「オスプレイ」とは?

関連ニュース

屋久島沖墜落で運用停止中のオスプレイ 数週間内に飛行再開か 米報道 米軍は「機器故障を特定」 - 02月22日(木)07:30 

 鹿児島県屋久島沖で昨年11月に発生した米空軍CV22オスプレイ墜落事故で、米空軍特殊作戦司令部は20日、事故の際に発生した機器の故障を特定したと発表した。故障の原因は調査中とし、詳細は明らかにしていない。米NBCニュースは複数の軍関係者の話として、数週間以内にオスプレイが飛行を再開する可能性があると伝えた。
カテゴリー:

オスプレイ墜落 機器故障を特定 - 02月21日(水)11:11 

【ワシントン共同】昨年11月に起きた鹿児島県・屋久島沖の米空軍輸送機CV22オスプレイ墜落事故で、米空軍特殊作戦司令部は20日、事故の際に発生した機器の故障を特定したと...
カテゴリー:

<オスプレイ 配備の先に>佐賀市長、安全対策の徹底求める 参院外交防衛委が訪問 - 02月21日(水)05:15 

参議院外交防衛委員会(小野田紀美委員長)は20日、佐賀市役所を訪れ、坂井英隆市長らと意見交換した。佐賀空港(佐賀市川副町)への陸上自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に関して、坂井市長は昨年11月末、鹿児島・屋久島沖で発生した米軍オスプレイの墜落事故を受け、あらためて安全対策の徹底などを求めた。 冒頭、坂井市長は「佐賀市では初めて駐屯地が整備される。市民との良好な関係が不可欠」と強調。
カテゴリー:

立民・岡田幹事長「申し訳ない」 普天間飛行場の県外移設案から辺野古へ回帰 民主党政権時に外相 - 02月11日(日)10:04  seijinewsplus

立民・岡田幹事長「申し訳ない」 普天間飛行場の県外移設案から辺野古へ回帰 民主党政権時に外相「県外の知事と話をしたが、反対に遭い行き詰まった」 | 沖縄タイムス https://www.okinawatimes.co.jp/articles/-/1306843 2024年2月11日 8:40  衆院選の応援で来県した立憲民主党の岡田克也幹事長が10日、那覇市内で本紙のインタビューに応じた。民主党政権時の外相として、普天間飛行場の県外移設が辺野古に回帰したことについて「有力候補だった徳之島など、県外の知事とも話をしたが、反対に遭い、行き詰まった。沖縄の皆...
»続きを読む
カテゴリー:

<オスプレイ 配備の先に>木原防衛相「米軍の調査継続中」 墜落事故原因特定報道で 飛行再開の事前調整「来ていない」 - 02月10日(土)06:00 

鹿児島県屋久島沖で昨年11月に発生した米空軍オスプレイ墜落事故を引き起こした機器故障を、米国防総省が特定したとするAP通信の報道について、木原稔防衛相は9日の閣議後会見で「米側における所要の調査や分析作業は現在も継続している」との認識を示した。国内での飛行再開に向けては、「これまでに米側から事前調整は来ていない」と述べた。 米側からの情報提供の状況について問われた木原氏は、「米側とは事故の状況や安全対策について、確認作業を行っている最中。
カテゴリー:

<オスプレイ 配備の先に>防衛省による県有地無償使用は不当 駐屯地工事で市民有志が佐賀県に監査請求 - 02月21日(水)22:00 

佐賀空港(佐賀市川副町)への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に伴う駐屯地工事に関し、防衛省に県有地を無償で使用許可したことは県民に損害を生じさせているなどとして、配備計画に反対する有志ら19人は21日、防衛省に使用料を請求するよう県に求める住民監査請求を行った。県監査委員は要件を審査し、受理するかどうか判断する。 駐屯地工事を巡っては、排水対策施設の整備で県有地約12ヘクタールを防衛省が無償で使用している。減免額は約4390万円。この県有地の土砂は駐屯地の盛り土に使われている。
カテゴリー:

【鹿児島】屋久島沖オスプレイ墜落事故 機体調査進めている 米軍発表 - 02月21日(水)09:28  newsplus

屋久島沖オスプレイ墜落事故 機体調査進めている 米軍発表 | NHK | オスプレイ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20240221/k10014365791000.html 2024年2月21日 9時07分 去年11月、鹿児島県屋久島沖でアメリカ軍の輸送機オスプレイが墜落した事故で、アメリカ軍は20日、機体の問題が生じた原因について調査を進めていると発表しました。 去年11月、鹿児島県屋久島沖でアメリカ空軍の輸送機オスプレイが墜落し、乗員8人全員が死亡した事故について、アメリカ軍はこれまでに初期段階の調査結果として「機体そのものの問題が事...
»続きを読む
カテゴリー:

<オスプレイ 配備の先に>駐屯地工事、防衛省は環境アセス実施を 有志が声明 - 02月16日(金)23:00 

佐賀空港(佐賀市川副町)への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画に伴う駐屯地工事に関し、配備計画に反対する有志ら15人は16日、防衛省に環境影響評価(アセスメント)の実施を求める声明を発表した。 声明は、オスプレイ反対住民の会や裁判支援市民の会のメンバーらの連名。裁判支援市民の会の下村信廣さんらが県庁で会見を開いた。県条例は35ヘクタール以上の用地造成を行う事業者に環境アセスの実施を求めている。
カテゴリー:

<オスプレイ 配備の先に>佐賀市、JA、漁協と県の事前協議終了 県有地、防衛省に有料で使用許可 接続誘導路着工へ - 02月10日(土)06:45 

佐賀空港(佐賀市川副町)への自衛隊輸送機オスプレイ配備計画で、佐賀県は9日、防衛省に県有地約1・9ヘクタールの使用を有料で許可した。使用料は年額445万円。駐屯地と空港滑走路を接続する誘導路設置のための用地で、防衛省は10日にも着工する。使用許可に先立ち、県は公害防止協定に基づく事前協議を佐賀市、県有明海漁協、JAさがの3者と実施。3者は工事について「異議なし」などと回答した。 許可した用地は、駐屯地予定地と南側にある空港滑走路の間にある県有地。
カテゴリー:

陸自オスプレイ再開、防衛相「われわれが主体的に判断」 屋久島沖墜落、米側の調査・分析は「現在も継続中」 - 02月09日(金)21:04 

 木原稔防衛相は9日の記者会見で、昨年11月に鹿児島県・屋久島沖で起きた米空軍CV22オスプレイの墜落事故について「米側の調査や分析作業は現在も継続している」との認識を示し、「日本国内での運用再開に関する事前調整は来ていない」と述べた。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる