「警戒感」とは?

関連ニュース

米中摩擦 新興国通貨に売り圧力 人民元は「7」の攻防 - 05月26日(日)18:11 

 米中の対立が深刻化する中、アジアの通貨が売り圧力にさらされている。投資家がリスクを嫌って、中国と経済的な結びつきが強い国・地域の通貨を手放す一方、比較的安全とされる米ドルや日本円の買い入れを進めているからだ。“震源地”の中国では通貨・人民元相場が「1ドル=7元」の節目に近づき、市場で警戒感が強まっている。
カテゴリー:

NY株反発、95ドル高 米中摩擦警戒感やや和らぐ - 05月25日(土)07:57 

24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに上昇し、前日比95・22ドル高の2万5585・69ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総…
カテゴリー:

【朗報】 日本経済、かろやかに回復中!政府「景気判断は引下げだが、個人消費と企業収益が良いから『緩やかに回復』は継続」 - 05月24日(金)20:22  poverty

景気判断、再び下方修正=輸出や生産の弱さ指摘-「緩やかに回復」は維持・月例報告 2019年05月24日19時23分  政府は24日、5月の月例経済報告を発表した。  景気全体の判断について「輸出や生産の弱さが続いている」として、3月に次いで下方修正。  ただ、個人消費の持ち直し継続や企業収益の水準の高さなどを背景に、景気が「緩やかに回復している」 との判断は維持した。  政府は2012年12月に始まった景気拡大が続いているとの見方を崩していないが、中国経済減速の影響が長引く中、 日本経済を取り巻く環...
»続きを読む
カテゴリー:

来週の日本株は弱含み、リスクオフの円高進行に警戒感 - 05月24日(金)16:00 

来週の東京株式市場は、弱含みの値動きとなりそうだ。米中貿易摩擦が世界の経済成長を減速させるとの懸念が強く、株式市場に資金が向かいにくい。投資家の不安心理が高まっている状況ではないが、米景気後退への懸念から米長期金利の低下が続き、リスクオフの円高進行につながれば日本株の下押し圧力も強くなる。一方、米中対立を緩和させる材料が出れば、戻りを試す展開になることも予想される。
カテゴリー:

トランプ氏、ファーウェイは「極めて危険」 中国と「取引」も示唆 - 05月24日(金)11:00 

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は23日、中国の通信機器最大手である華為技術(ファーウェイ)について「安全保障の観点からも軍事面からも極めて危険だ」と述べ、強い警戒感を示した。ただ、中国との貿易協議で「合意できれば何らかの形で取引に含むことも考えられる」とも言及し、華為に対する禁輸措置を交渉材料とする可能性を示唆した。
カテゴリー:

NY株反発、95ドル高 米中摩擦への警戒感がやや和らぐ - 05月25日(土)08:12 

 24日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は3日ぶりに上昇し、前日比95・22ドル高の2万5585・69ドルで取引を終えた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は8・73ポイント高の7637・01と反発した。
カテゴリー:

【大本営】 日本国政府「全体の景気は悪化中したが、緩やかに回復中!」 すごい、スゴイぞアベノミクス - 05月24日(金)20:28  poverty

景気判断、再び下方修正=輸出や生産の弱さ指摘-「緩やかに回復」は維持・月例報告 2019年05月24日19時23分  政府は24日、5月の月例経済報告を発表した。  景気全体の判断について「輸出や生産の弱さが続いている」として、3月に次いで下方修正。  ただ、個人消費の持ち直し継続や企業収益の水準の高さなどを背景に、景気が「緩やかに回復している」 との判断は維持した。  政府は2012年12月に始まった景気拡大が続いているとの見方を崩していないが、中国経済減速の影響が長引く中、 日本経済を取り巻く環...
»続きを読む
カテゴリー:

【経済】政府月例報告「景気は緩やかに回復している」維持(判断は下げ) - 05月24日(金)18:50  newsplus

景気「緩やかに回復」維持、判断は下げ 5月月例報告  政府は24日にまとめた5月の月例経済報告で、国内景気の総括判断の表現を「景気は、輸出や生産の弱さが続いているものの、緩やかに回復している」に引き下げた。  表現を下方修正するのは今年に入って、3月に続き2度目。  中国経済の減速などの影響を受けて、輸出の弱さが続いていることに加え、生産活動でも製造業全体に弱さが広がっている状況を踏まえた。  もっとも、景気は回復局面にあるとの認識は保ち、「緩やかに回復」との表現は維持した。  先行きについては「緩...
»続きを読む
カテゴリー:

トランプ氏、ファーウェイは「極めて危険」 中国と「取引」も示唆 - 05月24日(金)15:52 

 【ワシントン=塩原永久】トランプ米大統領は23日、中国の通信機器最大手である華為技術(ファーウェイ)について「安全保障の観点からも軍事面からも極めて危険だ」と述べ、強い警戒感を示した。ただ、中国との貿易協議で「合意できれば何らかの形で取引に含むことも考えられる」とも言及し、華為に対する禁輸措置を交渉材料とする可能性を示唆した。
カテゴリー:

【産経】 米の強硬姿勢、次の矛先は日本 警戒感強める政府 - 05月23日(木)23:34  poverty

米中の貿易協議が折り合わず、10日に米国が中国製品への追加関税を引き上げたことを受け、日本は今後の日米貿易交渉で トランプ米政権が強硬姿勢に拍車をかけることに警戒感を強めている。中国との協議が難航するトランプ氏が来年の大統領選を見据え、 日本から早期に成果を得ようとする懸念があるからだ。日本側は日米貿易交渉の妥結は夏の参院選後にしたい考えだが、 トランプ氏は5月、6月と立て続けに来日する予定で、日本政府は難しい対応を迫られる。 https://www.sankei.com/economy/news/190510/ecn1905100019-n1.html...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「警戒感」の画像

もっと見る

「警戒感」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる