「医療機関」とは?

関連ニュース

【新型コロナ】「トイレに行ったまま」「翌朝に昏倒」…ワクチン接種後の死亡例、遺族の怒りと無念 ★3 - 02月03日(金)05:46  newsplus

※2023.01.31 16:00  女性セブン  当初、感染予防とされていた新型コロナのワクチンの効果は、いつの間にか重症化予防にすり替わっていた。1月20日に開かれた厚労省の分科会で報告されたワクチン接種後の死亡事例は、ファイザー1751件、モデルナ211件、武田1件の計1963件だった。だが、これらはあくまでも医療機関またはワクチン製造販売業者から報告された死亡事例に過ぎない。実際にどのような形で死を迎えたのか。そして遺族は何を思うのか。  その夜、神奈川県在住のA子さん(67才)は胸騒ぎを感じた。就寝前、トイレに行っ...
»続きを読む
カテゴリー:

【新型コロナ】「トイレに行ったまま」「翌朝に昏倒」…ワクチン接種後の死亡例、遺族の怒りと無念 ★2 - 02月02日(木)20:59  newsplus

※2023.01.31 16:00  女性セブン  当初、感染予防とされていた新型コロナのワクチンの効果は、いつの間にか重症化予防にすり替わっていた。1月20日に開かれた厚労省の分科会で報告されたワクチン接種後の死亡事例は、ファイザー1751件、モデルナ211件、武田1件の計1963件だった。だが、これらはあくまでも医療機関またはワクチン製造販売業者から報告された死亡事例に過ぎない。実際にどのような形で死を迎えたのか。そして遺族は何を思うのか。  その夜、神奈川県在住のA子さん(67才)は胸騒ぎを感じた。就寝前、トイレに行った...
»続きを読む
カテゴリー:

新たに218人感染、3カ月ぶり重傷者ゼロ - 02月02日(木)19:16 

青森県は2日、新たに218人の新型コロナウイルス感染と5人の死亡を公表した。入院患者は前日から10人減の188人で、昨年11月3日以来約3カ月ぶりに重症者がゼロとなった。新規感染者数は前週の1月26日(371人)に比べ153人少なく、16日連続で前の週の同じ曜日を下回っている。医療機関で新型コロナと診断を受けた患者は163人、自己検査で陽性が判明し県のセンターなどに登録した人は55人。重症化リスクの高い患者として発生届を受理した人数は39人だった。県が死亡を公表した5人はいずれも青森市居住。う…
カテゴリー:

中国コロナ死者、ピークの10分の1と発表 当局「春節の拡大なし」 - 02月02日(木)16:36 

 中国疾病予防コントロールセンターは1日、新型コロナウイルスに感染して医療機関で亡くなった1日あたりの人数が、1月30日に434人となったと発表した。ピークだった同4日の4273人から、約10分の1に…
カテゴリー:

都内のインフルエンザ「流行注意報」 - 02月02日(木)15:53 

都内のインフルエンザ定点医療機関からの第4週(1月23日から1月29日)の患者報告数が、「流行注意報基準」を超え、インフルエンザの流行が広がっています。今後、大きな流行に拡大する可能性があるため、インフルエンザの予防、拡大防止のために、より注意を払っていただくことが重要です。インフルエンザにかからない、感染を広げないために、ワクチン接種が大切です。また、ポイントに沿って感染防止対策を一人一人が心がけてください。
カテゴリー:

見切り発車が奪う命。岸田「コロナ5類移行」で日本の医療は崩壊する - 02月03日(金)05:00 

大型連休明けの5月8日、新型コロナを2類から5類へ移行する方針を正式決定した岸田政権。医療現場は死者が急増した第8波で疲弊状態にありますが、5類への引き下げは、彼らに対する「さらなる追い打ち」となってしまうことはないのでしょうか。今回のメルマガ『国家権力&メディア一刀両断』では著者で元全国紙社会部記者の新 恭さんが、図らずも身をもって知ることとなった「医療逼迫」の実態を紹介。さらに現時点で5類に移行しても現場の逼迫状態は解消しないとして、その理由を詳述しています。 この記事の著者・新恭さんのメルマガ初月無料で読む 新型コロナ5類移行で心配される医療崩壊 困ったことに、この3か月、病院嫌いの筆者が病院通いを余儀なくされている。最初は胃がんの手術をした妻の付き添い。まもなく筆者自身も軽い脳梗塞に襲われた。 70歳前後、いま風の言葉で“アラセブ”というのだろうか、夫婦二人のマンション暮らしである。二人して人生初めて休日や夜間の救急に駆け込む経験をしたが、新型コロナの第8波に見舞われた病院は機能不全に陥っていた。 コロナ患者の急増と院内感染による医療スタッフの不足などで、ベッドが満床となり、入院の必要な手術ができない状況だった。つまり、私たちには、治療以前の段階でハードルが立ちはだかっていた。 岸田首相は5月に新型コロナの感染症法上の位置づけを季節性インフルエンザなどと同じ「5類」に引き下...more
カテゴリー:

上十三、三八の注意報継続/インフルエンザ - 02月02日(木)20:18 

青森県は2日、直近1週間(1月23~29日)の季節性インフルエンザの発生状況を公表した。県内6地域の保健所管内ごとの患者報告数は、上十三と八戸市・三戸の2地域で前週よりも増え、引き続き注意報の基準(1定点医療機関当たり10人)を上回っている。新たな注意報の発表はなかった。2日公表の県感染症発生情報によると、上十三は1定点当たりの患者数が25.00人(前週比10.33人増)で、警報の基準となる30人に近づいている。八戸市・三戸の1定点当たり患者数は20.13人(同6.73人増)だった。むつは2.…
カテゴリー:

【新型コロナ】「トイレに行ったまま」「翌朝に昏倒」…ワクチン接種後の死亡例、遺族の怒りと無念 - 02月02日(木)16:53  newsplus

※2023.01.31 16:00  女性セブン  当初、感染予防とされていた新型コロナのワクチンの効果は、いつの間にか重症化予防にすり替わっていた。1月20日に開かれた厚労省の分科会で報告されたワクチン接種後の死亡事例は、ファイザー1751件、モデルナ211件、武田1件の計1963件だった。だが、これらはあくまでも医療機関またはワクチン製造販売業者から報告された死亡事例に過ぎない。実際にどのような形で死を迎えたのか。そして遺族は何を思うのか。  その夜、神奈川県在住のA子さん(67才)は胸騒ぎを感じた。就寝前、トイレに行った...
»続きを読む
カテゴリー:

サル痘患者等の発生 - 02月02日(木)15:53 

都内の医療機関を受診していた以下の方について、検査の結果、サル痘の陽性が確定しました。
カテゴリー:

【社会】ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 新型コロナウイルスワクチン接種後の副反応★6 - 02月02日(木)15:03  newsplus

ワクチン後遺症かも 極度のけん怠感や歩行困難、広がる専門外来 2023.2.1 上阪 欣史 日経ビジネス副編集長 医療機関や自治体の間で新型コロナウイルスワクチンの後遺症が疑われる患者に対応する動きが広がっている。 接種後極度のけん怠感や発疹、歩行困難になる人がおり、専門外来による 診察や公費補助などが患者のよりどころとなっている。 国の予防接種健康被害救済制度もあるが、専門家は「申請書類が膨大なうえ 認可まで時間がかかるケースが圧倒的に多く、民間の草の根支援が必要」と話す。  関西在住の伊集院遥さん...
»続きを読む
カテゴリー:

関連ニュースをもっと見る

こんなの見てる