「四半期決算」とは?

関連ニュース

兵機海運/4~6月の売上高1.3%増、営業利益10.8%減 - 08月19日(月)13:56 

兵機海運が8月13日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高37億1700万円(前年同期比1.3%増)、営業利益1億4600万円(10.8%減)、経常利益1億7900万円(5.0%減)、親会社に帰属する四 […]
カテゴリー:

日本コンセプト/1~6月の売上高6.9%増、営業利益14.3%増 - 08月19日(月)13:39 

日本コンセプトが8月13日に発表した2019年12月期第2四半期決算によると、売上高63億4100万円(前年同期比6.9%増)、営業利益10億1300万円(14.3%増)、経常利益9億9700万円(13.5%増)、親会社 […]
カテゴリー:

ニトリ、不評だらけの日用品5選!タオル、収納ボックス、調味料入れ… - 08月18日(日)07:45 

それまで、高級・高額で当然だと考えられていた家具を、誰でも手が届くような価格で販売し、業績を伸ばしてきたニトリ。同チェーンを運営するニトリホールディングスは、2019年2月期の連結決算において、営業利益で初めて1000億円を突破したことを発表した。2020年2月期の第1四半期決算...
カテゴリー:

オープンハウス---改めて3Q決算や通期計画の上方修正を評価する流れ - 最新株式ニュース - 08月16日(金)13:18 

<3288>  オープンハウス  4620  +130反発。昨日は第3四半期決算の結果を受けて、利食いの流れからマドを空けての下落となったが、支持線として意識される75日線レベルでの踏ん張りをみせており、本日は改めて3Q決算や通期計画の上方修正を評価する流れにより、同線からのリバウンドをみせている。高騰するマンションに対して価格競争力が高い建売の販売好調に加え、収益不動産や米国不動産なども堅調。
カテゴリー:

東エレク---反発、米アプライドの決算は市場予想を上回り時間外取引で上昇 - 最新株式ニュース - 08月16日(金)09:54 

<8035>  東エレク  18805  +370反発。米アプライドマテリアルズが決算を発表、第3四半期決算は売上高が市場予想を上回ったほか、第4四半期の見通しも市場予想を上回っており、時間外取引で株価は上昇する展開に。半導体製造装置の堅調な需要を確認で、国内最大手の同社にも買いが波及する形となっている。第4四半期のEPSは0.72-0.80ドル、売上高は35.4億-38.4億ドルとし、中心値はそ
カテゴリー:

タカセ/4~6月の売上高3.8%減、営業利益99.7%増 - 08月19日(月)13:48 

タカセが8月13日に発表した2020年3月期第1四半期決算によると、売上高19億5700万円(前年同期比3.8%減)、営業利益7800万円(99.7%増)、経常利益8500万円(106.9%増)、親会社に帰属する四半期純 […]
カテゴリー:

三菱商事---軟調、みずほ証券が「事業環境に厳しさ」と目標株価下げ - 最新株式ニュース - 08月19日(月)10:52 

<8058>  三菱商事  2567  -38.5軟調。みずほ証券が投資判断「中立」を継続し、目標株価を従来の3090円から2820円に引き下げている。20年3月期第1四半期決算と資源価格の前提見直しを反映し、みずほ証券による業績予想を下方修正したという。同社が掲げる「事業経営」の象徴ともいえるローソン<2651>はまだ大きな成果が見えておらず、一方で収益源である原料炭価格は7月以降に急落しており
カテゴリー:

アプライド マテリアルズ 2019年度第3四半期決算を発表 - 08月16日(金)16:00 

[アプライド マテリアルズ ジャパン 株式会社] 四半期売上高:35億6,000万ドル 1 株当たり利益:GAAP ベースで0.61ドル、非GAAP ベースで0.74ドル 株主還元:7億2,400万ドル アプライド マテリアルズ(Applied Materials, Inc., Nasdaq:AMAT、本社:米国...
カテゴリー:

アリババ、クラウド事業が66%増収--4~6月期決算 - 08月16日(金)10:33 

アリババの第1四半期決算は、クラウドコンピューティング事業の売上高が66%増となった。
カテゴリー:

アドバンテス---エヌビディアの時間外の上昇が支援材料 - 最新株式ニュース - 08月16日(金)09:04 

<6857>  アドバンテス  4140  +25米国ではエヌビディアが予想上回る第2四半期決算が材料視されて、時間外で強い値動きをみせており、半導体関連への手掛かり材料になろう。株価は決算を手掛かりに急騰した後は高値圏でのもち合いが続いており、もち合いレンジ下限からの切り返しが意識されてきそうである。信用倍率は6月下旬以降、1倍を下回る売り長の需給状況が続いている。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「四半期決算」の画像

もっと見る

「四半期決算」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる