「百貨店」とは?

関連ニュース

佐賀県内の経済「緩やかに回復」 4月、3期連続判断据え置き 佐賀財務事務所 - 04月22日(月)19:00 

佐賀財務事務所は22日、4月の佐賀県内の経済情勢について「緩やかに回復しつつある」と、判断を3期連続で据え置いた。生産活動は持ち直しの動きが緩やかになっているものの、個人消費が回復しつつあり、雇用情勢の改善の動きが続いている状況を踏まえた。 個人消費は「緩やかに回復しつつある」と3期連続で判断を据え置いた。百貨店・スーパー販売額は、旅行関連商品が好調など前年を上回り、コンビニエンスストアも西九州新幹線沿線で訪日外国人客の需要増が見られる。
カテゴリー:

円安に沸く百貨店 高島屋社長が「ぎりぎり良い状態」と語る理由は - 04月22日(月)16:30 

 歴史的な円安で訪日外国人の消費が増え、百貨店業界は活況です。ただ、高島屋の村田善郎社長は今が「ぎりぎり良い状態」で、これ以上円安が進むと業績にマイナスになると言います。その理由などを聞きました。
カテゴリー:

アンバサダー 新木優子が魅力を伝えるダイソン最軽量ドライヤー 日本で先行発売 - 04月22日(月)10:09 

「ダイソン(Dyson)」が、ブランド史上最軽量のヘアドライヤー「Dyson Supersonic r™︎ ヘアドライヤー」(全3色、税込5万9000円)を世界に先駆けて日本で限定発売する。4月18日からダイソン直営店と公式オンラインストア、百貨店、ヘアサロンや各家電量販店などで順次取り扱う。新製品発表会にはダイソンヘアケアアンバサダーの新木優子が登場し、新ヘアドライヤーの魅力を語った。 このコンテンツは FASHIONSNAP が配信しています。
カテゴリー:

《めてみみ》地方の個店が受け皿 - 04月22日(月)06:24 

 都内の有力百貨店を中心にインバウンド需要が好調だ。しかし、それはラグジュアリーブランドなど一部の領域に過ぎない。これまで運命共同体として長年にわたり取引してきた国内の専業メーカーが、危機意識を強めている。特に、百...
カテゴリー:

「成瀬」で話題の”百貨店愛” 滋賀の聞き慣れぬ百貨店を訪れると… - 04月21日(日)13:00 

 2024年本屋大賞の受賞作で滋賀を舞台にした「成瀬は天下を取りにいく」では、主人公が閉店が決まった西武大津店に通い詰める「百貨店愛」も話題を呼んだ。滋賀県内ではその西武大津店が20年に閉店し、残るは近鉄百貨店草津店のみとなった。地方の百貨店運営は危機的状況が続く。記者(25)の地元・島根でも唯一の
カテゴリー:

大阪・梅田のど真ん中で楽しむ、名物ビアガーデンの予約開始 - 04月22日(月)19:00 

百貨店「阪急うめだ本店」(大阪市北区)の屋上で毎年実施されるビアガーデンが、2024年5月22日より開催。ちょうど1カ月前となる4月22日より予約受付がスタートした。 大阪・梅田のど真ん中にいながら、緑豊か&開放的な空間 […]
カテゴリー:

令和は「コスパ&タイパ」、大阪で1000円前後の丼フェア - 04月22日(月)12:00 

百貨店「大丸梅田店」(大阪市北区)で4月24日より、デパ地下の人気企画『どんぶりグランプリ!』が5年ぶりに復活する。デパ地下の店が腕をふるった限定丼が36種類販売される。 「ゴールデンウィークは忙しくなりそうだけど、『お […]
カテゴリー:

23年度百貨店バイヤーズ賞リビング 13ブランドが受賞 - 04月22日(月)06:25 

 繊研新聞社が主催する23年度百貨店バイヤーズ賞リビング部門で、ベストセラー賞と特別賞が決まった。室内用品を扱う全国25店(全店を統括するMD本部の回答は1店とした)のバイヤーが部門別に125ブランド・商品を推薦し...
カテゴリー:

24色のペン:ライオン像と戦前の政党物語=鈴木英生(オピニオン編集部) - 04月22日(月)06:00 

 ライオン像と聞いて思い浮かぶのは、ライオンズマンションか百貨店の三越か。実は、東京・三越日本橋本店から地下鉄銀座線で5駅、虎ノ門駅近くにも由緒正しいライオン像があると知った。
カテゴリー:

<アドバイスください!>親の車の運転を止めたい!運転免許をスムーズに自主返納してもらうためには? - 04月20日(土)09:30 

「親が万が一交通事故でも起こしてしまったら?」「事故が起きる前に是が非でも運転免許を返納してもらいたい」。高齢になる親に車の運転をやめてもらいたいと感じている人は少なくないのではないでしょうか。実家に帰るたびに親にお願いするものの、親は聞く耳持たずで困り果てているママもいるようです。 『親の運転をとめたいです。どう促したらうまくいくかな? 77歳の母に会うたびに車に乗らないよう伝えているだけど、「自分は大丈夫」だと言って話を聞いてくれません』 投稿者さんの実母は、高齢かつ持病があるにもかかわらず、車の運転をやめてくれないようですね。車の運転をやめないのは、「自宅の周りが坂道だらけ」「車がないと不便」が理由だそうです。しかし近所には運転免許を自主返納した高齢者もいるそうで、車なしでは生活が成り立たない地域というわけではないようです。親が大事故を起こす前になんとか運転免許を自主返納してもらいたいと考えている投稿者さん。このお悩みについて、ママスタコミュニティのママたちの声を聞いてみましょう。 共感「うちも説得中です!」 『うちの母も一度大きな事故をして、自身が2ヶ月以上の入院を経験しているのに、免許の返納には応じてくれません。1年以上説得を試みていますがダメです』 『義父が頑固すぎて返納しようとしないから大変だった。前の車に追突しそうになったり、ハンドル操作をミスしかけたりしたことが...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる