「四半期」とは?

関連ニュース

湘南モノレール社長も驚く「PASMO」など交通系ICカード導入の効果 - 08月19日(日)06:00 

神奈川県の大船駅と湘南江の島駅を結ぶ湘南モノレール(6.6km)は、今年4月1日から「PASMO」を導入した。導入後初の四半期を振り返り、前年同期比で収入面や乗降客数にどのような変化があったかを中心に、同社代表取締役社長の尾渡英生氏に話を聞いた。
カテゴリー:

米国:決算「半年ごと」検討 長期的視野で頻度減 - 08月18日(土)20:47 

 米証券取引委員会(SEC)のクレイトン委員長は17日、トランプ米大統領が企業の決算報告を四半期から半年に延ばすことを求めたのに対し、報告回数の見直しを検討していることを明らかにした。実現すれば、世界的に企業会計の在り方を大きく変える可能性がある。
カテゴリー:

メーカー「暑すぎビールが売れない(´;ω;`)」 販売量が増える気温は37度が限界?猛暑で新しい「定説」 - 08月18日(土)18:55  poverty

J-CASTニュース ビール販売量が増える気温は37度が限界?猛暑で新しい「定説」誕生か 「暑過ぎ」が生む ビール販売の「新しい定説」 夏の暑さは景気にプラスというのが一般的なテーゼだが、異例の猛暑が消費を冷やす懸念が膨らんでいる。内閣府が2018年8月10日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、 物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増(年率換算で1.9%増)と、2四半期ぶりにプラスとなったのは、GDPの約6割を占める個人消費が0.7%伸びたのが大きな支えだったが、ここにきて「暑すぎ」のマ...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】コンビニ店員「ベトナム人」ばかりの理由 中国上回り17年には全体の41.6%★2 - 08月18日(土)13:14  newsplus

■技能実習生の数は、中国を抜いて1位に グエン、ホアン、チャン……。最近、コンビニや居酒屋などで、このような外国人店員の名札をよく見かけないだろうか。これらはベトナム人の一般的な名字である。近年、日本で働くベトナム人が急増している。 日本で働く外国人労働者数は、2017年10月末現在で約128万人。このうちベトナム人は約24万人で、全体の18.8%を占める。これは29.1%の中国人に次ぐ人数だ。12年にベトナム人は全体の3.9%にすぎず、人数はこの5年間で約9倍にも増えた。 ベトナム人労働者の内訳は、外国人技能実習制度に...
»続きを読む
カテゴリー:

【社会】コンビニ店員「ベトナム人」ばかりの理由 中国上回り17年には全体の41.6% - 08月18日(土)11:18  newsplus

■技能実習生の数は、中国を抜いて1位に グエン、ホアン、チャン……。最近、コンビニや居酒屋などで、このような外国人店員の名札をよく見かけないだろうか。これらはベトナム人の一般的な名字である。近年、日本で働くベトナム人が急増している。 日本で働く外国人労働者数は、2017年10月末現在で約128万人。このうちベトナム人は約24万人で、全体の18.8%を占める。これは29.1%の中国人に次ぐ人数だ。12年にベトナム人は全体の3.9%にすぎず、人数はこの5年間で約9倍にも増えた。 ベトナム人労働者の内訳は、外国人技能実習制度に...
»続きを読む
カテゴリー:

【企業】米ウォルマート、効率性でアマゾン猛追 - 08月18日(土)23:10  newsplus

https://jp.reuters.com/article/column-walmart-idJPKBN1L20FK 2018年8月18日 / 02:46 / 1時間前更新 米ウォルマート、効率性でアマゾン猛追 Jennifer Saba [ニューヨーク 16日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 米小売り最大手ウォルマート(WMT.N)の強みが鮮明になっている。時価総額2700億ドルの同社が16日発表した第2・四半期(5─7月)決算は増収だった。 増収率はライバルのネット通販大手アマゾン・ドット・コム(AMZN.O)と比べて見劣りするが、アマゾンが人員を大幅に増やして収益性が低下する一方、ウォルマー...
»続きを読む
カテゴリー:

主要都市の95地区で地価が緩やかに上昇 18年第2四半期 国交省発表 - 08月18日(土)20:13 

国土交通省が発表した「地価LOOKレポート」によると、主要100都市における地価上昇地区は2期連続で90%を超えつつ、大幅な上昇をした地域がないことから、主要地区の地価は緩やかな上昇基調にあることが分かった。
カテゴリー:

第2四半期台湾GDP改定値は+3.30%、18年成長見通し引き上げ - 08月18日(土)16:02 

[台北 17日 ロイター] - 台湾主計総処が17日発表した2018年第2・四半期の域内総生産(GDP)改定値は前年同期比3.3%増だった。主計総処は2018年の経済成長率見通しを2.69%に引き上げた。 2018年成長率見通しの引き上げは今年3回目。5月は2.6%、2月は2.42%と予想していた。 しかし、世界需要が減速し始めているとして、第3・四半期の成長率は2.36%に鈍化すると予想した
カテゴリー:

「暑過ぎ」が生む ビール販売の「新しい定説」 - 08月18日(土)13:00 

夏の暑さは景気にプラスというのが一般的なテーゼだが、異例の猛暑が消費を冷やす懸念が膨らんでいる。内閣府が2018年8月10日発表した4~6月期の国内総生産(GDP、季節調整値)の速報値は、物価変動の影響を除いた実質で前期比0.5%増(年率換算で1.9%増)と、2四半期ぶりにプラスとなったのは、GDPの約6割を占める個人消費が0.7%伸びたのが大きな支えだったが、ここにきて「暑すぎ」のマイナスを指摘する声が強まっている。
カテゴリー:

オプティム売上高 10期連続で増収 - 08月18日(土)10:22 

オプティム売上高10期連続で増収端末管理サービス堅調 ソフトウエア開発のオプティム(本店・佐賀市、菅谷俊二社長)が13日発表した2018年4~6月の第1四半期決算は、売上高が前年同期比21・2%増の10億5100万円。10期連続で増収だった。集中投資などを理由に経常損失が1億9700万円、純損失が1億4700万円だった。 端末管理サービスは、iOS端末でアプリの設定を別端末に配布する機能の追加や、モバイルアプリとの連携などで性能・利便性を高めていることから堅調に推移した。
カテゴリー:

もっと見る

「四半期」の画像

もっと見る

「四半期」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる