「月期第」とは?

関連ニュース

太洋基礎---ストップ高、上限2万株の自社株買い、発行済総数の2.96%、20年1月期第3四半期の営業利益96.7%増 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)13:50 

<1758>  太洋基礎  7560  +1000ストップ高。2万株(約1.31億円)を上限に自社株買いを実施すると発表している。発行済株式総数(自社株を除く)に対する割合は2.96%。11日終値(6560円)で、12日朝の立会外取引(ToSTNeT-3)で買付けを委託する。20年1月期第3四半期累計(19年2-10月)の営業利益は完成工事高が伸び、前年同期比96.7%増の5.13億円で着地した。
カテゴリー:

アセンテック---3Qは2ケタ増収増益、新製品の拡販やITインフラの受注が寄与 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)09:23 

<3565>  アセンテック  1987  -64アセンテック<3565>は11日、2020年1月期第3四半期(19年2月-10月)決算を発表した。売上高が前年同期比11.9%増の47.30億円、営業利益が同20.9%増の3.83億円、経常利益が同17.3%増の3.78億円、四半期純利益が同17.4%増の2.60億円となった。事業戦略の一つである「自社製品の開発と展開」において、Atrustと協同
カテゴリー:

はてな---1Q減収なるも、収益基盤の確立に向けた戦略的先行投資を実施 - 最新株式ニュース - 12月11日(水)17:58 

<3930>  はてな  2141  -33はてな<3930>は11月29日、2020年7月期第1四半期(19年8月-10月)決算を発表した。売上高が前年同期比6.7%減の6.17億円、営業利益が同54.3%減の0.72億円、経常利益が同53.4%減の0.75億円、四半期純利益が同53.8%減の0.51億円となった。コンテンツプラットフォームサービスについて、主力サービスの「はてなブログ」の登録ユ
カテゴリー:

SYSHD---ストップ高、第1四半期営業利益は5.6倍、自動車関連の受注堅調 - 最新株式ニュース - 12月11日(水)13:54 

<3988>  SYSHD  1586  +300ストップ高。20年7月期第1四半期(19年8-10月)の営業利益を前年同期比456.9%増の0.88億円と発表している。グローバル製造業ソリューションで自動車関連の電子制御ユニット分野の顧客からの受注が堅調だったことに加え、社会情報インフラ・ソリューションで電力関連顧客からの受注が増加し、利益を押し上げた。通期予想は前期比21.7%増の2.63億円
カテゴリー:

サンワテクノス---2021年3月期以降の本格的回復に向けた備えを固める - 最新株式ニュース - 12月11日(水)08:37 

<8137>  サンワテクノス  1203  0サンワテクノス<8137>は独立系技術商社。電機・電子・機械の3分野にまたがって事業を展開している点と、それを生かした「双方向取引」(顧客メーカーに生産ラインの機器を納入し、そこで生産された製品を仕入れる)の2つの特徴を生かして業容を拡大してきた。近年はエンジニアリング事業とグローバルSCMソリューション事業に注力している。同社の2020年3月期第2
カテゴリー:

菊池製作所---大幅に4日ぶり反落、20年4月期第2四半期の営業利益0.08億円、進捗率3.1%で計画未達懸念 - 最新株式ニュース - 12月12日(木)10:32 

<3444>  菊池製作所  758  -51大幅に4日ぶり反落。20年4月期第2四半期累計(19年5-10月)の営業損益を0.08億円の黒字(前年同期実績は0.20億円の赤字)と発表している。ロボット・装置等が伸長した半面、試作・金型製品などが落ち込んだ。通期予想は前期比123.7%増の2.56億円の黒字で据え置き。進捗率は3.1%にとどまっており、計画未達への懸念から売りが広がっている。株価が
カテゴリー:

リソー教育---高い顧客満足度が好循環を生み出し、少子化の中でも生徒数の増加が続く - 最新株式ニュース - 12月12日(木)08:59 

<4714>  リソー教育  395  0リソー教育<4714>は“完全個別指導”と“進学指導”とを組み合わせた点で独自のポジションを確立した教育サービス企業。傘下に幼稚園・小学校受験指導の(株)伸芽会や家庭教師派遣事業の(株)名門会など、8つの事業会社を擁し、「TOMAS」ブランドで5つの事業を展開している。同社の2020年2月期第2四半期決算は、売上高12,987百万円(前年同期比10.0%増
カテゴリー:

シルバーライフ---急落、31万5000株の立会外分売を実施へ、第1四半期の営業利益は2.5%減 - 最新株式ニュース - 12月11日(水)14:45 

<9262>  シルバーライフ  2728  -412急落。20年7月期第1四半期(19年8-10月)の営業利益を前年同期比2.5%減の1.97億円と発表している。製造冷凍弁当の直接販売の認知度を高めるため、積極的な広告展開を行ったことから売上高販管費比率が上昇した。通期予想は前期比11.8%増の9.90億円で据え置いた。進捗率は19.9%。また、東証本則市場への市場変更申請を行い、形式要件を充足
カテゴリー:

山岡家---年初来高値更新、20年1月期の年間配当予想を16円に増額修正 - 最新株式ニュース - 12月11日(水)11:08 

<3399>  山岡家  2130  +85年初来高値を更新。20年1月期の年間配当を従来予想の14.00円から16.00円(前期実績14.00円)に増額修正している。20年1月期第3四半期累計(19年2-10月)の営業利益は前年同期比23.4%増の4.02億円で着地した。人材不足を解消するための施策に重点的に取り組んだことが奏功した。通期予想は前期比11.9%増の4.54億円で据え置いた。進捗率
カテゴリー:

日本M&A---2020年3月期第2四半期は計画を大幅に上回り着地 - 最新株式ニュース - 12月11日(水)08:21 

日本M&A日本M&Aセンター<2127>は、全国規模で中堅・中小企業の友好的M&A仲介をサポートする、M&Aにおけるリーディングカンパニー。主力であるM&A仲介のほか、企業再生支援、再編支援、MBO支援などの事業も展開している。2006年にM&A仲介会社として初めての上場を果たし、東証1部上場の信用力のほか、国内で最大級となるM&Aネットワークを武器に成長路線を歩んできた。産業界全般でM&Aに対す
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「月期第」の画像

もっと見る

「月期第」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる