「警戒感」とは?

関連ニュース

モウリーニョ、“リヴァプールの核”サラーへ警戒感「チェルシーでは適応できなかったが今では…」 - 12月16日(日)20:11 

マンチェスター・U指揮官はチェルシー時代の教え子への対策を講じる必要があると話した。
カテゴリー:

日銀短観 景況感横ばい - 12月14日(金)11:14 

 日銀が14日発表した12月の企業短期経済観測調査(短観)は、大企業製造業の景況感を示す業況判断指数(DI)が前回の9月調査から横ばいのプラス19となった。今夏の自然災害の影響などは軽減したが、激化する米中貿易戦争への警戒感が根強く、改善には至らなかった。
カテゴリー:

米国土安全保障省「ファーウェイだけでなく中国のほかのメーカーの製品も警戒すべき」 中国製品排除へ - 12月13日(木)09:54  news

ファーウェイ副会長逮捕 FBI「機器が安全保障上脅威に」 中国の通信機器大手、ファーウェイの副会長の逮捕に関連して、アメリカのFBI=連邦捜査局は、議会の公聴会で「中国の通信機器の利用者のデータは、中国政府によって、 どのようにでも利用されるおそれがある」と述べ、ファーウェイなどの機器が安全保障上の脅威になり得るという見方を強調しました。 ファーウェイの最高財務責任者の孟晩舟副会長がアメリカ政府からの要請を受けたカナダの当局に逮捕されたことに関連して、アメリカでは議会を中心に中国企業への警戒...
»続きを読む
カテゴリー:

東証続落、終値71円安 英政局の混乱に警戒感 - 12月11日(火)16:06 

 11日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落した。欧州連合(EU)離脱を巡る英政局の混乱や米中貿易摩擦への警戒感が根強く、売り注文が優勢になった。  終値は前日比71円48銭安の2万1148円02銭。東証株価指数(TOPIX)は14.50ポイント安の1575.31。出来高は約14億7600
カテゴリー:

今日の株式見通し=反発、海外情勢に対する警戒感で上値には慎重 - 12月11日(火)08:01 

きょうの東京株式市場で日経平均株価は、反発となりそうだ。米国株高や円安を背景に買いが先行するとみられる。前日大幅安となった後で買い戻しが入ることも予想される。一方、英国の欧州連合(EU)離脱を巡る不透明感や米中貿易問題に対する懸念などが重しとなり、上値を買う動きも限られそうだ。
カテゴリー:

NYダウ、496ドル安 7カ月ぶりの安値水準 - 12月15日(土)07:48 

 14日のニューヨーク株式市場は、世界経済減速への警戒感から大企業でつくるダウ工業株平均が大きく反落し、前日比496・87ドル(2・02%)安い2万4100・51ドルで取引を終えた。5月上旬以来、ほぼ…
カテゴリー:

80年「日本製品は無敵」90年「安物以外の日本製品無敵」00年「高級品は日本製」05年「日本製じゃなくても部品は日本製」 どんどん落ちていく日本 - 12月13日(木)10:35  poverty

ファーウェイ副会長逮捕 FBI「機器が安全保障上脅威に」 中国の通信機器大手、ファーウェイの副会長の逮捕に関連して、アメリカのFBI=連邦捜査局は、議会の公聴会で「中国の通信機器の利用者のデータは、中国政府によって、 どのようにでも利用されるおそれがある」と述べ、ファーウェイなどの機器が安全保障上の脅威になり得るという見方を強調しました。 ファーウェイの最高財務責任者の孟晩舟副会長がアメリカ政府からの要請を受けたカナダの当局に逮捕されたことに関連して、アメリカでは議会を 中心に中国企業への警...
»続きを読む
カテゴリー:

対日圧力に警戒感 金融政策に足かせも USTRの公聴会 - 12月11日(火)19:11 

 米通商代表部(USTR)が日本との新たな貿易交渉に関する公聴会を開いたことを受け、日本政府内には日本車輸入の数量制限や通貨安誘導を禁止する「為替条項」を米国が要求してくることへの警戒感が強まっている。米国は農産品のさらなる市場開放も迫るとみられ、日本はTPPで認めたよりも譲歩できないと主張した上で、引き続き米国にTPPへの復帰を働きかける構えだ。
カテゴリー:

伊藤忠商事(8001) 19/3期上期は純利益で過去最高益を更新。堅調な業績続く見通し - 12月11日(火)08:55 

QUICK企業価値研究所アナリスト 堀内敏成(2018/12/10) ・通期の当研究所純利益予想5000億円を据え置き  19/3期上期の連結業績は、純利益で前年同期比6.4%増の2580億円となり、前年同期に続き、上期ベースでの最高益を更新した。企業価値研究所では10月1日の会社側の業績見通しの上方修正を踏まえて19/3期通期の純利益予想を4800億円から会社側の修正見通しと同額の5000億円(前期比25%増)に増額しており(18年10月5日付レポート)、今回はこれを据え置くこととする。 ・20/3期、21/3期の純利益予想をわずかながら増額  当研究所では、20/3期および21/3期の純利益予想をわずかながら増額する(業績データ参照)。世界景気や商流の減速などが懸念されるが、当研究所では同社のきめ細かい収益向上策の寄与もあり、安定的な増益基調が続くとみている。財務面の強化も着実に進んでおり、新規投融資を拡大する余地は大きい。中国CITICなどとの協業の進展、情報・金融分野などでの大型提携があれば、一段の収益拡大に寄与しよう。 ・リスクファクター ~貿易摩擦問題、中国経済の動向等 ・アナリストの投資判断 ~堅調な連結業績や積極的な株主還元を評価し、株価は上昇へ  株価は堅調な業績動向を背景に上場来高値の更新が続き、18年10月には会社側の業績予想上方修正を受けて2302.5円まで...more
カテゴリー:

【悲報】ロシア副首相「プーチンと安倍は首脳会議で北方領土引き渡しについて"一切"議論していない」 - 12月11日(火)07:32  poverty

北方領土問題をめぐり、日本とロシアは、日ソ共同宣言を基礎に交渉を加速させると合意しましたが、ロシアの副首相は「両国の首脳は、 島の引き渡しに関わる問題はこれまでいっさい議論していない」と述べ、強い姿勢で交渉に臨むと内外に強調しました。 北方領土問題をめぐり、安倍総理大臣とロシアのプーチン大統領は、平和条約を締結したあと歯舞群島と色丹島を引き渡すとした1956年の日ソ共同宣言を基礎に、 平和条約交渉を加速させることで合意しています。 こうした中、ロシア政府で極東地域を統括するトルトネフ副首相は10...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「警戒感」の画像

もっと見る

「警戒感」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる