「不透明」とは?

関連ニュース

販促物管理に強みを持つTS-BASE受発注が販促業務プロセスの手間を最小限にする追加機能をリリース - 06月18日(火)13:00 

印刷・販促業務の課題を解決するBtoBに特化した受発注システム「TS-BASE(ティーエス-ベース)受発注」を提供する竹田印刷株式会社(本社:愛知県名古屋市、代表取締役社長:木全幸治、以下:当社)は、カタログや店舗POPなどの販促物にかかるコスト管理や適正な在庫管理を行うために、管理者/注文者向けの「部署別在庫管理機能」「複数配送先への注文機能」や、倉庫での作業効率を上げる「出荷時の注文パターン振り分け機能」など、販促物の管理に適した機能を新たにリリースしました。「手間がかかる」「特定の人にしかわからない」になりやすい販促業務のデジタル化をサポートデジタル化が進む中でもカタログや店舗POPなどの販促物は、製品販売の拡大において必要不可欠なものです。営業担当が小売店・販売店に納品する販促物の手配を行うことが通例となっており、決してなくせない業務であり、問い合わせの対応や各所への手配には時間や手間がかかります。また、効果的なタイミングと適切な量での展開が求められており、本部主導で、各部署や支店で使用する販促物の在庫を振り分け、販促物の使用数を制限したいというご要望も多く聞かれました。そこで、元々販促物に強みを持っていたTS-BASE受発注をよりたくさんのお客様にご活用いただけるよう、これらの課題を解決するための機能開発に着手。(1)各部署や支店ごとにあらかじめ在庫数を定めることのできる...more
カテゴリー:

日経平均株価、大幅反落 712円安 日銀政策の不透明感が影響 - 06月17日(月)18:57 

 週明け17日の東京株式市場は、日経平均株価(225種)が大幅反落した。終値は前週末比712円12銭安の3万8102円44銭。日銀の金融政策の先行き不透明感や欧州の政局不安定化が、投資家心理の重荷となった。積極的に買い進める新規材料は乏しく、終日売り注文に押された。
カテゴリー:

日経平均株価 一時700円以上値下がり - 06月17日(月)09:38 

週明けの17日の東京株式市場、日経平均株価は一時700円以上値下がりしています。先週末、アメリカで発表された経済指標が、市場予想を下回り、景気の先行きに対する警戒感が出ていることに加え、議会選挙が予定されているフランスの政治情勢の不透明感も意識され、17日の東京市場では取り引き開始直後から幅広い銘柄で売り注文が出ています。
カテゴリー:

自民修正案に「ずさん」批判 規正法改正巡り参考人質疑―参院委 - 06月14日(金)22:57  newsplus

 参院政治改革特別委員会は14日、自民党派閥の裏金事件を受けた政治資金規正法の改正に向けて参考人質疑を行った。各党が推薦した4人の有識者は政策活動費など不透明な政治資金を監視する第三者機関設置が必要だと強調。同機関設置を検討事項にとどめた自民案に対し「ずさんだ」(中央大の中北浩爾教授)などと批判が相次いだ。  自民は衆院審議の段階で公明党と日本維新の会の主張を受け入れ、第三者機関設置について「検討を加え、必要な措置を講ずる」と付則に書き込むなどの修正を行った。  中北氏は政策活動費について「第...
»続きを読む
カテゴリー:

EY調査、対応力のあるCEOはAIへの投資を優先、続いて脱炭素化 - 06月14日(金)18:30 

- 厳しい経済環境にもかかわらず、CEOの3人に2人は、収益と利益の成長について楽観的 - テクノロジー、データ、サイバーセキュリティへの投資が今後12カ月間のCEOのアジェンダを独占 - サステナビリティ(持続可能性)への配慮は企業の長期的な意思決定に深く根ざしてきている   EYは、最新のM&Aに関する調査レポート「EY CEO Outlook Pulse調査」(以下、「本調査」)を発表しました。世界21カ国1,200人(日本70人) のCEOと300人の機関投資家(日本を含めたアジア太平洋地域から100人)を対象に四半期ごとに行われる本調査は、急速に進化する世界経済においてCEOが優先すべき課題に関するインサイトを提供しています。   調査によるとCEOは、当面の見通しと、将来の成長への投資のための資本を創出するために今取るべき行動について、希望を感じています。しかし、厳しい経済環境では、短期的なリターンが引き続き重視されています。回答者は、機関投資家や政府とより効果的に連携することで、脱炭素化と新たな収益源の創出に関する長期的な目標をより早く達成できると考えています。   また、CEOの60%が自社の収益成長についてより楽観的で、65%が事業の収益性についてより肯定的に捉えています。CEOは、自社の見通しとビジネス環境全般について、12...more
カテゴリー:

セビリア、元スペイン代表DFセルヒオ・ラモス退団を発表 来季去就は不透明も春から渡米模索か - 06月17日(月)22:32 

セビリアは17日、元スペイン代表DFセルヒオ・ラモス(38)の退団を発表した。18日に会見を行う予定という。 2023年夏にパリ・サンジェルマンから、幼少期から過ごしてプロデビューした古巣セビリアに18年ぶり復帰。守備の柱として君臨し、…
カテゴリー:

日経平均株価、大幅反落 一時800円超安 金融政策の不透明感で - 06月17日(月)12:29 

 週明け17日午前の東京株式市場は、日経平均株価(225種)が大幅反落した。前週末終値比の下げ幅は一時800円を超え、節目の3万8000円を割り込んだ。日銀の金融政策の不透明感が重荷となり、売り注文が膨らんだ。欧州の政局不安定化も、投資家がリスク回避姿勢を強める要因となった。
カテゴリー:

出てきたアイデアをさらに進化・発展させるポイント(ダイヤモンド・オンライン) - 06月16日(日)06:02 

 価値観が多様化し、先行き不透明な「正解のない時代」には、試行錯誤しながら新しい事にチャレンジしていく姿勢や行動が求められる。そのために必要になのが、新しいものを生みだすためのアイデアだ。しかし、アイ
カテゴリー:

なんで日本ってNVIDIAみたいな会社が出来ないの? - 06月14日(金)21:46  poverty

https://news.yahoo.co.jp/articles/9a0ba98aaec9da13a3cf4050724c6e1e18d0eede 有望な若手社員が次々と離職する「ダメな会社」の共通点とは 変化が激しく先行き不透明の時代には、私たち一人ひとりの働き方にもバージョンアップが求められる。必要なのは、答えのない時代に素早く成果を出す仕事のやり方。それがアジャイル仕事術である。『超速で成果を出す アジャイル仕事術』(ダイヤモンド社)は、経営共創基盤グループ会長 冨山和彦氏、『地頭力を鍛える』著者 細谷 功氏の2人がW推薦する注目の書。著者は、経営共創基盤(IG...
»続きを読む
カテゴリー:

就業機会が減少しているのか? - 06月14日(金)17:02 

2020年の経済不況の影響が大きく、雇用データは不安定です。雇用主はパートタイムの従業員を採用する傾向があり、フルタイムの仕事は減少しています。政治的な介入によりデータが信頼できなくなり、状況はさらに複雑になりました。経済構造が次第に悪化し、人々の生活にプレッシャーがかかり、家庭の財政状況が危機的です。仕事の機会が減少し、特に若者は雇用市場の課題を感じています。現状は楽観できず、経済の展望は不透明です。就業機会が減少しているのか?
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる