「半導体材料」とは?

関連ニュース

徐福会、姉妹締結へ 韓国団体と草の根交流強化 - 01月20日(月)21:35 

不老不死の妙薬を求め、中国から渡来したとされる徐福の研究に取り組むNPO法人「佐賀県徐福会」(大串達郎理事長)が、韓国の類似団体と姉妹団体を締結すべく、準備を進めている。元徴用工訴訟問題や韓国への半導体材料の輸出規制強化による日韓関係の悪化が続く中、草の根での交流を強化し、徐福研究を促進する。 姉妹団体となるのは韓国慶尚南道(キョンサンナムド)咸陽(ハミャン)郡の「咸陽郡徐福研究会」。咸陽郡は古くから山人参の産地として知られる。
カテゴリー:

輸出管理厳格化の素材、韓国で生産へ 通商省が米デュポン誘致 - 01月09日(木)22:15 

 韓国の産業通商資源省は9日、日本政府が対韓輸出管理厳格化を強化した半導体材料「レジスト」について、米化学大手デュポンが生産施設を韓国に設けると発表した。同省がデュポンと接触し、投資を誘致してきたという。
カテゴリー:

日本が譲歩した?韓国への「フッ化水素」輸出再開に批判が殺到 - 01月10日(金)12:51 

産経新聞や日本経済新聞などによると、化学メーカーの森田化学工業(大阪市)は10日、日本政府による韓国への輸出管理の厳格化で停止していたフッ化水素の輸出を約半年ぶりに再開したことが明らかになった。昨年7月以降輸出できなかったが、12月24日に日本政府から許可を得て、今月8日に出荷したという。同製品は日本政府が対韓輸出管理を厳格化した3品目の一つで、森田化学では約半年間に渡り輸出できない状況が続いていた。日本のネット上では、再開に「甘い」などと批判の声が相次いでいる。 半年ぶりにフッ化水素の輸出を再開 日本政府がついに韓国への輸出を再開した。フッ化水素は半導体の洗浄に使用されるもので、日本企業は高純度のフッ化水素を製造する技術に優れており、森田化学は合弁会社を通じてサムスン電子やSKハイニックスなど韓国半導体メーカーに供給していた。 日本政府は昨年7月、フッ化水素など3品目の対韓輸出規制を強化し、輸出には個別申請が必要となっていた。森田化学は「許可を得るまで想定以上に時間がかかった。今後は早めに申請するなどして継続出荷できるように努める」(広報担当者)と話していると産経新聞が伝えている。 森田化学によると、同社は輸出停止前、韓国のフッ化水素市場で約3割のシェアを占めていた。 韓国国内では別の動きも 一方、アメリカの化学メーカー、デュポンが半導体の核心素材「極端紫外線(EUV)用フォトレ...more
カテゴリー:

【ハゲ】光で発毛させる夢のデバイスが完成!安心の特許取得済み。髪と肌が若返る - 01月09日(木)05:31  newsplus

髪を再生する最初のオールLED医療機器につながります。 化学物質なし。錠剤はありません。ただ光だけです。 REVIAN Inc.(以前のPhotonMD Inc.)は、光で髪と肌を若返らせるための身体の自然なプロセスを刺激することに専念する医療技術会社で、米国特許商標庁(USPTO)が米国特許番号10,265,258を発行したことを発表します。 -体内の生体組織を再生するための光の独自の色の組み合わせの使用に関する独創的な特許。 「これは、光の治療的使用に対する画期的なアプローチです」と、共同開発者であり、レビアン社のエグゼクティブチ...
»続きを読む
カテゴリー:

「半導体材料」の画像

もっと見る

「半導体材料」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる