「商業施設」とは?

関連ニュース

新作「ハイヒールチョコレート」や「ルビーチョコレート・ストロベリー」が登場!横浜チョコレートファクトリーで1/29(水)より「バレンタイン&ホワイトデー2020」開催 - 01月27日(月)14:00 

横浜中華街の商業施設「横浜大世界」2Fフロアにある「横浜チョコレートファクトリー&ミュージアム」では、2020年1月29日(水)より「バレンタイン&ホワイトデー2020」を開催いたします。 当ファクトリーが自信をもってお届けする今年の新商品は「横浜ハイヒールチョコレート」。まるでシンデレラのガラスの靴を彷彿とさせる洗練されたビジュアルに、クーベルチュール100%の上質なチョコレートを使用した口どけ滑らかな専門店な...
カテゴリー:

3/6(金)アーバンドック ららぽーと豊洲で開催!ママだって仕事も育児も楽しみたい!無料の子育て応援地域イベント「ママハピEXPO〜ママの想いをつむぐ場所〜」 - 01月27日(月)12:00 

「ママハピEXPO」は2013年に始動した、関東・中部・関西地方にて累計80回・35万人を動員する無料の子育てイベントです。これまで多くのママの子育て・就業/起業を支援してまいりました。買い物ついでに気軽に立ち寄ることができるよう、開催場所は大型商業施設。参加費は無料、入退場も自由、どなたでもご参加いただけます。当日は豪華賞品が当たるスタンプラリーも!
カテゴリー:

“大阪最後の一等地”に、何が生まれる?貨物駅跡に建つ「基地」から見えたもの - 01月27日(月)11:52 

2025年に国際博覧会(万博)の開催を控える大阪が、大きな変貌を遂げている。中でも大規模な開発が行われているのは、その中心部である大阪駅前の“うめきた地区”。大阪駅前に、東京ドームとほぼ同じ広さをもつ約4.5haの公園、オフィスビルやホテル、商業施設が並ぶ──。大阪の中心地に新たな街をつくる「うめきた2期」の全貌だ。UR都市機構が進める、大規模な国家プロジェクトでありながらも、「地域のみんなで育てる」まちづくり。その狙いとは?変化し続ける大阪駅前の街並み大阪駅周辺は、高層ビルや商業施設がひしめき、多くの人で賑わう大阪の中心地だ。駅北側の再開発地区「うめきた」を中心に、その景色は大きく変化し続けている。 「グランフロント大阪」が建つ先行開発区域「うめきた1期」は2013年に完成。そのさらに西側に、広大な開発中の区域がある。“大阪最後の一等地”とも呼ばれる「うめきた2期」だ。大阪駅北側にはもともと梅田貨物駅を中心とする物流拠点「梅田北ヤード」が広がっており、長年、関西の経済を支えてきた。戦後、駅の整備や商業施設の開業が相次ぎ、この地区は急速に発展。1970年の大阪万博も追い風となり、その周辺は府内の一等地となった。1987年、国鉄改革に伴い、”一等地”の広範囲を占めていた「梅田北ヤード」が清算対象となったことを受け...more
カテゴリー:

大阪のリタウン、商業施設を一部開業 ホテル・飲食店 川に浮かぶ - 01月27日(月)05:00 

飲食店経営のリタウン(大阪市)は、京セラドーム大阪近くの河川に浮かぶ複合商業施設「タグボート大正」(大阪市大正区)を一部開業した。今回は飲食店部分で今秋以降にホ…
カテゴリー:

江東区で住むべき駅ベスト5は? 木場駅、豊洲駅、 - 01月27日(月)02:07  poverty

sssp://img.5ch.net/ico/anime_zonu01.gif https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200125-01110369-diamondf-bus_all  まずは、江東区における中古マンション価格の騰落率ランキングを見てみよう。  過去10年と比べて価格が上がったのは5駅で、いずれも豊洲周辺の駅が値上がりしている。豊洲周辺は大型商業施設やマンションが立ち並んでおり、利便性の高いエリアだ。また、 豊洲や木場周辺は再開発が進んでいるため、今後も注目される可能性が高い場所だろう。価格が上昇した5駅の相場価格の平均は5,941万円となっている...
»続きを読む
カテゴリー:

MTG “動く”マットレス発売、AIで制御、最適な誘眠を提供 - 01月27日(月)13:30 

 美容・健康関連機器などの企画・販売を手がけるMTGは、新規事業として睡眠に関わるブランドとして「NEWPEACE(ニューピース)」を立ち上げ、2月3日よりまずはマットレスの販売を開始する。実店舗での取り扱いからはじめ、5年での分割払いでも対応する。今後は通販で販売することも計画している。  これまで同社では「美容と健康」をテーマに美容商品の「ReFa」やトレーニング商材の「SIXPAD」などを展開。今回は新たに美容と健康を保つ上で関連性が高いとされる「睡眠」に着目した新ブランドを立ち上げて、既存事業に並ぶ新たな柱として展開していく。  発売するのは付属のタブレットリモコンを通じてAIを活用し、動きと温度コントロールで睡眠への誘導や管理を行うマットレスの「AI Motion Mattress(エーアイモーションマットレス)」。内蔵されている機器によってマットレス自体が自動でうねるように作動する仕組みで、ゆりかごの感覚で心地良い眠りに誘われる動きを再現する。動きのコースは「おやすみ」「めざまし」のほか、日中にも使える「ストレッチコース」がある。ストレッチコースでは全身をはじめ、骨盤まわりや足、など様々な部位のケアをサポートする。  また、質の高い眠りと目覚めに関連性が高いとされる深部体温については、内蔵したヒーターによって睡眠前には身体を温め、眠りを感知した後には自動でヒーター...more
カテゴリー:

3/6(金)アーバンドック ららぽーと豊洲で開催!ママだって仕事も育児も楽しみたい!無料の子育て応援地域イベント「ママハピEXPO~ママの想いをつむぐ場所~」 - 01月27日(月)12:00 

「ママハピEXPO」は2013年に始動した、関東・中部・関西地方にて累計80回・35万人を動員する無料の子育てイベントです。これまで多くのママの子育て・就業/起業を支援してまいりました。買い物ついでに気軽に立ち寄ることができるよう、開催場所は大型商業施設。参加費は無料、入退場も自由、どなたでもご参加いただけます。当日は豪華賞品が当たるスタンプラリーも!
カテゴリー:

丹青社、未来のオフィス空間 『point 0 marunouchi』における実証実験に新規参画 - 01月27日(月)11:00 

2020年1月27日 株式会社丹青社 商業施設・文化施設などの空間づくりをおこなう株式会社丹青社(本社:東京都港区/代表取締役社長:高橋貴志/以下、丹青社)は、会員型コワーキングスペース『point 0 marunouchi(ポイントゼロ マルノウチ)』において、2019年1月24日(金)より未来のオフィス空間づくりに向けた実証実験に参画します。    『point 0 marunouchi』は、空間データの協創プラットフォーム『CRESNECT(クレスネクト)(※1)』の第1弾プロジェクトである「未来のオフィス空間」を実現していくための会員型コワーキングスペースです。本プロジェクトでは当社のもつデザイン・演出・施工等の空間づくりにおける具現化力とノウハウに、現在参画しているパートナー企業(※2)の最新技術やデータ、ノウハウを掛け合わせ、オフィス全体から、オープンスペースや会議室などにおいて、多様な働き方に合わせた、より豊かなオフィス空間づくりを目指します。また、異なる分野・領域の企業と協創することで、各パートナー企業がもつデータを活かした新たな空間づくりを進めてまいります。    なお、2020年2月3日(月)、4日(火)に行われる『point 0 marunouchi』のカンファレンスでは、本プロジェクトに参画する当社の取り組みをパネルにてご紹介します...more
カテゴリー:

車よりマンション内駐車場が多い。東京23区の不均衡な自動車事情 - 01月27日(月)04:30 

都内の自動車保有数は年々減少する一方、駐車場台数は増加との統計結果が明らかになりましたが、この「駐車場過多」の原因には、東京都のある条例の存在があるようです。今回の無料メルマガ『まんしょんオタクのマンションこぼれ話』では著者でマンション管理士の廣田信子さんが、都がようやく駐車場設置義務の基準緩和に動き出した現状を紹介。さらにその「緩和」で新たに浮かぶ可能性や問題等を考察しています。 いよいよ都心の駐車場設置義務緩和へ こんにちは!廣田信子です。 都心居住の車離れが進んでいます。背景には、 高齢化による運転免許の返納者の増加 ライフスタイルや価値観の変化に伴う若者の車離れ 公共交通網の整備 駅近立地の再開発の進展 等があります。人口が密集している地域では、カーシェアリング等も進んでいます。2017年度の国土交通省の調査によると、東京23区では、過去10年間で駐車場台数が1.24倍増えたのに対し、自動車の保有台数は0.91倍とマイナスになっています。 車離れと言われますが、全国で見ると、この四半世紀で車の台数は3割増えているのに、人口が増加している東京23区で、車の台数が1割も減少しているというのは想像以上です。車がないと生活できない地方と、公共交通機関の充実により車が必要ない都心とでは、車需要が全く違うというのが分かります。 現在、都道府県等は条例をつくり、大規模施設に対して一定数の...more
カテゴリー:

【悲報】「ピアノがうるさい」 苦情相次ぎ芸術のまち・新百合ヶ丘駅から撤去決まる - 01月26日(日)19:48  livejupiter

小田急線新百合ケ丘駅(川崎市麻生区)に設置されていた「ステーションピアノ」の実証実験が24日、当初の予定を大幅に早めて終了となった。 音量への苦情が寄せられたことなどで打ち切りを決めたという。 ピアノは芸術のまち・新百合ケ丘の認知度アップを目指し、市や小田急電鉄、昭和音楽大学などが試験的に導入。 常設の可否を検討するため、アンケートや交通量調査を進めて課題整理に役立てるとしていた。 第1期は昨年11月17日~12月25日に同駅のコンコース内で実施。第2期は商業施設小田急マルシェ新百合ケ丘2...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「商業施設」の画像

もっと見る

「商業施設」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる