「四半期決算」とは?

関連ニュース

ベイシス---連結決算への移行に伴う2024年6月期連結業績予想 - 最新株式ニュース - 02月29日(木)09:32 

<4068> ベイシス 1378 +22ベイシス<4068>は14日、2024年6月期(2023年7月1日~2024年6月30日)の連結業績予想を発表した。2023年10月31日に公表済みであるアヴァンセ・アジルの全株式を取得し、子会社化したため、2024年6月期第2四半期決算より連結決算に移行する。2024年6月期連結業績予想の売上高は70.35億円、営業利益は1.27億円、経常利益は1.2億円
カテゴリー:

LVMHは傘下のセフォラがけん引:復活を遂げはじめる ラグジュアリー ブランド - 02月26日(月)10:50 

ラグジュアリー業界の大手企業は昨年、危機を感じはじめていたが、現在は復活を遂げはじめている。 ラグジュアリー企業がおおむね好調な決算報告をしている。ルイ・ヴィトン(Louis Vuitton)やクリスチャン・ディオール(Christian Dior)を擁するファッション業界のコングロマリットであるLVMHは、第4四半期の売上高が10%増加し、全体的に記録的な年になったと発表した。ファッションブランドのラルフローレン(Ralph Lauren)は、第3四半期に純利益が6%増の19億ドル(約2800億円)となった。同じくファッションブランドのコーチ(Coach)の親会社タペストリー(Tapestry)は第2四半期決算で業績予想を上回ったことを受け、通期の業績予想を引き上げた。高級バッグブランドのエルメス(Hermes)の通期売上高は前年比21%増だった。 ただし、例外もある。ファッションブランドのマイケルコース(Michael Kors)の問題に悩まされているファッション企業グループのカプリホールディングス(Capri Holdings)は、報告ベースで第2四半期の売上高が5.6%減少したと発表した。ラグジュアリーブランドのグッチ(Gucci)を擁するファッション企業グループのケリング(Kering)は、通期売上高が前年比で4%減少したと報告した。しかしケリングは、「短期的な業績に対す...more
カテゴリー:

エヌビディア、第4四半期決算発表…売上高は市場の予想を上回る221億ドル - 02月22日(木)08:30 

エヌビディアは、売上高がウォール街の予想を上回る221億ドルに達したと発表しました。
カテゴリー:

21日のNY市場はまちまち - 最新株式ニュース - 02月22日(木)07:08 

[NYDow・NasDaq・CME(表)]NYDOW;38612.24;+48.44Nasdaq;15580.87;−49.91 CME225;38410;+120(大証比)[NY市場データ]21日のNY市場はまちまち。ダウ平均は48.44ドル高の38,612.24ドル、ナスダックは49.91ポイント安の15,580.87で取引を終了した。半導体エヌビディア(NVDA)の四半期決算発表を警戒した売
カテゴリー:

20日のNY市場は続落 - 最新株式ニュース - 02月21日(水)07:09 

[NYDow・NasDaq・CME(表)]NYDOW;38563.80;-64.19Nasdaq;15630.79;-144.87CME225;38295;-215(大証比)[NY市場データ]20日のNY市場は続落。ダウ平均は64.19ドル安の38,563.80ドル、ナスダックは144.87ポイント安の15,630.79で取引を終了した。半導体エヌビディア(NVDA)の21日の四半期決算発表を警戒
カテゴリー:

【速報】EV市場が急減速wwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwwww全てトヨタの予想通りになる - 02月26日(月)20:59  poverty

EV市場が急減速、自動車メーカーに突きつけられた課題 コメント899件 2/26(月) 8:30配信 Forbes JAPAN 電気自動車(EV)の大規模導入を進めていた米レンタカー大手ハーツは、維持費の増大により厳しい1年を送った後、保有するEVの約3分の1、およそ2万台を売却する戦略的な決断を下した。売却収益はガソリン車の追加購入に充てる。 この決定はEV市場が抱える広範な問題を象徴している。これは、EV販売の伸びの鈍化を示す多くの兆候の1つにすぎない。新モデルの発売、価格引き下げ、税額控除などの努力にもかかわらず、消費者...
»続きを読む
カテゴリー:

好調続くエヌビディア、純利益は1年前から770%増の1兆8500億円(Forbes JAPAN) - 02月22日(木)11:30 

米半導体大手エヌビディアが2月21日発表した四半期決算の業績は、ウォール街の予想を再び上回り、人工知能(AI)の王者である同社の株価は急騰した。 第4四半期(11月~1月)の売上高は前年同期比265
カテゴリー:

【半導体】NVIDIA純利益8.7倍 AI需要が急拡大、市場予想上回る - 02月22日(木)08:11  bizplus

米半導体大手エヌビディアが21日発表した2023年11月~24年1月期決算は、純利益が前年同期比8.7倍の122億8500万ドル(約1兆8400億円)だった。市場予想を上回った。売上高は3.7倍の221億300万ドルで、ともに過去最高だった。生成AI(人工知能)向け半導体の需要が急速に高まり、業績の急拡大が続いている。 同日発表した2~4月期の売上高見通しは240億ドル前後だった。220億ドル前後を見込んでいた市場予想を上回った。 決算発表を経て、時間外取引ではエヌビディア株が21日終値比10%程度高い水準まで上昇する場面があった。四半期...
»続きを読む
カテゴリー:

VFコーポ 10~12月の売上高2ケタ減、赤字に 「ザ・ノース・フェイス」の苦戦響く - 02月22日(木)06:25 

 【サンフランシスコ=立野啓子通信員】米国最大の総合アパレルメーカー、VFコーポレーションの第3四半期決算(10~12月)は売上高が29億6028万ドル(前年同期比16%減)、純損益は4245万ドルの赤字(前年同期...
カテゴリー:

日東紡---大幅反発、スペシャルガラスの需要加速を受けて米系証券が格上げ - 最新株式ニュース - 02月20日(火)11:16 

<3110> 日東紡 5460 +555大幅反発。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「イコールウェイト」から「オーバーウェイト」に格上げ、目標株価も4900円から8000円に引き上げている。第3四半期決算では、生成AI向けスペシャルガラスの需要がサーバ用マザーボード向けだけでなく半導体パッケージ向けでも加速し始めたことが明らかになったと評価。5月に中計公表予定でもあり、株価はスペシャル
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる