「年平均成長率」とは?

関連ニュース

2020年のMEMS市場は前年比5%減も産業・医療分野は2桁成長 - Yole予測 - 08月06日(木)19:29 

Yole Développementは、新型コロナの影響により2020年のMEMS市場規模は前年比5.2%減の109億ドルに留まるが、長期的には年平均成長率(CAGR)7.4%で成長し、2025年には177億ドル規模に達するとの予測を発表した。
カテゴリー:

アプリケーション性能監視製品市場は2024年度まで年平均20.2%増─ITR | IT Leaders - 07月22日(水)09:00 

アイ・ティ・アール(ITR)は2020年7月21日、国内のAPM(アプリケーション性能管理)製品市場の規模の推移と予測を発表した。2019年度のAPM市場は、市場認知度とニーズの高まりで前年度比22.0%増と大幅な伸びを記録した。2024年度までのCAGR(年平均成長率、2019~2024年度)は、20.2%と高い伸びを予測している。
カテゴリー:

【矢野経済研究所プレスリリース】パワー半導体の世界市場に関する調査を実施(2020年)~パワー半導体世界市場は2021年から回復基調となり、2025年には243億5,100万ドルまで拡大すると予測~ - 07月27日(月)13:00 

株式会社矢野経済研究所(代表取締役社長:水越孝)は、パワー半導体の世界市場の調査を実施し、市場概況や採用動向、個別メーカの事業戦略を明らかにし、2025年までの世界市場規模を予測いたしました。1.市場概況2019年におけるパワー半導体の世界市場規模(メーカ出荷金額ベース)は、前年比0.3%減となる186億1,600万ドルである。2017年は177億4,500万ドル(同12.2%増)、2018年が186億6,500万ドル(同5.2%増)となり、堅調に市場は拡大していたが、2019年下期より産業機器向け、自動車向けの需要が低迷したことで2019年の世界市場はマイナス成長となった。2020年のパワー半導体世界市場は新型コロナウイルス感染拡大の影響を受けて、前年比9.0%減となる169億4,500万ドルに縮小する見込みである。今回のコロナ禍で2020年の市場は16億7,100万ドルの減額と、リーマンショック時の減少額の約半分ほどにとどまる見通しである。パワー半導体の需要分野は「情報通信」「民生」「産業」「自動車」の4分野に大きく分けられるが、最も大きく落ち込むのが自動車向けパワー半導体である。2018年~2019年にかけて世界の新車販売台数は前年割れとなり、さらに新型コロナウイルスの影響で自動車メーカが3~4月に工場の稼働を停止しているために、2020年の自動車向けパワー半導体世界市場(メ...more
カテゴリー:

「年平均成長率」の画像

もっと見る

「年平均成長率」の動画

ツイッター人気

こんなの見てる