「高齢化」とは?

関連ニュース

【健康寿命UP術】高齢で発症する「前立腺がん」増加中 「PSA検査」の活用を - 01月16日(水)15:30 

超高齢化社会の到来で、加齢とともに発生しやすい前立腺がんの患者数が増えている。亡くなる人も右肩上がりだ。前立腺がんは、男性ホルモンの影響を受けて増殖するといわれ…
カテゴリー:

日本初「本格的な高齢者向けフィットネス・メソッド」かつ、世界初「スティック2本を用いた4支点エクササイズ」の『スティックサイズ』誕生! - 01月16日(水)15:00 

[株式会社セルビスタ] [画像1: https://prtimes.jp/i/40941/1/resize/d40941-1-690664-3.png ] ■「(1)日本初の本格的な高齢者向けのフィットネス・メソッド」とは? 現在進行形の超高齢化社会において、医療費削減が必須の日本国は...
カテゴリー:

新成人に聞きました(上)地上イージス配備 - 01月16日(水)14:20 

 2019年は「平成」が終わり、新たな時代が始まる。新成人は新時代の担い手だが、県都秋田市でも少子高齢化は進み、さまざまな課題が山積する。秋田市の成人式が開かれた13日、会場となった市立体育館で、新成…
カテゴリー:

公開ラウンドテーブル「トーキョートラムタウン構想 - スローモビリティが変える東京の都市生活」開催 - 01月16日(水)10:10 

[東京文化資源会議] 2020年オリンピック開催まであと1年余となりました。ポスト2020の東京のあり方を考えるうえで、今後の高齢化・人口減少社会を見据えた都市生活を可能にする、あるいはより豊かにする新しい交通システムをどのよう...
カテゴリー:

つながる喜び震えた声 アマ無線、不確実な面白さ魅力 - 01月16日(水)07:45 

 「CQCQCQ、こちらはJM8JPN」――。無線のマイクで、交信を求めているのは高校生だ。趣味にする人が激減し、高齢化が進むアマチュア無線の世界を北海道釧路明輝高1年、福光悠生さん(16)が楽しんで…
カテゴリー:

アルフレッサとヤマト運輸が「医薬品流通研究会」を発足 - 01月16日(水)15:30 

[ヤマト運輸株式会社] 1.「医薬品流通研究会」の立ち上げ経緯 現在、日本の少子高齢化は世界に例を見ないスピードで進行しており、社会保障費の増加とその財源の確保は喫緊の社会課題となっています。そうした中で、医療・介護分野の...
カテゴリー:

工業技術研究院はオートモーティブワールド2019に出展 「パワーモジュール」「インテリジェント化製造」 - 01月16日(水)14:41 

2019/01/16 工業技術研究院 工業技術研究院はオートモーティブワールド2019に出展「パワーモジュール」「インテリジェント化製造」を主題とするクルマの先端技術展  工業技術研究院(以下:ITRI)は本日(16日)からの3日間、東京ビッグサイトで開催されるオートモーティブワールド2019に出展しました。オートモーティブワールドはクルマの先端技術展に関する世界最大級の専門展で、1120社、4万人を動員するものと予想されています。ITRIは「パワーモジュール(註1)」及び「インテリジェント化製造」を主題とし、出展しました。「パワーモジュール」ではモジュールの設計をはじめ、プロセスの開発、検証テストや量産試作等の実現ができ、次世代家電製品のインバーター・コンプレッサー、工業用モーター、電動車両モーター駆動などの先進技術及び製品開発サービスを提供します。「インテリジェント化製造」はITRIのAI及びシステム統合技術による統合サービスを応用し、メーカーの製造プロセス効率と品質を向上させ、インダストリー4.0の実践により近くなりました。 市場調査やマーケティングを専門としている矢野経済研究所の調査によると、パワーエレクトロニクス市場の産額は2020年に290.1億USドルに達すると予測されているとのことです。そのうちのパワーモジュールは主にモーター駆動機、インバーター機器、電源装置などの...more
カテゴリー:

◆アンダーヘア脱毛の新常識!脱毛ブームは中高年まで浸透~介護経験者の6割以上『介護脱毛』は必要と回答~ - 01月16日(水)12:37 

[医療法人社団風林会 リゼクリニック] [画像1: https://prtimes.jp/i/20081/36/resize/d20081-36-789223-0.png ] 日本の超高齢化社会が急激に進むなか今年は相続法の改正や外国人労働者受け入れ拡大に向けた法律が施行予定で「介護」業界は大きな影響...
カテゴリー:

日本サード・パーティ、神奈川県の「さがみロボット産業特区」の 小学校向け「ロボットリテラシー授業」に協力 ~「ロボットと共生する社会」を実現するためのリテラシー教育への取り組み~ - 01月16日(水)10:00 

日本サード・パーティ株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:森 豊、以下:JTP)は、2019年1月16日から2月18日に行われる神奈川県の「さがみロボット産業特区」の取り組みによる「ロボットリテラシー授業」において、ヒューマノイドロボット「NAO」の提供を通して協力を行います。「ロボットと共生する社会」の実現を目指す「さがみロボット産業特区」では、特区内の小学校9校において、児童が「ロボットを上手に使いこなすためのロボットリテラシーを身につける」をテーマに、授業を行います。JTPでは、本授業において、ソフトバンクロボティクス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長 兼 CEO:冨澤 文秀)が開発したヒューマノイドロボット「NAO」の機器提供や、アプリケーションの開発において協力を行います。■授業の概要(1) テーマ「ロボットを上手に使いこなすためのロボットリテラシーを身につける」(2) 授業内容(約90分)・全体学習 ロボットの仕組みやロボットを使う際の心がまえを学ぶ・グループ学習 介護現場等で使われているロボット(電動車椅子、リハビリ支援ロボット、コミュニケーションロボットなど)を体験しながら、ロボットの正しい使い方を学ぶ・ロボットリテラシーに必要な事を考える(3) 講師株式会社チャレンジドジャパン (東京都中央区日本橋茅場町1-8-3)(4) 体験ロボット(予定)NA...more
カテゴリー:

日本以上の高齢化…シンガポールで家政婦が増える事情 - 01月16日(水)06:50 

 都市国家の島国シンガポールは、積極的な外国人労働者の受け入れを進めて経済成長し、1人あたりの所得で日本をはるかにしのぐ裕福な国となった。だが、住宅不足や格差問題が深刻化し、政府は2010年、外国人流入の伸びを抑制する方針に転換し、外国人建設労働者などは減少している。一方、「メイド」と呼ばれる家政婦は増加傾向を続けている。日本を上回る少子高齢化による介護需要の増加に対応するためだが、トラブルも増えている。
カテゴリー:

もっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる