「トランプ」とは?

関連ニュース

消防用ドローンが急成長、「DJI一強」を覆す方法はあるのか? - 08月15日(水)06:40 

今年は全世界で異常気象ともいえる高温状態が続いている。日本はもちろんのこと、北米でも通常より平均気温の高いところが目立ち、カリフォルニア州では深刻な山火事被害でトランプ大統領が非常事態宣言を出した。こうした中、山火事だけではなく超高層ビルの立ち並ぶ都市型火災においてもドローン導入の必要性が叫ばれており、消防活動に超高度ドローンは必須のものになりつつある。
カテゴリー:

トルコ「米製の電子機器ボイコット」 トランプ政権に対抗 - 08月15日(水)06:06 

アメリカとの対立を深めるトルコのエルドアン大統領は、14日、国民に向けてアメリカ製の電子機器などをボイコットするよう呼びかけ、圧力を強めるトランプ政権に徹底して対抗する構えを見せています。
カテゴリー:

米大統領「テロに厳格で強力な対処必要」、英国会前の車突入受け - 08月14日(火)22:57 

英国会議事堂前で車が突っ込み通行人らが負傷、男1人が逮捕された件を受け、トランプ米大統領は14日、厳しく強い姿勢でテロリストらを扱うべきとの認識を表明した。
カテゴリー:

米国:国防権限法が成立 トランプ氏が国防権限法案署名 - 08月14日(火)22:09 

 トランプ米大統領は13日、2019会計年度(18年10月~19年9月)に戦費を含め計7160億ドル(約80兆円)の国防予算を計上する国防権限法案に署名し、同法は成立した。米メディアによると、国防予算はこの9年間で最大規模。東部ニューヨーク州のフォートドラム陸軍基地で大勢の兵士を前に署名式を開き、巨
カテゴリー:

アメリカでネット発の陰謀論カルト「Qanon」が話題。 ハマってるのは案の定、トランプ支持者層  日本の余命3年騒動に似た事件も - 08月14日(火)20:30  poverty

https://www.newsweekjapan.jp/mutsuji/2018/08/qanon_1.php 「Q」と名乗る匿名の書き手によるネット投稿が、中間選挙に向けてトランプ支持者の熱狂的支持を集め始めている。 8月1日にフロリダ州で行われたトランプ氏の支持者集会のTV中継では、「我々はQだ(We are Q)」と書いたボードも映し出された。 Qの主張はトランプ支持だが、それとともに根拠の確認できない話、自分たち以外の人間に対する敵意、 さらに神がかり的な物言いなど、陰謀説としての特徴も鮮明だ。 例えばQによると、「いわゆるロシア疑惑を調査しているム...
»続きを読む
カテゴリー:

米大統領元補佐官が暴露本 トランプ氏「犬」と攻撃 - 08月15日(水)06:22 

【ワシントン共同】トランプ米大統領の補佐官を辞任した黒人女性オマロサ・マニゴールト氏が14日、トランプ氏の人種差別...| 西日本新聞は、九州のニュースを中心に最新情報を伝えるWeb版ニュースサイトです。九州・福岡の社会、政治、経済などのニュース、福岡ソフトバンクホークスなどのスポーツ情報を提供します。
カテゴリー:

【USA】トランプ米政権、幹部職員にアフリカ系はゼロ - 08月15日(水)04:08  newsplus

https://www.cnn.co.jp/usa/35124003.html トランプ米政権、幹部職員にアフリカ系はゼロ 2018.08.14 Tue posted at 14:38 JST (CNN) トランプ米政権が擁するホワイトハウスの幹部職員の中にアフリカ系(黒人)が1人もふくまれていないことが14日までにわかった。CNNが幹部職員48人について調査したところ、ラテン系やアジア系、アラブ系の幹部職員が散見されただけだった。 トランプ大統領は大多数が白人の幹部職員から提言を受けていることになる。 こうした多様性の欠如については、長期間にわたってトランプ氏...
»続きを読む
カテゴリー:

米、政府内でのHuaweiやZTEの機器使用を新国防法で禁止 | TechCrunch Japan - 08月14日(火)22:17 

米、政府内でのHuaweiやZTEの機器使用を新国防法で禁止 | TechCrunch Japan米政府では今後、HuaweiやZTEを含む中国テック企業の特定のコンポーネントやサービスの使用が禁止される。トランプ大統領が今日、国防権限法の一環として法案に署名した。新法は2年以内に施行される。 新法は“あらゆるシステムの、重要であるものもしくは不可欠のコンポーネント”を含み、ユーザデータを経由したり閲覧し...
カテゴリー:

中国は「漁夫の利」。米国による露への追加制裁で笑う習近平 - 08月14日(火)22:00 

ロシアがアメリカから国家安全保障関連の物品を調達することに対し、制限することを決定した米政府。「英国のスパイ殺害に関与したロシアがその際に化学兵器を使用したから」としていますが、確固たる証拠がない今、なぜ敢えて追加制裁に踏み切ったのでしょうか。今回の無料メルマガ『ロシア政治経済ジャーナル』では著者で国際関係ジャーナリストの北野幸伯さんが、一連の動きは米政府内の「反プーチン派」の意思であり、「親プーチン」をアピールするトランプ大統領との間に大きな齟齬が生じていると分析しています。 アメリカ、スクリパリ殺害未遂事件でロシアに制裁 トランプとプーチンは7月16日、フィンランドの首都ヘルシンキで会談しました。会談はいいムードで、米ロ関係が少し改善したようにみえた。 しかし、そう簡単ではないようです。アメリカは、ロシアに追加制裁することを発表しました。なぜ? <英暗殺未遂事件>ロシア側が反発 米の新制裁発動発表に 毎日新聞 8/9(木)20:54配信   【ワシントン高本耕太、モスクワ大前仁】米政府は8日、英国で3月発生した神経剤ノビチョクを用いた元ロシアスパイ暗殺未遂事件について、ロシアが関与したと断定し、新たな制裁を科すと発表した。 この事件。イギリスでは、「ロシアが化学兵器で攻撃してきた!」と大騒ぎになりました。一方、ロシア国内を見ると、「ロシアがやった」と考えている人は、ほとんどい...more
カテゴリー:

米FBI:ロシア疑惑のストロック捜査官を解雇 - 08月14日(火)19:48 

 【ワシントン高本耕太】米主要メディアは13日、米連邦捜査局(FBI)が、大統領選中にトランプ氏に批判的なメールをやりとりしていたピーター・ストロック捜査官を解雇したと一斉に報じた。トランプ氏はロシア疑惑捜査の実動部隊であるFBIの中立性や信ぴょう性を繰り返し批判し、その根拠にストロック氏の存在を挙
カテゴリー:

もっと見る

「トランプ」の画像

もっと見る

「トランプ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる