「郵便局」とは?

関連ニュース

ミャンマーの教育支援に役立てて 使用済み切手贈る - 11月30日(火)18:15 

佐賀県南部地区郵便局長会(法本澄夫会長、104局)が、佐賀市の認定NPO法人「地球市民の会」に使用済み切手28キロを寄贈した。切手は換金され、貧困問題などを抱えるミャンマーの子どもの教育支援に活用される。 各郵便局に使用済み切手の回収箱を設置し、地域住民や企業に提供を呼び掛けて集めている。取り組みは沖縄を除く九州各県で2018年から続けている。 上峰郵便局の原晋介局長と江見郵便局の馬場清道局長がこのほど同法人を訪れて使用済み切手を詰めた箱を渡した。
カテゴリー:

カレンダー問題で日本郵便を行政指導 総務相、再発防止策求める - 11月30日(火)12:06 

 日本郵便の一部の郵便局長らが「全国郵便局長会」の指示を受け、経費で購入したカレンダーの配布に合わせて政治活動をしていた問題で、金子恭之総務相は30日の閣議後記者会見で、日本郵便を29日付で行政指導し、再発防止策を2022年1月21日までに報告するよう求めたことを明らかにした。
カテゴリー:

日本郵便、利用者を政治活動の標的に 「指示したが実行していない」 - 11月29日(月)18:59 

 郵便局の顧客をターゲットに、政治活動の「支援者獲得」を行うよう求める指示が郵便局長会内で出ていた――。日本郵便はカレンダー配布問題の調査結果を公表した26日の会見で、そう認めた。専門家からは、個人情…
カテゴリー:

日本郵便及び腰、局長会の不正放置 自民とパイプ.. - 11月29日(月)12:10 

日本郵便及び腰、局長会の不正放置 自民とパイプ「持ちつ持たれつ」 「会社としては、局長会の問題には関与できない」 パワハラ被害を訴えた郵便局長たちは、会社の思わぬ回答に言葉を失った。
カテゴリー:

郵政事業守るため「票集めが最大の任務」政治活動.. - 11月29日(月)12:00 

郵政事業守るため「票集めが最大の任務」政治活動強いられる局長 選挙が近づけば勤務後や休日に支援者宅を回り、毎週のように支援者名簿の報告を求められた。「お客さんの役に立ちたいと思って郵便局の仕事を選んだのに…」。局長はため息をつく。#西日本新聞me
カテゴリー:

日本郵便/奥多摩でドローン+配送ロボットによる配送を試行 - 11月30日(火)17:16 

日本郵便は12月1日、奥多摩郵便局(東京都西多摩郡奥多摩町)の配達区内で、ドローンと配送ロボットを連携させた郵便物などの配送を試行する。 試行では新たな取り組みとして、対象地区でドローンから配送ロボットへ郵便物などを受け […] The post 日本郵便/奥多摩でドローン+配送ロボットによる配送を試行 first appeared on 物流ニュースのLNEWS.
カテゴリー:

総務省が日本郵便に行政指導、カレンダー・顧客情報の政治流用問題で - 11月30日(火)11:41 

 郵便局長が経費で買ったカレンダーや顧客情報を政治流用した疑いが出ている問題で、金子恭之総務相は30日の閣議後会見で、総務省が日本郵便に対し、29日付で行政指導したことを明らかにした。職員の服務規律の…
カテゴリー:

12/1(水)~2/25(金)PUI PUI モルカー×すこやかんぽ PUI PUIウォーキング大作戦 開催決定 - 11月29日(月)15:00 

2021年11月29日 株式会社かんぽ生命保険 PUI PUI モルカー×すこやかんぽ  PUI PUIウォーキング大作戦 開催決定 開催期間:2021年12月1日(水)~2022年2月25日(金) モルカーたちと楽しくウォーキングやラジオ体操ができるコンテンツを公開! モルカーアルミボトルなどオリジナルコラボグッズが当たるキャンペーンも!      株式会社かんぽ生命保険(東京都千代田区、取締役兼代表執行役社長 千田哲也、以下「かんぽ生命」)は、「PUI PUI モルカー×すこやかんぽ PUI PUI ウォーキング大作戦」を2021年12月1日(水)~2022年2月25日(金)まで開催いたします。  かんぽ生命では、皆さまが安心して健康に暮らすことのできる社会の実現を目指して、健康応援アプリ「すこやかんぽ」(以下、「すこやかんぽ」)を活用した健康増進サービスの提供等、さまざまな取り組みを推進しています。  今回は、大人気ストップモーションアニメ「PUI PUI モルカー」とコラボレーションが決定!かわいらしく個性あふれるモルカーたちと一緒にウォーキングやラジオ体操を楽しく行っていただけるコンテンツをお届けいたします。         <PUI PUIモルカー×すこやかんぽ PU...more
カテゴリー:

自民党最大の「集票マシン」とされる「全国郵便局.. - 11月29日(月)12:05 

自民党最大の「集票マシン」とされる「全国郵便局長会」の不適切な政治活動の一端は明らかになったが、会社側は経費の目的外流用は否定した。「内輪」による調査は踏み込み不足の内容で、専門家からは徹底した調査を求める声が出ている。#西日本新聞me
カテゴリー:

言葉の壁を突破! AI翻訳機開発者に聞く、これからの外国語コミュニケーション - 11月29日(月)08:00 

翻訳機を使うと変な文章に翻訳されてしまう、そんな経験をしたことはありませんか。そのたびに、「外国語が話せたら……」と意気消沈したり、外国語のサイトを読むのを諦めてしまったり。それが今、AI翻訳機の登場により変わりつつあります。 今回は、世界中で利用されているAI翻訳機「ポケトーク」の生みの親、技術戦略室 常務執行役員 兼 CTO 川竹 一氏に、これからの外国語コミュニケーションについてお話を伺ってきました。 AI翻訳機ポケトークの精度が高い理由 ーーコロナの影響で国内外を行き来することは減ってしまいましたが、ポケトークはどんなシーンで使われていますか? 川竹 :例えば、公共機関、役所や学校、郵便局の窓口や病院などさまざまなところで使っていただいています。このような生活に密着している場所は、さまざまな国の方が利用します。しかし、すべての言語に対応できる人を配置するというのは現実的ではありません。こういった問題を、ポケトークは解決できるんです。 アメリカでは医療機関にポケトークを850台寄付したことを評価いただき、新型コロナウイルス感染拡大に対し貢献した企業として、Newsweekの表紙にポケトークのロゴを掲載いただきました。 ーーすごいですね。ポケトークを活用しているのは、日本だけではないんですね! 医療機関や役所などでは日常生活で使わない専門的な単語も多いので、言葉がわからないと不...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる