「ポイント増」とは?

関連ニュース

【神奈川県】 黒岩知事が呼びかけ 「食べ物を口にするとき以外はマスクをしてほしい」・・・感染拡大衰えず 6・7月は6割超が30代以下 - 08月10日(月)13:07  newsplus

神奈川県内での感染拡大が勢いを増している。感染者が再び増加傾向に転じた6月末以降、30代以下の人の感染が目立つが、 徐々に40~50代も増えてきた。県はお盆期間は特に、会食による感染拡大に注意するよう呼びかけている。 県によると、8日までに県内で発表された感染者3187人のうち、年代別で最も多いのが20代の881人(28%)。 以下、30代512人(16%)▽50代478人(15%)▽40代467人(15%)と続く。 月別でみると、前回の感染の山のピークとなった4月は30代以下が33%、40~50代が37%、60代以上が30%と、ほぼ均等だった。 と...
»続きを読む
カテゴリー:

青森県内公立小中 耐震化99.9%/文科省調査 - 08月08日(土)13:34 

青森県内公立小中学校の校舎や体育館など1541棟(非木造)のうち、震度6強以上に備えて耐震化されているのは4月1日時点で99.9%(前年度比0.4ポイント増)だった。文部科学省が7日、調査結果を発表した。2022年度に100%を達成する見込み。耐震性のない建物数は前回調査に比べ、改築が終了するなどして7棟減って残り1棟になった。この1棟は中泊町の小泊中校舎で、小中一貫校として整備する新校舎が完成すれば現校舎は使用しなくなる。現在は保護者や住民らに状況を説明した上で使っている。特別支援学校の耐震…
カテゴリー:

県退職者86%が再就職、19年度 過去5年で最高 - 08月08日(土)08:11 

 秋田県は7日、2019年度の退職者116人のうち、86・2%に当たる100人が再就職したと発表した。前年度から4・1ポイント増え、過去5年で最高だった。課長級以上の46人でみると、再就職者は43人で…
カテゴリー:

小中学校の校舎耐震化率0.2ポイント増99.4% 100%達成は15県に - 08月07日(金)17:00 

 文部科学省は7日、全国の公立小中学校の校舎や体育館など11万5063棟のうち、震度6強以上の地震に備えて耐震化された割合は、4月1日時点で前年度比0・2ポイント増の99・4%だったと発表した。耐震化が済んでいない建物は前年度から220棟減って674棟。うち125棟は、震度6強以上の揺れで倒壊などの
カテゴリー:

コロナ支援策 鹿児島県内企業45%利用 持続化給付金が6割 民間調べ - 08月06日(木)16:30 

 東京商工リサーチ鹿児島支店は、7月上旬までの新型コロナウイルスによる県内企業の影響調査をまとめた。国や自治体、金融機関の各種支援策を「利用した」と答えた企業は45.6%で、前回調査(5月28日~6月9日)から24.2ポイント増えた。各支援策が、売り上げが減り資金繰りに悩む企業のセーフティーネットになっていることが分かる。
カテゴリー:

【雇用】女性「コロナで転職意欲高まる」5割 - 08月08日(土)23:01  bizplus

新型コロナウイルス感染症の拡大により転職する意欲が高まった女性は5割にのぼることが、転職支援サービスのリブ(LiB、東京・港)の調査によってわかった。テレワークなど柔軟な働き方ができる会社に転職したいと考える人が多いようだ。 転職で最も重視する条件は「働き方」とする人が35%で、同じ質問をしたコロナ拡大前の1月に比べ14ポイント増えて最も多くなった。「テレワークなどができれば、郊外住まいでも給与… https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62372490W0A800C2TY5000/ ...
»続きを読む
カテゴリー:

青森県内の来春高卒 求人激減/6月末現在 - 08月08日(土)11:46 

青森労働局は7日、2021年3月に青森県内の高校を卒業予定の生徒に対する県内の求人数(今年6月末時点)が、前年同月比1137人減の2307人だったと発表した。県内求人倍率は同0.43ポイント減の1.27倍。新型コロナウイルスの影響で、製造業、医療、福祉、卸売業、小売業で求人が大きく減少している。就職希望者は前年同月比386人減の2829人で、1994年3月卒からの統計で過去最少。このうち県内就職を希望する人は同207人減の1818人。全体に占める割合は同1.3ポイント増の64.3%で、2007…
カテゴリー:

公立小中の耐震化99・4% 121自治体で未完了 - 08月07日(金)17:46 

 文部科学省は7日、全国の公立小中学校の校舎や体育館など11万5063棟のうち、震度6強以上に備えて耐震化された割合は、4月1日時点で99・4%となり、前年調査から0・2ポイント増えたと発表した。耐震化未完了の市区町村は121で、建物は220棟減り、674棟となった。このうち震度6強以上の揺れで倒壊する危険性が高い建物は125棟だった。
カテゴリー:

水稲出穂65% 平年比17ポイント増/青森県内 - 08月07日(金)12:04 

青森県「攻めの農林水産業」推進本部は6日、県内水稲の出穂進捗(しんちょく)状況を発表した。5日現在の県全体の出穂割合は65%で、平年を17ポイント上回った。出穂割合が5%に達した「出穂始め」は今月2日で平年並み、50%に達した「出穂最盛期」は5日で平年より1日早かった。地域別で最も出穂割合が高かったのは中南の88%で平年を38ポイント上回った。次いで西北75%(平年59%)、東青64%(同28%)。三八は47%(同50%)、上北は30%(同35%)、下北は20%(同28%)だった。県南地方では…
カテゴリー:

食料自給率、秋田は190%で全国2位 18年度概算値 - 08月06日(木)14:02 

 農林水産省は5日、2018年度の都道府県別の食料自給率(概算値)を発表した。カロリーベースで秋田県は前年度比2ポイント増の190%となり、2年連続で2位だった。トップは196%の北海道。
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「ポイント増」の画像

もっと見る

「ポイント増」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる