「墜落事故」とは?

関連ニュース

【ボーイング】737MAX型機シミュレーターに欠陥あったと認める ソフトを修正 - 05月19日(日)20:43  newsplus

https://www.afpbb.com/articles/-/3225694?act=all ボーイング、737MAX型機シミュレーターに欠陥あったと認める ソフトを修正 2019年5月19日 12:24  発信地:ニューヨーク/米国 [ 米国 北米 ] 【5月19日 AFP】米航空機大手ボーイング(Boeing)は18日、2件の墜落事故で合わせて346人が死亡した同社の737MAX型機について、フライトシミュレーターのソフトウエアにあった欠陥を修正したと発表した。  同社は「ボーイングは737MAXのシミュレーターのソフトウエアを修正し、シミュレーターによる訓練がさまざまな飛行条件を反映し...
»続きを読む
カテゴリー:

【安倍晋三】またまたトランプ大統領から武器爆買い 空対空ミサイル約349億円 - 05月19日(日)00:10  poverty

 米国防総省は17日、高性能の空対空ミサイル160発と関連部品を計約3億1700万ドル(約349億円)で、日本に売却することが承認されたと発表した。 日本が米国から調達し、先月墜落事故を起こした最新鋭ステルス戦闘機F35に搭載されるものとみられる。  承認されたのは、米レイセオン社のAIM120発展型中距離空対空ミサイル(AMRAAM)160発や誘導部品など。同省は声明で「主要な同盟国の安全保障を向上させることは、 アジア太平洋地域における米国の政治的安定や経済的発展の力になる」とし、「日本...
»続きを読む
カテゴリー:

米が日本に空対空ミサイル売却 戦闘機F35に搭載か - 05月18日(土)09:46 

 米国務省の国防安全保障局は17日、高性能の空対空ミサイル160発と関連部品を計約3億1700万ドル(約349億円)で、日本に売却することが承認されたと発表した。日本が米国から調達し、先月墜落事故を起…
カテゴリー:

F35A、機体位置のデータ残る 墜落事故で空自明らかに - 05月17日(金)17:39 

丸茂吉成航空幕僚長は17日の記者会見で、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故に...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

失速防止装置の改修完了 米ボーイング、認可申請へ - 05月16日(木)23:48 

 米航空機大手ボーイングは16日、最新鋭機ボーイング737MAX8の墜落事故時に誤作動が起きた自動失速防止装置について、改修を完了したと発表した。米連邦航空局(FAA)に操作方法などに関する詳細な情報を提出した後、認可を申請する。
カテゴリー:

【安倍政権“武器爆買い”】米が日本に空対空ミサイル売却 約3億1700万ドル(約349億円) - 05月19日(日)08:11  seijinewsplus

米が日本に空対空ミサイル売却 戦闘機F35に搭載か  米国防総省は17日、高性能の空対空ミサイル160発と関連部品を計約3億1700万ドル(約349億円)で、日本に売却することが承認されたと発表した。日本が米国から調達し、先月墜落事故を起こした最新鋭ステルス戦闘機F35に搭載されるものとみられる。  承認されたのは、米レイセオン社のAIM120発展型中距離空対空ミサイル(AMRAAM)160発や誘導部品など。同省は声明で「主要な同盟国の安全保障を向上させることは、アジア太平洋地域における米国...
»続きを読む
カテゴリー:

【軍靴の音】米が日本に空対空ミサイル160発売却 戦闘機F35に搭載か - 05月18日(土)10:12  newsplus

米国務省の国防安全保障局は17日、高性能の空対空ミサイル160発と関連部品を計約3億1700万ドル(約349億円)で、日本に売却することが承認されたと発表した。 日本が米国から調達し、先月墜落事故を起こした最新鋭ステルス戦闘機F35に搭載されるものとみられる。  承認されたのは、米レイセオン社のAIM120発展型中距離空対空ミサイル(AMRAAM)160発や誘導部品など。 同局は声明で「主要な同盟国の安全保障を向上させることは、アジア太平洋地域における米国の政治的安定や経済的発展の力になる」と...
»続きを読む
カテゴリー:

【空自】F35A、機体位置のデータ残る 墜落事故で航空幕僚長が明らかに - 05月17日(金)19:11  newsplus

丸茂吉成航空幕僚長は17日の記者会見で、航空自衛隊三沢基地(青森県)の最新鋭ステルス戦闘機F35Aが墜落した事故に関し、戦闘機同士のデータを共有するシステムに機体の位置情報が残されているとして、「事故当時の状況が分かるようなデータが取れている」と明らかにした。 丸茂氏は、地上レーダーの記録、一緒に訓練していた3機の操縦士への聞き取りなどを含め、事故原因を推定し、安全が確保できた場合は「再発防止策を講じた上で、(同型機の)飛行再開という判断をすることはあり得る」との認識を示した。 5/17(金) 18:42 共同...
»続きを読む
カテゴリー:

ボーイング、失速防止装置の改修完了  - 05月17日(金)09:27 

【ワシントン=塩原永久】米航空機大手ボーイングは16日、新型旅客機737MAXの失速防止装置の改修作業を完了したと発表した。装置の誤作動が2度の墜落事故を誘発し…
カテゴリー:

失速防止装置の改修完了 米ボーイング、認可申請へ - 05月16日(木)23:29 

 米航空機大手ボーイングは16日、最新鋭機ボーイング737MAX8の墜落事故時に誤作動が起きた自動失速防止装置について、改修を完了したと発表した。米連邦航空局(FAA)に操作方法などに関する詳細な情報を提出した後、認可を申請する。
カテゴリー:

もっと見る

「墜落事故」の画像

もっと見る

「墜落事故」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる