「前年同期比」とは?

関連ニュース

【朗報】ニコニコ動画さん、黒字に - 11月14日(木)20:29  livejupiter

https://gamebiz.jp/?p=253218 KADOKAWA<9468>は、本日(11月14日)、第2四半期累計(4~9月)の連結決算を発表し、売上高1004億円(前年同期比1.7%減)、営業利益63億円(同123.1%増)、経常利益68億円(同72.9%増)、最終利益62億円(同192.7%増)と大幅な増益となった。 主力の出版事業と映像・ゲームが好調だったことに加えて、ドワンゴを中心とするWebサービスの収益改善が進み、前年同期1億円の赤字から15億円の黒字となった。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

三菱UFJ、三井住友が減益 投資商品の販売振るわず 19年9月中間 - 11月14日(木)20:15 

 三菱UFJフィナンシャル・グループなど大手銀行3グループは13日、2019年9月中間連結決算を発表した。三菱UFJと三井住友フィナンシャルグループの2社が前年同期比で最終(当期)利益を減らした。米中貿易摩擦の影響で顧客の投資意欲が鈍り、投資商品の販売が振るわなかった。
カテゴリー:

コンビニのたばこ、利益率はどのくらい?ローソンの資料から読み解く - 11月14日(木)18:55  newsplus

10月9日に開催されたローソンの決算発表会で、管理本部の加藤京一経理部長は「(2019年度上期の)総荒利益率が前年を下回ったのは、利益率の低いたばこの売り上げが増大したため」と発言した。ローソンの19年度上期連結決算を見ると、既存店売上高は前年同期比プラス1.2ポイントの100.4%だったが、総荒利益率は同マイナス0.2ポイントの31.2%で着地した。 たばこの売り上げが増加した主な理由は「18年10月のたばこ増税以降、単価が上昇したため」(広報担当者)だという。 たばこは他の商品と比べて利益率が低い。ローソンの決算...
»続きを読む
カテゴリー:

大手5銀行中間決算、4社が最終減益、低金利の長期化で収益力低下 - 11月14日(木)18:14 

 大手銀行5グループの令和元年9月中間連結決算が14日、出そろった。最終利益は合計で、前年同期比 10・8%減の1兆5125億円だった。三井住友トラスト・ホールディングス(HD)を除く4社が最終減益となった。超低金利の長期化による利ざや(貸出金利と預金金利の差)の縮小に加え、米中貿易摩擦の影響で顧客の投資意欲が鈍り、投資信託などの販売低迷も利益を押し下げた。
カテゴリー:

鈴与シンワート/物流事業の売上高3.6%増、営業利益29.6%増 - 11月14日(木)17:47 

鈴与シンワートが11月14日に発表した物流事業の2020年3月期第2四半期業績は、売上高15億7500万円(前年同期比3.6%増)、営業利益1億5600万円(29.6%増)となった。 売上高は、倉庫事業では、適正料金への […]
カテゴリー:

みち銀、11年ぶりの中間決算赤字 - 11月14日(木)20:22 

みちのく銀行は14日、2019年9月中間連結決算を発表した。資金利益の減少や、貸し倒れに備える与信費用の増加などにより、中間純損益は前年同期の16億3200万円の黒字から、15億4100万円の赤字に転落した。経常収益は前年同期比9.5%減の189億7200万円、経常損益は前年同期の20億5200万円の黒字から4億8600万円の赤字となった。中間期としては3年連続の減収減益で、中間決算の赤字は08年9月以来11年ぶり。本業のもうけを示すコア業務純益(銀行単体)は、同63.1%減の7億300万円。…
カテゴリー:

【決算】セックの19年4~9月期、税引き利益20.3%増3億200万円 - 11月14日(木)19:45  bizplus

2019/11/11 15:16 セックが11日に発表した2019年4~9月期の決算は、税引き利益が前年同期比20.3%増の3億200万円となった。売上高は前年同期比5.4%増の28億円、経常利益は前年同期比20.7%増の4億3200万円、営業利益は前年同期比20.7%増の3億9700万円だった。 2020年3月期は税引き利益が前期比10.8%増の6億8000万円、売上高が前期比3.7%増の62億円、経常利益が前期比11.3%増の9億9000万円、営業利益が前期比11.7%増の9億2000万円の見通し。 https://www.nikkei.com/article/DGXLRST0405491X01C19A0000000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

大手5銀行中間決算、4社が最終減益、低金利の長期化で収益力低下 - 11月14日(木)18:21 

 大手銀行5グループの令和元年9月中間連結決算が14日、出そろった。最終利益は合計で、前年同期比 10・8%減の1兆5125億円だった。三井住友トラスト・ホールディングス(HD)を除く4社が最終減益となった。超低金利の長期化による利ざや(貸出金利と預金金利の差)の縮小に加え、米中貿易摩擦の影響で顧客の投資意欲が鈍り、投資信託などの販売低迷も利益を押し下げた。
カテゴリー:

ヨコレイ/9月期、冷蔵倉庫事業の売上高7.4%増、新倉庫が寄与 - 11月14日(木)17:50 

横浜冷凍(ヨコレイ)が11月14日に発表した2019年9月期決算によると、売上高は1399億7000万円(前年同期比18.5%減)、営業利益は47億7400万円(1.1%減)、経常利益は49億4500万円(8.0%減)、 […]
カテゴリー:

ブイキューブ---3Qは売上高45.28億円、主力の「V-CUBE」各サービスが堅調に推移 - 最新株式ニュース - 11月14日(木)17:46 

<3681>  ブイキューブ  462  +10ブイキューブ<3681>は13日、2019年12月期第3四半期(2019年1月-9月)連結業績を発表した。売上高が前年同期比18.3%減の45.28億円、営業損失が1.66億円(前年同期は1.57億円の利益)、経常損失が1.95億円(同0.81億円の利益)、親会社株主に帰属する四半期純利益が同4,562.5%増の4.81億円となった。ビジュアルコミュ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「前年同期比」の画像

もっと見る

「前年同期比」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる