「防衛省」とは?

関連ニュース

「人体に影響は」 宇宙レーダー計画、地元・山口で懸念の声 - 12月05日(日)11:04 

 防衛省が山口県山陽小野田市に整備を計画する宇宙監視レーダー施設の住民説明会が4日、同市の埴生公民館であった。防衛省中国四国防衛局が配備計画や安全性について説明したが、住民からは「人体への影響は」などと懸念の声が相次いだ。
カテゴリー:

北大東村が自衛隊誘致 村議会、意見書可決へ - 12月04日(土)06:40 

 【東京】北大東村が自衛隊の誘致に向け、防衛省などへ要請していくことが3日までに分かった。8日開会の村議会に議員提案で誘致に関する意見書案が提出され、9日に審議される。関係者によると全会一致で可決される見通しだ。村は意見書可決を受けて、通信部隊の配備を岸信夫防衛相に求めるという。  意見書案は、...
カテゴリー:

産経新聞「インドネシアの将軍の像から日本は東京裁判の呪縛に囚われるなって声が聞こえる・・・」 - 12月03日(金)21:18  poverty

8月17日、防衛省の一角で、インドネシア独立の英雄であるスディルマン将軍の銅像への献花式が行われた。昨年からは防衛省の公式行事となり、小野寺五典(いつのり)防衛相、アリフィン・タスリフ駐日大使も列席している。スディルマン将軍は日本軍政時代、日本軍の軍事訓練を受けて郷土防衛義勇軍の大隊長を務め、独立戦争を戦い、初代国軍司令官となった。その名は、ジャカルタをはじめ主要都市の通りに残されるなど、いまなお国民の尊敬を集めている。  平成23年にインドネシア国防省から寄贈された将軍像は、防衛省の西の端...
»続きを読む
カテゴリー:

【人がいなそうな場所選んだ】米軍F16戦闘機操縦士、青森県上空から燃料タンク投棄であわや民家直撃へ - 12月03日(金)20:12  news

米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄した問題で、三沢基地側が1日、 三沢市に「エンジントラブル警告が出たため」と投棄の経緯を説明していたことが判明した。一方で防衛省は2日、 「把握しておらず、米側に確認中」としている。  F16は11月30日夕方、青森市の青森空港に緊急着陸し、 その直前に燃料タンク2個を投棄していた。1個は青森県深浦町の民家のすぐそばに落下しているのが見つかった。 もう1個は発見されていなかったが、三沢基地は2日、深浦町内の雑木林で見つかったと発表した。...
»続きを読む
カテゴリー:

米軍燃料タンク投棄 防衛相「安全策説明ないまま飛行再開は遺憾」 - 12月03日(金)13:53 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄した問題で、岸信夫防衛相は3日の記者会見で、米軍が同型機の飛行を再開したことについて「事故原因を踏まえた安全対策の説明がないままの再開は極めて遺憾」と不快感を示した。防衛省は米軍側に、飛行の安全が確認されるまでのF16の飛行中
カテゴリー:

山口・陸上イージス撤回説明会、12月下旬に開催 中国四国防衛局 - 12月04日(土)09:23 

 陸上配備型迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」の陸上自衛隊むつみ演習場(山口県萩市、阿武町)への配備計画撤回を巡り、防衛省中国四国防衛局は3日、予定しながら約1年半開催していなかった、撤回の経緯に関する住民説明会を12月下旬に開くと発表した。日時や場所は明らかにしていないが、萩市で24日より
カテゴリー:

知事「米軍との関係崩れる」 F16飛行再開 - 12月03日(金)22:51 

米軍三沢基地のF16戦闘機が燃料タンク2個を青森県深浦町内へ投棄した問題で、岸信夫防衛相は3日、同型機の飛行中止を要請した翌日に米軍側が飛行再開したことに対し、「極めて遺憾」と述べた。リッキー・ラップ在日米軍司令官に説明を求めたとした一方、飛行中止の再要請には言及しなかった。三村申吾知事は岸防衛相との会談で「築かれてきた米軍との関係が大きく崩れかねない」と述べ、再開に抗議の意思を示した。防衛省は1日、ラップ司令官に対し、安全が確認されるまでは飛行を中止するよう要請。しかし「何ら説明もないまま」…
カテゴリー:

F16の飛行再開に地元強く反発 燃料タンク投棄の説明求める - 12月03日(金)21:11 

 米軍三沢基地(青森県三沢市)所属のF16戦闘機が飛行中に燃料タンクを投棄した問題で、関係先への丁寧な説明を欠いたまま同型機の飛行を再開した米軍に対し、地元自治体の反発が強まっている。三村申吾・青森県知事は3日、東京・市ケ谷の防衛省で岸信夫防衛相と面談し、早急に説明責任を果たすよう米軍への働きかけを
カテゴリー:

“F16の飛行訓練再開 極めて遺憾” 深浦町長 防衛省.. - 12月03日(金)18:09 

“F16の飛行訓練再開 極めて遺憾” 深浦町長 防衛省に中止要請 #nhk_news
カテゴリー:

陸自の不明偵察機 捜索打ち切り 種子島沖で不明 海に沈んだ可能性 米国製2機とシステム 導入費計7.5億円 - 12月03日(金)09:40 

防衛省は2日、種子島沖で11月23日夜に通信が途絶え、行方不明となった陸上自衛隊の無人偵察機「スキャンイーグル」1機の捜索を打ち切った。落下物や被害は確認されておらず、海に沈んだ可能性が高いと判断した。再発防止に向け、近く事故調査委員会を立ち上げる。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる