「シナリオ」とは?

関連ニュース

友だちの彼氏を好きになってしまったとき、恋を諦める方法9パターン - 06月25日(月)16:00 

好きになってはいけないとわかっていても、理性ではなかなか抑えられないのが恋愛。時に禁断の恋に落ちてしまうこともあるものです。そこで今回は、20代から30代の独身女性319名の意見を参考に、友だちの彼氏に恋してしまったときの気持ちのふっきり方を紹介します。 【1】新たに好きな人ができるまで、友だちや友だちの彼氏と会わないようにする 「距離を置くことで、気持ちが落ち着きました」(20代女性)と、しばらく会わないようにすることで熱が冷めるという女性が多いようです。友だちに避けていると思われるのが嫌なら、「最近習い事を始めて忙しくて」など言い訳を添えて誘いを断りましょう。 【2】飲み会や合コンに出掛けて、新しい出会いの機会をたくさん作る 「叶わない恋を忘れる一番の方法は、新しい恋をすること!」(20代女性)のように、出会いの場に積極的に参加して別の男性に目を向けるのも有効なようです。「出会いが欲しい」と周囲にアピールしておけば、声を掛けてもらえる機会も増えるでしょう。 【3】冗談めかして告白し、本人の口から脈ナシであることをキチンと告げてもらう 「『オレには○○がいるし』の一言で、目が覚めました」(20代女性)など、本人から直接「ノー」と言ってもらう方法も有効なようです。友だちに誤解されないためにも、3人一緒にいるときに「私も○○君の彼女になりたいな!」とふざけたトーンで言うくらいがよ...more
カテゴリー:

東京アニメセンターで東京都の「アニメアーカイブ事業」で保管する貴重なセルアニメの資料等を好評展示中!! - 06月25日(月)11:00 

[東京アニメセンター in DNPプラザ] [画像1: https://prtimes.jp/i/35161/2/resize/d35161-2-342119-0.jpg ] 主な展示内容 「鉄腕アトム」「電脳コイル」「めぞん一刻」「らんま1/2」といった4つのアニメ作品のシナリオ、セル画、背景、台本、絵コ...
カテゴリー:

【自民党】麻生太郎副総理「一番新聞を読まない世代だ」30代前半までの有権者層で自民党の得票率が高いことについて★4 - 06月24日(日)22:52  newsplus

グループリーグ最終戦・ドイツ戦の結果しだいでは決勝トーナメント進出の可能性もわずかに残されているが、韓国メディアは悲観的だ。 『朝鮮日報』は「最悪のシナリオが目の前に迫ってきた」と危機感をあらわにしている。  この「最悪のシナリオ」というのは、「3戦全敗」のことを指す。 「2連敗の泥沼」にいる韓国代表がワールドカップでグループリーグ3戦全敗に終われば、 1990年イタリア大会以来28年ぶり、史上2度目のこととなる。。。。。  9大会連続のワールドカップ出場を果たしている韓国にとって、グループリーグ全敗は...
»続きを読む
カテゴリー:

池広一夫監督が明かす片岡鶴太郎「終着駅シリーズ」主演抜てきの理由 - 06月24日(日)06:00 

6月24日(日)に「森村誠一ミステリースペシャル ガラスの密室」(夜9:00-11:05、テレビ朝日系)が放送。長く支持されてきた「終着駅シリーズ」で第1作からメガホンを取ってきた池広一夫監督に、最新作「ガラスの密室」について思いを聞いた。 【写真を見る】「ガラスの密室」放送直前! 名匠・池広一夫監督がシリーズへの思いを語る/(C)テレビ朝日 1929年生まれ、東京都出身の池広監督は、映画会社「大映」の重役を務める父を持ち、撮影所のすぐそばで育ったからだと、監督人生の出発点を振り返る。 ■ 巨匠・市川崑、大スター・市川雷蔵らに支えられた映画時代 家が撮影所に近かったものですから、よく監督連中が集まって闇の“どぶろく”を飲んでいたんです(笑)。僕は大学時代から映画研究会にいたので、学生の時分からシナリオを書いて監督たちに見てもらっていましたね。 ところが、父は僕が映画監督になるのは大反対。反対されているうちに各社が募集を締め切ってしまい、諦めていたところ、“大映京都”が臨時で助監督を募集したんです。最後のチャンスだから受けさせてくれと父に頼みこんで、応募したらなんとか通った。そのなれの果てが、今の自分です(笑)。 ――助監督として溝口健二、市川崑、森一生ら多数の先輩に師事し、1960年に「薔薇大名」で監督デビュー。しかし、2作目の「天下あやつり組」が大映の社長ら有名人を風刺した作品だ...more
カテゴリー:

「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」はスター・ウォーズの新たな歴史を生み出す作品であるという主張 - 06月23日(土)21:00 

2017年に公開された「スター・ウォーズ/最後のジェダイ」は「スター・ウォーズ」シリーズ本編の8作目です。この「最後のジェダイ」がそれまで続いてきた「スター・ウォーズ」シリーズの流れを断ち切ったことが登場人物の心情変化から読み取れると、Lesson from the Screenplayのシナリオ講師であるマイケル・タッカー氏がムービーで主張しています。続きを読む...
カテゴリー:

【サッカー】「サムライ精神を学べ」「正直うらやましい」韓国メディアの西野ジャパン評 - 06月25日(月)11:36  mnewsplus

セネガル代表相手に2-2の引き分けを演じた西野ジャパンの戦いぶりは、韓国でも評価されている。 「日本、セネガルと引き分け“H組1位”…16強有力」(『スポーツ東亜』)、「執念と根性が違った…日本、セネガルを脅す16強進出有力」(『韓国経済TV』)といった具合だ。 サポーターのマナーも称賛 韓国は大会前にセネガルと非公開の国際親善試合を行って0-2で敗れていたこともあって、「韓国破ったセネカルを苦しめた日本の新鮮な衝撃」(『MKスポーツ』)と報じるメディアもあった。 また、試合だけでなく、「またもや光った日本の市民意識...
»続きを読む
カテゴリー:

お金が欲しいと思いながら「投資」と聞くと思考停止する人たち - 06月24日(日)23:36 

「投資」という言葉を聞くと「リスクが…」と考えてやめてしまう人、意外と多いのではないでしょうか。しかし、無料メルマガ『音多秀茂の【富と成功の5つのタネ】』の著者・音多さんは、「投資にリスクはつきもの」として、リスクとの付き合い方を伝授しています。 投資の階段~便利さと危険度を天秤にかける 私は投資が「魚釣り」に似ていると考えています。 釣りでは大小様々な獲物を狙う事になりますが、流れとしてはまず小さな魚にトライし、徐々に大きな魚を狙います。小さな魚を捕まえるにもまずは餌を手に入れる必要が有り、小さな魚を捕まえたら今度はそれを元手にどんどん大きな魚を狙います。小さな魚を都度食べてしまえば一生大物は釣れません。 そしてさらに大きな魚を釣る為には、漁船をチャーターして沖に出て撒き餌や刺し餌で大物を仕留めます。これには船を借りたり、沖に出るリスク投資が必要ですが、投資額が大きいほどそれに見合った目的を達成する事が出来るでしょう。 いずれにしても、針の無い竿だけで魚を釣ろうとしても結果は望めません。まずは小さな餌に先行投資し、元手が膨らんだら漁船などに投資します。 我々が富を手に入れる作業もまさにこの流れと同じように進めれば良いだけです。撒き餌のようにお金を撒き、徐々に大きな富を引き寄せ、捕獲すればいいわけですね。 ただここでひとつ問題があるとすれば、我々の日常生活がそこまでリスクをかける必...more
カテゴリー:

日本が用意するべき“2つのシナリオ”とは? 蘭代表&アヤックスユースの日本人アナリストがセネガル戦を徹底分析 - 06月24日(日)07:38 

 初戦、コロンビアを撃破した日本代表。大会までの試合すべてが“テストマッチ”と呼ばれるほど、世界中の国々が“結果”を求めるワールドカップだが、勝敗に直結するからこそ、プレーモデルの発展を目的とした検証
カテゴリー:

88歳で現役・池広一夫監督「オファーがある限り、撮り続けたい」 - 06月24日(日)06:00 

 警視庁新宿西署のベテラン刑事“モーさん”こと、牛尾正直(うしお・まさなお)が、森村誠一氏の原作小説に登場して、今年で30周年(1987年1月『駅』に初登場)。この牛尾刑事を主人公にしたテレビ朝日系ドラマ「終着駅シリーズ」第1作からメガホンを取ってきたのが、池広一夫監督(88)だ。 【画像】『ガラスの密室』より、牛尾刑事役の片岡鶴太郎  今なお熱狂的なファンを持つ映画スター・市川雷蔵主演の『眠狂四郎シリーズ』、昭和の“怪優”勝新太郎主演の『座頭市シリーズ』など、大映時代劇の黄金時代を代表する日本映画界の重鎮にして、おそらく現役監督として最高齢。最新作『森村誠一ミステリースペシャル ガラスの密室』(24日 後9:00~11:05)の放送を控える池広監督に、シリーズへの思いなどを聞いた。 ■巨匠・市川崑、大スター・市川雷蔵らに支えられた、映画時代  池広監督は、1929年、東京生まれ。映画界に入ったのは、映画会社“大映”の重役を務める父を持ち、撮影所のすぐそばで育ったからだと、監督人生の出発点を振り返る。  「家が撮影所に近かったものですから、よく監督連中が集まって闇の“どぶろく”を飲んでいたんです(笑)。僕は大学時代から映画研究会にいたので、学生の時分からシナリオを書いて監督たちに見てもらっていましたね。ところが、父は僕が映画監督になるのは大反対。反対されているうちに各社が...more
カテゴリー:

次が正念場「魂込めて」=日本ファンらエカテリンブルクでエール-サッカーW杯 - 06月23日(土)19:58 

 【エカテリンブルク時事】サッカーワールドカップ(W杯)で、日本代表の第2戦セネガル戦を翌日に控える当地では23日、日本人サポーターが徐々に増え、代表にエールを送った。 東京都江東区から駆け付けた梅沢潔さん(66)は、街中で川島永嗣(35)、柴崎岳(26)、遠藤航(25)、植田直道(23)の4選手とばったり。「頑張って」と声を掛け、持参のユニホームにサインをもらった。 「初戦で勝っても負けても次が重要」と、観戦は2戦目のみ。「負け試合を見るつもりはない。魂を込めて戦ってほしい」と期待した。 墨田区のシナリオ作家高山茂樹さん(46)も2戦目が正念場だとする。初戦の相手コロンビアは早々に退場者を出しただけに、「11人とやるのは次が初めてなので分からない」と気を引き締める。これまで観戦したフランスW杯のジャマイカ戦、日韓W杯のトルコ戦はいずれも負け試合。初めての勝利の瞬間を期待している。 岐阜市の西嶋光さん(21)は幼なじみの東京都小平市の田代拓実さん(21)と、コロンビアサポーターで埋まった初戦から観戦。「あのアウェーの中で奇跡を見ました」と振り返る。「セネガル戦は互いに(初戦を)勝っているので、難しい試合になる」と語る。 1次リーグを2位通過した場合、ロストフナドヌーで行われる決勝トーナメント初戦のチケットは持っているが、1位通過時の首都モスクワ分を持っていないのが目下の悩みだという...more
カテゴリー:

もっと見る

「シナリオ」の画像

もっと見る

「シナリオ」の動画

ツイッター人気

Yahoo知恵袋

こんなの見てる