「北大西洋条約機構」とは?

関連ニュース

問題は岸田首相の能力や人格ではない。トランプ“返り咲き”で日米関係は悪化する可能性大 - 07月18日(木)17:14 

バイデン大統領の「自滅」や銃撃事件の思わぬ影響もあり、再選が有力視されるトランプ氏。前大統領の返り咲きが現実のものとなった場合、日米関係はどのように変化するのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、「厳しくなるだろう」と予測。その理由を岸田首相とプーチン氏との関係性にフォーカスし解説しています。※本記事のタイトルはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:トランプが勝利したら日米関係はどうなる? トランプが勝利したら日米関係はどうなる? 全世界の裏RPE読者の皆様、こんにちは!北野です。 皆さんご存知だと思いますが、アメリカ大統領選、バイデン劣勢、トランプ優勢になっています。 バイデンさんは、6月28日のトランプとの討論会で大敗しました。「認知症懸念」が沸騰し、民主党内で「バイデン撤退工作」がはじまりました。しかし、バイデンさんは現時点で、撤退をかたくなに拒んでいます。 そして、印象的な「言い間違え」も続いています。ゼレンスキーのことを「プーチン」と言ったり、ハリス副大統領のことを「トランプ副大統領」と言ったり。「BBC NEWS JAPAN」7月12日。「バイデン氏、ゼレンスキー氏を「プーチン大統領」と紹介 米副大統領とトランプ前大統領も言い違い」。 アメリカ・ワシントンで開催されていた北大西洋条約機構(NATO)首...more
カテゴリー:

習近平が激怒。NATO事務総長「中国がウクライナ侵攻のロシア経済を支えている」という“名指し批判” - 07月17日(水)04:45 

日本もパートナー国として参加した「NATO首脳会議2024」。多くのメディアが中国を名指しで批判した首脳宣言を大きく報じましたが、当然ながら中国政府はこれに猛反発しています。今回のメルマガ『富坂聰の「目からうろこの中国解説」』では多くの中国関連書籍を執筆している拓殖大学教授の富坂さんが、中国が欧米各国に対して展開した「極めてもっともである反論」を紹介。さらにNATOがアジアにまで出張ってこようとする理由を解説しています。 ※本記事のタイトル・見出しはMAG2NEWS編集部によるものです/原題:ウクライナに侵攻したロシアの戦争を支えているのは中国ではなく、欧米という不都合な中国の反論 怒り心頭の中国。NATO「ロシアの戦争を支えているのは中国」への的確すぎる反論 いよいよ欧州も中国をターゲットに本格的に動き出したのだろうか。 75周年を迎えた北大西洋条約機構(NATO)首脳会議(サミット)は10日、首脳宣言を採択して閉幕した。会議の最重要議題はウクライナへの支援の継続だったが、同時にメディアが注目したのは中国だった。 首脳宣言で「ロシア経済を支えている」と初めて名指しで中国を批判したからだ。 NATOのイェンス・ストルテンベルグ事務総長は、「中国はロシアによるウクライナ侵攻の決定に重要な支援者であり、中国による支援によりロシアがヨーロッパおよび大西洋地域に及ぼす安全保障の脅威が拡大し...more
カテゴリー:

ポーランド外相、ウクライナへ飛来のロシアのミサイル迎撃検討 - 07月14日(日)14:39 

ポーランドのシコルスキ外相は14日までに、ウクライナの都市空爆に向かったり、ポーランド領内へ侵入したりしそうな飛行経路にあるロシアのミサイルを迎撃するとのウクライナの提案を検討していることを明らかにした。 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に伴って訪れた米の首都ワシントンで、シンクタンク「アメリカン・エンタープライズ公共政策研究所」で講演した際に述べた。 同外相はロシアのミサイルの一部はサン...
カテゴリー:

米国の核の傘、尹大統領が望んだ「作戦計画」ではなく「共同指針」となったわけ(ハンギョレ新聞) - 07月14日(日)12:29 

 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席するため米国を訪問した尹錫悦(ユン・ソクヨル)大統領は今月9日(現地時間)、米国ハワイのインド太平洋軍司令部に立ち寄った。前日の8日、大統領室の高官はハワイ
カテゴリー:

【悲報】ウクライナ軍、今夏6機のF16を配備完了。年内には20機を配備予定 - 07月13日(土)22:26  poverty

!extend:checked:default:1000:512:donguri=0/3 !extend:checked:default:1000:512:donguri=0/3 (ブルームバーグ): 今年夏、ロシア軍撃退に必要だと主張し続けてきた米国製戦闘機「F16」をウクライナはようやく受け取る見通しだ。だが、ゼレンスキー大統領らが望んでいた機数には遠く及ばない。 今週の北大西洋条約機構(NATO)首脳会議でF16引き渡しは大々的に宣伝されたものの、遅れや予備部品を巡る問題、ウクライナ軍パイロットと外国人教官の言葉の壁など、数々の障害に悩まされてきたと、事情に詳しい関係者が...
»続きを読む
カテゴリー:

【国際】ロシア軍 近代化改修を施したミグ31フォックスハウンドの受領を開始 - 07月18日(木)16:36  newsplus

 ロシアの国営企業である統一航空機製造会社(UAC)は2024年7月15日、近代化を施したMiG-31の納入を国家防衛命令の一環として開始したと発表しました。  UACは具体的な納入した機数に関して発表していませんが「飛行テストで指定された要件が確認された後、航空機は常設基地に送られた」と発表し、「近代化されたMiG-31航空機は高い戦闘特性を備えており、現代の状況において問題を首尾よく解決することができる」と近代化された機体の性能をアピールします。  北大西洋条約機構(NATO)コードネームで「フォックスハウンド」と...
»続きを読む
カテゴリー:

“ロシアの「ハイブリッド攻撃」欧州で激化”NATO 各国対抗へ - 07月14日(日)17:33 

NATO=北大西洋条約機構は、今月、アメリカで行われた首脳会議で発表した首脳宣言で、ロシアがヨーロッパなどで「ハイブリッド攻撃」を激化させ加盟国の脅威になっていると指摘し、各国が連携して対抗することを確認したと明らかにしました。
カテゴリー:

【社説】中国と対立しない開放的、包容的なIP4構築を(ハンギョレ新聞) - 07月14日(日)14:04 

 北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に出席したインド太平洋地域の主要な4つの民主主義国(IP4)が、朝ロの「違法な軍事協力」を糾弾する初の共同声明を発表した。韓国が属するインド太平洋地域にはNATO
カテゴリー:

首相 米国・ドイツ歴訪から帰国 - 07月14日(日)08:25 

岸田文雄首相は14日、米国、ドイツ歴訪を終え、政府専用機で羽田空港に帰国した。米国では北大西洋条約機構(NATO)首脳会議に3年連続で出席。偽情報対策やサイバー防衛な...
カテゴリー:

ロシア軍、2ヶ月で7万人死傷 - 07月13日(土)20:58  poverty

!extend:default:default:1000:512:donguri=0/3 ロシア軍兵士の死傷者 この2か月で7万人超か 英国防省 イギリス国防省は、ウクライナ侵攻を続けるロシア軍兵士の死傷者がこの2か月で7万人を超え、今後も多数の犠牲をいとわず攻勢を強めるという見方を示しました。一方、NATO=北大西洋条約機構の首脳会議への出席を終えたウクライナのゼレンスキー大統領は、支援国との連携をさらに強めていく考えを示しました。 イギリス国防省は12日、ウクライナ侵攻を続けるロシア軍兵士の死傷者は、ことし5月と6月では、1日平均で1100人以...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる