「営業利益」とは?

関連ニュース

【新聞】産経の春採用、38人→2人に。大手紙で唯一「激減」の怪 - 02月23日(土)11:57  newsplus

https://www.j-cast.com/2019/02/23351051.html?p=all 例年は数十人規模で新卒採用を行っている全国紙の中で、産経新聞の2019年春入社に向けた内定者が わずか2人だとして、波紋を広げている。産経が18年春入社に向けて内定を出したのは38人で、わずか1年で激減させているのだ。 大手紙はここ10年で2~3割程度部数を落とす厳しい状況が続くが、ここまで採用を絞ったのは産経だけだ。一体何があったのか。 ■他社は男女ともに二ケタ確保する中で... 今回の事態が明らかになったのは、日本新聞協会の「新聞協会報」がきっかけだ。...
»続きを読む
カテゴリー:

オリエンタルランド(4661) TDLエリア刷新、TDS拡張等をテコに24/3期にかけ営業利益年率9%成長見込む - 02月22日(金)14:15 

QUICK企業価値研究所アナリスト 永田和子(2019/02/21) ・今期5期ぶりの営業最高益へ、前回予想からも増額  3Qの好調を受け、企業価値研究所の今期予想を入園者数前期比7%増、連結営業利益同16%増に上方修正。35周年イベント効果による入園者数増に加え、記念グッズなどによる商品単価上昇もあり、人件費やイベント関連費の増加を吸収、2桁増益かつ5期ぶりの最高益更新へ。 ・更なる開発で長期的に入園者数4000万人レベルへ  「TDS」の大型アトラクション「ソアリン」(今夏)、同「美女と野獣“魔法のものがたり”」等から成る「TDL」エリア刷新(来春)、「TDS」大規模拡張(23/3期)などにより24/3期(「TDR」40周年)は入園者数3750万人を予想。減価償却拡大を入園者数増、チケット価格改定、商品単価上昇、新ホテルの貢献で吸収し、連結営業利益は24/3期にかけ年率9%成長へ。前回予想との比較では新雇用区分導入に伴う人件費増や商品単価想定引き下げを今期の顧客基盤底上げによる入園者数積み増しでカバーできる見通し。長期的には更なる大規模開発により入園者数4000万人レベルへの引き上げが可能とみて、その場合の連結営業利益を約2300億円と試算している。 ・リスクファクター ~天候要因、舞浜一極集中など ・アナリストの投資判断 ~長期的成長シナリオに基づけば株価上昇余地は依然大きい...more
カテゴリー:

スマホゲームを提供する国内各社、厳しい決算 - 02月21日(木)15:03 

ITmediaによると、スマートフォン向けゲームを提供している各社の決算は厳しい状況だという。 ドワンゴのゲーム事業は売上高900万円に対し営業赤字が8億600万円。昨年11月にリリースした「テクテクテクテク」が不振で、当初見込んでいた「売上高50億円」という予想を大きく下回る。 また、サイバーエージェントも2019年度の営業利益見通しを300億円から200億円に下方修正、コロプラは2018年10〜12月期連結決算が3億7,600万円の赤字に、DeNAやグリー、ミクシィもゲーム事業の減収現役という状況だそうだ。 すべて読む | ビジネス | ゲーム | 関連ストーリー: 2018年スマホゲーム業界、大きなヒットタイトルはなし 2018年10月10日 「乙女ゲーム」で魅力的なキャラを作るには「愛おしさ」「継続的愛情の確信」「財力」が重要 2018年08月29日 ガチャに金をつぎ込むプレイヤーを「マンガで分かる!FGO」とともに分析する記事が話題に 2018年04月24日
カテゴリー:

キヤノン(7751) 既存製品の悪化が厳しいデジタルカメラを中心に業績予想を下方修正 - 02月21日(木)09:02 

QUICK企業価値研究所アナリスト 谷林正行(2019/02/20) ・19/12期は営業減益予想へ  企業価値研究所の19/12期通期の連結予想営業利益は3480億円→3150億円(前期比8%減)へ下方修正。イメージングシステムでは一眼レフなど既存のデジタルカメラの苦戦が今期も続くとみたほか、オフィスにおけるレーザープリンターなどもやや厳しくみたため。前期との比較では、イメージングシステムや産業機器その他の有機EL関連が落ち込むとみている。来期以降は、メディカルシステムの成長やレーザープリンターの調整が完了することを前提に緩やかな増収・増益を見込んでいる。 ・デジタルカメラの在庫は依然高水準  フルサイズミラーレスカメラの新製品は順調だった模様だが、一眼レフのエントリーモデルなど既存製品は苦戦。18/12期末時点の在庫は依然高水準にある。 ・18/12期は営業7%増益  18/12期の連結営業利益は3430億円(前期比7%増)。上期までの産業機器その他の好調、17/12期に計上したオフィスの減損費用の反動などにより増益に。 ・リスクファクター ~海外依存度の高さ、提携先の業況など ・アナリストの投資判断 ~注視すべきポイントはあるが、配当利回りなどによる割安感で注目される可能性も  当研究所では、当面の株価について、やや強気にみている。今年に入って半導体製造装置など精密株は値上が...more
カテゴリー:

日産自動車(7201) 少数株主を第一の受益者としたガバナンス体制の再構築が必須に - 02月20日(水)09:06 

QUICK企業価値研究所アナリスト 小西慶祐(2019/02/19) ・会社側は業績計画を下方修正。ただ配当計画は維持  19/3期通期の連結営業利益見通しについて会社側は、3Q決算発表時に、5400億円→4500億円(前期比22%減)へ下方修正した。米国中心に販売台数を引き下げたほか、原材料価格の上昇、完成検査問題の影響、役員報酬等の虚偽記載に関する過年度財務情報の修正額などを織り込んだ。ただし、1株当たり年間配当金の計画は、前期比4円増配の57円(期末は28.5円)を維持した。 ・利益予想を減額。米国販売の質向上は時間を要しよう  19/3期通期の営業利益見通しに関して企業価値研究所では、もともと米国の販売・収益状況を慎重にみて、会社計画より弱めの予想にしていた。今回、会社修正計画は妥当と判断、同社修正値まで引き下げる。続く20/3期以降も、米国販売の質的向上には従来想定より時間を要するとみたほか、為替レートの前提を1ドル=112円→108円と円高方向に見直し、営業利益予想を減額する。同社は、カルロス・ゴーン元会長の逮捕以降、ガバナンス改善特別委員会の設置などによるガバナンス体制の再構築と、ルノーとのアライアンス関係の修復に努めている。当研究所では上場企業として、一般の少数株主を第一の受益者とした経営体制への立て直しが必要不可欠と考えている。 ・リスクファクター ~アライアンス...more
カテゴリー:

Baidu, Inc. 2018年第4四半期及び2018年通期の業績を発表 - 02月22日(金)15:46 

[バイドゥ株式会社] ■業績ハイライト ◆2018年第4四半期 売上高  272億元 ($3.96 billion)、 前年同期比 22%増 営業利益 11億元 ($162 million)、 前年同期比 77%減 純利益  21億元 ($303 million)、  前年同期...
カテゴリー:

2/21の配信レポート一覧:オリエンタルランド(4661)、フジクラ(5803)、オークマ(6103)、他 - 02月22日(金)14:14 

【IPO】 3489 フェイスネットワーク IPOフォロー 「19/3期3Q累計は23%減収。物件の引き渡しが前年同期と比較し遅れる」 6232 自律制御システム研究所 IPOフォロー 「受注は想定線。前期比2倍強の売上高を目指す従来計画を維持」 6573 アジャイルメディア・ネットワーク IPOフォロー 「19/12期は前期単独比27%増収計画。中小企業向けや海外事業本格化へ」 7325 アイリックコーポレーション IPOフォロー 「上期営業利益は計画超過。繁忙期の販売動向を見極めるため通期計画は維持」 7806 MTG IPOフォロー 「1Qは大幅減収減益。中国EC規制で美容ローラーなどのまとめ買いが急減」 【企業調査】 4661 オリエンタルランド 企業調査 「TDLエリア刷新、TDS拡張等をテコに24/3期にかけ営業利益年率9%成長見込む」 5803 フジクラ 企業調査 「エネルギー・情報通信の不振などを考慮して、当研究所予想を下方修正」 6103 オークマ 企業調査 「部品不足や中国減速は懸念も受注残は豊富。当面の業績は堅調維持を予想」 6762 TDK 企業調査 「足元の減速踏まえ、従来予想を減額」 7270 SUBARU 企業調査 「来期は生産正常化、品質関連費用の減少で大幅な利益回復を予想」 9064 ヤマトホールディングス 企業調査 「宅急便の取り扱いが想定を上回...more
カテゴリー:

【おむちゅ】花王、紙おむつ「メリーズ」急失速の複雑背景 - 02月21日(木)09:22  newsplus

2019年2月21日 5時50分 トイレタリー国内首位の花王に、不安要因が出てきた。 花王は2月4日、2018年12月期決算を発表した(国際会計基準)。売上高1兆5080億円(前期比1.2%増)、営業利益2077億円(同1.4%増)と堅調ながら、期初に会社が公表していた売上高1兆5400億円、営業利益2150億円には届かなかった。 想定外だった2つの出来事 会社計画に未達だったいちばんの要因は、これまで業績の牽引役だった子ども用紙おむつ「メリーズ」が失速したことだ。メリーズは同社を代表する製品で、主要カテゴリーの1つである「ヒューマンヘ...
»続きを読む
カテゴリー:

2/20の配信レポート一覧:旭化成(3407)、塩野義製薬(4507)、スズキ(7269)、他 - 02月21日(木)09:02 

【IPO】 4396 システムサポート IPOフォロー 「上期営業利益は38%増の2.7億円で予想超過。通期6%増益予想は据え置き」 7326 SBIインシュアランスグループ IPOフォロー 「3Q累計経常利益は全3事業とも伸び26%増益。通期65%増益予想据え置き」 【企業調査】 3407 旭化成 企業調査 「ANの市況急落で下方修正。今期の営業利益は小幅な伸びに」 4507 塩野義製薬 企業調査 「研究開発費等を見直し来期以降の予想を修正」 7269 スズキ 企業調査 「来期以降はインド市場の拡大を映した緩やかな利益成長を予想」 7751 キヤノン 企業調査 「既存製品の悪化が厳しいデジタルカメラを中心に業績予想を下方修正」 8306 三菱UFJフィナンシャル・グループ 企業調査 「今期の会社利益計画は余裕を持って達成へ」 8411 みずほフィナンシャルグループ 企業調査 「3Qは市場部門の収益が悪化。今期会社利益計画の達成に暗雲」 【会社概要】 1379 ホクト 会社概要 「前年に落ち込んだ反動もあり3Q累計は大幅営業増益」 1945 東京エネシス 会社概要 「3Q累計は一部工事繰り延べ、採算悪化で不振。通期も一転減益へ」 1983 東芝プラントシステム 会社概要 「海外発電の受注不振が続くが、社会・産業システム部門は堅調」 2398 ツクイ 会社概要 「介護報酬改定の影響吸...more
カテゴリー:

2/19の配信レポート一覧:大林組(1802)、鹿島建設(1812)、電通(4324)、他 - 02月20日(水)09:04 

【IPO】 3494 マリオン IPOフォロー 「1Qは戸建賃貸物件、証券化対象物件を売却。通期は経常増益を計画」 4427 EduLab IPOフォロー 「e-Testing/e-Learning事業、テスト運営・受託事業が順調に推移」 7045 ツクイスタッフ IPOフォロー 「3Q累計営業利益3.5億円、通期営業利益4.7億円計画は据え置き」 7048 ベルトラ IPOフォロー 「19/12期も海外旅行部門の堅調な事業拡大で営業44%増益を計画」 【企業調査】 1802 大林組 企業調査 「3Q累計はほぼ想定内で推移。19/3期通期および中期的な予想を維持」 1812 鹿島建設 企業調査 「中期的に完工粗利益率の緩やかな低下を見込んだ予想を据え置き」 6101 ツガミ 企業調査 「今期予想をやや増額。直近受注もまずまずだが来期増益は見通し難い」 7201 日産自動車 企業調査 「少数株主を第一の受益者としたガバナンス体制の再構築が必須に」 8830 住友不動産 企業調査 「19/3期通期予想は増額。中期的な増収増益予想は維持」 4324 電通 企業調査 「景気減速、成長投資負担で今期営業利益予想を1470億円から1205億円に減額」 【会社概要】 2267 ヤクルト本社 会社概要 「アジアなど海外乳製品伸び、3Q累計は営業2%増益」 2692 伊藤忠食品 会社概要 「3Q累計...more
カテゴリー:

もっと見る

「営業利益」の画像

もっと見る

「営業利益」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる