「四半期決算」とは?

関連ニュース

ミライアル、3Q営業利益7.8%減、進捗率90.3% - 最新株式ニュース - 12月10日(火)06:20 

ミライアル<4238>が発表した第3四半期決算は、営業利益が前年同期比7.8%減の9.94億円だった。通期計画に対する進捗率は90.3%となる。半導体業界の調整局面は継続しているが、半導体関連製品の需要は低調に推移しているほか、成形機の市況も厳しいが、前年受注分が順調に出荷され、計画通りの進捗に。【プラス評価】<3491>GA TECH      通期 | <2301>学情        通期<3
カテゴリー:

ポールHD---急落、8—10月期の増益率鈍化などマイナス視 - 最新株式ニュース - 12月09日(月)13:54 

<3657>  ポールHD  1006  -106急落。先週末に第3四半期決算を発表、累計営業利益は25.7億円で前年同期比6.8%増益となった。堅調な決算ではあるものの、8-10月期は同2.8%増と増益率が鈍化しており、市場の期待値水準には届いていないもよう。第3四半期累計では、主力のデバッグ・検証事業が円高の影響などによって減益となっている。アクティブゲーミングメディアとの資本業務提携を発表し
カテゴリー:

鳥貴族---急騰、好決算発表や23カ月ぶり既存店プラス転換を評価 - 最新株式ニュース - 12月09日(月)11:09 

<3193>  鳥貴族  2292  +384急騰。先週末に第1四半期決算、並びに、11月の月次動向を発表している。第1四半期営業利益は5億円で前年同期比3.7倍、上半期計画に対する進捗率も59%に達している。売上高は減少したものの、採算管理の徹底や不振店退店が寄与した。また、11月の既存店売上高は前年同月比1.5%増となり、23カ月ぶりのプラス転換を果たしたことも買いインパクトを強めさせている。
カテゴリー:

アイル---1Q営業利益 475.9%増、自社株買いを発表 - 最新株式ニュース - 12月09日(月)08:48 

<3854>  アイル  1647  02020年7月期第1四半期決算を発表。売上高は前年同期比69.3%増の39.88億円、営業利益が同475.9%増の8.47億円だった。ストック型ビジネス商材の販売実績が大きく伸長し、利益体質の強化が図られている。あわせて第2四半期の業績予想を修正。営業利益を従来の7.57億円から11.50億円に上方修正。Windows7のサポート終了等によるWindows1
カテゴリー:

【アパレル】オンワードホールディングス、約350人の希望退職者を募集 - 12月06日(金)20:13  newsplus

 オンワードホールディングスが、12月6日の今日開催した取締役会において、希望退職者の募集を行うことを決定した。募集人数は約350人で、退職日は2020年2月29日。  オンワードホールディングスは、企業競争力を高めるために取り組んでいるグローバル事業構造改革や成長戦略の一環として、強固な経営基盤を確立するために効率的な組織・人員体制の構築を進めている。この転換期に際し、転進やセカンドライフを求める社員に対する選択肢として希望退職者の募集を決議した。希望退職者への優遇措置として規定の退職金に特別退職金を加...
»続きを読む
カテゴリー:

アップル好決算、要因は「新たな買い替え需要の創出」 - 松村太郎のApple深読み・先読み - 12月09日(月)17:00 

Appleが発表した2019年第4四半期決算、主力のiPhoneがふるわなかったものの、全体では前年同期比1.8%増となりました。プラスに着地したのは、iPhoneに続く「新たな買い替え需要」を創出できたことにありそうです。
カテゴリー:

アイル---ストップ高、第1四半期大幅増益決算を好感 - 最新株式ニュース - 12月09日(月)13:26 

<3854>  アイル  2047  +400ストップ高。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は8.5億円で前年同期比5.8倍と急拡大、つれて、上半期予想は7.6億円から11.5億円に、通期では12億円から15.2億円に上方修正している。消費税率の改定に伴う駆け込み需要、Windows7のサポート終了によるWindows10への買い替え需要などで受注が好調に推移のもよう。想定以上の業績拡大にポジ
カテゴリー:

積水ハウス---反落、順調な決算発表だが格下げの動きもあって出尽くし感優勢に - 最新株式ニュース - 12月09日(月)09:56 

<1928>  積水ハウス  2368  -39反落。先週末に第3四半期決算を発表している。累計営業利益は1550億円で前年同期比35.9%増益、8-10月期も420億円で同18.6%増と2ケタ増益となった。請負型事業が順調に推移しているほか、米国での賃貸住宅売却も寄与している。一方、戸建住宅の受注は消費増税前の駆け込み需要の反動で低迷する形になっている。野村證券では株価上昇で割安感がなくなったと
カテゴリー:

積水ハウス、3Q営業利益35.9%増、コンセンサス上回る - 最新株式ニュース - 12月09日(月)07:00 

積水ハウス<1928>は第3四半期決算を発表。営業利益は前年同期比35.9%増の1549.94億円だった。純利益は同42%増の1174億円となり、同期間として過去最高を更新した。戸建て住宅の販売が伸びたほか、米国での賃貸住宅の売却が寄与。20年1月期通期は従来の計画を据え置いて入り。【プラス評価】<1844>大盛工業     修正 | <7605>フジコーポ    修正<3854>アイル     
カテゴリー:

将棋AIのHEROZが東証マザーズから東証一部/二部に市場変更、B向けサービスがC向けを上回る - 12月06日(金)15:47 

HEROZは12月6日、同社株式の上場市場を東京証券取引所マザーズから東京証券取引所市場第一部または市場第二部へ市場変更することを明らかにした。 同社の2020年4月期を決算日とする第2四半期決算で、売上高7億5700円(前期比+17.2%)、EBITDA2億7500万円(前期比+15.2%)となり、第2四半期累計でAI(BtoB)サービスの売上がAI(BtoC)サービスを上回っている。 SMBC日興証券との継続的なAI技術の活用に向けて業務提携契約も発表。HEROZのディープラーニングなどの機械学習技術をSMBC日興証券の新たな金融サービスの開発および業務効率化に適用していく。具体的には、AIを活用した新たな金融サービスの開発とリテールなど各種業務の生産性の向上を目指す。 詳細は追って記載する。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「四半期決算」の画像

もっと見る

「四半期決算」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる