「墜落事故」とは?

関連ニュース

【ボーイング】B737機、失速防止装置作動か エチオピア航空首脳のテウォルデ・ゲブレマリアムCEOが証言 - 03月25日(月)23:37  newsplus

https://this.kiji.is/482920352834995297 B737機、失速防止装置作動か エチオピア航空首脳が証言 2019/3/25 23:32 ©一般社団法人共同通信社  【ニューヨーク共同】エチオピア航空の旅客機ボーイング737MAX8の墜落事故で、エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)が、事故時に自動失速防止装置が作動していたもようだと明らかにした。米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版が25日、インタビューを報じた。  この装置が事故原因になった可能性が指摘されており、機体を製造した米ボーイング...
»続きを読む
カテゴリー:

737MAX墜落、失速防止装置作動か - 03月25日(月)23:32 

【ニューヨーク共同】エチオピア航空の旅客機ボーイング737MAX8の墜落事故で、エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレマリアム最高経営責任者(CEO)が、事故時に自動失速防止...
カテゴリー:

「ボーイング737 Max 8」墜落事故の主要因の1つであるシステム面の問題が修正され「暫定的に承認」される - 03月25日(月)14:00 

5カ月で総死者数が300人を超える2件の墜落事故が発生した「ボーイング737 MAX 8」の原因は未だに調査中ですが、2つの事故の主要因とみられるソフトウェア面の問題とパイロットの訓練の問題が見直され、FAA(連邦航空局)は暫定的にそれを承認しました。
カテゴリー:

【航空】ボーイング737MAX、新型機のソフト更新…パイロットの操縦を優先-米紙ウォール・ストリート・ジャーナル - 03月24日(日)21:14  newsplus

ボーイング、新型機のソフト更新=パイロットの操縦を優先-米紙  米紙ウォール・ストリート・ジャーナル(電子版)は23日、 米航空機大手ボーイングが、短期間にインドネシアとエチオピアで 相次いで墜落事故を起こした新型旅客機「737MAX」の 自動飛行制御システムのソフトウエアを更新し、パイロットによる 操縦を優先する仕様に変更すると報じた。パイロットの訓練内容も 見直すという。  仕様を変えるのは、機体の失速を自動的に防ぐ「MCAS」と 呼ばれるシステム。インドネシアで昨年10月に起きた事故で...
»続きを読む
カテゴリー:

ガルーダ航空、737MAX8型機の発注契約を撤回 墜落事故受け - 03月24日(日)16:17 

国営ガルーダ・インドネシア航空は24日までに、計50機の調達を予定していた米ボーイング社製の最新型旅客機「737MAX8」の発注契約を撤回する意向を明らかにした。 同型機の墜落事故が短期間で2度起きたことへの対応措置。同社の報道担当者は「乗客はMAX8を信頼していない」と述べた。 発注契約は2014年に総額49億米ドルでまとめられた。1機は既に納入され、残りの49機の引き取りを中止する。航空会...
カテゴリー:

B737機、失速防止装置作動か エチオピア航空首脳が証言 - 03月25日(月)23:35 

【ニューヨーク共同】エチオピア航空の旅客機ボーイング737MAX8の墜落事故で、エチオピア航空のテウォルデ・ゲブレ...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【航空】ANAに大型機納入のエアバス、ボーイング代替に難しさ - 03月25日(月)15:59  bizplus

3月20日、欧州エアバスは本社がある仏トゥールーズで、超大型機「A380」の全日本空輸(ANA)への納入式を開いた。青空の下、ANA向けに外装にウミガメをあしらったA380が姿を表した。式典でANAホールディングスの片野坂真哉社長は、エアバスのトム・エンダース最高経営責任者(CEO)と握手を交わした後、同機に乗り込み、午後4時半頃にトゥールーズ空港を飛び立った。 これは両社にとって大きな意味のある納入だ。ANAは経営破綻したスカイマークの再建策をまとめるに当たり、将来のA380の発注の可能性を打診し、大口債権者のエアバスの...
»続きを読む
カテゴリー:

ボーイング機墜落でリース業界が「巻き添え」 不幸な事故の裏で誰がとばっちりを受けたか | エアライン・航空機 | 東洋経済オンライン - 03月25日(月)04:50 

世界中の旅行客の背筋を凍らせた、米ボーイングの新型小型旅客機「737MAX8」の墜落事故。その余波は思わ…
カテゴリー:

墜落したボーイング737 MAX、オプション扱いの安全機能を搭載していなかった - 03月24日(日)17:48 

昨年10月29日と今年3月10日に墜落事故を起こした2機のボーイング737 MAX型機では、オプション扱いとなっていた異常発生時の安全を向上させる2つの機能がいずれも搭載されていなかったそうだ(The New York Timesの記事、 SlashGearの記事、 The Vergeの記事、 Ars Technicaの記事)。 搭載されていなかったオプション扱いの機能とは、2つの迎角(AOA)センサーから読み取ったデータを表示するインジケーターと、2つのAOAセンサーから読み取ったデータが一致しない場合に警告を表示するAOA Disagree alertだ。昨年10月のライオンエア610便墜落事故では、737 MAXの新型失速防止システム(MCAS)にAOAセンサーから誤ったデータが入力されたことが事故の原因とされていた。 昨年11月にボーイングが発行したOperation Manual Bulletin(OMB)では、AOAの異常を操縦士へ知らせる複数の機能のうち、AOA Disagree alertはオプションのAOAインジケーターが搭載されている場合のみ利用できることが記載されている。ただし、ライオンエア610便の737 MAXにAOAインジケーターが搭載されていたかどうかについては記載がなかった。 すべて読む | ハードウェアセクション | ...more
カテゴリー:

健康への影響検証の材料さえ沖縄県民に提供されず オスプレイに放射性物質 日米説明なく「安全」を強調← 2016年墜落、白い作業服米兵 - 03月24日(日)04:03  newsplus

健康への影響検証の材料さえ沖縄県民に提供されず オスプレイに放射性物質 日米、説明なく「安全」を強調 重大事故率が高い米軍の垂直離着陸輸送機オスプレイの機体に放射性物質の劣化ウランとトリチウムが使用されていることで、墜落事故の危険だけでなく放射能汚染という二次的危険性もあることが明らかになった。沖縄へのオスプレイ配備を強行し、米軍に訓練場所を提供し続けている日本政府にも説明責任がある。米軍は健康への影響がないことを強調するが、それを検証する材料さえ県民には提供されていない。  2016年12月に普...
»続きを読む
カテゴリー:

もっと見る

「墜落事故」の画像

もっと見る

「墜落事故」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる