「営業利益」とは?

関連ニュース

ツルハHD---大幅続伸、前期は市場予想上回る着地など堅調決算を評価 - 最新株式ニュース - 06月18日(火)10:38 

<3391>  ツルハHD  9570  +510大幅続伸。前日に19年5月期の決算を発表、営業利益は418億円で前期比4.0%増益、会社計画線での着地となったが、市場予想はやや上振れる格好に。3-5月期は前年同期比14.4%増と急回復に転じている。20年5月期は437億円で同4.5%増益の見通し。市場予想はやや下回っているものの、増税後の売上鈍化見通しに関してやや保守的とも受け止められているよう
カテゴリー:

三菱地所(8802) 20/3期は営業利益横ばい見込むも、中期的には増益基調を予想 - 06月18日(火)08:58 

QUICK企業価値研究所アナリスト 細貝広孝(2019/06/17) ・今期は増収も、マンション減で営業利益横 […]
カテゴリー:

【船井総合研究所】シニア配食事業付加で営業利益1,000万円を実現『シニア向け配食事業新規参入セミナー』開催のお知らせ - 06月18日(火)08:00 

<介護業界・配食業界向け>立ち上げ費用100万円で事業付加し保険外収益も獲得株式会社船井総合研究所
カテゴリー:

ツルハHD、今期営業利益437億円、コンセンサスを若干下回る - 最新株式ニュース - 06月18日(火)07:02 

ツルハHD<3391>の2020年5月期見通しは、売上高が前期比4.8%増の8200億円、営業利益は同4.5%増の437億円を見込んでいる。コンセンサス(440億円程度)を若干下回る。【中立】<7545>西松屋チェ   四半 | <3391>ツルハHD 通期<9842>アークランド 四半 | <6849>日光電   修正「通期」通期、「中期」中間期、「四半」四半期「修正」上方・下方修正、「観測」観
カテゴリー:

【企業】サムスン電子、今年の営業利益「半減」か - 06月17日(月)16:12  bizplus

サムスン電子の業績を支える半導体とスマートフォン事業の競争力が揺らいでいる。米中貿易紛争の余波などによりスマートフォンとメモリー半導体の需要が減り、今年のサムスン電子の営業利益は昨年の58兆8900億ウォンの半分にも満たないとの見通しが出ている。半導体不況は来年まで長期化する可能性まで提起されている。 サムスン電子高位関係者は16日、「4-6月期に入り半導体事業をめぐる外部環境が急速に悪化している。会社内部でもメモリー半導体の業況が年末まで回復しないだろうとの意見が多数」と話した。彼は「今年と...
»続きを読む
カテゴリー:

西松屋チェ---大幅反落、第1四半期は予想以上に低調なスタートに - 最新株式ニュース - 06月18日(火)10:10 

<7545>  西松屋チェ  824  -53大幅反落。前日に発表した第1四半期決算がネガティブ視されている。営業利益は25.2億円で前年同期比22.5%減益となった。通期では前期比74.0%増と大幅増益の計画となっており、予想外の低調スタートと受け止められている。夏物衣料の立ち上がりの遅れや値下げ販売の増加、地代家賃など販管費も増加した。5月に販売は回復しているが、3-4月の販売低迷が響いた形に
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~しばらくは個別対応に - 最新株式ニュース - 06月18日(火)08:28 

18日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:しばらくは個別対応に■前場の注目材料:ツルハHD、今期営業利益437億円、コンセンサスを若干下回る■国際帝石、LNG開発合意 インドネシアと55年まで期限延長■しばらくは個別対応に18日の日本株市場は、自律反発が期待されるが、基本的には狭いレンジでのこう着が続こう。17日の米国市場では、NYダウ、ナスダックともに上昇した。FOMC
カテゴリー:

ジャストプラ---1Qは売上高が25.4%増、ASP事業及びシステムソリューション事業が増収 - 最新株式ニュース - 06月18日(火)07:41 

ジャストプラジャストプランニング<4287>は13日、2020年1月期第1四半期(19年2-4月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比25.4%増の6.59億円、営業利益が同15.9%減の0.84億円、経常利益が同14.9%減の0.85億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同17.9%減の0.55億円となった。ASP事業の売上高は前年同期比0.9%増の2.27億円、セグメント利益は同3.2%減
カテゴリー:

【小売】ツルハがドラッグ首位に、2年ぶり交代 売上高16%増の7824億円 - 06月17日(月)20:04  bizplus

ツルハホールディングス(HD)が17日発表した2019年5月期連結決算は、売上高が前の期比16%増の7824億円だった。7791億円(2月期決算)のウエルシアHDを上回り、2年ぶりにドラッグストアの首位が交代した。中部圏を地盤とする同業のビー・アンド・ディーHD(愛知県春日井市)などを傘下に収めて店舗網を広げた効果が出た。 17年2月期にマツモトキヨシHDを抜いて首位に立ったウエルシアも19年2月期は増収だったが、ツルハが上回った。ドラッグストア業界では、マツキヨHDとスギHDが同業7位のココカラファインとの経営統合や資本業務提携...
»続きを読む
カテゴリー:

モルフォ---ストップ高、19年10月期第2四半期の営業利益60.4%増、進捗率58.6% - 最新株式ニュース - 06月17日(月)14:12 

<3653>  モルフォ  2582  +500ストップ高。19年10月期第2四半期累計(18年11月-19年4月)の営業利益を前年同期比60.4%増の2.93億円と発表している。輝度変化を補正・低減するソフトウェアを製品化したほか、カメラで撮影した画像から人物の領域をAI(人工知能)により推定し、背景をぼかせるソフトウェアを発表し、日本や中国、米国、欧州などのスマートフォンメーカーで採用が進んだ
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる