「四半期決算」とは?

関連ニュース

2019年のApple Watchの販売台数、スイスの時計業界全体を上回る - 02月25日(火)14:24 

Anonymous Coward曰く、 2015年に登場して早数年、ちょくちょく見かけるようになった「Apple Watch」だが、調査会社の分析によれば2019年の販売数が3070万個に達し、ついにスイスの時計業界全体の販売数を上回るようになったという(CNN、GIGAZINE、Forbes、Slashdot)。 Apple Watchの販売数は2018年の2250万個から前年比36%増という大きな伸びを示しており、スマートウォッチ市場全体の47.9%のシェアを占めた。一方で、時計産業の中心地として知られるスイスの時計業界全体の販売数は前年比13%減の2110万個と落ち込み、ついにApple Watch単独でこれを大きく上回る事になった。 ただしこの分析に対しては「Apple Watchは買い替え需要の影響がある」「スイス時計の平均価格はApple Watchの2倍である」としてまだまだスイスの時計産業の地位が失われたわけではないとの声もある。一方で、スイス製腕時計は過去のものとなり、ファッションアクセサリーや好事家向けのアイテムに転落するとの見方もされている。果たして腕時計はこの先生きのこるのだろうか? すべて読む | アップルセクション | ビジネス | ハードウェア | アップル | 関連ストーリー:...more
カテゴリー:

パーソルHD---大幅続落、決算発表後は目標株価引き下げ相次ぐ - 最新株式ニュース - 02月21日(金)13:42 

<2181>  パーソルHD  1684  -59大幅続落。第3四半期決算発表後は下値模索の動きが強まっている。大和や野村に続いて、本日は三菱UFJモルガン・スタンレー証券が目標株価を2700円から2500円に引き下げへ。投資判断は「オーバーウェイト」継続ながら、景気減速影響が顕在化し、足元で利益成長は踊り場を迎えていると判断。派遣・BPO事業、リクルーティング事業で、今・来期の業績予想を下方修正
カテゴリー:

WalmartのQ4決算はeコマースが35%成長も売上高は予想を下回る - 02月19日(水)14:00 

Walmart(ウォルマート)のホリデー商戦の業績は予想に届かなかった。2019年第4四半期決算の売上高は1416億7000万ドル(約15兆6000億円)で、予想の1425億5000万ドル(約15兆7000億円)を下回った。1株あたりの調整後利益は1.38ドル(約152円)で、これに対し予想は1.44ドル(約158円)だった。同社は要因をいくつか挙げ、そこには米国店舗におけるホリデー商戦が予想よりも「軟調」だったことも含まれる。12月は特に玩具、メディア、ゲーム、アパレルの売上が芳しくなかった。 消費者がこれまでになくオンラインで買い物する傾向があり、全体的に決算はWalmartに向かい風が吹いていることを示している。その一方でWalmartはオンラインにかなり投資しているものの、いまだにそのオンラインではなく実在店舗でかなり売り上げている。第4四半期にはいくつかの問題が重なった。玩具産業が抱える問題(これはTargetもまた直撃した)、ゲームの新味のなさ、短いホリデーショッピング期間が足を引っ張り、さらには暖冬でアパレルの売上が多くの店舗で落ち込んだ。 Walmartのように店舗が大きくても、棚のスペースと面積がものをいう。棚卸表がすばやく回転しなければ、売上は苦戦する。第4四半期の米国の既存店売上高は1.9%増で、予想の2.3%を下回った。 それとは対照的に、Amazon(アマ...more
カテゴリー:

オープンハウス---急反発、第1四半期大幅増益決算を好感 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)12:45 

<3288>  オープンハウス  3170  +259急反発。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は145億円で前年同期比56.0%増益、市場予想を35億円程度上回った。富裕層向け収益不動産販売の好調などが大幅増益決算の背景。戸建販売の先行指標となる仲介契約件数も好調な推移となっている。税制改正の影響による米不動産販売の先行き懸念は残るものの、想定以上の足元収益拡大にインパクトが強まる形へ。
カテゴリー:

日本フォーム---大幅に反発、第1四半期の営業利益は前年同期比10倍近くの大幅増益達成、上方修正への期待高まる - 最新株式ニュース - 02月17日(月)09:51 

<7869>  日本フォーム  2650  +389大幅に反発。14日大引け後に20年9月期第1四半期決算を発表。営業利益は前年同期比987%増の4800万円(前年同期は400万円)と大幅な増益を達成している。製造事業において、デジタルサイネージ関連製品の受注が堅調に推移したほか、函物関連製品において主力となるサーバーラックなどで大型案件を獲得したことがけん引役となった。営業利益の上半期計画に対す
カテゴリー:

バフェット氏のバークシャー、保有株上昇で通期は過去最高益 - 02月24日(月)15:37 

米著名投資家ウォーレン・バフェット氏率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが発表した第4・四半期決算は、営業利益が前年同期比23%減少した。ただ、米アップルなど保有株の大幅上昇を背景に通期利益は過去最高を記録した。
カテゴリー:

アプリックスと子会社のSMCがLTEデータ通信機能を搭載した次世代車載型映像記録装置関連サービスの提供を2020年5月より開始 - 02月21日(金)11:30 

IoT(Internet of Things)製品向けソリューションの開発を手掛ける株式会社アプリックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:根本忍、以下「アプリックス」)と子会社のスマートモバイルコミュニケーションズ株式会社(以下「SMC」)は、SMCのLTEデータ通信機能を搭載した車載型映像記録装置に関するサービスを、2020年5月より開始することについてお知らせいたします。今回、アプリックスとSMCは、車載型映像記録装置にLTEデータ通信機能を搭載し、IoTソリューションサービスサービスを開始することといたしました。昨今、日本国内で社会問題化しているあおり運転を中心とした危険運転行為の対策に特化したサービスを拡充する事で、利用者のニーズにマッチしたソリューションを提供できるようにコンセプトしました。なお、法人顧客向けに「従業員の安全管理、業務報告の省人化」の課題解決を目的としたご利用用途での営業活動を2020年2月よりすでに開始しております。▼主なサービス内容・走行時の映像記録 (フロント・リアカメラ  記録媒体は原則SDカードへ)・あおり運転時の緊急通話ボタン(指定行政機関へ緊急通報しハンズフリーで通話が可能)・各種イベント発生時端末からのアラート (車線逸脱など自身の危険運転時にお知らせ)・GPS 位置情報の取得 (走行ルートのマップ反映)・映像記録データの保全 (緊急通...more
カテゴリー:

チエル---急騰、第3四半期は営業黒字、無配だった期末配当金も4円に - 最新株式ニュース - 02月17日(月)14:18 

<3933>  チエル  2344  +325急騰。14日大引け後に20年3月期第3四半期決算を発表、累計営業損益は1400万円の黒字で着地している(前年同期は2億5800万円の赤字)。学習部門において、高校・大学向けのCALLシステム「CaLaboEX」、eラーニングシステム「Glexa」および画像転送システム「S600-OP」などの受注が増加したことや、情報基盤部門において全国の教育委員会から
カテゴリー:

日本郵政---反発、第3四半期累計純利益は通期計画を超過 - 最新株式ニュース - 02月17日(月)10:39 

<6178>  日本郵政  1011  +9反発。先週末に第3四半期決算を発表、累計純利益は4220億円で前年同期比7.6%増益、通期計画の4200億円を超過する格好になっている。郵便物流事業が増益基調を続けるなど日本郵便がけん引役に。かんぽ生命問題の余波は今後も懸念されるほか、当面は経営改革が優先され株主還元強化などは期待しにくいものの、警戒感は十分に反映されていることで、底堅い決算をポジティブ
カテゴリー:

サンリオ、歯止めかからぬ「業績下降」。ピューロランド「V字回復」だけでは焼け石に水 - 02月17日(月)05:00 

サンリオの急激な業績低下が心配だ。2月12日に発表された第3四半期決算からは、良い材料がほとんど見て取れなかった。ピューロランドの「V字回復」で明るいイメージがあるけれど……。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「四半期決算」の画像

もっと見る

「四半期決算」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる