「四半期」とは?

関連ニュース

Netflixの加入者数が3カ月で880万人も増加したことが判明、人気ドラマ「ウィッチャー」の影響か - 01月22日(水)11:21 

映像ストリーミング配信サービスのNetflixが、2019年第4四半期の決算報告書を株主向けに公開しました。これによると、Netflixへの加入者は2019年の第4四半期におよそ880万人増加したとのことです。
カテゴリー:

コラム:ネットフリックス、特異な立場に基づく優位性に陰り - 01月22日(水)10:33 

[ニューヨーク 21日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米動画配信サービス大手ネットフリックスは、常識的なシナリオを打ち破る存在であり続けてきた。同社に限っては、メディア企業が一般的に縛られる評価尺度をほとんど用いる必要がないという点で、ライバルと異なる。その代わり投資家は同社の契約者や売上高の急増に注目。これが株価を押し上げる力になっていた。ただ21日に発表された第4・四半期の業績を見ると、ネットフリックスがこれまで享受していた優位性が脅かされていることが分かる。
カテゴリー:

ネットフリックス、第4四半期契約者数が予想上回る - 01月22日(水)09:54 

米動画配信サービス大手ネットフリックスが21日発表した第4・四半期の世界全体の有料契約者数は876万人増加し、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の763万人を上回った。
カテゴリー:

IBMの第4四半期、6四半期ぶり増収 クラウド好調 - 01月22日(水)08:26 

米IBMが21日発表した第4・四半期(昨年10─12月)決算は利益率の高いクラウドコンピューティング事業が好調で、売上高が市場の減少予想に反し6四半期ぶりに増加した。通年利益見通しも市場予想を上回った。
カテゴリー:

ネットフリックス、第4四半期契約者数が予想上回る 米国内はさえず - 01月22日(水)07:20 

米動画配信サービス大手ネットフリックスが21日発表した第4・四半期の世界全体の有料契約者数は876万人増加し、リフィニティブがまとめたアナリスト予想平均の763万人を上回った。一方、米国の契約者数は競争激化のあおりで42万人増にとどまり、予想の65万9600人増に届かなかった。
カテゴリー:

韓国GDP、2019年は+2.0% 金融危機以来の低い伸び - 01月22日(水)10:38 

韓国中銀が発表した第4・四半期の国内総生産(GDP)速報値は、政府支出の急増を受けて、前期比で約2年ぶりの高い伸び率を記録した。ただ、輸出不振や世界的な貿易摩擦を背景に、2019年通年のGDP伸び率は2.0%と、2009年以来10年ぶりの低水準だった。
カテゴリー:

東製鉄---もみ合い、好決算発表も今後のマージン悪化を警戒視 - 最新株式ニュース - 01月22日(水)09:59 

<5423>  東製鉄  804  +5もみ合い。前日に第3四半期決算を発表している。累計営業利益は143億円で前年同期比28.7%増益、上半期の同7.6%増益に対して10-12月期は同66.8%増と増益幅が拡大、通期予想も従来の140億円から170億円に上方修正している。年間配当金の増配も発表。スプレッドの拡大が好業績の背景となっている。ただ、鉄スクラップ価格の底打ちによって、今後はマージンが悪
カテゴリー:

東製鉄---3Q営業利益はコンセンサスを上回る - 最新株式ニュース - 01月22日(水)09:03 

<5423>  東製鉄  794  -521日取引終了後に発表した第3四半期決算は、営業利益が前年同期比28.7%増の143.48億円だった。コンセンサス(130億円程度)を上回る進捗。原料となる鉄スクラップの価格が想定を大幅に下回り、採算の改善に寄与した。今後の鋼材需要については、首都圏では再開発など建設分野が堅調。株価は昨年10月高値をピークに調整が続いていたが、1月8日安値757円をボトムに
カテゴリー:

Netflix、予想を上回る増収増益 競合「Disney+」開始の米国の会員数増は鈍化 - 01月22日(水)07:51 

Netflixの2019年第4四半期の決算は、予想を上回る増収増益だった。世界での有料会員数も31%増の1億605万人と好調。だが競合する「Disney+」がスタートした米国での有料会員数増加率は鈍化した。
カテゴリー:

Uberがインドのフードデリバリー事業を現地ライバルのZomatoに売却 - 01月22日(水)07:15 

Uberは1月21日、インドにおける同社のフードデリバリーサービス、Uber Eatsを地元のライバルZomato(ゾマト)に売却したと発表した。これによりアメリカのライドシェア大手は、2021年の黒字化するために、損失を計上する事業を放棄する。 この2つの赤字企業によれば、契約ではUberがZomatoの9.99%を保有し、EatsのユーザーはZomatoのユーザーになるという。情報筋によると、Uber Eatsのインド事業の評価額は1億600万ドル(約117億円)から2億ドル(約220億円)の間と見なされたようだ。 TechCrunchは2019年12月に、両社の契約はもうすぐまとまると報じた。両社の話し合いを11月に最初に報じたのは、インドの新聞『Times of India』だ。 ForresterのアナリストSatish Meena(サティッシュ・ミーナ)氏によると、ZomatはUberからの買い物があるにもかかわらず、依然として地元のライバルSwiggyに1日のオーダー数で負けている。Prosus Venturesが投資しているSwiggyは、2018年後半に10億ドル(約1100億円)を調達した。 UberのCEOであるDara Khosrowshahi(ダラ・コスローシャヒ)氏は声明で「Uber Eatsのインドのチームはこれまでの2年あまりで立派な業績を上げた。彼...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「四半期」の画像

もっと見る

「四半期」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる