「前期比」とは?

関連ニュース

「経済財政運営に万全」 GDP速報値マイナスで菅官房長官 - 02月17日(月)12:16 

 菅義偉(すが・よしひで)官房長官は17日午前の記者会見で、令和元年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整済み)速報値が物価変動の影響を除く実質で前期比1・6%減だったことに関し「引き続き消費税率引き上げによる影響や新型コロナウイルス感染症が経済に与える影響について、しっかり見極めて経済財政運営に万全を期していく」と述べた。
カテゴリー:

RSテクノ---19年12月期ウェーハ再生事業は堅調なるも、世界経済の減速に影響を受け減収 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)11:56 

<3445>  RSテクノ  2814  -47RS Technologies<3445>は13日、2019年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比3.8%減の245.01億円、営業利益が同18.0%減の47.17億円、経常利益が同11.8%減の54.16億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同16.2%減の30.35億円となった。ウェーハ再生事業は堅調だったが、世界経済の減速に影響を受けたプ
カテゴリー:

シノケンG---19年12月期は不動産セールスが前期下回るも、不動産サービス、ゼネコン及びエネルギーの各事業は堅調 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)11:35 

<8909>  シノケンG  1254  -10シノケングループ<8909>は14日、2019年12月期(19年1-12月)連結決算を発表した。売上高が前期比14.0%減の957.86億円、営業利益が同17.6%減の97.54億円、経常利益が同15.7%減の90.18億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同20.7%減の58.75億円となった。不動産セールス事業の売上高は前年同期比27.0%減の5
カテゴリー:

5年半ぶり大幅マイナス 消費増税駆け込み需要反動 設備投資手控えも GDP年率6.3%減 - 02月17日(月)11:16 

 内閣府が17日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比1.6%減、この状態が1年続いた場合の年率換算は6.3%減となり、5四半期ぶりのマイナスとなった。昨年10月の消費税率引き上げに伴う駆け込み需要の反動減などがあり、個人消費が大
カテゴリー:

アップル---19年12月期減収なるも、自動車市場の流通の活性化と収益拡大に注力 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)10:20 

<2788>  アップル  218  -3アップルインターナショナル<2788>は14日、2019年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比5.2%減の176.48億円、営業利益が同66.7%減の1.64億円、経常利益が同72.4%減の2.87億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同83.9%減の1.58億円となった。従来と同様、自動車市場の拡大が見込まれるタイを中心に東南アジア諸国およびその周
カテゴリー:

ビーロット---19年12月期は9期連続の増収増益、不動産投資開発事業・不動産コンサルティング事業が好調を維持 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)12:04 

<3452>  ビーロット  1989  +207ビーロット<3452>は14日、2019年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比24.0%増の251.30億円、営業利益が同20.5%増の39.85億円、経常利益が同24.4%増の35.25億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同23.9%増の24.28億円となった。不動産投資開発事業の売上高は前期比23.1%増の211.85億円、セグメント利
カテゴリー:

ノムラシステム---19年12月期減収なるも、強みの人事ソリューションの営業活動を推進 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)11:37 

<3940>  ノムラシステム  478  -68ノムラシステムコーポレーション<3940>は14日、2019年12月期決算を発表した。売上高が前期比5.1%減の24.12億円、営業利益が同14.4%減の3.34億円、経常利益が同12.9%減の3.54億円、当期純利益が同12.9%減の2.41億円となった。同社を取り巻く環境においては、人手不足を背景とした合理化・省力化投資、老朽化に伴う維持・更新
カテゴリー:

コスモ・バイオ---19年12月期増収・営業利益23.5%増、多様な自社製品の提供と、在庫の適正化に取り組む - 最新株式ニュース - 02月17日(月)11:32 

<3386>  コスモ・バイオ  1361  +241コスモ・バイオ<3386>は14日、2019年12月期連結決算を発表した。売上高が前期比4.5%増の75.90億円、営業利益が同23.5%増の4.05億円、経常利益が同16.5%増の4.70億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同8.6%減の2.37億円となった。ライフサイエンス領域の研究開発に資する多様な自社製品・商品・サービスの提供と、在庫
カテゴリー:

IBJ---急騰、想定以上の収益成長見通しがポジティブインパクトに - 最新株式ニュース - 02月17日(月)10:42 

<6071>  IBJ  1322  +97急騰。先週末に19年12月期決算を発表、営業利益は23.4億円で前期比58.4%増益、昨年11月に大幅上方修正した数値を上回る着地になった。一方、20年12月期は28.2億円で同20.5%増と連続大幅増益の見通し。利益率の高い婚活事業の成長、グループシナジー強化の効果などが収益成長をけん引へ。期待以上の収益成長見通しにポジティブなインパクトが優勢となって
カテゴリー:

GDP5期ぶりマイナス成長 昨年10~12月期 - 02月17日(月)10:13 

 内閣府が17日発表した2019年10~12月期の国内総生産(GDP、季節調整値)速報値は、物価の変動を除いた実質で前期比1・6%減、この伸び率が1年続いた場合の年率換算は6・3%減となった。マイナス成長は5四半期ぶり。昨年10月の消費税率引き上げ後に個人消費が落ち込んだほか、台風19号など自然災害も響いた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前期比」の画像

もっと見る

「前期比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる