「日経平均」とは?

関連ニュース

「大戸屋株主総会」に思うこと 日経平均の先行きと「超インフレ」懸念 - 07月10日(金)20:00 

【経営者目線】今年のワタミの定時株主総会は、コロナ対策でやむを得ず来場者の抽選方式をとった。不本意でありとても残念だった。株主総会とは、1年間の振り返りと同時に…
カテゴリー:

東証反落、238円安 感染200人超、経済停滞へ不安 - 07月10日(金)16:38 

 10日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。東京都の新型コロナウイルスの新規感染者が200人を超え、経済停滞への不安から売りが膨らんだ。
カテゴリー:

株式 東証=終値 2万2290円81銭 - 07月10日(金)15:23 

 10日の東京株式市場の日経平均株価は、前日の終値と比べ238円48銭安の2万2290円81銭で取引を終えた。
カテゴリー:

東証、午前終値は52円安 一時100円超下落 - 07月10日(金)12:40 

 10日午前の東京株式市場の日経平均株価は反落した。新型コロナウイルス感染再拡大への警戒感から売りが先行した。下げ幅は一時100円を超えた。
カテゴリー:

auカブコム証券のつみたてNISA、評判は?メリットと注意点、注目銘柄も - 07月10日(金)12:06 

auカブコム証券は、2019年12月に「カブドットコム証券」から社名を変更した証券会社です。設立自体は1999年と、ネット証券会社の中では長い歴史があります。 auカブコム証券ではつみたてNISAの口座開設ができます。つみたてNISAは「少額投資非課税制度」と呼ばれている、投資における税制優遇制度です。しかし、「auカブコム証券でつみたてNISAの口座開設をした場合のメリットは?」「どのようなデメリットがある?」という疑問の声も聞かれます。 そこで今回は、auカブコム証券でつみたてNISAの口座開設・取引をした場合、どのようなメリット・デメリットがあるか、また取り扱っている注目銘柄について解説していきます。auカブコム証券でつみたてNISAの口座開設を検討している方は参考にしてください。 目次 auカブコム証券の企業概要 auカブコム証券のつみたてNISAの特徴やメリット 2-1.150本の金融商品があり、100円から投資できる 2-2.「FUND DRESS」が銘柄選びをサポート 2-3.つみたてNISA(積立NISA)かんたんシミュレーション 2-4.「NISA割」で現物株式の売買手数料が最大5%オフ 2-5.NISA専用フリーダイヤルがある auカブコム証券のつみたてNISAの注意点は? auカブコム証券のつみたてNISA注目銘柄 4-1.iFree日経225インデックス ...more
カテゴリー:

ノーロード投資信託のメリット・デメリットは?人気の4銘柄も紹介 - 07月10日(金)17:43 

投資信託は少額から投資ができ、また運用をプロに任せることができるため、初心者の方にも人気のある金融商品です。中でも最近は、インターネットの利用拡大に伴って販売手数料のかからないノーロード投資信託が注目されています。 投資信託で発生する手数料は、株式投資等と比べると高めなので、少額投資や長期にわたる積立投資をする場合、コストの安いファンド選びが重要になります。 そこでこの記事では、ノーロード投資信託のメリット・デメリットやノーロード投資信託を選ぶ際のポイント、人気の高いノーロードファンドをご紹介します。投資信託選びで悩んでいる方、コストを節約して運用益を伸ばしたい方は、ご参考ください。 目次 ノーロード投資信託とは ノーロード投資信託のメリット 2-1.販売手数料が無料 2-2.手軽に購入できる 2-3.リスクを抑えた運用が期待できる ノーロード投資信託のデメリット 3-1.販売手数料以外のコストは発生する 3-2.きめ細かいサポートは望めない 3-3.大きな利益は期待できない ノーロード投資信託を選ぶときのポイント 4-1.運用実績の良いファンドを選ぶ 4-2.純資産総額の大きいファンドを選ぶ 4-3.トータルコストの安いファンドを選ぶ 代表的なノーロード投資信託4選 5-1.日経225ノーロードオープン 5-2.野村インデックスファンド・日経225 5-3.フィデリティ・USリ...more
カテゴリー:

ETFの決算期特有の需給要因が大きい - 最新株式ニュース - 07月10日(金)15:52 

 日経平均は反落。238.48円安の22290.81円(出来高概算13億3700万株)で取引を終えた。オプションSQに絡んだ商いが買い越しだった影響もあり、小幅に続伸して始まると、寄り付き直後には一時22563.68円を付けている。 ただし、その後はこう着感の強い相場展開となり、指数インパクトの大きいファーストリテ<9983>が下方修正を嫌気され下げ幅を拡大させた影響のほか、中国市場が上げ一服とな
カテゴリー:

後場に注目すべき3つのポイント~それでも崩れない株式市場を捉え直す - 最新株式ニュース - 07月10日(金)12:51 

10日の後場の取引では以下の3つのポイントに注目したい。・日経平均は小幅反落、それでも崩れない株式市場を捉え直す・ドル・円は弱含み、仲値にかけて売り優勢に・値下がり寄与トップはファーストリテ<9983>、同2位がテルモ<4543>■日経平均は小幅反落、それでも崩れない株式市場を捉え直す日経平均は小幅反落。52.55円安の22476.74円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えている。9日
カテゴリー:

日経平均は小幅反落、それでも崩れない株式市場を捉え直す - 最新株式ニュース - 07月10日(金)12:21 

 日経平均は小幅反落。52.55円安の22476.74円(出来高概算6億1000万株)で前場の取引を終えている。 9日の米株式市場でNYダウは反落し、361ドル安となった。先週分の新規失業保険申請件数が予想以上に減少したことを好感する一方、フロリダ州で1日の新型コロナウイルス感染者数が過去最多に上り、国立アレルギー感染症研究所のファウチ所長が「シャットダウン(経済活動の停止)を真剣に検討すべきだ」
カテゴリー:

東証、反落で始まる 米経済の先行き警戒 - 07月10日(金)09:33 

 10日午前の東京株式市場は日経平均株価が前日終値比5円68銭高の2万2534円97銭で取引が始まったが、その後は前日終値を割り込む水準で推移している。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「日経平均」の画像

もっと見る

「日経平均」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる