「労働人口」とは?

関連ニュース

慶應義塾大学とコンカーが研究費及び経費管理の 業務プロセス改革に向けた実証実験を共同で開始 - 06月18日(火)14:00 

~Concur Invoice、Concur Expenseで、請求書処理・経費精算 の効率化・ペーパーレス化を目指す~慶應義塾大学(所在地:東京都港区、塾長:長谷山彰)と、株式会社コンカー(本社:東京都中央区、代表取締役社長:三村真宗、以下 コンカー)は、研究費及び経費管理の業務プロセス改革を目的とした実証実験を共同で開始することを本日発表しました。慶應義塾大学で発生する請求書処理にコンカーの請求書管理クラウド「Concur Invoice(https://www.concur.co.jp/invoice-management)」を、立替経費精算に経費精算・管理クラウド「Concur Expense(https://www.concur.co.jp/expense-management)」を利用することで、業務効率化・ペーパーレス化の実験を行います。なお、本実証実験環境はコンカーより無償で提供しています*。* 2019年4月19日 プレスリリース:コンカー、先着10団体の公共機関に対し、経費管理のプロセス改革に向けた実証実験環境の無償提供を開始 (https://www.concur.co.jp/newsroom/article/pr-poc-for-public)我が国では、加速する少子高齢化による労働人口の減少が深刻化する中、業種を問わず、限られたリソースを本業へ集中させるた...more
カテゴリー:

日本の運命―少子高齢化社会における幸福とは? ビル・エモット氏が語る - 06月17日(月)11:57 

いまや少子高齢化は世界が直面する喫緊の課題だ。国連の統計によれば、2015年の段階で総人口約73億8000万人のうち8.3%を占める65歳以上の高齢者は、2060年には17.8%に達する。労働人口の減少は経済成長の低迷をもたらし、社会の抜本的な改革を要請するだろう。日本は、その「最前線」を行く。総務省が4月12日に発表した統計によれば、日本の総人口は約1億2600万人。そのうち65歳以上は28.1%に上る。15~64歳の生産年齢は約7545万人で、全体の59.7%。これは過去最低の数字だという。私たちはこの新しい時代をどう生き抜けばよいのか――。そんな問いに向き合うべく、サントリー文化財団が5月17日、設立40周年記念で「高齢化社会はチャンスになりうるのか」と題する国際シンポジウムを開催した。

シンポジウムでは、知日派として名高い国際ジャーナリストのビル・エモット氏が基調講演を行った。同氏は1980年から英誌『エコノミスト』の記者をつとめ、1983年から3年間は東京支局長として日本に滞在し、1993年から13年間編集長をつとめた。1990年の『日はまた沈む』(草思社)で日本のバブル崩壊を見事予言し、2017年の『「西洋」の終わり』(日本経済新聞出版社)では、「自由」「平等」という西洋的理念の危機を描き出した。今回、サントリー文化財団の協力を得て、エモット氏の講演を採録する。果たし...more
カテゴリー:

株式会社TBグループと株式会社USENが店舗向けトータルソリューション領域で業務提携 - 06月14日(金)15:10 

2019年6月14日 株式会社TBグループ 株式会社USEN レジスター大手、店舗向けデジタルサイネージシェアトップクラスのTBグループと全国62万店舗の加盟店を持つUSENが店舗向けトータルソリューション領域で業務提携  株式会社TBグループ(本社:東京都文京区 代表取締役社長 村田 三郎、以下 TBグループ)と株式会社USEN(本社:東京都品川区 代表取締役社長 田村 公正、以下 USEN)は、中小企業・小規模事業者、とりわけ飲食業・サービス業を中心とした店舗領域における労働生産性向上およびIT化促進を目指し、相互の業務支援ビジネスの連携、取り組み強化を目的として、本日、業務提携基本合意書を締結いたしました。 【業務提携の概要】  TBグループは、これまでECRやPOSレジシステム、各種キャッシュドロアの製造・販売で培ってきた経験を基に、タブレットPOSレジ市場をターゲットとした「キャッシュドロア」「プリンタ」をはじめとする周辺機器を幅広く展開してきました。今回、UレジシリーズのアプリケーションとTBグループの周辺機器が連携することで、低コストでありながら多機能なPOSレジパッケージを構築することができ、本Uレジシリーズの販売によりサポート修理までを含むワンストップソリューションの提供を実現いたします。  USENは、タブレットPOSのUレジシリーズを販売し低コ...more
カテゴリー:

パーソルプロセス&テクノロジー、ブリッジコンサルティングと協業 会計領域のBPRとPMIコンサルティングを開始 - 06月14日(金)11:00 

[パーソルプロセス&テクノロジー株式会社] [画像: https://prtimes.jp/i/14515/138/resize/d14515-138-203789-0.png ] ■背景 日本国内の労働人口減少下における業務効率化の流れは加速しています。近年はバックオフィス業務に注目が集まっており、特にシ...
カテゴリー:

「人事異動が多い会社」の離職率が低い深いワケ 意外と知られていない「6つの効果」 | リーダーシップ・教養・資格・スキル | 東洋経済オンライン - 06月12日(水)05:50 

労働人口が減少し、「人手不足倒産」も生まれる中、離職者が出るのをどうやって防ぐか? その対策が多く…
カテゴリー:

【HRセミナー開催】7月3日「働き方改革と人材アセスメント」に焦点 日本印刷新聞社との共催 - 06月17日(月)15:00 

2019年6月17日 HRDグループ・プロファイルズ株式会社 【7月3日(水)13:30~】「働き方改革と人材アセスメント」に焦点をおいた HRセミナーを日本印刷新聞社と共催致します HRDグループ・プロファイルズ株式会社(東京都江東区、代表取締役社長:韮原光雄)は、2019年7月3日(水)13:30より、東京・新富町の日本印刷会館大会議室において、法人責任者・人事部門統括者などを対象に「人を活かしきることが業界のこれからを変える『働き方改革と人材アセスメント』」と題したセミナーを株式会社日本印刷新聞社と共催致します。                          ◇ 国内の生産労働人口の減少がすすむ中、人材マネジメントの変化が求められています。これまでの「人材管理」の機能から「人材を活かす」機能への移行です。今年4月から「働き方改革」の関連法が順次施行されている中で「なぜ今、働き方改革が必要なのか」、経済産業省大臣官房臨時専門アドバイザーで弁護士の白石紘一氏ら有識者を迎えて最新情報をお届けします。セミナーの後半では、印刷業界において、次世代の後継者や幹部候補、イノベーション人材の選抜・育成について取り組む企業が増える現状を踏まえ、選抜方針や基準のあいまいさ、経験や勘に基づく選抜・育成の限界を知り、「人を活かす」経営へのシフトについて紹介します。本講演では、「次...more
カテゴリー:

【朗報】デトロイト、トランプのおかげで大復活していた - 06月17日(月)10:39  livejupiter

2018年現在のデトロイトの失業率は7%台にまで回復するなど、急激に景気が回復しており、また、全米各地から労働人口が流入している。 スラム化したダウンタウンには活気が戻り、空洞化したオフィスビルには人が出入りしオフィス占有率は90%台まで回復、激減した市域人口も下げ止まりした。 下落した地価を逆手に取って、安い賃金を武器に積極的なスタートアップ企業やエンターテイメント産業を誘致した結果である。 また、多くの市民も「Detoroit is came back」と実感し始めており、雇用者は増大し、生活水準も大幅に改善されてい...
»続きを読む
カテゴリー:

【画像】イスラエル、働かずに月12万円の補助金で暮らす「ユダヤ教超正統派」が急増!2065年には人口の3割以上に これもう地上の楽園だろ - 06月14日(金)14:41  poverty

多くの世俗派の国民にとってより現実的な問題は、正統派の人々は原則働かず、国から日本円にして月に約12万円ほどの生活保護のような補助金を得て暮らしており、 その人数が増えている、という現実だ。日本で年金受給世帯が増え、財政が逼迫しているのと同じような問題である。 日本と異なるのは、イスラエルでは若い労働人口も増えている、という点だが、正統派の人々は戒律上避妊が許されないため、その補助金対象世帯の人口増加率の方が、 その他労働世帯の人口増加率よりも遥かに大きい、という悩みを抱えている。年齢中央値が...
»続きを読む
カテゴリー:

【技術】ソフトバンク 孫社長 「生産性向上にはRPAが不可欠」 - 06月13日(木)14:56  bizplus

「ソフトバンクグループ」の孫正義社長は13日、都内で行った講演で、日本の生産性を向上させるには、データ入力などの事務作業をコンピューターが代わりに行う「RPA」と呼ばれる技術の導入が不可欠だという考えを強調しました。 この中で、孫社長は「日本は労働人口の減少と生産性の低下という2つの不都合な現実があるが、働き方改革も進むことで1人当たりの労働時間が減るので生産性には問題がある」と述べました。 そのうえで「その解決策が、業務をロボットが自動化するRPAで、AI=人工知能が搭載されることでできる業...
»続きを読む
カテゴリー:

パラダイス鎖国に生きるミレニアル世代・Z世代。世界とは「ちょっとズレた」キャリア・人生観とは? - 06月07日(金)11:38 

「現在の勤務先を2年以内に辞める」と考えるミレニアル世代は約5割、Z世代は約6割。人生の目標は「高収入を得ること」。 日本のミレニアル世代・Z世代を対象とした意識調査が5月末、発表された。 調査からは、終身雇用など伝統的な働き方とは一線を画するミレニアル世代・Z世代のキャリア観や、世界と比較して日本のミレニアル世代が持つ特有の人生観が明らかになった。 調査の対象は、1983年〜1994年に生まれたミレニアル世代319人と、1995 年~2002 年生まれのZ世代301人。同じ調査は、日本だけではなく、世界42カ国(Z世代は10カ国)で一斉に行われた。 「とりあえず3年」の価値観は終わり。1つの企業に長く勤める人はもはやマイノリティー 調査からは、日本・世界ともに約5割のミレニアル世代が「2年以内の退職」を考えていることがわかった。Z世代に関してはこの割合が6割以上とさらに高かった。 「現在の勤務先を2年以内に辞める」との回答ミレニアル世代日本:49%世界:49%Z世代日本:64%世界:61%さらに、「今の勤務先に5年以上勤続する」と答えた日本のミレニアル世代は25%、Z世代に至ってはわずか10%だった。世界平均はそれぞれの世代で28%と19%のため、日本のミレニアル世代・Z世代が短期離職を考える傾向は、世界平均と比べても高...more
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

「労働人口」の画像

もっと見る

「労働人口」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる