「高齢化」とは?

関連ニュース

【社会】刑務所がヤクザの老人ホーム化 わざと捕まる高齢ヤクザも - 11月20日(水)16:31  newsplus

 日本社会の抱える高齢化が、最も進んでいるのがヤクザかもしれない。山口組分裂抗争に関連して世間を騒がせた2つの出来事──対立する神戸山口組組員2人を六代目山口組組員が射殺した事件、その六代目山口組のナンバー2にして“抗争最大のキーマン”とされる高山清司若頭の出所、奇しくもその2人が、68歳と72歳という高齢者であった。  ヤクザに“穏やかな老後”はあり得ないのか。共著『教養としてのヤクザ』(小学館新書)が話題を呼ぶ溝口敦氏と鈴木智彦氏の2人が語り合った。 鈴木:世間では“68歳のヒットマン”というのが衝撃を与え...
»続きを読む
カテゴリー:

【オピニオン】中国の台頭は高齢化で終わる 1人当.. - 11月20日(水)14:45 

【オピニオン】中国の台頭は高齢化で終わる 1人当たりGDPがメキシコ以下である中国が、その経済規模と影響力において、米国を上回る現実的可能性はあるのだろうか #中国 #高齢化
カテゴリー:

デフレ脱却・少子高齢化問題・憲法改正などに取り組む=在任最長で安倍首相 - 11月20日(水)10:14 

[東京 20日 ロイター] - 安倍晋三首相は20日午前、首相として通算在任日数が憲政史上最長となったことを受け、1日1日の積み重ねで今日を迎えられたとした上で、これからも緊張感をもって全身全霊で政策課題に取り組むと述べた。具体的な課題としてデフレ脱却、少子高齢化問題、憲法改正などを挙げ「今後もチャレンジャーの気持ちで新しい時代をつくっていく」とした。 官邸で記者団に語った。
カテゴリー:

【政権】安倍首相、今日20日で在任期間憲政史上最長に。「初心忘れず政策課題に取り組む」 - 11月20日(水)09:24  newsplus

https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191120/k10012183711000.html 在任期間が20日、憲政史上最長となったことについて、安倍総理大臣は午前8時半すぎ、 総理大臣官邸に入る際、記者団に対し、短命に終わった第1次政権の反省の上に努力を重ねてきたとしたうえで、 緊張感を持って歩みを始めた初心を忘れず、政策課題に取り組みたいという考えを示しました。 この中で安倍総理大臣は、「第1次安倍政権を含めて、かつては毎年のようにころころと政権が変わり、 重要な政策課題が置き去りにされていた。政治を安定させようとい...
»続きを読む
カテゴリー:

中小企業やスタートアップ企業にも健康経営を! シェアオフィス・レンタルオフィスへの「有国家資格者による出張はりきゅう・マッサージ」サービスを提供開始 - 11月20日(水)09:00 

治療院・整骨院業界の経営・WEBコンサルティング事業・福利厚生事業をおこなっている株式会社BE NOBLE(所在地:東京都中央区、代表取締役:飯塚 伸之)は、企業・法人向け出張鍼灸マッサージをおこなっている『OFFICE CARE』で、シェアオフィス・レンタルオフィスの会員への健康支援サービスを2019年11月11日にサービス提供開始を発表しました。今回の提供開始したサービスにより、資金・時間的な余裕のない中小企業やベンチャー企業への健康支援が可能となります。URL:https://福利厚生-健康.com/【出張鍼灸マッサージ『OFFICE CARE』のサービス概要】『OFFICE CARE』は、企業で働く従業員、シェアオフィス・レンタルオフィスの会員への鍼灸マッサージで、”ココロとカラダの健康支援”を定期的にお届けする出張施術サービスです。■3つの特徴(1)全員国家資格者専門知識・技術をもつ国家資格者(鍼灸師、柔道整復師、あん摩マッサージ指圧師、理学療法士)だから出来る施術と健康指導・アドバイス。整体師などによる出張リラクゼーションのサービスもありますが、慰安的なリラクゼーション目的だけではなく、企業(会員)の健康支援の一端を担うということなら国家資格は必須です。その理由は、国家資格を取得するには、専門学校・大学にて3~4年をかけて専門知識・技術を学び、さらに国家試験に合格する必...more
カテゴリー:

ライドシェアのCREW、新潟県の⼭古志地域で“住民による利用”を想定した実証実験を開始 - 11月20日(水)15:00 

MaaSプラットフォーム「CREW」を提供するAzitは11月20日、特定⾮営利活動法⼈の中越防災フロンティアと共同で、新潟県⻑岡市の⼭古志地域におけるCREWの実証実験を開始した。 CREWは”乗りたい”と”乗せたい”を繋げるモビリティのプラットフォーム。アプリで出発点と到着点を設定すると、「CREWパートナー」と呼ばれるドライバーとマッチングされ、指定した場所まで送ってもらう ことが可能。⽬的地に到着すると、ライダーとドライバーそれぞれが相互評価をする。ここ日本において自家用車を使った営業目的のいわゆるライドシェアは白タク行為となり法律で禁止されている。だが、CREWは利用者がガソリン代、システム利用料、そして任意で謝礼を支払うという仕組みのため、法律に抵触しない配車サービスとなっている。 この実証実験を通して「⾼齢者を中⼼とした⼭古志地域の住⺠の移動をサポート」することを目指すというAzitと中越防災フロンティア。Azitのこれまでの地方での取組は全て観光客による利用を想定するものだったが、今回は初の「住民向けのサービス提供」に向けての実証実験となる。 新潟県の中央に位置する⼭古志地域の⼈⼝は2019年9⽉1⽇現在、約1000⼈。Azitいわく、⼭古志地域では、2004年の新潟県中越地震をきっかけに路線バスが運休や減便され、2...more
カテゴリー:

トランコム、日本GLPおよびモノフルと3社での業務提携を発表 - 11月20日(水)12:30 

2019年11月20日12時30分 トランコム株式会社 トランコム、日本GLPおよびモノフルと3社での業務提携を発表  ~ クロスドック構想の実現と、トラック配車支援サービスの強化に向けて連携 ~ 総合物流会社で、全国に求貨求車サービスを提供するトランコム株式会社(代表取締役 社長執行役員:恒川 穣(以下「トランコム」)は、物流不動産およびその関連テクノロジーに特化した事業会社である日本GLP株式会社(本社所在地:東京都港区、代表取締役社長:帖佐 義之(以下「日本GLP」))および、ロジスティクス・エコシステムを推進する株式会社モノフル(日本GLP株式会社のグループ企業、代表取締役社長:藤岡 洋介(以下「モノフル」))と、3社間における業務提携を締結したことをお知らせします。 物流業界では、ドライバー不足や低い積載率が課題となっています。車両確保が困難になる中、運送事業者と情報連携することで集車にかける時間を削減し、共同配送により積載効率を向上させるなど、輸配送全体の生産性向上が求められています。本業務提携では、そうした背景の中、物流施設を所有・運営する日本GLPと、テクノロジーで物流のエコシステム構築を図るモノフル、そして圧倒的な輸送ネットワークを保持し、求貨求車サービスを提供するトランコムの3社が、各社の強みを生かし連携することで、輸配送・配車の新たなソリューショ...more
カテゴリー:

「真の逆流によるPPI抵抗性胸焼け」には薬物より手術が有効(解説:上村直実氏)-1138 - 11月20日(水)10:00 

最近の日本では、ピロリ菌感染率の著明な低下や食事の欧米化による酸分泌の増加や高齢化に伴う下部食道括約筋圧の低下などによる胃食道逆流症(GERD)が増加して、国民の罹患率が10%以上に達している。GERDの主た…
カテゴリー:

デフレ脱却・少子高齢化問題・憲法改正などに取り組む=在任最長で安倍首相 - 11月20日(水)09:11 

安倍晋三首相は20日午前、首相として通算在任日数が憲政史上最長となったことを受け、1日1日の積み重ねで今日を迎えられたとした上で、これからも緊張感をもって全身全霊で政策課題に取り組むと述べた。具体的な課題としてデフレ脱却、少子高齢化問題、憲法改正などを挙げ「今後もチャレンジャーの気持ちで新しい時代をつくっていく」とした。
カテゴリー:

【オピニオン】中国の台頭は高齢化で終わる #中国.. - 11月20日(水)08:10 

【オピニオン】中国の台頭は高齢化で終わる #中国 #高齢化
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「高齢化」の画像

もっと見る

「高齢化」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる