「営業利益」とは?

関連ニュース

ストライク---急伸、業績・配当予想の上方修正を評価へ - 最新株式ニュース - 09月23日(水)14:18 

<6196>  ストライク  5460  +450急伸。先週末に20年8月期の業績上方修正を発表している。営業利益は従来予想の22.4億円から29.8億円、前期比58.1%増に引き上げ。大型案件の成約が計画を大きく上回ったことが業績上振れの背景に。期末配当金予想も従来の17.5円から24円に引き上げている。サプライズこそ大きくないものの、大幅な増配と併せて、見直しの動きが強まる状況となっているよう
カテゴリー:

ALBERT---2Qは2ケタ増収、分析プロジェクトの受注が好調に推移 - 最新株式ニュース - 09月23日(水)11:40 

<3906>  ALBERT  6780  -1000ALBERT<3906>は18日、2020年12月期第2四半期(20年1月-6月)決算を発表した。売上高が前年同期比13.0%増の12.55億円、営業利益が同5.9%減の0.72億円、経常利益が同6.7%減の0.74億円、四半期純損失が1.14億円(前年同期は0.77億円の利益)となった。同社は、MISSIONとして「データサイエンスで未来をつ
カテゴリー:

LIFULL---大幅続落、大幅業績上方修正も出尽くし感が先行へ - 最新株式ニュース - 09月23日(水)11:19 

<2120>  LIFULL  481  -24大幅続落。先週末に20年9月期業績予想の上方修正を発表している。営業利益は従来予想の9.8億円から20.8億円にまで大幅増額修正、経済活動の再開に加え、新しい働き方に対応した住環境を求める需要も出ていることで、HOME’S関連事業を中心に想定以上の回復基調が続いているもよう。ただ、第3四半期までの段階で36.9億円の実績であったため、大幅上方修正は想
カテゴリー:

LIFULL---20/9上方修正 営業利益20.77億円←9.77億円 - 最新株式ニュース - 09月23日(水)09:09 

<2120>  LIFULL  496  -92020年9月期の業績予想の修正を発表。売上高は従来の307.60億円から353.51億円、営業利益は9.77億円から20.77億円に上方修正している。経済活動が徐々に再開されたことに加え、リモートワークの普及に伴って新しい働き方に対応した住環境を求める新たな需要も出ており、HOME’S 関連事業を中心に回復基調が続き、国内事業の売上収益は前回発表の予
カテゴリー:

DCM、21/2上方修正 営業利益301億円←210億円 - 最新株式ニュース - 09月23日(水)06:56 

DCM<3050>は2021年2月期の業績予想の修正を発表。売上高は従来の4381.00億円から4620.00億円、営業利益は210億円から301億円に上方修正している。第2四半期は新型コロナウイルス感染症による巣ごもり需要や在宅勤務の拡大など生活様式の変化に伴い、園芸用品、DIY用品などを中心に売上高が好調に推移。第3四半期以降は、生活様式の変化に伴う需要を見込む一方で、先行きは不透明な状況が続
カテゴリー:

ポート---急落でストップ安売り気配、前期実績を大きく下回る利益予想を発表 - 最新株式ニュース - 09月23日(水)13:07 

<7047>  ポート  822ウ  -150ストップ安売り気配。未定としていた21年3月期業績予想を発表している。EBITDA(営業利益+減価償却費+のれん償却額)は0-1.00億円予想としている。前期は7.92億円だった。第2四半期以降の業績は回復に向かっており、会員数や顧客需要は上昇傾向にあるとしているが、前回予想を大きく下回る予想となっていることが悪材料視されているようだ。なお、売上高は4
カテゴリー:

DCM---急騰、想定以上の業績上方修正を発表 - 最新株式ニュース - 09月23日(水)11:24 

<3050>  DCM  1522  +175急騰。先週末に業績予想の上方修正を発表、上半期営業利益は従来の132億円から223億円に、通期では210億円から301億円にそれぞれ上方修正。巣ごもり需要や在宅勤務の拡大で、園芸用品、DIY用品などの売上が好調に推移した。また、猛暑の影響で季節商品も順調だったようだ。第1四半期大幅増益決算で上振れ期待はあったが、想定以上の上方修正と捉えられる。なお、島
カテゴリー:

ストライク---20/8上方修正 営業利益29.81億円←22.37億円、配当増額修正 - 最新株式ニュース - 09月23日(水)09:12 

<6196>  ストライク  5380  +3702020年8月期の業績予想の修正を発表。営業利益は従来の22.37億円から29.81億円に上方修正している。事業承継ニーズを中心にM&A市場が順調に拡大する中で、案件成約組数が134組と当初計画の143組を下回ったものの、大型案件(報酬総額が1億円以上となる案件)の成約が16組と当初計画の4組を大きく上回った。業績予想の上方修正を踏まえて、期末配当
カテゴリー:

前場に注目すべき3つのポイント~相対的に日本のバリュー株への資金流入が意識されやすい - 最新株式ニュース - 09月23日(水)08:55 

23日前場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。■株式見通し:相対的に日本のバリュー株への資金流入が意識されやすい■DCM、21/2上方修正 営業利益301億円←210億円■前場の注目材料:グンゼ<3002>、人工皮膚で米参入、「ペルナック」を現地社と独占契約■相対的に日本のバリュー株への資金流入が意識されやすい23日の日本株市場は、連休中の米株安の流れを受けて売り先行も、その後は底堅さが意
カテゴリー:

【決算】 日経新聞、6月中間期の営業益は46%減の35億円 コロナの影響で紙媒体とイベント収益が減少 2020/09/21 - 09月21日(月)22:01  newsplus

2020年09月21日 19時49分更新 日本経済新聞社の6月中間期の連結決算は、売上高1607億6000万円(前年同期比8.7%減)、営業利益35億6900万円(同46.1%減)、経常利益38億7100万円(同41.5%減)、最終利益13億7300万円(同42.9%減)と大幅な減益となった。 同社では、電子版が好調に推移したが、コロナ禍の影響を受けた紙媒体やイベントの減少などで減収になった、としている。売上減にともなう原価の減少のほか、販管費も抑制したものの、減収をカバーできなかったとのこと。 https://gamebiz.jp/?p=276473 ...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる