「営業利益」とは?

関連ニュース

日特殊陶---大幅続落、自動車販売台数減少を想定で米系証券では投資判断を格下げ - 最新株式ニュース - 04月02日(木)13:51 

<5334>  日特殊陶  1340  -96大幅続落。モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を「オーバーウェイト」から「イコールウェイト」に格下げ、目標株価も2300円から1650円に引き下げている。19年度営業利益の109%を自動車用プラグ、排ガスセンサが稼ぎ出していると予想しており、2020年のグローバルの自動車販売台数が11.7%減少すると想定される中、20年度は3期連続の減益となり
カテゴリー:

ポルシェの2019年 革新的で進化を遂げた一年に│成長は止まることなく - 04月02日(木)13:22 

ポルシェAGは、2019会計年度に、販売台数、売上高、営業利益(特別損益前)の新記録を打ち立てた。2019年の販売台数は、前年比10%増の28万800台を記録し、売上高は11%増加して285億ユーロ、営業利益(特別損益前)は3%増の44億ユ・・・
カテゴリー:

インフォクリエ--- 2020年9月期上期の連結業績予想を上方修正、通期も最終益を上方修正 - 最新株式ニュース - 04月02日(木)12:47 

<4769>  インフォクリエ  664  +37インフォメーションクリエーティブ<4769>は1日、2020年9月期の連結業績予想の修正を発表した。第2四半期累計期間(2019年10月1日−2020年3月31日)において、売上高は前回予想比0.3%増の43.21億円、営業利益は同20.7%増の3.63億円、経常利益は同20.8%増の3.81億円、親会社株主に帰属する 四半期純利益は同102.6%
カテゴリー:

象印マホービン---反発、第1四半期決算想定線でひとまず安心感先行 - 最新株式ニュース - 04月02日(木)11:27 

<7965>  象印マホービン  1375  +14反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は28.3億円で前年同期比7.8%減益、上半期計画の35億円、同14.3%減に対しては堅調な推移とみられ、ほぼ市場の想定線とも捉えられる。ひとまず安心感が先行の形とみられる。ただ、海外子会社の決算期ずれから、新型コロナウイルス感染拡大の影響は、第2四半期以降顕在化するとみられ、国内内食化シフトなどのプラス
カテゴリー:

ローソン---反発、前期業績の上振れ観測報道をポジティブ視へ - 最新株式ニュース - 04月02日(木)10:27 

<2651>  ローソン  5840  +60反発。20年2月期営業利益が前期比4%増の630億円弱になったもようとの観測報道が伝わっている。従来予想の608億円を上回ったもようだ。コンビニではデザートなどが売り上げを伸ばし既存店売上高が増加を確保したとみられるほか、高級スーパーの「成城石井」などコンビニ以外の事業も好調だったようだ。新型コロナウイルスの感染拡大により、21年2月期の業績には不透明
カテゴリー:

ワッツ---大幅反発、上半期営業益は通期計画上回る水準に上方修正 - 最新株式ニュース - 04月02日(木)13:31 

<2735>  ワッツ  616  +46大幅反発。前日に上半期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の3億円から7.9億円に増額、減益予想から一転しての大幅増益に。100円以外の価格帯の商品導入を進めてきた効果、新型コロナウイルス感染症拡大に伴うマスク・除菌関連商品の需要増などが上振れの背景に。第1四半期の状況から上振れ期待はあったとみられるが、通期予想を超過する水準までの上方修正
カテゴリー:

クックパッド、低迷 - 04月02日(木)12:51  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif 低迷するクックパッド…60代の株主が損切りを決意した理由 新型コロナウイルスショックによって、株式市場は乱高下を繰り返している。そんな中、12月期決算の上場企業の株主総会が開催されている。コロナ以前から業績不振に陥っている企業は、今後をどう乗り切るのか。 コロナ禍でトランプ相場は帳消し…大統領再選にも黄信号が  株価が2880円(2015年8月)の最高値から大幅下落し、現在、270円前後の低空飛行を続けるのがレシピサイト最大手のクックパッド。 19年12月期は...
»続きを読む
カテゴリー:

注目銘柄ダイジェスト(前場):ヤマダ電機、ワークマン、テルモなど - 最新株式ニュース - 04月02日(木)11:58 

象印マホービン<7965>:1373円(+12円)反発。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は28.3億円で前年同期比7.8%減益、上半期計画の35億円、同14.3%減に対しては堅調な推移とみられ、ほぼ市場の想定線とも捉えられる。ひとまず安心感が先行の形とみられる。ただ、海外子会社の決算期ずれから、新型コロナウイルス感染拡大の影響は、第2四半期以降顕在化するとみられ、国内内食化シフトなどのプラス要
カテゴリー:

西松屋チェ---反発、今期の大幅増益ガイダンスを好材料視 - 最新株式ニュース - 04月02日(木)11:07 

<7545>  西松屋チェ  725  +11反発。前日に20年2月期の決算を発表している。営業利益は19.1億円で前期比47.0%減益、大幅減益ではあるものの、2月21日に下方修正した数値18億円をやや上回る着地となった。一方、21年2月期は47億円で同2.5倍の大幅増益見通し。値下げロスの低減などにより、利益率の向上を目指すもよう。先に発表している3月の既存店は2ケタ増と好スタートも切っている
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~自律反発期待も、2番底を意識したスタンスにもなりやすい - 最新株式ニュース - 04月02日(木)09:03 

前場に注目すべき3つのポイント~自律反発期待も、2番底を意識したスタンスにもなりやすい2日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:自律反発期待も、2番底を意識したスタンスにもなりやすい■前場の注目材料:西松屋チェ、20/2営業利益47.0%減、21/2予想146.3%増■日本電産、圧縮機を買収、オーストリア社から冷蔵庫用■自律反発期待も、2番底を意識したスタンスにもなりやすい
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる