「米空軍」とは?

関連ニュース

民間団体が所有していたB-17爆撃機、空港施設に衝突する事故が発生 - 10月08日(火)08:00 

歴史的な航空機や自動車を収集・保存している米国の非営利団体Collings Foundation(コリングス財団)が保有・運用していたB-17爆撃機が着陸に失敗、空港施設に衝突して少なくとも7人が死亡する事故が発生したとのこと(朝日新聞、AFP)。離陸直後に何らかのトラブルがあり、航空に戻ろうとしたが着陸に失敗したという。 B-17は第二次世界大戦前に米軍による運用が開始された爆撃機。コリングス財団はこの機体を使った見学・搭乗ツアーを実施していた。 すべて読む | 軍事 | アメリカ合衆国 | 交通 | 関連ストーリー: 米国政府、B-52爆撃機を核武装させ24時間臨戦体制へ。冷戦後初 2017年10月28日 米軍の爆撃機「B-52」は90年近く現役で稼動する見込み 2015年12月12日 老朽化したB-52とB-1に変わる新型爆撃機、ノースロップ・グラマンが受注 2015年11月03日 米空軍の戦略爆撃機「B-1」および「B-2」、2020年代後半ごろより退役へ 2018年02月21日
カテゴリー:

マイクロソフトは2020年の大統領選候補を狙ったイランのハッカーの攻撃を発見 - 10月05日(土)20:15 

Microsoft(マイクロソフト)によると、同社はイランと関連のあるハッカーたちが2020年の大統領選の候補者を狙っている証拠を見つけた。 この巨大テクノロジー企業のセキュリティ部門のトップTom Burt(トム・バート)副社長が、ブログでその犯行を確認しているが、候補者の名前は挙げられていない。 マイクロソフトがPhosphorous(燐光)と呼ぶその犯行グループは、APT 35とも呼ばれ、マイクロソフトの特定の顧客のメールアカウントを見つける試みを2700回以上行った。バート氏によると、これらのアカウントは大統領選や、現在および前の米国政府職員、ジャーナリスト、そして国外に住むイラン人の有名人などに結びついている。 バート氏によると「4つのアカウントはこれらの試みにより侵犯されたが、この4つは米国大統領選や現在および過去の米国政府職員に結びついていない。犯行は8月と9月に行われた」と語る。 犯行グループはマイクロソフトのアカウントに結びついている第二のメールアカウントにアクセスし、そこからアカウントに侵入しようとした、と彼は言う。犯人が、ユーザーの電話番号を集めてそれらを攻撃しようとしたこともある。バート氏によると、犯行は「技術的に高度なものではなく」て、とにかく「大量の個人情報を利用して」アカウント見つけ、攻撃しただけだ、という。 8月と9月の犯行では、マイクロソフトを電子...more
カテゴリー:

旧駐機場使用を巡る沖縄県と米空軍の認識の相違とは…基地運用から見える米軍の特権意識 - 10月02日(水)16:28 

 【嘉手納】米軍嘉手納基地所属のMC130特殊作戦機が9月27日に同基地内の旧海軍駐機場へ自走し侵入した件で、第18航空団は1日、日本語公式ツイッターで旧駐機場は日米合意のもと使用が認められていると強調し「私たちはSACO合意やその他全ての日米合意を順守している」との見解を示した。  県や周辺市町村は「SACO最終...
カテゴリー:

米国防メディア、エリア51に集結した民間人への爆撃を示唆するツイートを謝罪 - 09月28日(土)07:00 

headless曰く、 米国防総省Defense Media Activity傘下のDefense Visual Information Distribution Serviceの公式Twitterアカウント(@DVIDSHub)が21日、無許可でエリア51への侵入を試みる人々への爆撃を示唆するツイートを謝罪した(DVIDSHubの謝罪ツイート、Ars Technica、Air Force Times)。 問題のツイートは20日に企画されていたエリア51突入イベント「Storm Area 51」に対するもので、エリア51に侵入を試みるミレニアルが最後に見るものとしてB2ステルス爆撃機の写真を添えて投稿された。しかし、たとえ不法行為であっても米軍が民間人を爆撃すると示唆したツイートは強く批判されることになる。DVIDSHubは翌21日までにツイートを削除し、国防総省の見解を反映するものではないなどとして謝罪している。 なお、エリア51突入は主催者が中止を発表してイベントはラスベガスで開催されたが、それでもおよそ75名がエリア51のゲートに集まり、2名が拘束されたとのことだ(Air Force Timesの記事[2])。 すべて読む | ITセクション | 軍事 | スラッシュバック | 変なモノ | idle | SNS ...more
カテゴリー:

米兵の酒気帯び相次ぐ 嘉手納と北谷で2人 容疑は否認 - 10月07日(月)09:48 

 本島中部で6日、米空軍軍人の酒気帯び運転容疑での摘発が相次いだ。  嘉手納署は同日午前3時5分ごろ、同町屋良の県道74号で酒気帯び運転をしたとして、在沖米空軍嘉手納基地第18整備群所属の兵長(26)を、沖縄署は午前3時20分ごろ、北谷町北谷の町道で酒気帯び運転をしたとして、同基地第18航空団所属の1等兵(27)...
カテゴリー:

アメリカ、大陸弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマンⅢ」の発射実験を実施 - 10月03日(木)06:57  poverty

米国が大陸弾道ミサイルの発射実験を新たに実施-米空軍【動画】 米国が大陸弾道ミサイル(ICBM)「ミニットマンⅢ」の発射実験を行い成功した。米国空軍の地球規模攻撃軍団が発表した。 核弾頭を搭載しないICBMの発射は2日、カリフォルニア州ヴァンデンバーグ空軍基地で行われた。発表では発射実験は世界の事件や地域紛争に対する対応または反応ではないと強調された。 地上発射型の3段階式大陸弾道ミサイル「ミニットマンⅢ」は、当初、旧ソ連との冷戦時に核抑止を目的に開発された。 現在、「ミニットマンⅢ」は、米国に配備さ...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】16歳の環境活動家グレタさんを支える環境団体、中国政府の代理人の疑い 沖縄「ジュゴン裁判」も担当 - 10月01日(火)15:40  newsplus

ヨットで英国から大西洋を横断して米ニューヨークに渡り、国連総会の関連パネルで怒りのスピーチを披露した16歳の環境活動家グレタ・トゥンベリさんについて、英字の主要メディアはこぞって取り上げた。彼女の登壇を調整した環境団体は、以前、米国委員会により、中国共産党政府の代理人の疑いがあると指摘されている。 9月23日、国連総会開催に合わせて開かれた気候変動サミットに、世界12カ国から集まった16人の8歳から17歳までの環境保護活動に関心を置く子どもたちが参加した。16人は、国連子どもの権利委員会に対して、気候変動...
»続きを読む
カテゴリー:

「米空軍」の画像

もっと見る

「米空軍」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる