「四半期」とは?

関連ニュース

【悲報】年金、17兆円が溶ける - 04月03日(金)07:05  livejupiter

 年金運用の赤字、過去最大に 1~3月期、新型コロナ株安響く https://this.kiji.is/618550942646846561 公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の1~3月期の運用は17兆円前後の赤字になるとみられることが2日、民間エコノミストの試算で分かった。 運用資産の半分を国内外の株式に投資しており、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な株安が響いた。四半期ベースで過去最大の赤字幅とみられ、2019年度全体でも8兆円前後の赤字になる見込みだ。  世界経済の減速懸念が拡大する中、株式比率の...
»続きを読む
カテゴリー:

米GDP、第2四半期は7%超縮小見通し 失業率10%突破=CBO - 04月03日(金)04:55 

米議会予算局(CBO)は2日公表した最新の経済見通しで、新型コロナウイルス感染拡大の影響によって米国内総生産(GDP)が第2・四半期に7%超縮小すると予想した。米失業率も悪化し、10%を突破する見通し。
カテゴリー:

米経済、第2四半期に「深刻な縮小」=ダラス連銀総裁 - 04月03日(金)02:07 

米ダラス地区連銀のカプラン総裁は2日、米経済が第2・四半期に「深刻な落ち込み」となり、第3・四半期初めも縮小が継続する公算が大きいとの見通しを示した。さらに、こうした状況からの早期回復は不透明とも述べた。
カテゴリー:

ソウルライクな新作アクションRPG,「Mortal Shell」のリリースは2020年第3四半期に - 04月02日(木)12:58 

 パブリッシャのPlayStackは,ColdSymmetryの新作アクションRPG「MortalShell」を2020年第3四半期にリリースすると発表し,そのトレイラーを公開した。文明崩壊後の世界に魂として覚醒したプレイヤーが,戦士達の遺骸に宿りながら旅を続けていくという設定で,ハードなアクションが体験できるという。
カテゴリー:

【速報】日本車販売42%減!せーのっ!ジャアアアアアアアアアアアアップwwww - 04月02日(木)12:21  poverty

sssp://img.5ch.net/premium/1372182.gif https://this.kiji.is/618246815964365921 日本車3月の米新車販売42%減 ホンダやスバルほぼ半減  【ニューヨーク共同】日本の自動車メーカー5社が1日発表した2020年3月の米新車販売台数は、前年同月比42.6%減の27万552台となった。  新型コロナウイルスの感染拡大が直撃し、ホンダやSUBARU(スバル)はほぼ半減。落ち込みが最も小さかったトヨタ自動車でも36.9%減り、総崩れとなった。  四半期ごとの実績のみ公表した日産自動車を含めた1~3月の販売台数は、前年同期比17.0%...
»続きを読む
カテゴリー:

【年金運用の赤字、過去最大に】 1~3月期、新型コロナ株安響く - 04月03日(金)06:06  newsplus

https://this.kiji.is/618550942646846561 年金運用の赤字、過去最大に 1~3月期、新型コロナ株安響く 2020/4/3 06:00 (JST) ©一般社団法人共同通信社  公的年金の積立金を運用する年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)の1~3月期の運用は17兆円前後の赤字になるとみられることが2日、民間エコノミストの試算で分かった。運用資産の半分を国内外の株式に投資しており、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う世界的な株安が響いた。四半期ベースで過去最大の赤字幅とみられ、2019年度全体でも8兆円前後の赤字になる見込...
»続きを読む
カテゴリー:

ヒンツ氏ヘッジファンド、四半期成績マイナス30%-.. - 04月03日(金)02:50 

ヒンツ氏ヘッジファンド、四半期成績マイナス30%-社債保証で大やけど
カテゴリー:

ワッツ---大幅反発、上半期営業益は通期計画上回る水準に上方修正 - 最新株式ニュース - 04月02日(木)13:31 

<2735>  ワッツ  616  +46大幅反発。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の3億円から7.9億円に増額、減益予想から一転しての大幅増益に。100円以外の価格帯の商品導入を進めてきた効果、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うマスク・除菌関連商品の需要増などが上振れの背景に。第1四半期の状況から上振れ期待はあったとみられるが、通期予想を超過する水準までの上方修正
カテゴリー:

インフォクリエ--- 2020年9月期上期の連結業績予想を上方修正、通期も最終益を上方修正 - 最新株式ニュース - 04月02日(木)12:47 

<4769>  インフォクリエ  664  +37インフォメーションクリエーティブ<4769>は1日、2020年9月期の連結業績予想の修正を発表した。第2四半期累計期間(2019年10月1日−2020年3月31日)において、売上高は前回予想比0.3%増の43.21億円、営業利益は同20.7%増の3.63億円、経常利益は同20.8%増の3.81億円、親会社株主に帰属する 四半期純利益は同102.6%
カテゴリー:

新型コロナショックによる「分母効果」のVCへの影響は? - 04月02日(木)12:00 

資産運用会社にとってこの数週間はとにかく恐ろしかった。過去数週間市場が停滞していただけでなく(米国の財政出動法案の署名以降わずかに回復した)、さまざまな資産の日々のボラティリティ(資産価格の変動の激しさを表すパラメータ)が大きく、ポートフォリオのバランスを保つことが非常に難しくなっている。例えば、原油のベンチマークは米国では1バレル20ドル未満と、この20年近くで初めて目にする水準だ。 それに関連して、多くのVC(ベンチャーキャピタル)にとって大きなストレスとなっている、いわゆる分母効果(デノミネーターエフェクト)について書いてみたい。 分母効果のVCへの影響を語る前に、まず定義したい。LP(リミテッドパートナー)は資本を配分する役割がある。つまりLPは戦略に基づき多様な資産に資金を投資する。例えばあるLPの戦略は「株式60%、債券40%」、また別のLPは「株式40%、債券30%、VC 10%、ヘッジファンド10%、天然資源10%」といった具合だ。 すべてのファンドに独自の目標がある。大学基金のように、通常業務で発生する支払いのために手元流動性を必要とするファンドもある。一方、政府系ファンドのようにはるか将来に目線を置き、資産の長期保有を気にしないファンドもある。ポートフォリオマネージャーの役​​割は、ファンドの目的に沿って資産に投資することだ。 ファンドマネージャーは運用の一環と...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「四半期」の画像

もっと見る

「四半期」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる