「過去最高」とは?

関連ニュース

日本郵船、空前の純利益1兆円で過去最高益…収益源の多角化に成功 - 06月26日(日)18:00 

ウクライナ危機などをきっかけに、世界経済が大きな変化の局面を迎えている。1990年代初頭以降、ベルリンの壁が崩壊したことなどをきっかけに世界経済のグローバル化が加速した。国境の敷居は下がり、あたかも世界中が一つの国のように経済活動を行うことが可能になった。その最大のメリットは、各...
カテゴリー:

【ウィンブルドン問題】最古の歴史と伝統を誇る前代未聞の非公式戦、1カ月半で態度が豹変/上 - 06月26日(日)14:08 

テニスの4大大会、今季第3戦のウィンブルドン選手権が27日、英国ロンドン郊外で始まる。賞金総額は過去最高の4035万ポンド(約68億円)。しかし、ロシア、ベラルーシの選手を閉め出し、世界ランキングのポイントも反映されない。厳密に言えば、…
カテゴリー:

アントニオ猪木はなぜモハメド・アリ戦で“リアルファイト”にこだわったのか? 繰り返したローキック、極限の緊張感「生きるか死ぬかだからね」 - 06月26日(日)11:03 

6月19日、東京ドームで開催された“キックボクシング史上最大のイベント”『THE MATCH 2022』。メインイベントで那須川天心と武尊というスーパースター同士の対戦がついに実現したインパクトは凄まじく、東京ドームが超満員札止めになっただけでなく、独占ライブ配信された『ABEMA PPV ONLINE LIVE』の視聴チケットは過去最高の50万件を突破。大会翌日に急きょ実施された天心vs武尊のノーカット無料放送もABEMAの1時間番組として過去最高の視聴者数を記録するなど、格闘技の持つポテンシャルの高さと底力を見せつけるかたちとなった。
カテゴリー:

内田美咲がW杯ファイナル日本勢最高の4位 近代五種 - 06月26日(日)08:01 

決勝が行われ、女子の内田美咲(自衛隊)が男女を通じW杯ファイナル日本勢過去最高の4位となった。24歳の内田は水泳で3番手のタイムを出し、合計1372点を記録した。 日本近代五種協会によると、W杯ランキング上位36人が参加できるW杯ファイ…
カテゴリー:

【悲報】中国バブル崩壊で広がる失業危機、建国以来最悪の恐れ - 06月26日(日)02:09  livejupiter

[香港 20日 ロイター BREAKINGVIEWS] - 中国で今年起きた失業危機は、1949年の建国以来最悪になる恐れが出てきた。16歳から24歳の年齢層の失業率は20%近くと過去最高を更新し、中国全土の失業者数が2008年以来の水準に迫っている様子がうかがえる。 かつての登録ベース方式に比べれば信頼性が高まったとみられる訪問調査方式の失業率は、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)期間を通じて6%を下回り続けた。しかし、さらに実態を反映しているとされる民間の指標からはもっと深刻な構図が浮かび上...
»続きを読む
カテゴリー:

【ウィンブルドン問題】英国政府からの圧力と王室の問題 もしロシア選手が優勝したら/下 - 06月26日(日)14:09 

テニスの4大大会、今季第3戦のウィンブルドン選手権が27日、英国ロンドン郊外で始まる。賞金総額は過去最高の4035万ポンド(約68億円)。しかし、ロシア、ベラルーシの選手を閉め出し、世界ランキングのポイントも反映されない。厳密に言えば、…
カテゴリー:

中国の大学新卒者、空前の就職難 ゼロコロナが拍車 - 06月26日(日)11:31  newsplus

[北京 23日 ロイター] - ジェニー・バイさんは、北京のあるインターネット企業の厳しい面接を4回もくぐり抜け、最終的に内定を勝ち取った優秀なコンピューター科学専攻の10人の大学生の1人だった。 しかし、5月になってこの企業から内定取り消しを通告された。新型コロナウイルスの感染拡大や中国経済全般の悪化が理由だ。この点に今年1080万人と過去最高となった中国の大学新卒者が直面している大きな問題がある。 今月卒業したバイさんは「心配だ。就職先を見つけられない場合、どうすれば良いか分からない」と...
»続きを読む
カテゴリー:

人気グラドル・天木じゅん「写真集」12位 過去最.. - 06月26日(日)08:31 

人気グラドル・天木じゅん「写真集」12位 過去最高の露出度でド迫力ボディを収録(写真 全3枚) #天木じゅん #写真集 #オリコン #生 #双葉社 @jun_amaki
カテゴリー:

【🍒】サクランボ1粒4万円…「青森ハートビート」15粒入り、過去最高60万円で落札 - 06月26日(日)07:25  newsplus

※2022/06/26 06:11  デビュー4年目を迎えた青森県産サクランボ「ジュノハート」の初競りが25日、八戸市中央卸売市場で行われ、特に粒が大きな最高級品「青森ハートビート」1箱(15粒入り)は60万円(税別)で落札された。昨年の45万円を上回る過去最高額で、1粒あたり4万円の高値となった。 威勢の良い掛け声が響いた青森ハートビートなどの初競り(25日、八戸市で)  15粒入りは50箱が競りにかけられ、青森ハートビートは3万~60万円、ジュノハートは1万5000~15万円の値が付いた。 ...
»続きを読む
カテゴリー:

ジュノハート初競り、1粒4万円に沸く - 06月26日(日)00:47 

デビュー4年目となるサクランボの青森県オリジナル品種「ジュノハート」の今年の初競りが25日朝、八戸市中央卸売市場で行われ、粒が大きい上位等級品「青森ハートビート」が1箱(15粒入り)60万円の過去最高値を付けた。昨年より15万円高く、1粒4万円のご祝儀価格となった。午前7時過ぎ、化粧箱に詰められたハートビート11箱、ジュノハート39箱(1箱15粒入り)が市場中央に並べられ、競りがスタート。競り合いの末、昨年を上回る最高値が飛び出すと、市場は拍手で包まれた。ハートビートは3万~60万円、ジュノハ…
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

ツイッター人気

こんなの見てる