「月期決算」とは?

関連ニュース

分配金は1,632円/INV18年12月期 - 02月22日(金)09:00 

 インヴィンシブル投資法人(INV)は21日、2018年12月期決算を発表した。
カテゴリー:

1口当たり分配金は3,890円/JHR - 02月21日(木)09:00 

 ジャパン・ホテル・リート投資法人(JHR)は20日、2018年12月期決算を発表した。
カテゴリー:

富士通、希望退職に2850人応募 費用461億円計上 - 02月20日(水)13:52 

富士通の希望退職に2850人が応募。関連費用461億円を、営業費用として2019年3月期決算に計上する。業績予想に変更はない。
カテゴリー:

分配金は2,985円/MRR18年12月期 - 02月19日(火)09:00 

 マリモ地方創生リート投資法人(MRR)は18日、2018年12月期決算を発表した。
カテゴリー:

JFE、製鉄所で事故多発の異常事態…ベテラン技術者の大量定年退職が影響 - 02月19日(火)08:00 

JFEホールディングス本社のある日比谷国際ビル(「Wikipedia」より)  人事の季節が巡ってきた。3月期決算企業は、新年度を迎える4月1日付で社長を交代するのが慣例となっている。 三菱重工業...
カテゴリー:

【おむちゅ】花王、紙おむつ「メリーズ」急失速の複雑背景 - 02月21日(木)09:22  newsplus

2019年2月21日 5時50分 トイレタリー国内首位の花王に、不安要因が出てきた。 花王は2月4日、2018年12月期決算を発表した(国際会計基準)。売上高1兆5080億円(前期比1.2%増)、営業利益2077億円(同1.4%増)と堅調ながら、期初に会社が公表していた売上高1兆5400億円、営業利益2150億円には届かなかった。 想定外だった2つの出来事 会社計画に未達だったいちばんの要因は、これまで業績の牽引役だった子ども用紙おむつ「メリーズ」が失速したことだ。メリーズは同社を代表する製品で、主要カテゴリーの1つである「ヒューマンヘ...
»続きを読む
カテゴリー:

花王、紙おむつ「メリーズ」急失速の複雑背景 競合のユニ・チャームと明暗が分かれた理由 | 専門店・ブランド・消費財 | 東洋経済オンライン - 02月21日(木)05:50 

トイレタリー国内首位の花王に、不安要因が出てきた。花王は2月4日、2018年12月期決算を発表した(国際会…
カテゴリー:

SBSHD/リコーロジとの融合で売上高3000億円目指す - 02月19日(火)19:02 

SBSホールディングスの鎌田正彦社長は2月19日、2018年12月期決算説明会で、2019年度のグループ経営について説明した。 <鎌田正彦社長> 2019年12月期の売上高は、全体で2500億円(前年同期比22.8%増) […]
カテゴリー:

分配金は8,536円/NRI18年12月期 - 02月19日(火)09:00 

 日本リート投資法人(NRI)は18日、2018年12月期決算を発表した。
カテゴリー:

【何かが…おかしい】 その額1兆7500億円に達す!空前絶後のこの好景気、各社が相次いで業績下方修正! - 02月19日(火)06:58  poverty

上場企業3期ぶり減益 車や電機失速、2019年3月期予想 収益多角化で明暗 2019/2/19 1:30 企業業績の拡大にブレーキがかかる。 上場企業の2019年3月期は増益予想から一転、3期ぶりに減益になりそうだ。 中国景気など世界経済の不安要因が自動車・部品や電気機器を中心に日本企業の業績に具体的に表れ始めた。 今年に入り慎重な見通しが相次ぎ、下方修正額は計1兆3千億円に達する。 利益水準はなお高いが先行き不透明感は増している。 3月期決算企業の純利益の合計は昨年11月時点では前期比1%強増と3期連続の最高益見通しだっ...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「月期決算」の画像

もっと見る

「月期決算」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる