「インバウンド」とは?

関連ニュース

「マクロビオティック料理って、日本食のこと」マドンナの元パーソナルシェフ、西邨マユミがプロの料理人に語る - 12月13日(木)17:14 

「マクロビオティック料理はあらゆる人が食べることができるベースの料理。そこに例えばお魚をくわえる、お肉を足してみるのは可能。」西邨マユミの言葉に受講者から同意の声が上がる。11月21日に沖縄県那覇市で開催されたイベントでの一場面だ。イベントに参加したのは全員ホテルやレストラン、カフェなどで何らかの形で調理に携わる方たち。参加者は「アレルギーの子どもに対応したくて」「カフェでビーガンやベジタリアン向け料理を出したい」「海外からのお客様でビーガンの方がいるが、どのようなレシピを出したらよいのかわからない」など、参加した理由は様々だ。マクロビオティック料理とは今回研修会で取り扱われたのはマクロビオティック(以下マクロビ)料理だ。もともとマクロビは日本での昔からのいわゆる「玄米菜食」が考え方の基本。その考えに地産地消に近い「身土不二」、そして精製されていない穀物(全粒粉、玄米など)を摂る「一物全体」の考えがベースになる。海外からはじまったイメージも強いが、実は日本が発祥。桜沢如一(さくらざわゆきかず)が提唱、その後海外で受け入れられてきた。21世紀に入ってから特にアメリカのセレブリティで流行したマクロビは日本へ逆輸入されたことになる。西邨マユミはマクロビを1980年代アメリカで学んだ。マクロビブームのはじまる前、しかしナチュラルフードの流行はすでにアメリカで始まっていた。アメリカで食生活に...more
カテゴリー:

中国・四国地方9県が,西日本豪雨の風評払拭のため連携!「中国・四国9県連携復興プロモーション」を開始 - 12月13日(木)16:40 

[広島県]  この度,中国・四国地方9県(広島県,鳥取県,島根県,岡山県,山口県,徳島県,香川県,愛媛県,高知県)及び3DMO(せとうち観光推進機構,山陰インバウンド機構,四国ツーリズム創造機構)で連携し,「元気...
カテゴリー:

全国水族館施設初!オールキャッシュレスの日!大分県つくみイルカ島、インバウンドに向けたキャッシュレス推進イベントの開催へ! - 12月13日(木)15:40 

[日本美食] [画像1: https://prtimes.jp/i/22842/26/resize/d22842-26-904262-1.png ] ■背景 日本はキャッシュレス決済の比率が低く、韓国が89.1%に達するなど世界各国が軒並み40~60%台に達する中、18.4%に留まってい...
カテゴリー:

STAYの新ブランド「住亭(ステイ)」が京都に初出店!ホテル「住亭 SHIJO KARASUMA」「住亭 MARUTAMACHI」2019年6月同時オープン予定! - 12月13日(木)11:00 

株式会社TRASTA(本社:東京都渋谷区、代表取締役 CEO:木地 貴雄、以下「当社」)は、現在展開しているインバウンド向けホテル「STAY」の新ブランド「住亭(読み方:ステイ)」初店舗として京都の御影町・大炊町に日本文化を凝縮しリデザインした新しい旅館風ホテルブランドを2019年6月に2店舗同時オープン予定です。部屋は両ホテル共にツイン、ファミリーの2タイプ。「住亭 SHIJO KARASUMA」の客室広さはツイン 20.68平米~、ファ...
カテゴリー:

ジャパリンガル:文化観光分野の単語やフレーズを機械学習した翻訳サービス - 12月13日(木)11:00 

インバウンド翻訳サービス「ジャパリンガル」は文化観光分野向けの単語や頻出フレーズを機械学習した翻訳エンジンを活用。機械翻訳した後で翻訳者が訳文を修正する。対応する外国語は英語や中国語、韓国語。
カテゴリー:

「Alipay」・「WeChat Pay」によるQRコード決済を利用できるサービスの提供を開始 ~インバウンド受入基盤の整備を支援します~ - 12月13日(木)16:40 

[阪急阪神ホールディングス株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/5179/1311/resize/d5179-1311-622887-0.jpg ] 近年、中国国内ではスマートフォンを用いた決済のキャッシュレス化が急速に普及しており、QRコード決済サービスを導入することで、イ...
カテゴリー:

「Alipay」・「WeChat Pay」によるQRコード決済を利用できるサービスの提供を開始~インバウンド受入基盤の整備を支援します~ - 12月13日(木)16:15 

アイテック阪急阪神株式会社(本社:大阪市福島区 代表取締役社長 浜田 真希男)は、2018年11月よりQRコード決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」「WeChat Pay(微信支付/ウィーチャットペイ)」を利用できるサービスの提供を開始しました。 画像1: https://www.atpress.ne.jp/releases/173362/img_173362_1.jpg 近年、中国国内ではスマートフォンを用いた決済のキャッシュレス化が急速に普及しており、QRコード決済サー...
カテゴリー:

【東京・大阪・福岡開催】 中国越境ECの新たな勝ちパターン!インバウンド顧客=リピーター顧客 TTU(WeMart) × ECMSジャパン - 12月13日(木)14:43 

[TTU株式会社] [画像1: https://prtimes.jp/i/23751/10/resize/d23751-10-892038-2.png ] WeChatECは中国で3000万アカウントが利用し、昨今中国のEC分野で大変注目されているツールです。 TTU株式会社(代表取締役:春名洋希 ...
カテゴリー:

【中国本土・台湾・香港の20代~30代男女に海外ウエディングの意向度を調査】海外ウエディング(インバウンド婚)の希望エリア 結婚式・フォトウエディングともに日本が1位に! - 12月13日(木)11:00 

[株式会社ウエディングパーク] [画像1: https://prtimes.jp/i/19494/105/resize/d19494-105-154085-0.png ] [画像2: https://prtimes.jp/i/19494/105/resize/d19494-105-784085-1.png ] --------------------------------------------------...
カテゴリー:

中国企業を世界が排除へ。中国アリババと組むpaypayは大丈夫か? - 12月13日(木)05:00 

ファーウェイCFOの逮捕、世界規模で進みつつあるZTEやファーウェイ製品の排除など、中国企業への風当たりが強まっています。台湾出身の評論家・黄文雄さんは自身のメルマガ『黄文雄の「日本人に教えたい本当の歴史、中国・韓国の真実」』で、今年4月に端を発する中国企業排除の動きを様々な報道を引きながら改めて追うとともに、中国アリペイと提携するpaypayに対し、その情報管理上の不安を記しています。 【中国】欧米で進む中国企業排除、アリペイと組むpaypayは本当に大丈夫か ● ソフトバンクは政府方針に歩調、中国製品排除で 今年は世界の通信業界において、大きな変化があった1年でした。その発端となったのは、4月にアメリカが中国の通信会社ZTE(中興通訊)を、アメリカが制裁措置を取っているイランや北朝鮮と違法に取り引きを行ったということで、アメリカの企業に同社との取り引きを禁止したことでした。 これによって、ZTEはアメリカの製品を使用できなくなって営業停止状態となり、一時は倒産の噂が出るほどでした。結局は、10億ドル(約1,100億円)の罰金や経営陣の刷新によって、アメリカ政府はZTEへの制裁を一時的に解除しました。 ● 米商務省、ZTE制裁解除を発表 罰金1100億円、経営陣刷新 また、12月5日には、ファーウェイの最高財務責任者で、創業者の娘である孟晩舟(メン・ワンツォウ)が、カナダで逮...more
カテゴリー:

もっと見る

「インバウンド」の画像

もっと見る

「インバウンド」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる