「過去最多」とは?

関連ニュース

【オーストラリア】〔ポッサムのつぶやき〕日本の賃金低すぎ、豪に出稼ぎの若者急増! - 03月02日(土)07:39  newsplus

 日本の景気低迷で、オーストラリアへ出稼ぎに来る日本人の若者が増えている。内務省の統計では、2022/23年度(6月期)に日本人向けに発給されたワーキングホリデー・ビザ(査証)は過去最多の1万4,398件で、本年度は既に8,487件のワーホリビザが交付された。公共放送ABCは、日本の低賃金や円安、高齢化などの現状に触れ、出稼ぎ増加の背景を探っている。  ABCは、日本の店頭で物価高に悩む母親や、社員の給料を上げたくても上げられないと嘆く小売店主などの声を紹介した。  為替相場は、20年3月には1豪ドル65円だっ...
»続きを読む
カテゴリー:

モンゴル大手送金事業者SendMNと業務提携契約を締結、モンゴル通貨でモンゴル国内全銀行口座への送金を実現 - 03月01日(金)13:00 

海外送金サービス「PayForex」を運営する、Queen Bee Capital株式会社(本社:東京都港区、代表取締役:SHENBO HUANG、資金移動業者:関東財務局⾧第00010号)は、モンゴルの金融機関・大手送金事業者SendMN NBFI LLC と業務提携契約を締結し、アジア圏サービス拡充として、3月4日より、モンゴル通貨MNT(モンゴルトゥグルグ)による銀行口座送金サービス (法人・個人)と、3つの現地E-ウォレット「Monpay」、「Ard App」、「Hipay」への送金を開始します。   これにより、「PayForex」は、新たな11行への現地通貨送金を追加、併せてモンゴル国内における全銀行口座向け送金を実現、その利便性を大幅に向上させました。   海外送金サービス「PayForex」は、独自の国際送金ルートを利用し、利用者の資金を海外へ安全かつ確実に送金するサービスです。 海外送金を行う方に、従来よりも安価な手数料と便利なサービスを提供することを目的に2011年にスタート。以来、利用者は多くの日本人顧客に加え、アジア国籍の在日外国人・留学生・技能実習生らの母国への送金需要がその多くを占め、銀行口座送金のみならず、中国の「Alipay」やバングラデシュの「bKash」、フィリピンの「GCash」といった各国のメインE-ウォレット送...more
カテゴリー:

電器店で高齢者のそばに2人組 実は警察官「至れり尽くせり」のわけ - 02月29日(木)13:30 

 昨年の特殊詐欺の発生件数が過去最多だった大阪府内全66署の中で、2年連続ワーストだったのが吹田市を管轄する吹田署だ。そこで署が思いついたのは、お年寄りに付き添い、自動で録音する機能などがついた防犯用…
カテゴリー:

訪日クルーズ客35万人 23年、ピーク時の14% - 02月29日(木)08:00 

国土交通省は28日、2023年にクルーズ船で日本を訪れた外国人客数が35万6千人(速報値)だったと発表した。中国人客の回復が遅れ、ピークだった17年の14・1%。一方で外国の船会社が運航するクルーズ船の寄港先数は、小規模な船の増加で過去最多の92となり、経済効果の裾野が広がった。 集計によると、14年に41万6千人だった外国人客数は年々増え、17年に252万9千人を記録した。
カテゴリー:

妊婦の梅毒が急増。3.3倍増🤰 - 02月28日(水)15:04  poverty

妊婦の梅毒が急増、胎児に感染すると難聴や知的障害の恐れ…「妊娠初期の検査を」 日本産婦人科医会は、2022年の1年間に梅毒の感染が分かった妊婦の割合が、前回調査(16年)の約3・3倍だったとする調査結果を公表した。梅毒が流行している影響とみられる。感染した妊婦から胎児にうつると、難聴や知的障害などを持つ赤ちゃんが生まれる恐れがある。医会はこうした「先天梅毒」を防ぐためにも、妊娠初期の検査を呼びかけている。  国立感染症研究所によると23年に梅毒と診断された患者は1万4906人(速報値)にのぼ...
»続きを読む
カテゴリー:

企業の「転勤」見直しも影響 「不動産仲介」倒産が急増、過去最多に(帝国データバンク) - 03月02日(土)07:03 

 賃貸マンションやアパートの仲介・管理を手掛ける「街の不動産屋」の倒産が急増している。2023年に発生した不動産仲介業の倒産は120件だった。前年(69件)から7割増と大幅に増加したほか、年間の倒産件
カテゴリー:

AI作成「でたらめな図」、論文に掲載 学術誌が撤回 - 日本経済新聞 - 03月01日(金)06:17 

AI作成「でたらめな図」、論文に掲載 学術誌が撤回 - 日本経済新聞人工知能(AI)の作成したでたらめな図を載せた学術論文が掲載され物議を醸している。数日で撤回されたが、掲載前に別の研究者らが審査する査読が機能していなかった。2023年には世界の論文の撤回数が過去最多を記録しており、研究の質の担保が急務だ。問題となった論文は2月13日に学術誌「フロンティアズ・イン・セル・...
カテゴリー:

株価が史上最高値になり、貯蓄ゼロ世帯も過去最多となり『死なないノウハウ』が反響を呼ぶ - 02月29日(木)12:30 

上昇した日経平均株価を示すモニター=2月27日、東京都中央区【あわせて読みたい】24年間、仕事の対価が下がり続ける女(私)「2、3日食事がとれておらず、金を手に入れて食事がしたかった」この言葉は、2月18日、東京・高円寺のコンビニで店員を脅して逮捕された男が口にしたものである。 男はコンビニで、「もう限界なんです。お金を出してください」と包丁で店員を脅したが、店長に「勘弁してください。無理です」と言われ諦め、逮捕。男は46歳。私と同世代のロスジェネだ。事件に胸を痛めながらも、「逮捕」という事実にどこか胸を撫で下ろす自分がいた。なぜなら、留置場に入れば、とりあえずご飯が食べられるからである。コロナ禍で、困窮者への駆けつけ支援などをしてきた「新型コロナ災害緊急アクション」にも、「数日食べていない」というメールはよく来る。中には、ほぼ水だけで一週間なんて人もいる。失業・失職の果て、餓死が危ぶまれる状況にまであっという間に追いやられる人々。痩せこけた同世代や年下を見るたびに、「いったいこの国はどうしてしまったのか」と恐怖さえ感じる。これまで緊急アクションに寄せられたメールは約2500件。そのうちの約2割ほどが、残金100円以下。「その男もコンビニ強盗なんかじゃなく、支援団体に連絡するなり役所に行って生活保護の申請をすればよかったのだ」という人もいるだろう。しかし、2、3日食べていない時点で...more
カテゴリー:

2024年のクルーズ船寄港予定、秋田港に24回 船川1回、能代はなし - 02月29日(木)07:06 

 秋田県は、2024年の県内3港へのクルーズ船寄港回数が25回(2月27日時点)となる見通しを明らかにした。1973年の統計開始以来過去最多となった2023年(28回)から3回減少する。内訳は秋田港(…
カテゴリー:

去年の小中高校生の自殺 前年に次ぎ過去2番目に多い見通し ★2 - 02月28日(水)08:42  newsplus

2023年の1年間に自殺した小中学生や高校生は、暫定値で507人と、過去2番目に多くなる見通しで、文部科学省は一人1台配っている端末を、相談や健康観察に活用するなど、悩みを抱えた子どもの早期把握に取り組むよう全国に通知しました。 厚生労働省が発表した統計では、2023年の1年間に自殺した児童生徒の数は、暫定値で507人で、 ▽高校生は、前の年より12人少ない342人 ▽中学生は9人多い152人 ▽小学生は4人少ない13人でした。 確定値で514人と過去最多となった2022年に次いで、2番目に多くなる見通しで、文部科学省は27日に全国の...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる