの改善効果などを見込んでい
カテゴリー:

スギHD---伸び悩んでもみ合い、業績上振れ観測報道もサプライズ乏しく出尽くし感に - 最新株式ニュース - 04月07日(火)13:37 

<7649>  スギHD  5710  -70伸び悩んでもみ合い。20年2月期営業利益は前期比16%増の300億円前後となり、従来予想の280億円から上振れたもようとの観測報道が伝わっている。ただ、新型コロナウイルス感染拡大の影響でウイルス対策商品の需要が増加し、2月の既存店売上高が大幅に増加していたことから、サプライズは乏しい状況のようだ。また、21年2月期業績予想開示は不透明ともされており、短
カテゴリー:

トーセイ---急伸、第1四半期大幅増益や自社株買いの発表を好感 - 最新株式ニュース - 04月07日(火)10:51 

<8923>  トーセイ  1000  +120急伸。前日に第1四半期の決算を発表、営業利益は55億円で前年同期比77.1%増益となり、通期計画の137億円、前期比8.2%増に対して好調なスタートとなっている。前年同期に貢献した分譲マンションが一巡したものの、不動産流動化事業が大幅増収増益で業績を牽引。また、発行済み株式数の1.5%に当たる70万株、5億円を上限とする自社株買いの実施を発表したこと
カテゴリー:

韓国サムスン営業益1割減 1~3月期、コロナ影響か - 04月07日(火)10:11 

 韓国の電機大手サムスン電子が7日発表した1~3月期連結決算(暫定集計)は、本業のもうけを示す営業利益が前期比10・6%減の6・4兆ウォン(約5700億円)となった。売上高は55兆ウォンで、8%を超える減少だった。新型コロナウイルス感染拡大による経済停滞の影響を受けたとみられる。
カテゴリー:

丸紅、過去最大の赤字に転落…「コロナ不況」強調の裏でM&Aの巨額減損計上 - 04月06日(月)18:10 

3月26日、総合商社株が一斉に売られた。その後も4営業日連続で軒並み下げた。業界5位の丸紅が2020年3月期の利益予想を3900億円下方修正し、連結最終損益が1900億円の赤字(2019年3月期2308億円黒字)に転落。従来の黒字予想(前期比13%減の2000億円)から一転して過...
カテゴリー:

トライSTG---一時ストップ高、今期営業益は82%増を見込む - 最新株式ニュース - 04月06日(月)13:42 

<2178>  トライSTG  267  +67一時ストップ高。21年2月期の営業利益予想を前期比81.8%増の11.41億円と発表している。テレビ事業やDM事業で安定的な収益創出を図りつつ、WEB事業とダイレクトデータマーケティング基盤であるTri-DDMへ経営資源の集中を進め、事業拡大を目指す。20年2月期の営業利益は22.4%減の6.28億円。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前期比」の画像

もっと見る

「前期比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる