「営業利益」とは?

関連ニュース

マツモトキヨシHDの営業利益率の高さを考える - 04月21日(日)07:52 

マツモトキヨシホールディングス(以下、マツキヨHD)の(売上高)営業利益率の高さは、何に起因しているのか。
カテゴリー:

ドラックストアのゲンキー、第3四半期決算 過去最高益に向け順調に展開 - 04月20日(土)08:21 

GenkyDrugStoreは19日、2019年6月期第3四半期の決算を発表、売上高は763億9,200万円(前年同期比10.2%増)、営業利益は28億8,800万円(同1.9%増)、純利益は21億4,700万円(同7.9%増)と全て過去最高を更新した。
カテゴリー:

ビックカメラ、PayPay効果で営業利益5.2%減、経常利益3.2%減、純利益4.5%減 - 04月19日(金)21:55  poverty

 ビックカメラは4月19日、都内で2019年8月期第2四半期決算説明会を開いた。 連結の売上高は4418億9700万円(前年同期比6.5%増)、営業利益は126億5900万(5.2%減)、 経常利益は139億3800万(3.2%減)、親会社株主に帰属する純利益は83億1100万円(4.5%減)だった。 https://www.excite.co.jp/news/article/BcnRetail_115346/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

4/18の配信レポート一覧:ティーケーピー(3479)、ホギメディカル(3593)、UUUM(3990)、他 - 04月19日(金)08:50 

【IPO】 4434 サーバーワークス IPOフォロー 「市場拡大が続くが技術者確保で今期の営業増益率は11%に減速へ」 【会社概要】 3593 ホギメディカル 会社概要 「減価償却費減少による粗利益率改善で今期営業20%増益を計画」 4343 イオンファンタジー 会社概要 「活性化投資などによる既存店増収をテコに今期営業16%増益を計画」 6183 ベルシステム24ホールディングス 会社概要 「主力事業の売上成長や経費減等で今期34%営業増益計画」 7649 スギホールディングス 会社概要 「人件費抑制などに取り組み20/2期は8%営業増益を計画」 8184 島忠 会社概要 「上期は改装等の費用増で14%営業減益だが計画やや上振れ。通期9%減益計画維持」 3479 ティーケーピー 新興市場会社概要 「シェアオフィス事業に本格参入。世界最大手の日本事業を買収」 3990 UUUM 新興市場会社概要 「3Q累計の営業利益は2.2倍。アドセンス収益が牽引」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせく...more
カテゴリー:

4/17の配信レポート一覧:久光製薬(4530)、ワッツ(2735)、エクスモーション(4394)、他 - 04月18日(木)09:00 

【IPO】 4394 エクスモーション IPOフォロー 「上期の営業利益計画に対する1Qの進捗率は5割を超える」 【企業調査】 4530 久光製薬 企業調査 「一般用医薬品は順調だが、医療用医薬品が苦戦」 【会社概要】 2735 ワッツ 会社概要 「ファッション雑貨の苦戦などで通期営業利益計画を8%減へ下方修正」 7581 サイゼリヤ 会社概要 「国内既存店の不振により通期5%営業増益計画に下方修正」 7599 IDOM 会社概要 「20/2期は豪州子会社の通年寄与で8%営業増益計画」 7818 トランザクション 会社概要 「上期は主力製品が伸長し23%営業増益。通期12%増益計画を維持」 9602 東宝 会社概要 「今期営業4%減益計画だが、過去数年の期初計画と比べ高い水準」   (提供:QUICK企業価値研究所) 本サイトに掲載の記事・レポートは、QUICK企業価値研究所が提供するアナリストレポートサービスの抜粋記事です。 レポートサービスは証券会社・金融機関様に対し個人投資家向け販売資料としてご提供させて頂いております。 サービスに関するご質問、資料のご請求等は以下フォームよりお問い合わせください。 ※ 個人投資家の方は掲載記事(レポート)の詳細を「QUICKリサーチネット」からもご覧頂けます。    サービスの詳細・ご利用方法はこちらをご覧ください。 ※ なお、本...more
カテゴリー:

【企業】ドコモ5年ぶり営業減益 今期、通信料金下げ響く - 04月20日(土)12:11  bizplus

NTTドコモの業績が縮小に転じる。本業のもうけを示す連結営業利益は2019年3月期に約1兆円と前の期を小幅に上回り、15年ぶりの水準となったもよう。ただ、20年3月期は最大で2割の営業減益となる見通しだ。 6月から始める携帯電話の通信料金の引き下げが響くためで、コスト削減などでは補いきれない。通期で営業減益となれば、15年3月期以来、5年ぶりのこととなる。 ドコモは携帯電話の新しい料金プランにつ… https://www.nikkei.com/article/DGKKZO43959970Z10C19A4MM8000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

【日産】「事実と全く異なる」、世界生産台数に関する報道を否定 - 04月20日(土)02:08  newsplus

https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2019-04-18/PQ6KK56TTDS201 日産「事実と全く異なる」、世界生産台数に関する報道を否定 Masatsugu Horie 2019年4月19日 8:59 JST 更新日時 2019年4月19日 15:02 JST →日産の今年度世界生産台数15%減へ、ブランド力低下などで-日経 →「規模感は想定以上」、営業利益で最大2000億円影響もーアナリスト 日産自動車は19日、2019年度の世界生産台数を前年比で15%引き下げるとの日本経済新聞の同日の報道を否定する声明を発表した。   日経は同日、日産が2019年度の世界生産台数...
»続きを読む
カテゴリー:

【NTTドコモ】5年ぶり営業減益 通信料金の下げ響く - 04月19日(金)18:30  newsplus

NTTドコモの業績が縮小に転じる。本業のもうけを示す連結営業利益は2019年3月期に約1兆円と前の期を小幅に上回り、15年ぶりの水準となったもよう。ただ、20年3月期は2割前後の営業減益となる見通しだ。6月から始める携帯電話の通信料金の引き下げが響くためで、コスト削減などでは補いきれない。通期で営業減益となれば、15年3月期以来、5年ぶりのこととなる。 ドコモは携帯電話の新しい料金プランについて… 2019/4/19 18:00日本経済新聞 https://www.nikkei.com/article/DGXMZO43959970Z10C19A4MM8000/?nf=1 ...
»続きを読む
カテゴリー:

久光製薬(4530) 一般用医薬品は順調だが、医療用医薬品が苦戦 - 04月18日(木)09:02 

QUICK企業価値研究所アナリスト 真下弘司(2019/04/17) ・最主力品の「モーラステープ」は苦戦続く  企業価値研究所予想の20/2期の連結営業利益は前期比1%増の226億円。消炎鎮痛貼付剤「サロンパス」を中心に一般用医薬品は増収を見込むが、最主力品の経皮鎮痛消炎剤「モーラステープ」の苦戦等から医療用医薬品が落ち込み連結全体では微減収を予想。「サロンパス」自社販売拡大に伴う収益性の向上等から増益を予想する。  続く21/2期と22/2期についての連結営業利益予想は21/2期が同3%減の220億円、22/2期は同4%増の228億円。引き続き「サロンパス」の伸長を見込むが、21/2期は国内薬価引き下げの影響で減益、22/2期は新製品群の貢献を見込み増益を予想する。 ・19/2期は3%減収、17%営業減益  19/2期の連結業績は、売上高が前期比3%減の1434億円、営業利益は同17%減の223億円、特別損益の改善等から純利益は同横ばいの192億円。「サロンパス」を中心に一般用医薬品は順調だが、薬価引き下げ等の影響で「モーラステープ」など医療用医薬品が落ち込み減収・営業減益。 ・リスクファクター ~医療制度改革と主力製品への依存度の高さ ・アナリストの投資判断 ~「サロンパス」の成長等に注目  株価は18年6月22日に上場来高値となる9950円をつけたが、その後は総じて軟調に推...more
カテゴリー:

韓国に黄信号。日米朝の信頼を失った文在寅大統領の早すぎる寿命 - 04月18日(木)05:00 

先日掲載の記事「詰んだ韓国。サムスン営業利益60%減の衝撃と文大統領の暗い命運」でもお伝えしたとおり、任期3年を残しながらも政権運営に黄信号が灯る韓国の文在寅大統領。日米、そして北朝鮮からも信頼を失い、国内でも猛批判に晒されています。韓国現政権の「寿命」はこのまま尽きてしまうのでしょうか。台湾出身の評論家・黄文雄さんが自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で分析しています。 【韓国】日米から見放され、親北団体に翻弄される文在寅政権の「寿命」 ● やりたい放題の民労総「釜山の日本領事館前を『抗日通り』に」 4月11日に行われた文在寅大統領とトランプ大統領の米韓首脳会談では、2人だけの会談は2分しかなかったということで、いかにトランプ政権が文在寅政権に不信感を持っているかということが、韓国や日本のニュースなどでもさかんに報じられています。 文在寅大統領は「開城工業団地と金剛山観光の再開」に向けたアメリカ側との協議を求めましたが、トランプ大統領から「今は適当な時期ではない」と一蹴されてしまいました。 文在寅を「金正恩のスポークスマン」と批判して物議を醸した韓国の最大野党・自由韓国党の羅卿瑗(ナ・ギョンウォン)院内代表は「文氏の深刻な『会談中毒』が確認された」と述べ、「4月12日の最高人民会議での施政演説で、金正恩は制裁緩和なしには非核化する意思がな...more
カテゴリー:

もっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる