「サービス」とは?

関連ニュース

5G×SD-WANで企業ネットワークを強靭化、NTTPCが有用性を実証 - 01月27日(月)11:45 

NTTPCは2017年から、NTTグループが独自開発した技術をベースとしたSD-WANサービス「Master'sONECloudWAN」を提供している。サービス ...
カテゴリー:

JR四国とJR西日本、3月14日に四国管内のICOCA利用可能エリアを拡大 - 01月27日(月)11:24 

 JR四国(四国旅客鉄道)とJR西日本(西日本旅客鉄道)は、JR四国管内の詫間駅、観音寺駅、善通寺駅、琴平駅、栗林公園北口駅、栗林駅、屋島駅でのICカード乗車券「ICOCA」のサービス開始日を3月14日に決定したと発表した。
カテゴリー:

協創プラットフォーム『CRESNECT』プロジェクトに新たに5社が参画 - 01月27日(月)11:13 

2020年1月27日 協創プラットフォーム『CRESNECT』プロジェクトに新たに5社が参画 『point 0 marunouchi』において協創の取り組みに関する初カンファレンスを開催  株式会社point0(以下、「point0」)は、協創プラットフォーム『CRESNECT』※1に新たに清水建設株式会社、セイコーエプソン株式会社、株式会社丹青社、野村不動産株式会社、モンデリーズ・ジャパン株式会社の5社が加わるはこびとなりましたのでお知らせいたします。また、協創を更に加速させるため、未来のオフィス空間創出を目指す実証実験の場である会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』※2において、2月3日(月)、4日(火)の2日間、カンファレンス『point 0 ignite 2020 winter』を開催します。 ※1:株式会社オカムラ、ソフトバンク株式会社、ダイキン工業株式会社、東京海上日動火災保険株式会社、三井物産株式会社、ライオン株式会社が2018年7月30日に共同発表した、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT』を活用し「未来のオフィス空間」づくりを目指すプロジェクト ※2:ダイキン工業株式会社、株式会社オカムラ、パナソニック株式会社、ライオン株式会社、TOTO株式会社、アサヒビール株式会社、TOA株式会社、...more
カテゴリー:

【橘玲さん】日本人が直視できない現実、アジア人観光客が訪日するのは「ただ安いから」日本は貧乏くさい国として存在し続ける - 01月27日(月)11:03  newsplus

2020年、日本では東京オリンピック・パラリンピックが開催され、5Gネットワークサービスが開始されるなど、発展や未来をキーワードとする事象が出現する。その一方で、労働力人口の減少は歯止めが効かず、団塊の世代がすべて70歳以上になって後期高齢者に向かい始める。まさに環境が大きく変わるターニングポイントだ。作家 橘玲氏に、2020年を迎えるにあたって、この先の日本がどのような変化に直面することになるのか改めて予測してもらった。 . ●2020年代、日本は貧乏くさい国として存在し続ける  日本が超高齢社会に突入...
»続きを読む
カテゴリー:

翻訳会社の十印、AI翻訳サービスにPDF翻訳機能を搭載 画像内テキストの翻訳、言語ペア・分野ごとの専用エンジンも追加 - 01月27日(月)11:00 

TAKARA&COグループの企業向け翻訳サービスを行う株式会社十印(本社:東京都港区、代表取締役会長:岡田 竜介、以下 十印)は、国立研究開発法人情報通信研究機構(以下 NICT)から技術供与を受けて開発した商用のAI翻訳サービス「T-tact AN-ZIN」において、PDFファイルの翻訳機能の提供を開始しました。OCR機能も搭載しているため、テキスト抽出ができないスキャンデータや画像中のテキストも翻訳することができます。 また、日本...
カテゴリー:

シミックとサスメド、AIを用いたビッグデータ簡易解析ソリューションを提供開始 - 01月27日(月)11:30 

2020年1月27日 シミック株式会社 サスメド株式会社 シミックとサスメド、AIを用いたビッグデータ簡易解析ソリューションを提供開始 シミック株式会社(本社:東京都港区、代表取締役 社長執行役員 藤枝 徹、以下:シミック)と、デジタル医療の研究開発を行うサスメド株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役:上野太郎、以下「サスメド」)は、リアルワールドデータ(以下「RWD」)などのビッグデータから短期間で有用な示唆を得ることの出来る、AIを用いたビッグデータ簡易解析ソリューションの提供を本日1月27日より開始します。本簡易解析ソリューションは、シミックにより製薬企業が保有するRWDなどのビッグデータを簡易解析可能な程度にまでデータクレンジング※を行い、そのデータをサスメドのAI自動分析システムを用いることで、従来と比較し迅速な簡易解析を可能にするサービスです。このソリューションによって、効率的な事前解析(Pre-Analysis)が可能となり、臨床試験の立ち上げ期間や学会発表に向けた解析期間の短縮などへの貢献が期待されます。 ※データベースの中から、データの重複や誤記、表記の揺れなどを検索し、削除や修正、正規化などを行い、データの品質を高め分析等に適したデータに加工する工程 近年、医療分野において、臨床現場で日々得られる患者単位のRWD活用への期待が高まっています。2...more
カテゴリー:

オバマ氏「胸張り裂けそう」 本田氏「とてもひどく、悲しい」 コービー氏事故死、SNSにも悲しみの声 - 01月27日(月)11:20 

 米プロバスケットボールNBAの元スター選手、コービー・ブライアント氏の突然の悲報を受け、ツイッターなどのソーシャル・ネットワーキング・サービス(SNS)では、悲しみの声が相次いでいる。
カテゴリー:

【No.8】『ハケンの品格』【超・時短ナビ:TSUTAYAプレミアムでドラマ沼】 - 01月27日(月)11:11 

『TSUTAYAプレミアムでドラマ沼』は、定額サービス『TSUTAYAプレミアム』を活用し、どんな連続ドラマでも「第1話」「中盤話」「最終話」の3話分のみ鑑賞。そして3つの「決め手」「感想」「★付け評価」とともにざっくり紹介していく、“超・時短ナビ”である(※最終回を含むため、紹介上、ある程度のネタバレに触れざる...
カテゴリー:

EEG装置の世界市場、2027年に17億6,427万米ドル規模に達する見込み(The Insight Partners発行レポートより) - 01月27日(月)11:00 

2020年01月24日株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「EEG装置の世界市場:製品、用途、装置タイプ、エンドユーザー、地域別 - 2027年までの予測」 (The Insight Partners発行) の販売を1月24日より開始いたしました。世界のEEG装置市場は2018年に8億3,071万米ドル規模に達しました。同市場は、2019年から2027年の間に8.9%のCAGRで成長する見通しで、2027年には17億6,427万米ドル規模に到達すると予測されています。当レポートでは、世界のEEG装置市場の動向や阻害因子を提供します。世界のEEG装置市場は、装置タイプに基づき、スタンドアロン機器とポータブル機器に分類されます。2018年、スタンドアロン機器タイプが市場で最大のシェアを占めていました。しかし、2020年に過去最速で成長すると予想されているEEG装置は、ポータブル機器タイプです。ポータブルタイプのEEG機器は、長期間のシグナルの記録や遠隔リアルタイムモニタリングに使用されます。通常、小型で低価格であるため、毎日の使用に適しており、今後市場は急速に成長するでしょう。市場の成長を牽引する重要な要因は、神経血管障害の発生率の増加と高齢者人口の大幅な増加です。ただし、EEG装置が高コストであるなどの制約が、予測期間中の市場の成長に影響を与える可能性があります。...more
カテゴリー:

ケース面接による能力評価サービスをリリース! 採用選考における企業・候補者の負担を大幅軽減 - 01月27日(月)11:00 

株式会社レバロ(本社:東京都中央区、代表取締役:松本 恵一)は、ケース面接により候補者の能力を可視化し、企業の採用選考をサポートするサービス「1stインタビュー」を2020年1月21日(火)に提供開始いたしました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/203910/LL_img_203910_1.png サービス画像 ■「1stインタビュー」とは 「1stインタビュー」は、第三者としてオンライン面接を実施し、候補者の能力を定量評価する、...
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「サービス」の画像

もっと見る

「サービス」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる