「事業規模」とは?

関連ニュース

【ファンコミュニケーションズ・グローバル】釜山情報産業振興院との業務提携を発表 - 01月17日(金)15:00 

~在韓国釜山のスマートフォンゲームデベロッパーに対し、日本進出への包括的支援プロジェクトを開始~インターネット広告事業を展開する株式会社ファンコミュニケーションズ(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:柳澤安慶 東京証券取引所市場第一部:2461)の連結子会社で、海外スマートフォンアプリデベロッパーの国内マーケティング支援事業及びパブリッシング事業を行う株式会社ファンコミュニケーションズ・グローバル(旧:アドジャポン)(東京都渋谷区、代表取締役社長:遠藤哲也)と釜山情報産業振興院(韓国釜山海雲台区、院長:イ・インスク)は、2019年12月23日、釜山文化コンテンツコンプレックスにて、業務提携及び「2020 Bu:Star(※1)モバイルカジュアルゲームコンテンツ開発支援プロジェクト」(以下、本プロジェクト)を発表しました。■制作及びマーケティング費用に最大総額2億ウォン(約2,000万円)を支援、釜山発ゲームのグローバル進出を加速本プロジェクトは韓国釜山地域の優良スマートフォンゲームアプリデベロッパーの新規発掘、事業規模拡大に向けた包括的支援を目的に実施されます。公募は2020年1月から開始される予定で、在釜山のスマートフォンゲームアプリデベロッパーであること、かつ2020年内にGoogle Play ストア及びApp Storeで稼働可能(製作中のプロジェクトを含む)であることが条...more
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★8 - 01月03日(金)02:01  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★6 - 01月02日(木)20:22  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★4 - 01月02日(木)16:17  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★2 - 01月02日(木)12:47  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★9 - 01月03日(金)09:02  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★7 - 01月02日(木)23:13  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★5 - 01月02日(木)18:00  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている ★3 - 01月02日(木)14:44  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への支出は...
»続きを読む
カテゴリー:

【話題】「若者消費の縮小」が日本のデフレを加速させている - 01月02日(木)10:55  newsplus

日本はなぜ深刻なデフレ経済に陥ったのか。なぜそこから抜け出せないのか。第一生命経済研究所の熊野英生さんが「若者の消費」の視点から考えます。【毎日新聞経済プレミア】  ◇ラーメン業界は一層厳しく?  デフレ構造をつくる背景に「少子化・高齢化・人口減少」がある。それを示す一例として外食への支出減少がある。  外食産業にとって20~30代は大きな顧客である。外食への支出は2003年、金額シェアで31.3%が20~30代であった。それが、15年後の18年には21.5%へと落ちた。実額では3.4兆円あった20~30代の外食への...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「事業規模」の画像

もっと見る

「事業規模」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる