「安心感」とは?

関連ニュース

【新型コロナ】スーパー店員が手袋着用 感染症専門家からは「不適切」の声も★2 - 07月09日(木)22:47  newsplus

新型コロナウイルスの影響で提言された「新しい生活様式」も、今やすっかり日常に溶け込み、ソーシャルディスタンスやマスク着用、手洗いはもはや当たり前となっている。 これに加えて近ごろは、飲食店やスーパー、コンビニなどの従業員や客をはじめ、デリバリーの配達員、電車やバスの乗客などでも「手袋」をしている人をよく見かけるようになった。 誰が触れたか分からない商品や釣銭、つり革など日常生活では直にさわるのをためらうものがあるのは確かだが、あの「手袋」は本当に感染予防として役立っているのだろうか? ...
»続きを読む
カテゴリー:

国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴を元トレーダーが解説!おすすめポイントも比較 - 07月09日(木)19:10 

証券会社を経て、仮想通貨(暗号資産)取引所でトレーディング業務に従事した後、現在は独立して仮想通貨取引プラットフォームのアドバイザリーや、コンテンツ提供事業を運営する中島翔氏のコラムを公開します。 目次 国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント 1. Coincheck 2. GMOコイン 3. DMM Bitcoin 4. bitflyer 5. TAOTAO 6. SBI VCトレード 7. ディーカレット 仮想通貨取引所の特徴を理解して利用すること >国内の主要仮想通貨取引所7社の特徴、おすすめポイント コロナショックを機に仮想通貨(暗号資産)FXのトレードを行いたいという個人投資家が増えてきており、将来の資産に対して不安視する若者が増えてきました。また仮想通貨の認知度も日本では少しずつ高まる中、ユーザー層の年齢が幅広くなりつつあります。 日本でも仮想通貨交換業のライセンスを取得する業者が多くなり、海外の仮想通貨取引所も日本で認可を取得しているため、取引所の選択肢は増えています。 ここでは日本の仮想通貨取引所の特徴について、トレーダー目線から解説していきたいと思います。 1. Coincheck 最初は日本でも老舗の仮想通貨取引所であるCoincheckです。Coincheckは2018年に起きた仮想通貨ネム(XEM)のハッキング事件の後、マネックスグループ...more
カテゴリー:

上質なせっけんの香りをどこでも気軽に楽しめる レールデュサボンの香水がミニサイズの ロールオンタイプになって登場! - 07月09日(木)11:00 

株式会社フィッツコーポレーション(東京都港区、代表取締役:富樫康博)は、上質なせっけんの香りのライフスタイルブランド「レールデュサボン」から、ロールオンタイプの香水「レールデュサボン ロールオンフレグランス」を2020年7月18日(土)より、全国のロフト(一部店舗を除く)およびロフトネットストアで先行発売いたします。外出前には通常サイズのオードトワレ、お出かけ先での付け直しにはミニサイズのロールオンタイプと、レールデュサボンの上質なせっけんの香りをどこでも気軽に楽しめます。レールデュサボンとは上質なせっけんの香りと共にある暮らしを提案するライフスタイルブランドです。上質なせっけんの香りに包まれるあたたかく幸せな時間心まで綺麗に清潔にしてくれる香り開放感ややすらぎを与えてくれる香り安心感やぬくもりを与えてくれる香り香りとともに蘇る心地良い記憶。上質なせっけんの香りとともに。商品詳細■POINT・ロールオンタイプなので人目を気にせずさっと塗れます・携帯サイズなので持ち運んで、どこでも香りを付け直せます・ロール部分を軽く肌に滑らせるだけで、べたつかず香りを楽しめます■FRAGRANCESENSUAL TOUCH-センシュアルタッチ-クリーンランドリーの香りTOP:ペアー、アルデハイド、オゾンMIDDLE:ローズ、フレンチミュゲLAST:マリン、ムスクFEELING BREEZE-フィーリ...more
カテゴリー:

中国人「バーコード決済は便利なのになぜ日本人は現金で支払うのか?」 - 07月09日(木)09:56  news

 中国でスマホ決済が普及していることは日本でも広く知られているが、中国のスマホ決済サービスとしてはアリババ集団が手がける「アリペイ(支付宝)」と、 騰訊(テンセント)が手がける「WeChatペイ(微信支付)」が有名だ。  日本を訪れる中国人旅行客が右肩上がりで増加していたことから、日本の商業施設やコンビニなどでもアリペイやWeChatペイを使うことが可能になっている。  中国メディアの百家号はこのほど、日本人でもアリペイやWeChatペイは利用可能だというのに、日本人はなぜアリペイやWe...
»続きを読む
カテゴリー:

ウイスキー色々飲んだけど角瓶って実際うまいわ - 07月08日(水)22:13  news4vip

もちろんハイボール専用ね 実家のような安心感 ...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型コロナ】スーパー店員が手袋着用 感染症専門家からは「不適切」の声も - 07月09日(木)19:38  newsplus

新型コロナウイルスの影響で提言された「新しい生活様式」も、今やすっかり日常に溶け込み、ソーシャルディスタンスやマスク着用、手洗いはもはや当たり前となっている。 これに加えて近ごろは、飲食店やスーパー、コンビニなどの従業員や客をはじめ、デリバリーの配達員、電車やバスの乗客などでも「手袋」をしている人をよく見かけるようになった。 誰が触れたか分からない商品や釣銭、つり革など日常生活では直にさわるのをためらうものがあるのは確かだが、あの「手袋」は本当に感染予防として役立っているのだろうか? ニュ...
»続きを読む
カテゴリー:

【新発売:焼かないメガ布マスク】顔が大きな人向けに販売した【メガ布マスク】が、日焼けを気にする女性に大人気!女性目線の日焼け防止に特化し改良を重ねて、フルモデルチェンジして新商品として7/5販売開始! - 07月09日(木)14:30 

東京都墨田区両国地区で創業91年、ベビー服と子供服を製造している老舗縫製工場が4月より布マスクを製造販売開始し合計69,000枚が完売しています。当社社長の顔が大きくフィットするマスクがない!という悩みや、両国という地域の特性で多くの力士のマスク姿を目にして「マスクが小さい」「耳が痛くなる」等の大きな顔の人のマスクに対しての不満を解消して、顔が大きい人達が快適に過ごせるマスクを作ろう!と開発された「メガ」サイズの布マスク「メガマスク」でしたが、予想外だったのは夏に日焼けを気にする女性からの注文が多く「顔を覆ってくれるから日焼け防止に良さそう!」「マスクが大きいので小顔に見える効果も期待できそう!」という口コミを受け、女性からの注文が増えています。最初はただ大きなサイズのメガマスクを作りました。そのあとは様々な機能性生地を使い改良に改良を重ねてマスクを作ってきましたが、女性からの反響と要望が多くUV加工に特化したメガサイズの「焼かないメガ布マスク」(https://nuuiee.base.shop/items/29763296)を2020年7月5日より販売する事にしました。マスク内側(口に当たる側)も同様、様々な生地を使い試行錯誤改良してきましたが、最終的に綿100%のWガーゼ生地を使用する事に決定。長時間敏感な肌に接触する事を考え、肌に優しく柔らかさも触り心地も完璧!通気性も高いW...more
カテゴリー:

ウイルス対策の仕切りが広告宣伝に!オリジナルデザインで作れるパーテーションが新登場! - 07月09日(木)10:00 

飲食店やスポーツジム、不動産など様々な接客の場面でご利用いただけるオリジナルプリントに対応した「パーテーションカバー」の販売を、株式会社イタミアートがのぼり旗や幕の制作専門オンラインサイト「のぼりキング」内で販売を開始しました。仕切りの両面にフルカラーでロゴや写真、店舗・企業イメージを印刷することができます。オリジナルデザインにすることで、見た人に安心感・信頼感を与えます。1台からご購入可能で、1台税込7,260円でご提供!買い替え用に生地と器具の単品もご購入いただけます。印刷用のデータを持っていなくても、弊社デザイナーに依頼可能です。ウイルス対策が長期化する中、安心して利用できる空間と同時に宣伝・広告ができるパーテーションをご提供いたします!
カテゴリー:

HSPだから、生きづらい。治療法もないし人や社会となるべく関わらないようにして生きてくしかないのか? - 07月09日(木)07:15  poverty

登校不安抱えやすいHSCの子 親も自分責めないで 7/8(水) 12:00配信 https://news.yahoo.co.jp/articles/e2851846879bb047df398d9298522b40854b9cac 【後編】敏感で繊細なHSCの子。学校への伝え方は?/「学校に行かなくてもいい」と言うのは甘やかしではない 友達はいる、いじめもない、目立ったトラブルもないのにどうしても学校に行けない、行きたくない。 休校明け、子どもにそんな様子が見られたことはないでしょうか。 敏感な子どもたち(HSC)の特徴やコロナ禍での心のケアについて紹介した前編に続き、後編の今回も、十...
»続きを読む
カテゴリー:

新型コロナウイルス対策への安心感の違いで、再来店意思に4倍以上の差 - 07月08日(水)17:00 

2020年7月8日 株式会社MS&Consulting 株式会社MS&Consulting(本社:東京都中央区、代表取締役社長:並木 昭憲)は、当社が提供する覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」によって、外食店舗における新型コロナウイルス対策への満足度を調査いたしました。その結果、対策に対して不安を感じる店舗は28.3%あり、非常に安心と答えた場合の再来店意思の満点獲得比率※は、不安と答えた場合の4.3倍に上るという結果になりました。緊急事態宣言は解除されましたが、新型コロナウイルス対策への安心感がお客様の再来店意思に大きく影響を及ぼすことが分かりました。   調査期間:2020年5月8日~6月18日(N=318) 調査対象:外食212店舗 調査方法:弊社サービス 覆面調査「ミステリーショッピングリサーチ」   ※再来店意思の満点獲得比率 お客様の再来店意思を確認している設問「また来たいと思われましたか。」において、回答項目の中で満点の回答をどのくらいの割合で獲得しているか、を示した値になります。回答項目は、「5点:必ず来たい、4点:また来たい、2点:たぶん来ない、1点:絶対に来ない」の4段階評価です。     ■調査結果①:新型コロナウイルス対策への安心感   図1.「感染症の心配なく、店舗を安心して利...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「安心感」の画像

もっと見る

「安心感」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる