「億円程度」とは?

関連ニュース

パーソルHD---急伸、第1四半期は想定比大幅上振れでサプライズに - 最新株式ニュース - 08月13日(木)14:42 

<2181>  パーソルHD  1713  +79急伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は91億円で前年同期比9.4%減益にとどまり、従来予想レンジの15-30億円を大きく上回り、市場予想の35億円程度も超過する形に。新型コロナの影響は想定以上に軽微との安心感が強まっているようだ。通期計画も公表、営業利益は180-220億円のレンジで前期比半減程度を想定しているが、6-7月受注の回復状況からみ
カテゴリー:

第一生命HD、1Q経常利益26.9%減 767億円、コンセンサス下回る - 最新株式ニュース - 08月13日(木)06:56 

第一生命HD<8750>は第1四半期決算を発表。経常収益は前年同期比2.1%減の1兆7913.56億円、経常利益は同26.9%減の767.84億円だった。コンセンサス(830億円程度)を下回る。21年3月期通期は予想は経常収益が前期比8.8%減の6兆4870億円、経常利益は同63.9%増の3580億円を見込んでいる。あわせて、300億円、3200万株(自己株式を除いた発行済み株式総数の2.82%)
カテゴリー:

アルバック---大幅続伸、前期実績は下方修正前の水準上回る着地に - 最新株式ニュース - 08月12日(水)14:03 

<6728>  アルバック  3905  +585大幅続伸。前日に20年6月期の決算を発表、営業利益は160億円で前期比33.0%減益となり、5月14日に150億円から120億円に下方修正しているが、修正前の水準も上回る着地になっている。売上減少を想定より抑えられたほか、固定費の削減も進めたようだ。21年6月期は150億円で同6.0%減益の見通し。実績値が上振れした分、市場予想を20億円程度上回る
カテゴリー:

太陽誘電---急落、通期計画は市場予想を下振れの水準に - 最新株式ニュース - 08月11日(火)10:32 

<6976>  太陽誘電  3245  -220急落。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は79億円で前年同期比17.4%減益、会社計画の30億円を上回っているが、在庫の積み増し効果、一部費用の特損計上があり、実質的には想定線と捉えられている。一方、今回公表した通期見通しは270億円で前期比27.4%減益の見通し。300億円程度のコンセンサスを下振れていること、下半期は上半期比減益計画であること
カテゴリー:

【悲報】観光業界「GoToの効果なんて無かった」 ただウイルスばら撒いただけの結果に - 08月08日(土)09:56  poverty

政府の観光支援事業「GoToトラベル」の開始から2週間が過ぎた。 冷え込んだ旅行需要の起爆剤になると事業者は期待を膨らませたが、予約の動きは鈍く、「期待したほどの効果はまだない」と感じている。 一方、新型コロナウイルスの感染再拡大により収束が見通せず、観光業者や宿泊業者からは「潮目が変わるきっかけがほしい」といった悲痛な声も上がる。  「残念ながら、経済効果が出ているとは言えない」  大手旅行会社「KNT─CTホールディングス」(東京都)の広報担当者はため息交じりに話す。  7月の旅行予約人数は前...
»続きを読む
カテゴリー:

JFE---大幅反落、今期は市場想定を上回る赤字見通しに - 最新株式ニュース - 08月13日(木)14:36 

<5411>  JFE  799  -28大幅反落。前日に第1四半期決算を発表、税前損益は504億円の赤字、粗鋼生産の大幅な落ち込みを受けて業績も大きく落ち込んでいる。また、通期見通しも公表、税前損益は1150億円の赤字を想定、市場予想は700億円程度の赤字であったとみられる。第2四半期は一段と悪化する見通しになっているようだ。厳しい決算は想定されていたものの、フリーキャッシュフロー悪化なども加わ
カテゴリー:

センコーHD---大幅続伸、通期業績見通しは市場予想を上回る水準に - 最新株式ニュース - 08月12日(水)14:08 

<9069>  センコーHD  887  +78大幅続伸。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は42.3億円で前年同期比15.3%減益となった。一方、未定としていた業績見通しを公表、上半期は92億円で同11.1%減益、通期では202億円で前期比2.2%減益としている。年間配当金も前期同様に26円としている。通期予想は市場コンセンサスを20億円程度上回っており、ストレートにポジティブな評価に。同社は
カテゴリー:

三井金---大幅反発、上半期上方修正で赤字幅縮小へ - 最新株式ニュース - 08月11日(火)14:45 

<5706>  三井金  2612  +278大幅反発。先週末に第1四半期決算を発表、経常損益は18億円の赤字となったが、市場予想に対して赤字幅は20億円程度縮小できている。極薄銅箔マイクロシンなどが想定よりも好調であったもよう。金属価格の上昇を背景に、上半期の経常損益予想も従来の55億円の赤字から10億円の赤字に上方修正している。また、会社側で二輪車排ガス用触媒の7-9月期回復見通しを示している
カテゴリー:

【GoTo】「期待したけど」効果見えず 業界から悲痛の声 - 08月10日(月)14:16  seijinewsplus

 政府の観光支援事業「GoToトラベル」の開始から2週間が過ぎた。冷え込んだ旅行需要の起爆剤になると事業者は期待を膨らませたが、予約の動きは鈍く、「期待したほどの効果はまだない」と感じている。一方、新型コロナウイルスの感染再拡大により収束が見通せず、観光業者や宿泊業者からは「潮目が変わるきっかけがほしい」といった悲痛な声も上がる。  「残念ながら、経済効果が出ているとは言えない」  大手旅行会社「KNT─CTホールディングス」(東京都)の広報担当者はため息交じりに話す。  7月の旅行予約人...
»続きを読む
カテゴリー:

SUMCO、資生堂、スクエニHDなど - 最新株式ニュース - 08月07日(金)16:43 

<3436> SUMCO 1491 -147急落。前日に上半期決算を発表、営業利益は232億円で前年同期比30.9%減となった。4-6月期は115億円で会社計画を若干下回る着地に。また、7-9月期見通しは80億円で100億円程度の市場予想を下振れ、前四半期水準を大きく下回った。減価償却費などのコスト増が想定比下振れの主因に。会社側では300ミリウエハの需要は好調とコメントしているが、目先の収益伸び
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「億円程度」の画像

もっと見る

「億円程度」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる